永井豪とダイナミックプロとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 永井豪とダイナミックプロの意味・解説 

永井豪

(永井豪とダイナミックプロ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 18:29 UTC 版)

永井 豪(ながい ごう、本名:永井 潔(ながい きよし)、1945年9月6日 - )は、日本漫画家石川県輪島市出身。血液型はO型[1]


注釈

  1. ^ ただし、のと鉄道七尾線の穴水 - 輪島間はすでに廃止されており、記念館までは穴水駅からバスの移動となる。

出典

  1. ^ a b 日刊スポーツ 漫画革命40年 永井豪特集
  2. ^ 激マン!』11話(2巻収録)では、17歳の頃とされている。
  3. ^ 永井豪『漫画家』p.35(1992年、実業之日本社)
  4. ^ 『GO NAGAI ALL HIS WORKS』より
  5. ^ 『激マン!』デビルマン編第1話(単行本第1巻収録)
  6. ^ 『激マン!』デビルマン編第2話(単行本第1巻収録) 永井曰く「意外とセンスがあった」とのこと。
  7. ^ a b 赤塚不二夫が永井豪の過激なギャグに「怒った!?」という意外な話 - Togetter
  8. ^ 週刊少年チャンピオン 2011年29号「ブラック・ジャック創作秘話」より
  9. ^ 『激マン!』デビルマン編第1話、第4話(単行本第1巻収録)
  10. ^ 激マン!』12話(2巻収録)
  11. ^ NHK『SWITCHインタビュー 達人達「園子温×永井豪」』永井の発言(2015年7月11日)
  12. ^ 漫画文化発信に期待 輪島市 永井豪記念館オープン”. 北國新聞社 (2009年4月25日). 2013年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月15日閲覧。
  13. ^ 石川県HP内:土木部都市計画課>いしかわ景観づくりガイドブック:4章に「エコサイン事例」として当館の写真が掲載されている
  14. ^ a b c 【のと鉄道】永井豪キャラクターラッピング列車登場 - 鉄道ホビダスRMニュース、2012年3月12日
  15. ^ “批評家大賞アニメ部門で永井豪が最高賞に、功労賞・渡辺宙明を串田アキラが祝福”. 映画ナタリー. (2016年5月25日). http://natalie.mu/eiga/news/188463 2016年5月25日閲覧。 
  16. ^ “2018年度 第47回日本漫画家協会賞 発表”. 日本漫画家協会公式サイト. (2018年5月7日). http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=7182 2018年6月24日閲覧。 
  17. ^ a b c 「サイボーグ009VSデビルマン [インタビュー]永井豪」『宇宙船』VOL.150(2015 autumn)、ホビージャパン、2015年10月1日、 pp.122-123、 ISBN 978-4-7986-1099-3
  18. ^ 激マン!』1話(1巻収録)
  19. ^ 週刊少年ジャンプ』は永井のやり方に危機感を覚え「契約制度」を得る。この後に契約制度は漫画界のみならず、小説業界でも行うようになり、平成以降は別出版会社での同時連載は非常に難しくなっている。
  20. ^ 激マン!』22話(3巻収録)
  21. ^ 激マン!』1話(1巻収録)
  22. ^ 激マン!』10話(2巻収録)
  23. ^ 激マン!』10話(2巻収録)
  24. ^ 激マン!』10話(2巻収録)
  25. ^ 激マン!』10話(2巻収録)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「永井豪とダイナミックプロ」の関連用語

永井豪とダイナミックプロのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



永井豪とダイナミックプロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの永井豪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS