ひょっこりひょうたん島 現存している回

ひょっこりひょうたん島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/04 02:40 UTC 版)

現存している回

当時ビデオテープ(2インチVTR)は非常に高価かつ大型であり、収録された映像は放送終了後に消去されて他の番組に使い回されたため、マスターテープによる映像は現存しない。テレビ画面をフィルムカメラで撮影したキネコが8本現存するのみである。また、当時は全回カラー放送ではあったが、カラーキネコで残っているのは第829回と第881回のみである。第650回「夜をまとうよ」は、ガバチョが「夜をまとうよ」を歌った回である。 音声に関してはアンコロピン王国シリーズ終盤~エンディングまでの約3年間分の番組録音テープが、音質に難があるものの現存する。

タイトル 放送日 シリーズ
第547回 火事 その1 1966年06月13日 アンコロピン王国
第548回 火事 その2 1966年06月14日
第644回 地球最後の日 その5 1966年10月28日 クレタモラッタ島
第649回 地球最後の日 その10 1966年11月04日
第650回 夜をまとうよ 1966年11月07日
第710回 ひょうたん大捕物 1967年02月02日 グッバイジョウ
第829回 ドクトル・デ・ペソ その1 1967年07月31日 ウクレレマン・ダン
第881回 母子再会 その1 1967年10月16日

リメイク版

ひょっこりひょうたん島
ジャンル 人形劇
原作 井上ひさし山元護久
演出 雪正一
製作
制作 日本放送協会
放送
放送国・地域 日本
海賊の巻
放送期間 1991年4月26日 - 1991年5月12日
放送時間 NHK BS2
毎日19:30-20:00
放送分 30分
回数 17
アラビアンナイトの巻
放送期間 1991年12月24日 - 1992年1月15日
放送時間 NHK BS2
毎日19:30-20:00
放送分 30分
回数 19
グレート・マジョリタンの巻
放送期間 1992年12月21日 - 1993年1月10日
放送時間 NHK BS2
毎日18:00-18:50
放送分 本編30分
回数 20
ドクター・ストップの巻
放送期間 1993年10月3日
放送時間 ハイビジョン試験放送
日曜17:00-18:00
放送分 60分
回数 1
魔女リカの巻
放送期間 1996年4月29日 - 1996年5月2日
放送時間 ハイビジョン実用化試験放送
毎日11:00-11:40
放送分 40分
回数 4
テンプレートを表示
ひょっこりひょうたん島
ジャンル 人形劇
ドン・ガバチョ
サンデー先生
トラヒゲ
マシンガン・ダンディ
ライオン
ムマモメム
博士
ダンプ
テケ
チャッピ
プリン
リトル・キッド
名古屋章
楠トシエ
熊倉一雄
小林恭治
滝口順平
槐柳二
中山千夏
伊藤牧子
増山江威子
江美京子
堀絢子
藤田淑子
テンプレート - ノート

スタッフ

  • 原作:井上ひさし山元護久
  • アニメーション:久里洋二
  • 人形劇:ひとみ座
  • 人形デザイン:片岡昌
  • 制作統括:山田卓、日根龍也
  • 演出:雪正一
  • 共同制作:NHKエンタープライズ
  • 資料提供:伊藤悟

シリーズ一覧

タイトル 放送期間 分数 回数
1 海賊の巻 1991年04月26日 - 1991年05月12日 30分 17回
2 アラビアンナイトの巻 1991年12月24日 - 1992年01月15日 30分 19回
3 グレート・マジョリタンの巻 1992年12月21日 - 1993年01月10日 30分 20回
4 ドクター・ストップの巻 1993年10月03日 60分 01回
5 魔女リカの巻 1996年04月29日 - 1996年05月02日 40分 04回

海賊の巻

基礎情報
放送日時
ch 放送期間 放送時間 備考
1 BS2 1991年04月26日 - 05月12日 毎日19:30-20:00 [注釈 6][注釈 7]
2 BS2 1991年07月21日 - 11月10日 日曜18:27-18:57 [注釈 8]
3 総合 1991年11月25日 - 12月19日 平日17:05-17:35
4 教育 1994年01月04日 - 05月03日 火曜18:30-19:00
5 教育 2003年04月13日 - 08月03日 日曜19:25-19:55

アラビアンナイトの巻

基礎情報
放送日時
ch 放送期間 放送時間 備考
1 BS2 1991年12月24日 - 1992年01月15日 毎日19:30-20:00 [注釈 6][注釈 9]
2 BS2 1992年06月07日 - 1992年10月18日 日曜18:26-18:56 [注釈 8]
3 教育 1993年04月06日 - 1993年08月10日 火曜18:30-19:00
4 教育 2003年08月10日 - 2003年12月21日 日曜19:25-19:55

グレート・マジョリタンの巻

基礎情報
放送日時
ch 放送期間 放送時間 備考
1 BS2 1992年12月21日 - 1993年01月10日 毎日18:00-18:50 [注釈 10][注釈 11]
2 教育 1993年08月17日 - 1993年12月28日 火曜18:30-19:00
3 教育 2003年12月28日 - 2004年03月28日 日曜19:25-19:55 [注釈 12]
2004年03月28日 日曜20:00-23:00 [注釈 13]

ドクター・ストップの巻

基礎情報
放送日時
ch 放送日 放送時間 備考
1 HV 1993年10月03日 日曜17:00-18:00
2 BS2 1993年12月23日 木曜17:00-18:00
3 教育 1994年01月02日 日曜17:30-18:30
4 教育 1994年04月29日 金曜09:00-10:00
5 Eテレ 2013年01月01日 火曜12:00-13:00 [注釈 14]
解説
本編中、パリやバルセロナの背景に当時開業した東武ワールドスクウェアが使われている。

魔女リカの巻

基礎情報
放送日時
ch 放送期間 放送時間
1 HV 1996年4月29日 - 5月02日 毎日11:00-11:40
2 BS2 1996年8月05日 - 8月08日 毎日10:00-10:40
3 HV 1997年1月02日 - 1月10日 [注釈 15][注釈 16]
解説
15分×73回(計1095分=18時間15分)のオリジナルをリメイク版では40分×4本(計160分=2時間40分)という、大幅に短縮された形にしなければならなかったため、演出の雪はシナリオの手直しに苦慮したという。他にも雪はリメイクのたびに削られる制作費に泣く羽目になり、冗談交じりにひとみ座に「VTRそっちに頼めない?」とまで言ったことがある。

アンコール放送

2003年4月13日から2004年3月28日までの1年間、テレビ放送50周年記念の一環として、毎週日曜19:25-19:55にNHK教育テレビで「アンコール放送」という形で再放送。放送されたのは「海賊の巻」、「アラビアンナイトの巻」、「グレート・マジョリタンの巻」。放送期間との兼ね合いから「グレート・マジョリタンの巻」は通常枠では第14回までしか放送されず、最終日は通常枠の後、20:00-23:00に特別枠が設けられ、残りの6回分を一挙に放送した。

たくさんのEね!ありがとう「お願い!編集長」スペシャル』(2013年1月1日 火曜12:00-13:00 NHK Eテレ)で「ドクター・ストップの巻」がハイビジョン放送された。

CS放送では2008年4月4日よりチャンネル銀河で放送開始。

人間レコードの巻

ひょっこりひょうたん島
人間レコードの巻
ジャンル 人形劇
原作 井上ひさし山元護久
脚本 井上ひさし
演出 野里元士
製作
制作 日本放送協会
放送
放送国・地域 日本
放送期間 2003年2月1日
放送時間 NHK総合テレビNHK BShi
土曜17:00-18:00
放送分 本編15分
回数 1
テンプレートを表示
基礎情報
スタッフ
解説
オリジナル版放送終了以来34年ぶりの新作。山元護久の没後の制作であるため、脚本は井上ひさしが単独で執筆した。
リメイク版ではキャスト変更されていた魔女ペラには黒柳徹子がオリジナル版以来約30年ぶりに再登板したが、魔女パトラの役にはオリジナル版の鈴木光枝やリメイク版の今井和子ではなく新たに田中真弓が起用されている。
また主題歌の歌手、エンディングのアレンジもリメイク版と違っている。物語は未完に終わっているが、続編の制作は未定。



注釈

  1. ^ NHKの番組での熊倉のコメントによる。[要出典]
  2. ^ 井上によると翌年度も放送継続の話があったが、特定郵便局長会で番組が批判されたことを受けてNHK幹部が動揺し、打ち切りになった[要出典]と言う。
  3. ^ ライオンシリーズ終了後の11週目からはセリフもすべて記録。
  4. ^ 上記のように当時ビデオテープ(2インチVTR)は非常に高価で大型であり収録されたほとんどの映像は放送終了後に消去され、他の番組に使い回されていたためである。
  5. ^ 放送休止45回。スポーツ中継(高校野球東京オリンピック国民体育大会ユニバーシアード)・臨時ニュース(日韓交渉・吉田茂国葬・日米首脳会談)・特別番組(祝日・年末年始)など
  6. ^ a b NHK衛星スペシャル
  7. ^ 放送休止(5月10日)、2回分放送(5月12日)
  8. ^ a b サンデーアニメ劇場
  9. ^ 放送休止(12月30日、12月31日、1月1日、1月10日)
  10. ^ 冬休みファミリー劇場
  11. ^ 放送休止(1月1日)
  12. ^ 第1回 - 第14回
  13. ^ 第15回 - 第20回
  14. ^ たくさんのEね!ありがとう「お願い!編集長」スペシャル
  15. ^ 1月2日 - 3日 木曜 - 金曜18:00-18:40
  16. ^ 1月9日 - 10日 木曜 - 金曜17:00-17:40
  17. ^ 1978年4月29日フジテレビ関東ローカル番組『土曜邦画劇場』でオンエアされたことがある。元々この日はプロ野球中継阪急×ロッテ」戦(関西テレビ制作)の放送予定で、本作は雨傘番組として編成されていたが、同カードの雨天中止に伴い放送された。
  18. ^ ただしブルとダックスはオリジナル版ではなく、代役の武田国久と雨森雅司がそれぞれ担当した。またマリーはノンクレジットだった。
  19. ^ NHK名作選 みのがし なつかし

出典

  1. ^ ひょうたん島の子どもたち(株式会社 全国新聞ネット「47NEWS」) Archived 2012年12月17日, at the Wayback Machine.
  2. ^ http://blog-imgs-41-origin.fc2.com/z/a/t/zatsugakuki/hyokkori.jpg
  3. ^ 広島県の文化財 - 瓢箪島 - 広島県ホームページ
  4. ^ お知らせ - 瓢箪島が登録記念物に登録されます | 尾道市 Archived 2016年3月5日, at the Wayback Machine.
  5. ^ 「瓢箪島」の国登録記念物登録に関する文化審議会の答申について | 愛媛県庁 Archived 2015年7月23日, at the Wayback Machine.
  6. ^ <瓢箪島>時に思い出ひょっこり : 地域 : 読売新聞(YOMIURI)
  7. ^ [岩手県大槌町沖の蓬莱(ほうらい)島 「ひょうたん島」モデルの島、被災アカマツ救え YOMIURI ONLINE 2011年7月10日13時18分 読売新聞][出典無効]
  8. ^ 伊藤悟『ひょうたん島大漂流記 1964 - 1991』飛鳥新社、1991年8月、203頁。ISBN 4870310988
  9. ^ ひょっこりひょうたん島 〜なぞのかいぞくせん〜 まとめ (ファミコン)/ファミ通.com
  10. ^ ひょっこりひょうたん島 ひょうたん島の大航海 まとめ (ゲームギア)/ファミ通.com
  11. ^ ひょっこりひょうたん島 〜大統領をめざせ!〜 まとめ (メガドライブ)/ファミ通.com
  12. ^ みんなのソフトシリーズ ひょっこりひょうたん島 ドン・ガバチョ大活躍の巻 まとめ (GBA)/ファミ通.com
  13. ^ a b c マル勝PCエンジン1992年9月号増刊 マル勝メガドライブ Vol.1 120ページ
  14. ^ 株式会社QBQ編 『懐かしのメガドライブ 蘇れメガドライバー !!』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118704 p87
  15. ^ 井上芳雄、安蘭けい、山下リオら出演 串田和美演出で「ひょっこりひょうたん島」が舞台化”. シアターガイド (2015年7月7日). 2015年7月8日閲覧。
  16. ^ 「ひょっこりひょうたん島」の舞台化について”. 2016年6月9日閲覧。
  17. ^ NHKアーカイブス「番組発掘プロジェクト」 発掘ニュースNo.101 「プリンプリン物語」貴重な初期の回、一気に25本!





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ひょっこりひょうたん島」の関連用語

ひょっこりひょうたん島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ひょっこりひょうたん島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひょっこりひょうたん島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS