愛称 愛称の概要

愛称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 07:38 UTC 版)

愛称の付け方

  • 本名からつける
  • 身体の特徴からつける
  • 対象に関係する事柄からつける
  • 対象が関係したエピソードからつける
  • (対象が生物の場合)性格・気質からつける
  • 自己紹介の聞き間違いからつける

イヌに対する「ポチ」やネコに対する「タマ」など、本来の由来からはなれて、普遍的な愛称として定着しているものもある。

また、自衛隊の装備品にあるように現場での愛称[注 1]と防衛省がイベント的な意味合いで公募した愛称[注 2]がある。詳細は陸上自衛隊の装備品一覧を参照。

対象となる物事

愛称がつけられる対象には、次のようなものがある。

人間

  • あだ名、ニックネーム - 本名以外の呼称、本来の芸名以外の呼称。小泉今日子の“キョンキョン”、近藤真彦の“マッチ”、岡田有希子の“ユッコ”のように自然発生的につく場合が多いが、AKB48およびその姉妹グループのメンバーのように、呼んで欲しい愛称を先に決めて公表している例もある。大人数グループだと同音異字の名のメンバーが複数いる場合もあり、重複しないよう考案するのに一苦労することもある[注 3]。メンバー個々人でなくグループ全体を呼ぶ場合は「ちゃん」づけになる[注 4]
  • コートネーム - 女子スポーツの世界でのニックネーム。主にバスケットボールバレーボールでのみ使用され、他の集団競技には見られない。
  • TACネーム - アメリカ空軍や航空自衛隊の操縦士(主に戦闘機パイロット)につけられる個人の愛称。階級の上下に関係なく、無線で呼びやすくするため用いられている。
  • コールサイン - アメリカ海軍の操縦士につけられる個人の愛称。階級の上下に関係なく、無線で呼びやすくするため用いられている。参考:Aviator call sign

動物(ヒト以外)

  • ペット - 飼い主によって付けられる名前。

乗り物

組織

サービス名

地名

アメリカではニューヨーク市を「ビッグ・アップル」[注 5]ニューヨーク州を「エンパイアー・ステート」[注 6]オレゴン州カリフォルニア州ワシントン州西海岸三州を「レッドウッド・カーテンの向こう側」[注 7]コネチカット州ニューハンプシャー州バーモント州マサチューセッツ州メイン州ロードアイランド州(旧13植民地のうちのニューヨーク以北6州)を「ニューイングランド」と称するように、都市や州などに愛称をつける場合がある。

その他

  • 自然(坂東太郎筑紫二郎四国三郎など)
  • DNS - インターネット上のサーバ(ノード)は数字の羅列であるIPアドレスで区分されるが、覚えやすいように「ドメイン名」という名前からIPアドレスを調べる仕組みがある。

文学作品における愛称

日本

  • 夏目漱石坊っちゃん』は、「赤シャツ」、「野だいこ」、「マドンナ」、「山嵐」、「うらなり」など、あだ名が多い。
  • 源氏物語』の作中人物の名前も、本名、実名でなく、「光源氏」、「藤壺」、「紫の上」などいずれもあだ名である(当時の女性の地位は特に低く、実在の人物でも親の官職名で呼ばれる事がほとんど)。“源氏名”(げんじな)の呼称はここから生まれた。

中国


  1. ^ 隊員により昔から付けられていた事実上の愛称。
  2. ^ 隊員からの募集でない点に着目。2001年以降導入装備品には公募愛称は存在しない。
  3. ^ AKB48は“はるか”だけで5人いた時期があり、“よこやまゆい”も2人いる。SKE48とNMB48、AKB48チーム8には“あかり”が1人ずつおり、全員が表記違いの「あかりん」。乃木坂46は“まい”が3人いた時期があった。
  4. ^ ribbonに対する「リボンちゃん」、CoCoに対する「ココちゃん」、乃木坂46に対する「乃木坂ちゃん」、欅坂46に対する「欅ちゃん」、日向坂46に対する「日向ちゃん」など。
  5. ^ : Big Apple
  6. ^ : Empire State
  7. ^ : behind the Redwood Curtain
  8. ^ : The Beast


「愛称」の続きの解説一覧




愛称と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

愛称のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



愛称のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛称 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS