任せるとは?

まか・せる【任せる/委せる】

[動サ下一][文]まか・す[サ下二

仕事などを他にゆだね、その自由にさせる。「経営を—・せる」

相手好きなようにさせる。「御想像に—・せます」「身を—・せる」

そのままにしておく。ほうっておく。「髪の毛乱れるに—・せる」「成り行きに—・せる」

(「…にまかせて」の形で)自然の勢いままにする。「口に—・せてでたらめをいう」「足に—・せて歩く」

従う。

然ればすなはち先例に—・せて」〈平家・四〉


まか・せる【任・委】

〔他サ下一〕 [文]まか・す 〔他サ下二

① 事の処置などを他のものにゆだねて、自由にさせる。相手思うままにさせる。

書紀720神代下(鴨脚本訓)「吾が高天原に所御(きこしめ)す斎庭(ゆには)の穂(いなほ)を以て、亦吾が児に当御(マカセ)まつるべし」

そのものの本来のなりゆきままにする。自然の勢いままにする多く「足にまかせて」「筆にまかせて」など、人の行為をいうのに用い、その行為その人意志であるよりも他のものの力によってなされている、といった感じ表わす時に用いる。

*竹取(9C末‐10C初)「船のゆくにまかせて海にただよひて」

下襲(したがさね)の裾(きょ)などをうしろに流れ引くままにする

(10C終)一一よろこび奏するこそをかしけれ。うしろをまかせて、御前のかたにむかひてたてるを、拝し舞踏しさわぐよ」

④ 他のものに従ってこちらの態度や行動を決める。他の動きに応じて事を行なう

源氏100114頃)乙女憚る所なく、例あらむにまかせて、なだむることなく、きびしう行へ」

(5) 心のままにする。自由にする。多く打消の語を伴って思うようならない」の意に用いる。

随筆独寝1724頃)下「さありとてまかせ世の中

(6) (「こちらに任せる」の意から) 引き受ける。合点する。承知する。まかす。

仮名草子竹斎(1621‐23)下「睨の介は見るよりも、『まかせたり』と言ふままに」


任せる

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:39 UTC 版)

和語の漢字表記

せる

  1. まかせる」を参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「任せる」の関連用語

任せるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



任せるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの任せる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS