移住 移住の概要

移住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/03 09:02 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
イングランドからの移民を描いたフォード・マドックス・ブラウンThe Last of England
南米を宣伝する日本政府のポスター

移民と同義であるが、こちらは祖国を離れるという「第一国から第二国への人々の移動」も伴う現象のことを言う。人が移住を選択する要因は多くあるが、要因は、「引かれる」要因と「出る」要因の2つに大別される。より良い経済的機会や生活水準の向上またはより良い気候条件を求めることが「引かれる」要因の例である。一方、貧困への恐怖や宗教的、政治的差別が「出る」要因の例である。

18世紀から21世紀には、移住は世界に大きな影響を及ぼしている。18世紀から19世紀にはヨーロッパから、近年はメキシコからアメリカ合衆国に数百万の人々が移住している。

「移住」という用語は、通常は自主的な移動について用いるが、強制移住は、移転政策や民族浄化のため、集団で強制的に移住させられるものである。

移住の要因

「出る」要因

  • 仕事の欠如・貧困による苦境
  • 政治や宗教上の権利の欠如
  • 人種、宗教、性別、性的指向上の迫害や不寛容
  • 信教の自由の欠如
  • 農地の不足
  • 法的、政治的立場の抑圧
  • 紛争不景気
  • 徴兵や戦争
  • 飢饉旱魃
  • 他の集団との文化的闘争
  • 軍からの除隊

「引かれる」要因

移住の制限

ドイツ再統一以前の東ドイツから西ドイツへの移民を制限したベルリンの壁

複数の国は、国民に対して移住の自由を制限していた。1668年以降、中国王朝の漢民族に対して、満州中国東北部)への移住を禁止した。1681年、皇帝は、中国国民が満州及びモンゴルに越境できないようにするための柳條邊の建設を命じた[1]

1918年ソビエト連邦構成共和国が法律と国境を厳しくしてそのような制限を始め、1928年まで違法な移住もほぼ不可能であった[2]。これを強化するため、ソビエト連邦政府は国内のパスポート制度と各都市の住民登録の制度を規定し、「101st kilometre」と呼ばれる規則によって、小さな地域内の移動も制限した[3]

第二次世界大戦後の1945年、ソビエト連邦は複数の東ヨーロッパの国を占拠し、自国の影響下に置きまとめて東側諸国と呼ばれた。新たに獲得された地域の大部分の住人は、独立し、ソビエト連邦が退去することを望んだ[4]。第二次世界大戦が終結して5年も経たない1950年以前、1500万人以上の人々がソビエト連邦に占領された共産主義圏の東ヨーロッパから資本主義圏の西側諸国に移住した[5]。1950年代初めまでに、国家間の移動を制限するソビエト連邦の手法は、東側諸国の他の国々でも取り入れられた[6]。東側諸国に導入された移住制限は、東側と西側の間の移動のほとんどを停止させ、1950年から1990年までに、東側から西側に移動した数は、わずか1330万人であった[7]。しかし、毎年数十万人の東ドイツ国民が、東西ベルリンの間にある「抜け穴」を通って西ドイツに移住していた[8]。この移住は、東ドイツから西ドイツへ、教育を受けた若年の専門家や技術者の「頭脳流出」を引き起こし、また1961年までに東ドイツの人口の20%近くが西ドイツへ移住した[9]1961年、東ドイツは有刺鉄線の障壁を作り、後にこれはベルリンの壁の建設に繋がった[10]1989年ベルリンの壁崩壊に続いてドイツ再統一が行われ、それから2年以内にソ連崩壊が起きた。

1950年代初めまでに、ソ連が実施した移住の制限は、中華人民共和国モンゴル国朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)といった社会主義国でも同様の制度が取り入れられた[6]。北朝鮮では現在でも移住を厳しく制限しており、北朝鮮の人民は、未だに違法に中国への移住を続けているものの[11]、現在でも最も移住の制限の厳しい国の1つである[12]。その他に、過去や現在、移住を厳しく制限していた国には、アンゴラエチオピアモザンビークソマリアアフガニスタンミャンマー民主カンプチアラオス北ベトナムイラク南イエメンキューバ等がある[13]

関連項目


  1. ^ Elliott, Mark C. "The Limits of Tartary: Manchuria in Imperial and National Geographies." Journal of Asian Studies 59, no. 3 (2000): 603-46.
  2. ^ Dowty 1989, p. 69
  3. ^ Dowty 1989, p. 70
  4. ^ Thackeray 2004, p. 188
  5. ^ Böcker 1998, p. 207
  6. ^ a b Dowty 1989, p. 114
  7. ^ Böcker 1998, p. 209
  8. ^ Harrison 2003, p. 99
  9. ^ Dowty 1989, p. 122
  10. ^ Pearson 1998, p. 75
  11. ^ Kleinschmidt, Harald, Migration, Regional Integration and Human Security: The Formation and Maintenance of Transnational Spaces, Ashgate Publishing, Ltd., 2006,ISBN 0-7546-4646-7, page 110
  12. ^ Dowty 1989, p. 208
  13. ^ Dowty 1989, p. 186


「移住」の続きの解説一覧




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

移住のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



移住のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの移住 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS