表現の自主規制とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 表現の自主規制の意味・解説 

表現の自主規制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/25 07:00 UTC 版)

表現の自主規制(ひょうげんのじしゅきせい)とは、表現の自由が「絶対的で無制限」なものではないという考え方より、表現者が自ら斟酌して自らの表現に制限を課すことをいう。単に「自主規制」と呼ばれ、これが日常慣例化するとタブーになることがある。




[ヘルプ]
  1. ^ 『放送ハンドブック:文化をになう民放の業務知識』 日本民間放送連盟編、東洋経済新報社1992年3月16日(原著1991年5月23日)、第4刷 p3-4。ISBN 4492760857
  2. ^ 『放送ハンドブック:文化をになう民放の業務知識』 日本民間放送連盟編、東洋経済新報社、1992年3月16日(原著1991年5月23日)、第4刷 p5。ISBN 4492760857
  3. ^ 『放送ハンドブック:文化をになう民放の業務知識』 日本民間放送連盟編、東洋経済新報社、1992年3月16日(原著1991年5月23日)、第4刷 p5。ISBN 4492760857
  4. ^ 『放送ハンドブック:文化をになう民放の業務知識』 日本民間放送連盟編、東洋経済新報社、1992年3月16日(原著1991年5月23日)、第4刷 p5-6。ISBN 4492760857
  5. ^ 堀田貢得著 『実例・差別表現』 大村書店、2003年7月、p29-33。
  6. ^ 『放送ハンドブック:文化をになう民放の業務知識』 日本民間放送連盟編、東洋経済新報社、1992年3月16日(原著1991年5月23日)、第4刷 p5。ISBN 4492760857
  7. ^ 『放送ハンドブック:文化をになう民放の業務知識』 日本民間放送連盟編、東洋経済新報社、1992年3月16日(原著1991年5月23日)、第4刷 p117他。ISBN 4492760857
  8. ^ 『放送ハンドブック:文化をになう民放の業務知識』 日本民間放送連盟編、東洋経済新報社、1992年3月16日(原著1991年5月23日)、第4刷 p113-125。ISBN 4492760857
  9. ^ 堀田貢得著 『実例・差別表現』 大村書店、2003年7月、p34-35。
  10. ^ わいせつ性の判断基準は「社会通念」である。日本での判例によれば、この社会通念とは(1)個人意識の集合を超えた集団意識。(2)その判断は事実的なものではなく法的なものであり司法に委ねられる。(3)流動性や相対性にかかわらず、性行為非公然原則が核として存在すると特徴づけられている。
  11. ^ 山田忠雄『近代国語辞書の歩み』 三省堂、1981年
  12. ^ 堀田貢得著 『実例・差別表現』 大村書店、2003年7月、p99-100。
  13. ^ 社団法人日本民間放送連盟 「日本民間放送連盟 放送基準」
  14. ^ 森達也著 『放送禁止歌』 光文社、2003年、p65-73
  15. ^ 『放送ハンドブック:文化をになう民放の業務知識』 日本民間放送連盟編、東洋経済新報社、1992年3月16日(原著1991年5月23日)、第4刷 p300-321。ISBN 4492760857


「表現の自主規制」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

表現の自主規制に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「表現の自主規制」の関連用語

表現の自主規制のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

熱帯睡蓮

坑口

docomo PRIME series P-07A

土器川

縁心寺

重友梨佐

ゆりかもめ

日影沢一号床固工





表現の自主規制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの表現の自主規制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS