涼拌茶 涼拌茶の概要

涼拌茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 01:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

調理法

生茶葉を用いる場合は以下のようにして作られる[1]

  1. 新鮮で柔らかい茶葉を茹で、水を交換しながら一日水にさらす。
  2. 茶葉をしぼって刻む。
  3. 炒って挽いた落花生や刻んだネギショウガニンニクうま味調味料を加えて和える。

また、干茶を用いる場合は以下の通りである[2]

  1. 干茶を湯でもどし、柔らかくなったらしぼって再び水に浸けて揉む。
  2. 1.を2回ほど繰り返して、しぼってからみじんに刻む。
  3. 刻んだショウガ、ニンニク、唐辛子トマトタマネギ、挽いた落花生やゴマピーナッツオイルなどを加えて和える。

いずれも水にさらす事で苦味成分が除かれ、食べやすくなっている[3]。新鮮な生茶葉を用意できる時期は限られるため、干茶が常備される。また茶葉の代わりにラペソーを刻んで使う事もあり、上記の具の他にキャベツなどが入る。

歴史

の利用は食用から始まったとされ、苦味を減らすために茹でるようになったと考えられている[4]。やがて保存のために干すようになり、これらにゴマショウガニンニクを和えて涼拌茶が形成されたと見られる[3]。やがてアメリカ大陸原産のトマト落花生唐辛子が伝来すると近代以降にレシピに取り込まれ、現在のような形になっていった。

現地のタイ族ジーヌオ族の間では現在も作られ、食後または間食に嗜好食品として摂取されている[5]。また、ラペソーとフライビーンズ、いりゴマなどをビニール袋に入れてセットにしたレペトも販売されており、内容物を混ぜるとラペソーベースの涼拌茶が簡単に作れる。これはインスタント版ともいえ、ミャンマーでの一般的なラペソーと同じ食べ方である。

参考文献

  • 難波敦子、他「中国雲南省の食べる茶「涼拌茶」」『日本家政学会誌』日本家政学会、49巻2号、P.187-191、1998年



  1. ^ 難波、1998年、P.187
  2. ^ 難波、1998年、P.188
  3. ^ a b 難波、1998年、P.189
  4. ^ 難波、1998年、P.190
  5. ^ 難波、1998年、P.191


「涼拌茶」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「涼拌茶」の関連用語

涼拌茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



涼拌茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの涼拌茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS