驛とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > の意味・解説 

うま や [0] 【駅

律令制で,中央地方との連絡のため街道筋30里(約16キロメートル)ごとに置かれた設備。馬・人夫をそろえ旅人の便をはかった。
律令制で,駅の建物駅館

えき [1] 【駅】

汽車電車などが停車し,旅客乗降貨物輸送取り扱う場所。また,その建物停車場
律令制で,街道設けられ,宿泊施設・馬・舟・人夫その他を供給した場所。うまや。 → 駅制

【えき】[漢字]

【 役 】 [音] エキヤク
戦争。 「 《 エキ戦役
強制的労働割りあてる。 「 《 エキ役丁役夫課役苦役使役懲役服役
人を働かせる。働く。 「 《 エキ現役雑役使役労役
分担して受けもつ仕事任務職務。 「 《 ヤク役職重役主役大役相談役
国や公共団体仕事。 「 《 ヤク役所 ・役人 ・助役
演劇で,その人演ずる受け持ち。 「 《 ヤク役者悪役主役大役適役配役
【 易 】
⇒ い〔易〕 [漢]
【 奕[音] エキ
大きく美しいさま。また,つぎつぎにかさなる。 「 奕奕奕世奕葉
囲碁。ばくち。 「 博奕ばくえき 」 〔は本来「弈」〕
【 疫 】 [音] エキヤク
流行性の病気はやりやまい。 「 疫病(えきびよう)(やくびよう)) ・疫痢疫癘えきれい悪疫防疫免疫
【 益 】 [音] エキヤク
役に立つ。 「 益虫益鳥便益無益(むえき)(むやく)) 」
利得。もうけ。 「 益金収益純益損益利益(りえき)(りやく)) 」
数量がます。ふえる。 「 広益増益
【 掖[音] エキ
宮殿宮門のわきにある小門。 「 掖庭掖門禁掖
たすけかかえる。 「 誘掖
【 液 】 [音] エキ
流動する物質。 「 液化液晶液体血液体液溶液
【 腋[音] エキ
わき。わきの下。 「 腋下腋窩(えきか)(えきわ)) ・腋気腋臭
のつけ根。 「 腋花腋芽
【 駅 ( 驛 ) 】 [音] エキ
宿場ごとに用意された馬。 「 駅伝駅馬
宿場馬継ぎ場。 「 駅亭駅逓駅路 ・宿駅 」
停車場。 「 駅舎駅長駅弁貨物駅東京駅
【 繹[音] エキ
続いて絶えないさま。つらねる。 「 絡繹
たずねる。糸口を得る。 「 演繹

はゆま 【駅・駅馬】

〔「はやうま早馬)」の転〕
上代諸道各駅役人旅行用として置かれた公の早馬。はいま。 「 -下れり里もとどろに/万葉集 4110


位置によって分類すると、多く列車始発着する終端駅」(terminal station)、路線中間にある「中間駅」、ある線から別の線に分岐する位置にある「分岐駅」、2つの線が接近し、お客さま乗り換えが可能な位置にある「接続駅」、2つの線が交差する位置にある「交差駅」などがあります本線中間駅がその駅から分岐する線の終端駅という場合あります

構造形態でみると、「橋上駅」「地下駅」などに分類することができます橋上駅は、ホーム線路の上をまたぐ形でけ、そこに駅舎設けたもので、用地少なくて済むという利点あります既設の駅の改良合わせて橋上駅化する場合含めて増えつつあります

一方地下駅は、駅舎部分地下設けられています。地形の面などから採用され、また、既設地上線路地下化する場合あります換気地上との連絡設備防災施設など地上駅にはない設備を必要とします。

駅は、ホーム乗車券特急券などを発売する出札口お客さまが持つ乗車券類確認する改札新聞雑誌等の物品を売る売店お問い合わせ答え案内所お客さまのための待合室トイレ駅員執務室などの建造物構成されます。このうちホームを除く機能集め建物駅舎呼びます。売店待合室などがホームに置かれている場合あります

駅は、ターミナル限らずその地域広場でもあるので、その設計には工夫を凝らしています。最近は、お客さま乗降する場所だけでなく、地域人々の生活や文化情報拠点となる傾向強く駅ビル多機能化進んでいます。


読み方:エキ(eki)

律令制交通機関

別名 郵駅(ゆうえき)


読み方:ハユマ(hayuma)

火急便のため諸道宿駅役人旅行用として置かれた公用の馬。

別名 駅馬


作者林真理子

収載図書東京胸キュン物語
出版社角川書店
刊行年月1988.4
シリーズ名角川文庫

収載図書はじめての文学 林真理子
出版社文藝春秋
刊行年月2007.10


作者平山夢明

収載図書怖い本 4
出版社角川春樹事務所
刊行年月2003.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


作者中津篤明

収載図書濡れゆく冬の記憶
出版社ルネッサンスブックス
刊行年月2007.3


作者各務麗至

収載図書ぼろおん
出版社鳥影社
刊行年月2007.8


作者パウル・ヴァン・ローン

収載図書ホラーバス 第2期 1 呪いバス旅行 1
出版社学習研究社
刊行年月2008.6


作者神吉拓郎

収載図書夢のつづき
出版社文芸春秋
刊行年月1988.8

収載図書夢のつづき
出版社文芸春秋
刊行年月1991.5
シリーズ名文春文庫


作者黒井千次

収載図書指・涙・音
出版社講談社
刊行年月1989.12


作者宮本輝

収載図書真夏の犬
出版社文芸春秋
刊行年月1990.3

収載図書宮本輝全集13幻の光星々の悲しみ五千回の生死真夏の犬
出版社新潮社
刊行年月1993.4

収載図書真夏の犬
出版社文芸春秋
刊行年月1993.4
シリーズ名文春文庫

収載図書ラブミーワールド
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.12

収載図書愛に揺れ
出版社リブリオ出版
刊行年月2004.2
シリーズ名恋愛小説名作集成 大きな活字読みやすい

収載図書鉄路に咲く物語
出版社光文社
刊行年月2005.6
シリーズ名光文社文庫

収載図書宮本輝短篇
出版社集英社
刊行年月2007.11


作者森村誠一

収載図書森村誠一長編推理選集 9 街・駅
出版社講談社
刊行年月1991.11


作者緒方志乃

収載図書もっと危ないオフィス・ラヴ 1
出版社ムービック
刊行年月1994.9
シリーズ名EASY BOOKS


作者広重

収載図書VIKING選集 2
出版社風来
刊行年月1997.6
シリーズ名兵庫県地下文脈大系


作者栗山章

収載図書カラスを撃つ男栗山章作品集
出版社双葉社
刊行年月1998.4


作者井上雅彦

収載図書綺霊
出版社角川春樹事務所
刊行年月2000.8
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/01 19:43 UTC 版)

(えき、うまや)は、現代日本および日本史において、下記のような施設を指す。


  1. ^ 駅の駅あおもり(駅1F)JR東日本東北総合サービス(2018年12月2日閲覧)、駅の駅なんよう山形県南陽市(2018年12月2日閲覧)など。
  2. ^ 一例として、岡山県奈義町那岐山にある那岐山麓 山の駅(2018年12月2日閲覧)。
  3. ^ 一例として、伊豆シャボテン公園グループが運営する静岡県伊東市ドライブイン伊豆高原 旅の駅 ぐらんぱるぽーと」(2018年12月2日閲覧)。
  4. ^ 佐賀県内で庭の開放イベントを行う庭の駅 オープンガーデン(2018年12月2日閲覧)。
  5. ^ 【子育て親子】使ってみて「赤ちゃんの駅」『毎日新聞』朝刊2018年11月3日(くらしナビ面)2018年12月2日閲覧。


「駅」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/10/03 01:38 UTC 版)

発音


出典:『Wiktionary』 (2012/02/26 03:33 UTC 版)

発音

名詞

  1. 街道において替えの馬などをおいた場所。
  2. 宿場
  3. 鉄道における停車場

熟語

翻訳



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



驛と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「驛」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



驛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2019 (社)日本民営鉄道協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS