サスペンダー サスペンダーの釦の取り付け位置

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > サスペンダーの解説 > サスペンダーの釦の取り付け位置 

サスペンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 08:07 UTC 版)

サスペンダーの釦の取り付け位置

  • 前後を内側
  • 前後を外側
  • 前は内側、後は外側

釦留め式は前後をスラックスの内側に付けるもの、前後を外側に付けるもの、前は内側、後は外側に付ける物の3種類がある。釦を前は内側、後は外側に付けるタイプはサスペンダーを見えにくく身体を動きやすくし、後側は椅子に腰掛けたときに背中に当たって痛くならないための配慮だった(後側を内側にする場合は釦を真っ直ぐで無く斜めに取り付ける必要がある)

ボタンはスラックスの折り目(クリース)に沿って取り付けると動きやすくなる。Y型の場合は後ろはスラックスの真ん中に取り付ける。

サスペンダーの着こなしについて

サスペンダーはきつく留めていると肩が凝ったり肩から外れやすい事があるため、ややゆったりと金具をサスペンダーをつけて、「多少ズボンが上下に動く余地」があるのを選んだ方がよい。「股上を1.5cmから2cmほど長くした深いズボンを選ぶ」や、「やや幅の広いサスペンダー」や「背の部分の長さも変えられる」サスペンダーを選ぶことも大事である。サスペンダーは2又に分かれる部分が肩に近ければ、それだけ外れることも少なくなる。

脚注

[脚注の使い方]

関連項目






「サスペンダー」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サスペンダー」の関連用語

サスペンダーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サスペンダーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサスペンダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS