事故 事故の起因源

事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 15:09 UTC 版)

事故の起因源

事故の起因源は大きく分けて

  1. 自然要因:気象動物病原体などが自然が原因となるもの。それ自体を制御することは困難であるが、防災や衛生管理などの事前の対策が行われないと人災として扱われることがある。
  2. 社会要因:犯罪行為などによって意図的になされた行為が原因となるもの。セキュリティや防犯により対策していく必要がある。
  3. 技術要因:業務上で扱う危険因子(毒物や高電圧など)、または道具やシステムの欠陥や故障・運用変更など技術面が原因となるもの。
  4. 対象要因:サービスの供給能力に対して需要がオーバーすることが原因となるもの。対策として需給のバランスを考えて運用・制御する必要がある。
  5. 人的要因:ヒューマンエラーのこと。

に分けられる[6]

事故調査

事故調査とは文字通り、事故がなぜ発生したのか原因を究明する活動である。

日本においては、事故が発生すると、当事者の刑事責任を求める捜査活動ばかりが優先され、何が原因で事件や事故などが発生したのか究明する調査活動がおろそかになっているのではないかと被害者や被害者遺族などから批判があり、独立した事故調査機関のあり方について、消費者庁国土交通省などが検討を始めた[いつ?]

具体的な、大きな事故一覧

日本の行政用語

内閣法での用法

内閣法での「事故」とは、業務の執行の支障となるような出来事のことである。(内閣法9条)

自衛隊用語

自衛隊の組織内では、規則違反事案全般、もしくは人員の欠員を「事故」と表現することがある。 [7]

種類
  • 服務事故
  • 人員事故

その他

脚注

[脚注の使い方]

  1. ^ 広辞苑
  2. ^ デジタル大辞泉
  3. ^ An unfortunate incident that happens unexpectedly and unintentionally, typically resulting in damage or injury.Oxford Lexico, "Accident".
  4. ^ a b c d 小松原明哲 2019, p. 1.
  5. ^ a b 神尾陽子ほか(編) 『子どもの健康を育むために:医療と教育のギャップを克服する』 日本学術協力財団 <学術会議叢書>23 2017年平成29年) pp.130 - 131.
  6. ^ 小松原明哲 2019, pp. 2–4.
  7. ^ 規則違反」や「人員欠員」という、本来の表現、内容を直接的表現することを避けており、「事故」と表現したり、「事故」という言葉と一体化させることで、「意図していたのではない」という面を強調し、「できることなら、ことを穏便に済ませたい」という気持ちが背後で働いている、自衛隊ならではの言葉づかい、自衛隊独特の言葉づかい、である。民間企業では、こういう言葉づかいをすると、かえって「責任を自覚していない」とか「(やるべきことをやらず)責任回避ばかりをしている」などといった指摘がされ、かえって解任されたり、バッサリと解雇されたりする。


「事故」の続きの解説一覧




事故と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「事故」に関係したコラム

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「事故」の関連用語

事故のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



事故のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS