エモいとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エモいの意味・解説 

エモい

エモいとは、エモいの意味

エモいとは、若者言葉1つで、言葉では説明できないような「寂しい」や「感動」を示す言葉のこと。Twitterはじめとするソーシャルメディアなどにおいて、ユーザーが心に刺さった出来事に対して用いられることが多い。エモいの語は元々は音楽用語として使われていた言葉で、感情感動といった意味をもつ英語の「emotionエモーション)」からきている。

エモいの語源は音楽ジャンルの「Emo」

「エモい」は、2000年代前半コギャルの間で使われるようになった言葉である。しかし、当時使い方は「スケベ気持ち悪い人」といった意味合いであった。「エモい」が今のような使われ方になったのは、感動的音楽表現するのに「エモい」という言葉一般的に使われるようになったためである。

音楽ジャンル1つに「Emo」がある。Emoは、激しいロックサウンドをベースとして、美しメロディ感傷的歌詞特徴音楽である。音楽業界では、1980年代あたりから激情的かつ感動的音楽を「エモい」と呼んでいた。現代では、「この曲、感動的だよね」が、「この曲エモいよね」となり、音楽だけに限らずさまざまな場面で「エモい」が使われるようになっていった。心を揺さぶられるといった意味合いをもつ「エモい」は、「感慨深い」や「情緒」、「哀愁」などの類語でも表現できる。ただし、単純に「スゴイ」や「ヤバい」といった意味合いで使われることもある。

エモいの英語表現にはemotionalやnostalgicなどがある

エモいの語は、さまざまなニュアンスを含むんでいるため、英語で表すのは難しい。あえて表現するなら、感情的な・感激しやすいといった意味をもつ「emotional」や、感情感動を示す「emotion」、懐かしさ恋しさを表す「nostalgic」、悲しい・寂しいという意味をもつ「sad」などが挙げられる。感傷的な・涙もろい等の意味をもつ「sentimental」を使うこともできる。

エモいの語の用例、使い方


感動した時に使うエモいの用例、使い方


山頂からの美し景色見て、言い表せない感動から発した言葉。「あまりの美しさに息を飲んだ」といった様子表現されている。



「エモい」はゾクゾクしたという意味で使う場合もある。心が揺さぶられた感情を表すため、「感動して鳥肌が立った」というシーンにも使用できる。

  • 今日の服、エモいじゃん!

デート中、彼氏が彼女に向けて使う「エモい」の例である。「すごくかわいい!」や「かわいすぎヤバい」、「かわいすぎゾクゾクする」というような、彼女のかわいさが心に刺さるといった意味合いをもつ。


友人との会話中に感情が高ぶったり、テンション上がったりした時に使う。なお、返信に困った時にとりあえず「エモい」と返すやり方もある。

懐かしい、恥かしいと感じた時に使うエモいの用例、使い方



昔の自分写真を見る際に感じる、懐かしいような恥ずかしいような、何とも言い難い気持ちになったときの感情を表している。

音楽を聴いて心を動かされた時に使うエモいの用例、使い方


  • この曲、エモい

メロディ歌詞関わらず音楽を聴いて心を動かされたときに使用する。昔流行した音楽を聴いて当時思い出し、「懐かしい」といった感情溢れてきたときにも使う。音楽だけでなく小説絵画などにも使用可である。

悲しい気持ちを伝える時に使うエモいの用例、使い方


大切なスマホ無くして、悲しくて悔し感情を「エモい」で表現することもできる。「ヤバい」がバージョンアップしたと捉えるわかりやすい


言葉では言い表せない寂し気持ち感慨深さを「エモい」の一言伝えることができる。今まで運動会思い出脳裏に浮かび、センチメンタル気分になった様子がわかる。


センチメンタルな、しんみりとした感情にも「エモい」が使える言葉では説明できない感情一言で表すことができる。



このページでは「新語時事用語辞典」からエモいを検索した結果を表示しています。
Weblioに収録されているすべての辞書からエモいを検索する場合は、下記のリンクをクリックしてください。
 全ての辞書からエモいを検索

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エモい」の関連用語

エモいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エモいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS