保安院とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 保安院の意味・解説 

原子力安全・保安院

(保安院 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 05:27 UTC 版)

原子力安全・保安院(げんしりょくあんぜん・ほあんいん、英語: Nuclear and Industrial Safety Agency、略称:NISA)は、かつて存在した日本官公庁のひとつで、原子力その他のエネルギーに係る安全及び産業保安の確保を図るための機関[2]であり、経済産業省の外局である資源エネルギー庁特別の機関であった。




  1. ^ 原子力安全・保安院平成20年度原子力安全・保安院関係予算案の概要 2007年12月
  2. ^ 経済産業省設置法(平成11年法律第99号)20条2項。
  3. ^ 原子力規制委、人事は横滑り 保安院と安全委19日廃止”. 朝日新聞社 (2012年9月18日). 2012年9月18日閲覧。
  4. ^ 経済産業省設置法20条3項、4条1項57号から59号まで、62号及び64号。


「原子力安全・保安院」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「保安院」の関連用語

保安院のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



保安院のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原子力安全・保安院 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS