井深 大とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > 実業家 > 井深 大の意味・解説 

井深 大

読み方いぶか まさる

井深 大とは、ソニー株式会社創業者である。1908年栃木県生まれ今や世界トップクラス電気ブランドとして知られるソニーの礎を築いた人物として知られている。また戦後日本を代表する起業家として、本田技研工業本田宗一郎と並んで世界的にも有名である。1997年12月19日逝去

井深大は、若い時分から発明家として有名であった。早稲田大学理工学部在学中に発明した「走るネオン」がパリ万国博覧会において優秀発明賞を受賞したことはあまりに有名である。

戦時中熱線誘導兵器開発取り組み、そこで知り合った盛田昭夫とともに東京通信工業創立した。設立当初社員20数人電気企業で、売上も下調子苦し時期を過ごしたという。しかし、井深大の打ち立て経営方針則り一般消費者の生活を豊かに便利にする新商品の提供を目指して、ユニークかつ新し技術開発へのチャレンジ続けられた。

東京通信工業試み多く革新的製品となって結実した。その中には日本初、あるいは世界初というものも少なくない1950年代にはテープレコーダー、やトランジスタラジオ60年代に入るとトランジスタテレビ、家庭用のビデオテープレコーダー発売し、業界にたびたび新風巻き起こした。1958年社名を(それまで商標名であった)ソニー改称。そうして戦後日本経済奇跡的復興急成長象徴する世界的大企業成長していく。

井深大は1950年ソニー社長就任した。その後会長名誉会長名誉会長歴任する。ソニー経営一方で、井深大は教育活動にも熱心にとりくみ幼児開発協会ソニー教育振興財団などを設立している。同財団は現在、ソニー教育財団として、幼児教育推進取り組んでいる。

ちなみに、井深大が東京通信工業設立時に起草した「東京通信工業株式会社設立趣意書」は、企業精神あり方理想形ひとつとして有名である。「日本再建文化向上ニ対スル技術面、生産面ヨリノ活発ナル活動」や「国民科学知識ノ実際的啓蒙活動」などを趣旨とする文章は、真の技術企業家あり方として、電気メーカーだけでなくあらゆる企業家経営者座右として愛されている。


更新2006年1月
参照リンク
ソニーグループ
ソニー株式会社 設立趣意書
Sony History -ソニーの歴史(ソニー株式会社)
財団法人ソニー教育財団

井深大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 11:50 UTC 版)

井深 大(いぶか まさる、1908年明治41年)4月11日 - 1997年平成9年)12月19日)は、日本電子技術者および実業家


  1. ^ 井深家は旧会津藩士の家柄で、祖父基は朱雀隊の生き残り、白虎隊士の石山虎之助は基の実弟。当時は愛知県に居住していた。井深家については井深宅右衛門#井深家を参照。
  2. ^ 井深亮『父井深大』(ごま書房
  3. ^ 夢を実らせた空想科学少年――ソニーを築いた井深大(まさる)
  4. ^ 関連会社のPCL映画株式会社が別の関連会社と合併し、後の東宝となる
  5. ^ 2001年に「幼児開発センター」と改称、2006年3月に業務が収束した。しかし、幼児開発センターで開発された幼児教育のスキルは、いまなお、スタッフに受け継がれている。
  6. ^ 井深亮『父井深大』(ごま書房
  7. ^ 基本情報 | 財団について | 公益財団法人 ソニー教育財団” (日本語). www.sony-ef.or.jp. 2018年11月26日閲覧。
  8. ^ 基本情報 | 財団について | 公益財団法人 ソニー教育財団” (日本語). www.sony-ef.or.jp. 2018年11月26日閲覧。


「井深大」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「井深 大」の関連用語

井深 大のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



井深 大のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本の創業者列伝日本の創業者列伝
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ井深 大の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの井深大 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS