アニメイズム アニメイズムの概要

アニメイズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/13 15:30 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

なお、同局で2019年7月より開始予定となるTBS系列全28局ネットの『スーパーアニメイズム』、および同局にて同日ローカル放送される深夜アニメ番組についても併せて記述する。

概要

2006年10月6日に毎日放送(以下「本局」)製作『コードギアス 反逆のルルーシュ』の放送開始により、金曜未明(木曜深夜)の自社製作深夜アニメ枠がレギュラー枠化。2012年4月期の番組改編より、本局にて毎週金曜未明(木曜深夜)に放送されるアニメ3本のうち、自社製作かつTBS系列で放送されるアニメ2本に「アニメイズム」の枠名称が導入された。なお枠名制定前の作品も本枠に含める報道もある[2]。2015年4月改編で本局での放送日時が1日繰り下げの土曜未明(金曜深夜)となった(詳しくは後述)。

2016年4月期より、WOWOWが製作に参加、WOWOWプライムの金曜22時30分アニメ枠『アニメプレミア[3]で最速放送する作品を不定期に扱う事がある。この場合はBS2局ネットとなる(ただしWOWOWは有料放送につき視聴契約が必要となる。この場合、BS-TBSではWOWOWプライムより遅れて放送される)。また同年10月期よりTBS系列他局でネットされるアニメ番組にもレギュラーネット局と同様にB1・B2枠有り、音声有りのジングルの使用を開始している。更に、同クールに本局ではローカル枠に『おおきく振りかぶって 〜夏の大会編〜(TBSとの共同製作)』以来となる自社製作アニメ(『ALL OUT!![注 1])を放送開始。以後も同様の放送形態の自社製作アニメに関しては、正式には本枠扱いではないが、ジングル(枠区別無しのバージョン)を使用している。

枠名称導入当初は本局、TBSCBCテレビBS放送BS-TBS日本全国)に基本的にネット局が固定されたが、2018年1月期以降はCBCテレビがレギュラーネット局から外れた。またインターネット配信に関しては2017年7月期以降の新作はAmazonプライム・ビデオ独占配信となっている(シリーズの本放送終了後しばらくすると他社サイトでの配信も解禁される)。尚、作品によってはTBS系列他局やCSでも放送されるため、番組ごとの放送時間・放送局の詳細は各作品記事を参照。

作品毎に独立した番組として扱われているため、新聞のラテ欄や地上デジタル放送のEPGでは作品名のみ表示している[注 2]

2019年7月期からは土曜 1:25 - 1:55枠(金曜深夜)にTBS系列全28局ネットの深夜アニメ枠『スーパーアニメイズム』が設置される予定。従来の『アニメイズム』も引き続き継続される[4][5]。なお2019年から2年間は講談社DMM picturesと共同で製作・放送することが発表された[2]

特徴

日曜未明(土曜深夜)に関西ローカルで放送されている「アニメシャワー」枠との差別化を図るために、本枠では以下の特徴が挙げられる。

ジングル

本枠導入以降、全てのアニメで「アニメイズム」の文字が左から順に横回転しながらフラッシュしたような約3秒間の短いジングルが放送開始前の冒頭で流れる。毎日放送、TBS、BS-TBSでは、B1・B2区別有り、音声有りのジングルが枠創設時より一貫して用いている。ただし、同枠導入以前の作品や同日放送されるローカル枠の深夜アニメでは、同枠のジングルは流れない。
また、同じ作品でも放送局ごとにジングルが異なるケースや、作品によっては独自のジングルが流れたり無音で流れるなどの差異がある。
  • 本局では水曜未明(火曜深夜)のアニメ特区枠においても、アニメイズム枠で放送された深夜アニメの再放送にて、放送開始前の冒頭で同枠のジングルが流れる。
  • CBCテレビではアニメイズム枠導入後も引き続きジングルを使用していなかったが、番宣を挟んだ事実上の連続編成となった2013年4月から2017年10月期までは同枠の深夜アニメでジングルが導入された。
  • レギュラー局以外のJNN他局では、原則単発放送扱いのため、B1・B2区別無し・音声無しのジングルが流れていた。例として、2013年4月期より放送された『革命機ヴァルヴレイヴ』 (1st Season) および同年10月期に放送された『革命機ヴァルヴレイヴ』 (2nd Season) では、RKB毎日放送と北海道放送のみB1・B2区別無し・音声無しのバージョンのジングルが流れていた。ただし、2016年10月期の『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』、2018年10月期の『色づく世界の明日から』では、レギュラー局外のTBS系列他局でもレギュラー局同様にB1・B2ロゴ有り・音声有りのジングルが導入された。
  • TBS系列外他局、BS-TBS以外のBSやCS放送等ではアニメイズムのジングルは使用しない。AbemaTVなどのインターネットストリーミング動画配信サービス等における過去にアニメイズム枠で放送された深夜アニメ作品及びセルDVD・BDにおいても同様である。
  • 同枠名導入後も長らくローカル枠の深夜アニメ番組ではジングルが導入されていなかったが、2016年10月期に同枠との連続編成にて放送される自社製作『ALL OUT!!』では、同枠には含まれていないにも関わらず、枠区分無し・音声有りのジングルが導入されている[注 3]

前半と後半の枠区分

前半枠をB1・後半枠をB2として区別されており、ジングルにおいても同様である。ただし、2013年1月期までのCBC及びレギュラー局以外のTBS系列他局では原則単発放送扱いのため枠区分がされていない。

様々な放送形態

本枠で放送されている深夜アニメ番組は個別の番組扱いなので、ネット局によっては単発での深夜アニメ放送や、別の深夜アニメ番組との連続編成による放送など形態は様々である。例として以下に挙げる。
毎日放送の放送形態
基本放送開始時刻の変動が多く見られたが、現在の土曜未明(金曜深夜)に移動してからは比較的安定している。
毎日放送(以下「本局」)では当枠との連続編成にて関西ローカルの深夜アニメ枠を設けている。
2000年代以降はアニメ本数の増加により、アニメシャワーにおいては遅れ放送ないし自社アニメ以外の深夜アニメが放送されないような事態に陥った解消策として、金曜未明(木曜深夜)の自社制作アニメ枠との連続編成にて深夜アニメ2本分を放送したのが始まりである。
2011年4月期より火曜未明(月曜深夜)にアニメ枠をレギュラー枠化したことで、ローカルアニメ枠で放送される深夜アニメは2017年10月期を除いて1本のみとなった。2011年3月期までは1本ないし2本、2017年10月期は2本だった。
ローカルアニメ枠の放送形態はアニメシャワーを踏襲しており、主にUHFアニメ・TBS製作深夜アニメが放送されることが多く、自社製作関与アニメや再放送アニメも存在する。
TBSの放送形態
本局やCBCテレビと比べてTBSの深夜枠は安定しており、金曜未明(木曜深夜)の自社製作アニメ(2018年4月以降は『アニメリコ』レーベルを設定)、土曜未明(金曜深夜)の系列局アニメと棲み分けされている。後者は本枠レーベル導入前は本局製作深夜アニメとCBCテレビ製作深夜アニメとの連続編成にて放送しており、導入後は純粋な本局製作深夜アニメ枠となり、2015年4月期より本局との同日ネットとなる。
『コードギアス 反逆のルルーシュ』の放送開始から基本放送開始時刻は1:55(以後30分区切り)であるが、時期により基本放送開始時刻が1:25に繰り上げられることもある。
CBCテレビの放送形態
中部日本放送(当時。現:CBCテレビ)では2000年代から「あにせん」という中京ローカルアニメ枠を異なる曜日でバラバラの時間帯に導入していた。中部日本放送も当時から本局同様に深夜枠に余裕が無い番組編成になっていることから、自社製作アニメやTBS製作深夜アニメ、毎日放送製作深夜アニメを別々の曜日で放送していた。
本枠名導入前である、2011年4月期の『Dororonえん魔くん メ〜ラめら[注 4]および同年7月期の『輪るピングドラム』は、テレビ東京系列テレビ愛知で異系列ネットされた。
2012年7月期にB1枠とB2枠を同日放送開始したが、異なる番組を挟んだ連続編成になっていたのは当時からの名残である。こうした非常に分かりづらい放送形態を採っていたことから、UHFアニメを木曜未明(水曜深夜)に、TBS製作深夜アニメを金曜未明(木曜深夜)に、アニメイズム枠を土曜未明(金曜深夜)に集約するようになる。2012年10月期にはB1枠が、2013年4月期にはB2枠が土曜未明(金曜深夜)へ移動したことにより、B1枠とB2枠が番宣を挟んだ連続編成となったが、番宣の存在が視聴者には不評だったことから、2015年10月期より番宣をB1枠の直前に枠移動した上でB1枠とB2枠が完全な連続編成となった。
土曜未明(金曜深夜)のB1枠の放送開始時刻がTBSや毎日放送よりも遅い時間帯である上に、事実上の連続編成となった2013年4月期以降は、幾度も放送開始時間が繰り下がっており、2016年4月期に放送開始時間が繰り下がった時点での開始時間は2:49で、B2枠が放送終了してから当日朝のフィラー明けまでの間に余裕が無い番組編成となっている。2016年10月期より放送開始時間が更に1分繰り下がって2:50開始となり、フルネットからB1枠のみの放送形態となった。2017年4月期より放送開始時間が11分繰り上がって2:39開始となる。
2017年10月期はB1枠との連続編成にてTBS製作深夜アニメが放送された。
2018年1月期以降はB1枠のレギュラーネット局からも外れた(TBS製作深夜アニメも全て未放送となる事例が多く、CBCテレビでの深夜アニメ本数が0本となるクールも出ている)。
2019年1月期に1週遅れではあるが『魔法少女特殊戦あすか』を放送。
BS-TBSの放送形態
局名変更された2009年4月期よりTBS製作深夜アニメ2本(2018年4月以降は「アニメリコ」枠)を日曜1:30 - 2:30(土曜深夜)枠にて放送開始し、後にTBS製作深夜アニメの前半枠の放送開始時間が1:00に繰り上がっている。
2012年1月期よりネット開始した『妖狐×僕SS』では同日放送のTBS製作深夜アニメ2本との連続編成で日曜0:30枠(土曜深夜)にて放送開始。アニメイズム枠導入後の2012年4月よりB1・B2枠がネット開始し、B1枠の放送開始時間が0:00と繰り上がり、引き続きTBS製作深夜アニメ2本との連続編成による大型深夜アニメ枠の形態を採っている。しかし、『妖狐×僕SS』の放送開始が遅れたことで、アニメイズム枠導入後も引き続き遅れ放送が継続していたが、クール間での放送や集中放送等により、B1枠は2013年1月期の『ビビッドレッド・オペレーション』以降、B2枠は同年10月期の『キルラキル』以降、完全に同一週内の遅れネットに短縮された。
2018年10月期より「アニメリコ」枠同様に放送開始時間が1時間繰り下がり、当枠は1:00 - 2:00での放送に変更された。
2018年12月よりBS-TBS 4Kが開局したが、2K(HD)のものを4Kに変換するアップコンバートして放送している。
なお、『スーパーアニメイズム』に関しては同局で放送されるかは不明。



  1. ^ 関東ではTOKYO MX、BSではBS11でのネット
  2. ^ 新聞のラテ欄やEPGでは「0:00[S]○○◇ 0:30[S]△△」という形で作品毎に別々の番組として表記されている。
  3. ^ BS11での放送ではアニメイズムのジングルは不使用。
  4. ^ 本作に限り、福岡県では同じテレビ東京系列であるTVQ九州放送で異系列ネットされた。
  5. ^ a b c ただし同時ネットでは無く、あくまでも「基本放送開始時刻が同時」であり、いずれかの局の事情でズレるケースもある。一例として2017年7月第1週はTBSが直前に番宣番組を放送したため、毎日放送よりも2分遅れとなった。
  6. ^ 基本的に毎日放送以外は別日程での放送もしくは放送無し。表内のTBS製作番組はTBS、本局がともに金曜未明(木曜深夜)放送、BS-TBSでは2009年4月以降に日曜未明(土曜深夜)放送。ただし毎日放送は『おおきく振りかぶって 〜夏の大会編〜』(共同製作)を除いて大幅な遅れネット。詳細は表中の出典参照。
  7. ^ a b c d 以前放送された番組の再放送。
  8. ^ アニマックスが宣伝協力として参加。
  9. ^ 2013年3月期までは2012年7月期を除いて2枠とも別々の曜日での放送。2013年4月期から土曜未明(金曜深夜)にて番宣を挟んだ連続編成での放送。
  10. ^ 基本的にMBS以外は別日程での放送もしくは放送無し。表内のTBS製作番組はTBS、MBSがともに金曜未明(木曜深夜)放送、BS-TBSが日曜未明(土曜深夜)放送。詳細は表中の出典参照。
  11. ^ CBCテレビでは2015年7月期までは番宣を挟んだ連続編成での放送。2015年10月期から2016年7月期まではB1枠・B2枠の連続編成、2016年10月期から2017年10月期はB1枠のみの放送。
  12. ^ 基本的に本局以外は別日程での放送もしくは放送無し。表内のTBS製作番組はTBS、CBCがともに金曜未明(木曜深夜)放送、BS-TBSでは日曜未明(土曜深夜)放送。詳細は表中の出典参照。
  13. ^ 冒頭にアニメイズムのジングルが導入されている。
  14. ^ Cygames単独製作・提供。本局は企画協力として参加。
  15. ^ 第1クール目の再放送は『アニメ特区』枠にて実施。
  16. ^ 基本的にMBS以外は別日程での放送もしくは放送無し。表内のTBS製作番組はTBSが(作品によってはCBCも)金曜未明(木曜深夜)放送、BS-TBSでは日曜未明(土曜深夜)放送。詳細は表中の出典参照。
  17. ^ 2019年3月までは山陽放送。持ち株会社制移行に伴い同年4月に社名変更。
  18. ^ 2018年12月1日よりBS-TBS 4Kが開局し、HDマスターを4Kアップコンバートしたうえで放送。
  19. ^ 2019年9月よりBS日テレ 4Kが開局予定で、HDマスターを4Kアップコンバートしたうえで放送予定。
  20. ^ ニコニコ生放送にてストリーミング配信後、ニコニコチャンネルにて第1話は常時無料・最新話のみ1週間無料のオンデマンド配信に移行する。


「アニメイズム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アニメイズム」の関連用語

アニメイズムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アニメイズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアニメイズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS