D2Cとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > D2Cの意味・解説 

ディー‐ツー‐シー【DtoC/D2C】

direct to commerce企業企画製造した商品を、中間業者を介さず直接消費者販売すること。主に自社ECサイトで行う電子商取引を指すが、自社運営する実店舗での販売も含む。


D2C

フルスペル:Direct to Consumer, Direct to Customer
読み方:ディーツーシー
別名:DtoC

D2Cとは、メーカーもっぱら自社ECサイト通じて商品販売するビジネスモデルのことである。広義用法として、いわゆるメーカー直販」型の業態広く指す場合もある。

D2Cの大きな特徴としては「業者に卸さず自社製造から販売まで一貫して行う」「店舗を持たずオンライン販売する」という2点が挙げられる。小売業者に卸さないため中間マージンが省け、実店舗を持たないことで店舗維持費削減できる。つまり商品安く販売できる。あらかじめ大量在庫確保しておく必要もないため、小ロット生産して必要に応じて増産するといった管理や、需要合わせ迅速な商品改良、あるいは冒険的な企画提案、なども進めやすいという利点もある。

ソーシャルメディア活用したマーケティングもD2Cの大きな特徴といえる。D2Cのビジネスモデルは、大手小売店などの販売プラットフォームに乗らないため、消費者偶発的リーチする可能性きわめて低い。D2C事業者は、ソーシャルメディア等を通じてブランド価値ビジョン発信することにより、消費者直に結びつき支持集め拡散され、ブランド力高めている。

「D2C」と字面の似た用語として「B2C」「B2B」「C2C」「B2E」「B2Gなどのような語もある。これらはEC等の商取引形態を指す用語であり、「販売to 消費者」の関係を頭文字示し表現である。たとえばB2Cは「Business事業者)から Consumer一般消費者)へ」という意味である。D2Cの場合は「消費者直接に」というような意味合い解釈され、B2CB2Bその他の用語とは構成異なる。

D2Cのビジネスモデルは、アメリカスタートアップ企業手法確立したとされている。ただし英語圏では「D2C」という用語は、さほど使用例が見つからない。使用例が皆無というわけではない(あるにはある)が、マーケティング用語として確立されているかどうか多少疑問が残る


D2C

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 23:37 UTC 版)

D2C(Direct to Consumer)は、メーカーが自社で企画・製造した商品を、自社のECサイトを用いて直接消費者に販売する仕組みのこと。直接販売のひとつ。[1]




「D2C」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「D2C」の関連用語

D2Cのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



D2Cのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリD2Cの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのD2C (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS