然ればとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 然れば > 然ればの意味・解説 

され‐ば【然れば】

読み方:されば

動詞「さ(然)り」の已然形接続助詞「ば」から》

【一】[接]

前述の事柄の当然の結果として起こることを表す。そんなわけでそうであるから。だから。

「—賢人愚人の別は学ぶと学ばざるとに由て出来ものなり」〈福沢学問のすゝめ

話題転じるときに用いる。それでは。さて。ところで。「—出かけるとしよう

意外なことなどを感情をこめて述べるときに用いる。いったい。そもそも

「—こは何事ぞ。日本国をしづむる事、義仲義経がしわざにあらずや」〈平家一一

【二】[感]相手言葉答えて発する語。さよう。そう。いや。

「『権三殿は御存知ないか』『—、存じたとも申されず、存ぜぬとも申されぬ』」〈浄・鑓の権三


しかれ‐ば【然れば】

読み方:しかれば

[接]

そうであるから。だから。

賽銭(さいせん)は一厘銭のみ。それだに奉加(ほうが)するはいと稀なり…。—(むれ)集る老若男女も、みな信心家にあらざるにや」〈逍遥当世書生気質

話の冒頭に用いる語。さて。ところで。

「—胡国の軍(いくさ)強(こお)うして」〈謡・昭君


然れば

読み方:されば、しかれば

【文語】ラ行変格活用動詞然り」の已然形である「然れ」に、接続助詞「ば」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



然ればと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

然ればのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



然ればのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS