情報部員とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 情報部員の意味・解説 

スパイ

(情報部員 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/28 23:06 UTC 版)

スパイ英語: SPY)とは、敵対勢力などの情報を得るため、諜報活動などをする者の総称である。




  1. ^ a b c 防諜の生態 正兼菊太 1944年
  2. ^ ファミリーヒストリー「さだまさし~スパイだった祖父 大陸の奥地へ~」 - NHK
  3. ^ 柳田大元『タリバン拘束日記』(2002年9月20日、西峰社)
  4. ^ a b 永井良和『スパイ・爆撃・監視カメラ:人が人を信じないということ』<河出ブックス> 河出書房新社 2011年 ISBN 9784309624259 pp.79-82.
  5. ^ 「北京の高級人民法院、判決で日本外交官をスパイ断定」読売新聞08年3月11日記事
  6. ^ 『フランコと大日本帝国』フロレンティーノ・ロダオ、深澤安博ほか訳、晶文社、2012
  7. ^ 『「スイス諜報網」の日米終戦工作-ポツダム宣言はなぜ受けいれられたか』有馬哲夫(新潮社、2015年)
  8. ^ 『緒方竹虎とCIA アメリカ公文書が語る保守政治家の実像』吉田則昭(平凡社、2012年)
  9. ^ 週刊新潮2006年2月16日
  10. ^ a b c 左派弱体化へ秘密資金 米CIA、保革両勢力に 共同通信2006年7月19日
  11. ^ 1999年に旧ソ連の暗号文書を解読した「ヴェノナ文書」の公開によって確定した。1994年から1945年までの間に、ホワイト自身について論じたものやホワイトがもたらした情報を伝える内容で解読されたKGB電文は15を存在している。それらによると、ホワイトは、スターリンに敵対するポーランド亡命政府とアメリカとの間をソ連がどのくらい離間できるのかについて助言を与えたり、 アメリカの民主党政権の政策決定者はアメリカ国内世論の反対にもかかわらずソ連によるラトビアエストニアリトアニアの併合を受け入れるので併合を強行しても大丈夫だとアドバイスしている。(バルト三国は実際にその後、ソ連軍の侵略と占領によって併合される。)また1945年5月に国際連合設立のために聞かれたサンフランシスコ会議でアメリカ合衆国代表団の上級アドバイザーを務めていたホワイトは会議で国連憲章について話し合いが行われている最中に密かにソ連の諜報官らと接触し、アメリカの交渉戦略に関する情報を提供していた。トルーマン大統領とステティニアス国務長官は何か何でもこの会議を成功させたがっているので、もしソ連が安全保障理事会での拒否権の獲得を強く主張すればアメリカはそれを認めるはずだ、とホワイトはソ連の諜報官に伝えていた。ホワイトは、ソ連に対してアメリカとイギリスをいかに出し抜くかについて戦術的なアドバイスをソ連に与えていた。KGBのオフィサーはホワイトにソ連の外交官が知りたがっているアメリカの交渉戦略をさまざまな争点から問う質問票まで携えて密会していた。ホワイトはKGBにアメリカの国益に反する機密に至るまで流していたスパイだったことが判明している。|『ヴェノナ』p209-210,ジョン・アール・ヘインズ&ハーヴェイ・クレア
  12. ^ 金富億『北朝鮮の女スパイ』講談社文庫1997年ISBN 978-4062562300
  13. ^ 金富億『北朝鮮のスパイ戦略』講談社文庫、2002年ISBN 978-4062566797
  14. ^ 金賢姫『金賢姫 いま、女として』文春文庫1994年、上 ISBN 978-4167565015、下 ISBN 978-4167565022
  15. ^ 趙甲済『北朝鮮女秘密工作員の告白』徳間文庫1997年 ISBN 978-4198907884
  16. ^ 金富億『北朝鮮のスパイ戦略』講談社文庫、2002年ISBN 978-4062566797
  17. ^ 外務省『北朝鮮による日本人拉致問題』2006年7月。
  18. ^ [1]日本にスパイ罪はない 「西新井事件」で工作員を逃した法の壁
  19. ^ 外務省『北朝鮮による日本人拉致問題』2006年7月。
  20. ^ 警察庁編『警察白書』平成15年。
  21. ^ 高世仁『拉致-北朝鮮の国家犯罪』講談社文庫、2002年ISBN 978-4062735520
  22. ^ 金富億『北朝鮮の女スパイ』講談社文庫、1997年ISBN 978-4062562300
  23. ^ 警察庁編『警察白書』平成9年。
  24. ^ 警察庁編『警察白書』平成13年。
  25. ^ 警察庁編『警察白書』平成15年。
  26. ^ 外務省『北朝鮮による日本人拉致問題』2006年7月。
  27. ^ 安明進『北朝鮮拉致工作員』徳間文庫2000年ISBN 978-4198912857
  28. ^ 女スパイ:韓国人将校らの暗殺命令受ける(上):(朝鮮日報2008年8月28日)
  29. ^ 女スパイ:義父キム・ドンスンとは何者か(朝鮮日報2008年8月29日)
  30. ^ a b c TBS闇の部隊「北送阻止隊」 (2009/9/26 放送)にて名前を公表してインタビューに答えている
  31. ^ 日本華裔大臣蓮舫家世揭秘 祖母是政商兩界女强人 中國新聞網 2010年06月07日






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

情報部員のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



情報部員のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスパイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS