ガイドウェイバスとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ガイドウェイバスの意味・解説 

ガイドウェイバス

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ガイドウェイバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/19 16:50 UTC 版)

ガイドウェイバスとは、ガイドウェイを用いる形態のバスおよび輸送システムを指す[1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 鉄道車両を使用する場合、運行する全区間において軌道の整備が必要である。
  2. ^ 文献では「1mあたりの建設費は600DM(ドイツマルク)」とされている。同じ文献に記載の「1ドイツマルク=65円」に従って換算した数字。
  3. ^ 文献では「1kmあたり0.42DM(ドイツマルク)」とされている。同じ文献に記載の「1ドイツマルク=65円」に従って換算した数字。
  4. ^ 文献では「1kmあたり0.06DM(ドイツマルク)」とされている。同じ文献に記載の「1ドイツマルク=65円」に従って換算した数字。

出典

  1. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻5号 p.65
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『鉄道ジャーナル』通巻466号 p.87
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『鉄道ジャーナル』通巻466号 p.89
  4. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻27号 p.15
  5. ^ a b c 『バスラマ・インターナショナル』通巻27号 p.14
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『鉄道ジャーナル』通巻466号 p.88
  7. ^ a b c d e f g 『鉄道ジャーナル』通巻350号 p.117
  8. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻65号 p.13
  9. ^ a b c 浅井建爾 2001, p. 252.
  10. ^ a b 『路線バスの現在・未来 PART2』p.77
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m 『鉄道ジャーナル』通巻466号 p.90
  12. ^ 『路線バスの現在・未来 PART2』pp.78-79
  13. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻5号 p.66
  14. ^ a b c d 『路線バスの現在・未来 PART2』p.78
  15. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻27号 p.16
  16. ^ a b c d e 『鉄道ジャーナル』通巻340号 p.142
  17. ^ a b 『路線バスの現在・未来 PART2』p.79
  18. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻340号 p.143
  19. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻65号 p.12
  20. ^ 浅井建爾 2001, pp. 252,253.
  21. ^ a b c 『路線バスの現在・未来 PART2』p.80
  22. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻65号 p.15
  23. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻65号 p.17
  24. ^ 『鉄道ジャーナル』通巻466号 pp.88-89


「ガイドウェイバス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ガイドウェイバス」の関連用語

ガイドウェイバスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ユーロスピードウェイ

オートレベリング機能付きヘッドランプ

グラハム・ヒル

エブリイ・プラス

ラグレイト

水平対向エンジン

エクサ

ピストンピンオフセット





ガイドウェイバスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガイドウェイバス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS