_Q_とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > _Q_の意味・解説 

キュー [1] 【cue; Q】

放送などで、演出者俳優や他のスタッフなどに示す合図きっかけ。 「 -を出す」

キュー [1] 【 Q ・ q 】

英語のアルファベット第一七字。
質問question)の略号( Q )。
Q ABC 略語

Q

quadrillionエネルギーを表す単位。1Q は 1055×1021J(ジュール)。石炭360トンエネルギーに相当するとされる
Queen女王
question質問略号
cue から)演出家が出す合図
(「級」から)写真植字で、文字大きさ級数)の単位を表す記号

.q

読み方キュー

.qとは、42.5%という圧縮率実現する「Quantum」という圧縮ツール圧縮されたファイルに付く拡張子のことである。なお、処理速度比較的遅いとされている。


<q> 〜 </q> 短文の引用符

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性機能と値   DTD ※
cite URI引用元の文書URL指定する
汎用属性 = idclasslangtitlestyle属性など

インライン引用関わるテキストを囲むときに利用します。HTML4.01 では引用したソース文書メッセージなどの所在情報を示すための cite属性が定義されています。

q要素内は比較短文インライン)の引用文であること示します。Webブラウザは、全体引用符で囲むべきで、その記号は、Lang属性指定された言語即したものにすべきとされています。これに対してユーザー側は引用符付けたりないようにすべきともされています。比較長文ブロックレベル)の場合は、blockquote要素 を用います。

※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

Q

Q → (アミノ酸)グルタミン, Gln


グルタミン

Glutamine, Gln, Q

側鎖アミド結合を持つ非必須アミノ酸αケトグルタル酸からグルタミン酸経て生合成される。

体に豊富に存在している非必須アミノ酸で、多く代謝反応に関わっている。グルタミン酸アンモニアから生合成される。そのため、もっとも重要な窒素源の運び役である。また、多く細胞で重要なエネルギー源としても用いられる。

Name Glutamine1)
MeSH 68005973
Molecular Formula C5H10N2O3
CAS No.56-85-9
Molecular Weight 146.14
m.p.185
pK1(25)2.17
pK2(25)9.13
Q

<jmol gln.pdb.gz 150 150></jmol>

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


Q

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/08 02:44 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
Qq Qq
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Qは、ラテン文字アルファベット)の 17 番目の文字。小文字は q 。古いギリシャ文字コッパϘ、小文字 ϙ)に由来する。

字形

様々な字形が知られるが、いずれも円の下に短い縦棒(ヒゲ)が付属した形すなわちコッパ (Ϙ) の、変形である。 ヒゲの関係で、大文字ではふつう円の部分は下から時計回りに書かれ、そのあとでヒゲを書く。また、ヒゲは、ベースラインを越えて下に突き出すことも多い。

  1. ヒゲを右に曲げる。
  2. ヒゲを円の真下でなく右に寄せる。フラクトゥールでは、である。
    1. さらにヒゲを円の中から円弧を突き抜ける形にする。
    2. 円に続けてヒゲを書くために、円の下部から時計回りに小さい円を描き、そのまま右下に突き出す。
  3. ヒゲを水平に書く。このとき、円と少し離して書くことがある。また、水平線は波打たせることがある。
    1. 円と水平線を続けて書くために、円から斜め下に接続線を書く。縦線が復活する形になる。
    2. 筆記体では、円を真下から書き始めずに途中から書くことがある。この結果、数字の2のような形となる。
  4. 小文字は、縦棒が右に寄り、長くなって円の右に接する形となり、ベースラインを越えて下に突き出す。数字の9と似た形となる(「p」を反転させた字形とも言える)。フラクトゥールでは、である。
    1. 数字の9と区別するため、縦棒の下部や、縦棒のベースライン付近(円よりは下)にセリフを付けたり、縦棒の下部を右に曲げることがある。筆記体では、右に曲げて折り返し、左に曲がって棒に当たってから右上に跳ね返って次の文字に続ける。

呼称

  • :クー/kwuː/
  • :クー/kuː/[2], クヴェー/kveː/
  • 西:ク/ku/
  • :キュ/ky/
  • :キュー/kyː/
  • : cue(キュー)/kjuː/
  • : quê(キー)
  • イネ:キー
  • エス:クーオ

音価

古いギリシャ文字のコッパ (Ϙ) は、[k] に似て、もっと喉の奥で発音する音だったようである。このため、[ku] における [k] の発音がコッパに近いとされ、[ku] の発音を表すために Q の字が残った。このため、現在でも qu の綴りで現れることが多い。英単語で qu にならないのは、カタールの綴り "Qatar" や、オーストラリアカンタス航空の "Qantas" など、固有名詞にごく少数見られるだけである(カンタス航空の場合は、当初の正式名称であったQueensland And Northern Territory Aerial Servicesの略称であるため。実際の英語の発音は "qu" の2字の場合のように「クォンタス」)また、グループの「Aqours」は「qu」にならない。現在Qが表す音価は、[k] ないしその類似音である。quの後に母音がついていることが多く、子音は少ない。

ラテン語と同様の [k](qu の形でしか現れないものを含む)
  • イタリア語、英語、オランダ語ではquの2字でkwの綴りと同じ [kw] の発音を表す。
  • ドイツ語では qu の2字で kw の綴りと同じ [kv] の発音を表す。
  • フランス語、スペイン語では qu の2字で [k] を表す。また、フランス語では cinq(5), coq(雄鶏)といった q の語尾の単語があり、これも同様に発音する。 
  • ポルトガル語では qu の綴りで a, o, u の前では [kw]、e, i の前で [k] または語によって [kw]。ただしブラジルでは e, i の前で [kw] と発音するには qü と綴る。
  • エスペラントでは外来語のみに使う。読み方がわからない場合、単独の q は [k]、qu は [kv] と発音することが推奨されている。qu を含む西欧語の単語がエスペラントに取り入れられた時は kv になる。(quality → kvalito)
古ギリシア語 Ϙ に連なるアラビア語 やそれに由来する音
その他の軟口蓋音
硬口蓋音
その他の音声

Qの使用例

主に大文字

富士急行のロゴ

主に小文字

符号位置

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Q U+0051 1-3-49 &#x51;
&#81;
q U+0071 1-3-81 &#x71;
&#113;
U+FF31 1-3-49 &#xFF31;
&#65329;
U+FF51 1-3-81 &#xFF51;
&#65361;
全角
U+24C6 &#x24C6;
&#9414;
U+24E0 1-12-42 &#x24E0;
&#9440;
丸囲み
🄠 U+1F120 &#x1F120;
&#127264;
U+24AC &#x24AC;
&#9388;
括弧付き
𝐐 U+1D410 &#x1D410;
&#119824;
𝐪 U+1D42A &#x1D42A;
&#119850;
太字

他の表現法

脚注

  1. ^ Nr.13 ドイツ語圏(7) オーストリア(5) | コラム、ドイツ語技能検定試験、2017年10月29日閲覧。
  2. ^ オーストリアドイツ語での呼称はこちらではない[1]

関連項目


キューエンタテインメント

(_Q_ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/05 03:25 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
キューエンタテインメント株式会社
Q Entertainment Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
330-0843
埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目262番3号
設立 2003年10月10日
業種 情報・通信業
事業内容 家庭用ゲーム機、パーソナルコンピュータ、携帯電話向けコンテンツなどの企画・開発・運営
資本金 100,000,000円
関係する人物 水口 哲也(元・代表取締役 COO)
内海 州史(元・代表取締役 CEO)
テンプレートを表示

キューエンタテインメント株式会社: Q Entertainment Inc.)はゲームソフトウェアの企画・開発を行う日本の企業。

概要

ゲームデザイナーである水口哲也とゲームプロデューサーの内海州史が共同で2004年に設立。2006年からはオンラインゲームの開発と運営も手がけている。ロゴマークは「Q?」。バンダイゲームロフトマイクロソフトを販売における提携企業としている。2007年2月15日に発売されたPlayStation Portable用ソフト「ルミネスII」が初の自社販売ソフト。

2013年11月11日、三洋化成製作所[1]の子会社となる。2014年4月、代表が内海州史から久保幸男に異動した。

開発・発売タイトル

PlayStation Portable用ソフト

  • ルミネス (2004年12月12日発売、3,990円、音と光のアクションパズル)<開発>
  • Every Extend Extra (2006年8月3日発売、5,040円、音と光の弾幕ドライブ)<開発>
  • Gunpey-Rebirth (2007年1月11日発売、5,040円、MUSIC X PUZZLE)<開発>
  • ルミネスII (2007年2月15日発売、4,980円、音と光のアクションパズル)<開発・発売>

ニンテンドーDS用ソフト

Xbox 360用ソフト

PlayStation 2用ソフト

PlayStation 3用ソフト

  • Angel Love Online (2008年9月25日~2015年5月1日(運営移管)。プレイ料金無料・アイテム課金、オンラインRPG) <運営>
  • ルミネス スーパーノヴァ (2008年12月18日発売、1,000円、音と光のアクションパズル) <開発>
  • エンジェル戦記 (2009年9月16日~2015年3月1日 (運営移管)プレイ料金無料・アイテム課金、オンラインRPG) <運営>
  • Child Of Eden (2011年10月6日発売、6,279円、シナスタジアシューター) <開発>

PlayStation Vita用ソフト

  • デスティニーオブスピリッツ (2014年3月20日~2015年6月30日(予定)。プレイ料金無料・アイテム課金、グローバルロケーションゲーム) <開発>

ニンテンドーゲームキューブ用ソフト

Windows用ソフト

  • メテオスオンライン (2006年11月22日~2007年10月31日。プレイ料金無料・アイテム課金、オンライン対戦パズル) <開発・運営>
  • Angel Love Online (2006年12月21日~2015年5月1日(運営移管)。プレイ料金無料・アイテム課金、オンラインRPG)<運営>
  • Secret Online (2007年10月31日~2008年2月18日。オンラインRPG)<運営>
  • Xenepic Online (2008年1月30日~2014年1月22日。プレイ料金無料・アイテム課金、オンラインRPG)<運営>
  • ドルアーガの塔 The Recovery of BABYLIM (2008年4月1日~サービス継続中。基本プレイ料金無料・アイテム課金、MMORPG) <開発>
  • エンジェル戦記 (2009年7月1日~2015年3月1日(運営移管)。プレイ料金無料・アイテム課金、オンラインRPG) <運営>
  • NikQ (2009年12月15日~2011年1月31日。プレイ料金無料・アイテム課金、ブラウザゲーム)<運営>
  • Brave Song Online (2011年6月2日~2013年5月29日。プレイ料金無料・アイテム課金、オンラインRPG) <運営>
  • NINETY-NINE NIGHTS ONLINE (2011年12月8日~2012年9月27日。プレイ料金無料・アイテム課金、オンラインRPG) <(UserJoy Technology社との共同)開発・運営>

ソーシャルゲーム

  • 釣りクエ
  • ウマとも!
  • そだてて ともだち勇者
  • ホストパラダイス

脚注

  1. ^ 2016年2月、株式会社サンヨーに社名変更。2018年6月法人格消滅。(法人番号 5020001008622)

外部リンク


Q...

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/13 07:54 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
Q...
ジャンル コメディ
製作者 スパイク・ミリガン
ニール・シャンド英語版
出演者 スパイク・ミリガン
イギリスの旗 イギリス
話数 38
製作
放送時間 30分
放送
放送局 BBC
放送期間 1969年3月24日 (1969-03-24) – 1982年10月25日 (1982-10-25)

Q...』 は、1960年代から1980年代にかけて放送された、超現実的 (Surrealコメディ・スケッチのテレビ番組である。執筆はスパイク・ミリガンニール・シャンド英語版が担当し、ミリガンが主演、ジュリア・ブレック英語版ジョン・ブルーサル英語版ボブ・トッド英語版ジョン・ウェルズ英語版などが助演した。番組は1969年から1982年までBBC Twoで放送された。全6シリーズが制作され、最初の5シリーズには "Q5" から "Q9"、最終シリーズには "There's a Lot of It About" とのタイトルが付けられた。第1シリーズ・第3シリーズは7話、その他のシリーズは6話から構成されており、放送時間はいずれも30分だった。

番組のタイトルについては、様々な理由が考えられている。1つはキュナード・ラインが保有するクルーズ客船クイーン・エリザベス2の建設に影響を受けたとするものである。この船は1967年9月に進水し、以前は "Q4" と呼ばれていた(一方シリーズは "Q5" からスタートしている)。また他にも、当時BBCが使っていた技術的品質6段階尺度(英: 6-point technical quality scale)にミリガンが触発されたという説もある。当時の技術では、"Q5" だと映像や音声に深刻な劣化・乱れが見られ、"Q6" では音声・映像共に完全に失われてしまう。このスケールは技術部の尽力で後に "Q9" までの9段階に拡張された。また最終シリーズのタイトルについては、ミリガンの伝記によると、BBC側が一般には "Q10" が分かりにくすぎると感じ、それから "There's a Lot of It About" に変更されたと書かれている[要出典]

コメディ界の先駆けとして

ザ・グーン・ショー』など、ミリガンの活動初期に作られた作品では「行き当たりばったり」といった展開が多い一方で、この『Q...』シリーズは、多くの人に英国コメディの画期的な転換点と考えられている。特に、1969年3月24日に初回が放送された "Q5" では、その超現実的傾向やほとんど意識の流れに沿った構成が、数ヶ月後に初回が放送された『空飛ぶモンティ・パイソン』の先駆けと見なされた[注 1][1]モンティ・パイソン自身でも、"Q5" を見てから、意図していた構成が既に用いられていることに気付き、自分たちのシリーズの特徴として視聴者を引きつける新たな策を慌てて探したと述懐している[2]。モンティ・パイソンの1人、マイケル・ペイリンは、「テリー・ジョーンズと自分は Q... が大好きでね・・・・・・[ミリガン]はテレビの前の熱狂的なファンを巧みに操った初めての作家だね」と回想している[3]

ポーリーン・スクーダモアが書いたミリガンの伝記には、同じくパイソンズの一員、ジョン・クリーズへのインタビューが掲載されている[4]

「番組は他の作品への道として準備され、本物の大躍進を作った番組は時には見落とされる。スパイク・ミリガンの "Q5" は見損なわれていた・・・・・・初めて "Q5" を見た時には、番組が自分たちのやろうとしていたことそのもので、しかもミリガンが実に鮮やかにやってのけていたので、とても落ち込んだ。しかし実際には誰も "Q5" には気付いていなかったんだ。テリー・ジョーンズ、マイケル・ペイリン、テリー・ギリアムは打ちのめされた。ジョーンズは『"Q5" を見たら、全員、自分たちの銃がスパイクに使われたような気になったよ!これまで3年くらいキワモノやスケッチを書いてきたけれど、常に始まりがあって、中間があって、結びのオチがあるようなものだった。突然、スパイク・ミリガンを見てからだね、そんなものやる必要なんてないと悟ったんだ』と書き付けた」 — ジョン・クリーズ、[注 2][4]

パイソンズが2004年に出版した自伝でも、クリーズはテリー・ジョーンズとの会話を記録している。

「2人ともたまたまスパイク・ミリガンの "Q5" を見たんだ。そして2人の内どっちかが電話をかけて、ある種冗談に、それでいて不安気に、『あれは僕らがやろうとしていたものだと思うんだけど?』と言った。そしたらもう片方が言ったんだ、『こっちも同じ事を考えていた』ってね。僕らはスパイクが自分たちの試そうとしたところへ着いてしまったと感じたけれど、以前の自分たちは質問をされても、その気持ちがどんなものだったか上手く表現できなかっただろうね。でも、スクリーンであの作品を見た時に僕らはそう悟ったんだ。そしてある点で、スパイクが成し遂げた事実は、きっと自分たちを、前に思っていたよりもほんの少し先に進ませてくれるんだと感じたのさ」 — ジョン・クリーズ、(p. 191).[注 3][5]

マイケル・ペイリンは、同じくパイソンズの自伝中で、このシリーズの監督だったイアン・マクノートンに会った際の思い出を記している。

「ひとりはイアン・マクノートン、僕ら全員がテレビで放送された最高のコメディ番組だと思っていて、確実にはるか先を走っていた、スパイク・ミリガンの Q5 シリーズの監督だった・・・・・・」 — マイケル・ペイリン、(p. 218).[注 4][5]

またペイリンは、自身とジョーンズが "Q..." シリーズに大変感銘を受け、Q5 シリーズを監督していたマクノートンに自分たちの番組を監督してほしいとはっきり実感したと述べている[3][5]。マクノートンは Q5 シリーズの監督を担当した後、『空飛ぶモンティ・パイソン』全45話のうち41話で監督を行った[6]

発展

空飛ぶモンティ・パイソン』が1969年から1974年にかけて4シリーズを放送したのに対し、BBCに対するミリガンの激しい態度のせいで、彼は第2シリーズである "Q6" を委託されるのに1975年まで待たなければならなかった。シリーズはこの後も散発的に制作された。"Q7"1977年"Q8" は直後の1978年に制作された。"Q8" のオープニング・クレジットでは、「クウェート」(: 'Kuwait)との単語が 'Q8' とのタイトルに変わっていくが、これはクウェート石油公社英語版による商標登録の2年前に放送された。"Q9"1980年、そして最終シリーズ "There's a Lot of It About"1982年に放送された。ミリガンは、BBCが『空飛ぶモンティ・パイソン』などのシリーズに比べて『Q...』シリーズを冷淡に扱ったことに憤慨し、常に「機会を与えてくれればもっと制作してやる」と息巻いていたという。番組はミリガンと共筆者のニール・シャンド英語版によって執筆された。後年に放送されたいくつかのエピソードでは「その他の貢献」(英: "additional contribution")があったとして、デイヴィッド・レンウィック(英: David Renwick)、アンドリュー・マーシャル(英: Andrew Marshall)、ジョン・アントロバス英語版のいずれかないし全員がクレジットされている。

ミリガンの自由な超現実的ウィットは、『Q...』シリーズによって脚光を浴びた。スケッチは展開が速く込み合ったものになり、次から次へと流れていく構成となった。また1つの題材や場所から突飛な飛躍をすることも、明らかなオチが無いこともしばしばだった。衣装ですら無鉄砲で矛盾したものであり、いくつかのエピソードではBBC衣装部のタグが付いたまま演技をしていることもある。またミリガンは大きな鼻と帽子が好みのようだった。

一方で、ユダヤ人パキスタン人など、論争を呼びそうな人種ネタを多く書くミリガンの傾向は批判されており、1970年代の基準に照らしてみると、シリーズ全体としては明確なリスクがあった。

ほぼ全エピソードに、ジュリア・ブレック英語版が演じ、着衣が乱れていて巨乳の『グラマーな引き立て役』(英: "glamour stooge")が登場している。

現存するエピソード

『Q...』シリーズのエピソードは、全38話のうち34話が現存している。1970年代中盤を通してBBCは、ビデオテープの再利用を理由に、以前放送した番組のマスター・コピーを「ワイピング」 (wipingして破棄したり、保管コストを抑えるためマスター・ビデオテープを処分したりしていた。この方針のせいで、"Q5" 全7話のうち4話は失われ、また2話も白黒のフィルム撮りでしか残っていない。それ以降のシリーズは全編が現存している。シリーズ全話は1980年代にオーストラリアの放送局でも放送されたが、これはミリガンが当時オーストラリアに住み、演劇活動も行っていたためと考えられる[注 5]

"Q5" は3話分しか現存しておらず、エピソード2・3はどちらも16mmフィルムによる白黒のフィルム撮りである(エピソード3には、コピーを行う際に「エピソード5」と誤ったラベリングがなされている[7])。"Q5" では1話のみが元のカラー映像で残っているが、エピソード番号は判明していない。このカラー映像から短いクリップを抜粋したものがドキュメンタリー番組 "Heroes of Comedy: Spike Milligan" で使われたほか、2014年12月に放送されたBBC Fourの番組 "Assorted Q" でも用いられた。

ゲスト

エピソードの大半で比較的「単純な」間奏曲が演奏されるが、これはミリガン本人によって演奏されることも、エド・ウェルチ(: Ed Welch)やアラン・クレア英語版によりピアノで演奏されることもあった[注 6]。番組にはジャズ・グループや、ラグタイム・バンド、シンガー・ソングライターなども出演した。マイク・サムズ・シンガーズ英語版(英: The Mike Sammes Singers)は、あるエピソードで、演奏の終わりに自分たちの顔でカスタード・パイを受け止めるというパフォーマンスまで行った。これらの音楽演奏のクリップは、BBC Fourのシリーズ "Jazz Britannia" (enでも放送された。

レギュラー・キャスト

  • ジュリア・ブレック英語版 - Julia Breck
  • ジョン・ブルーサル英語版 - John Bluthal
  • アラン・クレア英語版 - Alan Clare
  • ジャネット・チャールズ英語版 - Jeannette Charles
  • ロバート・ドーニング英語版 - Robert Dorning
  • リンジー・ドルー英語版 - Linzi Drew
  • ピーター・ジョーンズ英語版 - Peter Jones
  • デイヴィッド・ロッジ英語版 - David Lodge
  • クリス・ランガム英語版 - Chris Langham
  • スパイク・ミリガン - Spike Milligan
  • デイヴィッド・ラッパポート英語版 - David Rappaport
  • キース・スミス - Keith Smith
  • ステラ・タナー英語版 - Stella Tanner
  • ボブ・トッド英語版 - Bob Todd
  • リタ・ウェブ英語版 - Rita Webb
  • ジョン・ウェルズ英語版 - John Wells

スタッフ

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『空飛ぶモンティ・パイソン』の初回放送は1969年10月5日。
  2. ^ 原文:"Shows prepare the way for other shows, and sometimes shows that make genuine breakthroughs are missed. Spike Milligan's Q5 was missed...when we first saw Q5 we were very depressed because we thought it was what we wanted to do and Milligan was doing it brilliantly. But nobody really noticed Q5". Terry Jones, Michael Palin and Terry Gilliam concurred. Jones noted that "watching Q5, we almost felt as if our guns had been Spiked! We had been writing quickies or sketches for some three years and they always had a beginning, a middle and a tag line. Suddenly, watching Spike Milligan, we realized that they didn't have to be like that".
  3. ^ 原文:"We both happened to watch Spike Milligan's Q5, and one or the other of us phoned up and said kind of jokingly but also rather anxiously, 'I thought that's what we were supposed to be doing?' And the other one said, 'That's what I thought too.' We felt that Spike had got to where we were trying to get to, but if you'd asked us the previous day, we couldn't have described very well what that was. However, when we saw it on the screen we recognised it, and in a way the fact that Spike had gone there probably enabled us to go a little bit further than we would otherwise have gone"
  4. ^ 原文:"One was Ian MacNaughton, director of the Spike Milligan Q5 series which we all thought was one of the best comedy shows on TV and certainly the most far ahead..."
  5. ^ ミリガンの母は英国出身だが、後にオーストラリアに移住し、晩年には帰化した。
  6. ^ ミリガン自身はトランペット片手に軍の慰問に回っていたこともある人物で、ウクレレギターなども弾くことができた[8]。またクレアは英国出身のジャズ・ピアニスト。

出典

  1. ^ BBC Comedy - Q” (Date unknown). 2009年10月22日閲覧。
  2. ^ Scudamore, Pauline (1985). Spike Milligan: A Biography.. London: Granada. ISBN 0-246-12275-7. OCLC 14360232. [要ページ番号]
  3. ^ a b Ventham, Maxine (2002). “Michael Palin”. In …. Spike Milligan: His Part in Our Lives. Robson. pp. 156–159. ISBN 1-86105-530-7. "Terry Jones and I adored the Q... shows...[Milligan] was the first writer to play with the conventions of television."  (quote at (a), p.157)
  4. ^ a b Scudamore (1985, p. 170)
  5. ^ a b c Chapman, G.; Cleese, J.; Gilliam, T.; Idle, E.; Jones, T.; Palin, M. (2004), Bob McCabe, ed., The Pythons Autobiography by The Pythons, London: Orion, ISBN 0-7528-6425-4  Chapman's posthumous input via collateral sources
  6. ^ “Ian MacNaughton, a 'Monty Python' Director, Dies at 76”. ニューヨーク・タイムズ. (2003年1月3日). http://www.nytimes.com/2003/01/03/arts/ian-macnaughton-a-monty-python-director-dies-at-76.html 2016年8月10日閲覧。 
  7. ^ Lost Shows website”. 2016年8月10日閲覧。
  8. ^ Stephen Dixon (2002年2月28日). “Obituary: Spike Milligan”. ガーディアン. https://www.theguardian.com/news/2002/feb/28/guardianobituaries.booksobituaries 2016年8月10日閲覧。 
  9. ^ Terry Jones (2002年12月27日). “Obituary: Ian Macnaughton”. The Guardian. 2016年8月11日閲覧。

参考文献

外部リンク




_Q_と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「_Q_」に関係したコラム

  • FXのQ&Aサイト一覧

    FXのQ&Aサイト一覧FX(外国為替証拠金取引)業者の提供するQ&Aサイトの一覧です。Q&Aサイトでは、FXの初心者向けへのQ&Aや、FX業者の提供するサービスの内容、操作方法などのQ&Aなどが用意さ...

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「_Q_」の関連用語

_Q_のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



_Q_のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.qの記事を利用しております。
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2019 banban@scollabo.com
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのQ (改訂履歴)、キューエンタテインメント (改訂履歴)、Q... (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS