ひょっこりひょうたん島 オールカラーで!東映まんがまつり ひょっこりひょうたん島

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ひょっこりひょうたん島の解説 > オールカラーで!東映まんがまつり ひょっこりひょうたん島 

ひょっこりひょうたん島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 01:20 UTC 版)

オールカラーで!東映まんがまつり ひょっこりひょうたん島

ひょっこりひょうたん島
The Madcap Island
監督 薮下泰次
脚本 井上ひさし山元護久
原作 井上ひさし、山元護久
製作 大川博
関政次郎、浦田郁也、籏野義文(企画)
出演者 藤村有弘
熊倉一雄
中山千夏
音楽 宇野誠一郎
主題歌 「ひょっこりひょうたん島」(前川陽子ヤング・フレッシュ
撮影 平尾三喜
編集 千蔵豊
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 1967年7月21日
上映時間 61分
製作国 日本
言語 日本語
前作 サイボーグ009 怪獣戦争
次作 アンデルセン物語(長編アニメ版)
テンプレートを表示

オールカラーで!東映まんがまつり」(同時上映:魔法使いサリーキャプテンウルトラ黄金バット)1967年7月21日公開、アニメーション作品。

単発の作品のため、冒頭にダイジェストでテレビ版の内容(ひょうたん島漂流、テレビからのガバチョ登場など)が語られた。当時の東映長編アニメーションでは設定画と併用して動作確認のために立体キャラクター(以下人形)の製作・使用が基本とされていたが、本作では放送で使用した人形が用いられた。

現存するとみられるひょうたん島関連映像で唯一ソフト化されておらず、東映ビデオからも長編アニメでは『世界名作童話 森は生きている』(1980年)・『世界名作童話 アラジンと魔法のランプ』(1982年)・『まんがイソップ物語』(1983年)と共にソフト化されてなく(1960年代以前の作品では唯一)、また同社から1996年9月に発売されたLD「東映長編アニメ 予告編グラフィティ」(現在廃盤)にも、本作の予告編は収録されてない。またテレビ版が性質上再放送が望めない作品であるため、このアニメ版のテレビ放映[注釈 17]が初見という世代もあり、その上1970年代後期までは一部のアニメ回顧番組で取り上げられた事も有ったが、1980年代以降は全く取り上げられず、リメイク版やアンコール放送がされた時期でも、本作は放送される事は無かった。しかし製作会社の東映アニメーション(当時:東映動画)にはフイルムは現存しており、「上映会」などで公開される事がある。また1980年代以降のアニメ(主に長編アニメ)関連文献でも、本作はイメージ画像付で紹介されているため、本作は「封印作品」にはなってない。

作品は「ブルドギアシリーズ」をアニメ化、主題歌及びキャストはオリジナルを踏襲している[注釈 18]

スタッフ
オリジナル版との相違点
  • マリー・キッド・ライオンが最初からいる。逆にプリン・ムマモメム・しゅう長・4海賊がいない。
  • ブルドギアで登場するのは、ブル・ピッツ・ダックス・ノラ・兵士のみ。人間はいない。
  • ひょうたん岬が壊れた方は火山側(オリジナル版は逆)。
  • ダンディはオリジナル版では自分がギャングであることを隠すため付け髭をつけていたが、アニメ版では付けていない。
  • ダックスは直立している。さらに7匹の息子はいない。
  • トラヒゲが「トラヒゲデパート」を出している(オリジナル版はこれより後の「南ドコニカシリーズ」より開業)。
  • ガバチョがニワトリの扮装で時の声を上げるシーンがある(オリジナル版はこれより後の「マジョリタンシリーズ」より)。
  • オリジナル版のピッツはノラを平気で射殺する冷酷なキャラクターだったが、アニメ版は兵士を脅したりするシーンはあっても、射殺するシーンは無く、(原作からの流用とはいえ)犬の自由のために最後まで戦うという、勇ましいキャラに変わっている。
  • ブルドギアの秘密兵器「入れ歯ミサイル」は、アニメ版ではただ噛み付くのみなのに対し、オリジナル版では噛み付かれると死ぬまで笑い続けるという設定があった。
  • ひょうたん島の着岸と離岸に関しては、オリジナル版ではブルドギア湾に着岸し、ムマモメムにビタミン注射されたクジラに引っ張られて離岸しているのに対し、アニメ版はブルドギア沖の海上で静止し、ピッツとの決着後に何も行われずに離岸している(オリジナルのひょうたん島はある場所にぶつからない限り止まらず、あることをしない限り離岸しない)。



注釈

  1. ^ NHKの番組での熊倉のコメントによる。[要出典]
  2. ^ 井上によると翌年度も放送継続の話があったが、特定郵便局長会で番組が批判されたことを受けてNHK幹部が動揺し、打ち切りになった[要出典]と言う。
  3. ^ ライオンシリーズ終了後の11週目からはセリフもすべて記録。
  4. ^ 上記のように当時ビデオテープ(2インチVTR)は非常に高価で大型であり収録されたほとんどの映像は放送終了後に消去され、他の番組に使い回されていたためである。
  5. ^ 放送休止45回。スポーツ中継(高校野球東京オリンピック国民体育大会ユニバーシアード)・臨時ニュース(日韓交渉・吉田茂国葬・日米首脳会談)・特別番組(祝日・年末年始)など
  6. ^ a b NHK衛星スペシャル
  7. ^ 放送休止(5月10日)、2回分放送(5月12日)
  8. ^ a b サンデーアニメ劇場
  9. ^ 放送休止(12月30日、12月31日、1月1日、1月10日)
  10. ^ 冬休みファミリー劇場
  11. ^ 放送休止(1月1日)
  12. ^ 第1回 - 第14回
  13. ^ 第15回 - 第20回
  14. ^ たくさんのEね!ありがとう「お願い!編集長」スペシャル
  15. ^ 1月2日 - 3日 木曜 - 金曜18:00-18:40
  16. ^ 1月9日 - 10日 木曜 - 金曜17:00-17:40
  17. ^ 1978年4月29日フジテレビ関東ローカル番組『土曜邦画劇場』でオンエアされたことがある。元々この日はプロ野球中継阪急×ロッテ」戦(関西テレビ制作)の放送予定で、本作は雨傘番組として編成されていたが、同カードの雨天中止に伴い放送された。
  18. ^ ただしブルとダックスはオリジナル版ではなく、代役の武田国久と雨森雅司がそれぞれ担当した。またマリーはノンクレジットだった。
  19. ^ NHK名作選 みのがし なつかし

出典

  1. ^ ひょうたん島の子どもたち(株式会社 全国新聞ネット「47NEWS」) Archived 2012年12月17日, at the Wayback Machine.
  2. ^ http://blog-imgs-41-origin.fc2.com/z/a/t/zatsugakuki/hyokkori.jpg
  3. ^ 広島県の文化財 - 瓢箪島 - 広島県ホームページ
  4. ^ お知らせ - 瓢箪島が登録記念物に登録されます | 尾道市 Archived 2016年3月5日, at the Wayback Machine.
  5. ^ 「瓢箪島」の国登録記念物登録に関する文化審議会の答申について | 愛媛県庁 Archived 2015年7月23日, at the Wayback Machine.
  6. ^ <瓢箪島>時に思い出ひょっこり : 地域 : 読売新聞(YOMIURI)
  7. ^ [岩手県大槌町沖の蓬莱(ほうらい)島 「ひょうたん島」モデルの島、被災アカマツ救え YOMIURI ONLINE 2011年7月10日13時18分 読売新聞][出典無効]
  8. ^ 伊藤悟『ひょうたん島大漂流記 1964 - 1991』飛鳥新社、1991年8月、203頁。ISBN 4870310988
  9. ^ ひょっこりひょうたん島 〜なぞのかいぞくせん〜 まとめ (ファミコン)/ファミ通.com
  10. ^ ひょっこりひょうたん島 ひょうたん島の大航海 まとめ (ゲームギア)/ファミ通.com
  11. ^ ひょっこりひょうたん島 〜大統領をめざせ!〜 まとめ (メガドライブ)/ファミ通.com
  12. ^ みんなのソフトシリーズ ひょっこりひょうたん島 ドン・ガバチョ大活躍の巻 まとめ (GBA)/ファミ通.com
  13. ^ a b c マル勝PCエンジン1992年9月号増刊 マル勝メガドライブ Vol.1 120ページ
  14. ^ 株式会社QBQ編 『懐かしのメガドライブ 蘇れメガドライバー !!』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118704 p87
  15. ^ 井上芳雄、安蘭けい、山下リオら出演 串田和美演出で「ひょっこりひょうたん島」が舞台化”. シアターガイド (2015年7月7日). 2015年7月8日閲覧。
  16. ^ 「ひょっこりひょうたん島」の舞台化について”. 2016年6月9日閲覧。
  17. ^ NHKアーカイブス「番組発掘プロジェクト」 発掘ニュースNo.101 「プリンプリン物語」貴重な初期の回、一気に25本!
  18. ^ 平成15年特殊切手「テレビ50年記念」”. 郵便事業庁. 2020年10月4日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ひょっこりひょうたん島」の関連用語

ひょっこりひょうたん島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ひょっこりひょうたん島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひょっこりひょうたん島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS