NHKと裁判してる党弁護士法72条違反でとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > NHKと裁判してる党弁護士法72条違反での意味・解説 

NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 06:17 UTC 版)

NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で(エヌエイチケイとさいばんしてるとうべんごしほうななじゅうにじょういはんで)は、日本の政党。「NHKスクランブル放送化の実現」を最大の公約に掲げる[4][7]


注釈

  1. ^ おそらく「Gurd」は「Guard」の誤りとみられる。
  2. ^ 本項目の「NHKから国民を守る党」とは別に公式サイト[17]が存在する。同人物は2019年8月の愛知県長久手市長選挙に立候補し落選した[18]が、無所属での出馬となっており、この党派名は称していない[19]
  3. ^ https://ja.wikisource.org/wiki/弁護士法#第九章_法律事務の取扱いに関する取締り
  4. ^ 党所属議員が在任する議会の中には葛飾区議会北区議会など一人会派結成を認めていないところもある。
  5. ^ 東京都選挙区の改選数である6を上回る。7人を立候補させる目的としてそれぞれの候補のポスターに「N」「H」「Kを」「ぶ」「っ」「壊」「す!」と大きくデザインしたものを用い、連続で貼ることで1つの大きなポスターとする計画を考えていたものの、東京都選管から公選法のサイズ規定に違反する可能性があるとの指摘を受けて取りやめ、大橋1人の立候補に切り替えている[50]
  6. ^ 擁立を見送ったのは富山・石川・奈良・和歌山・山口・佐賀・宮崎・鹿児島の8県。
  7. ^ 選挙区候補において票数が供託金没収点を満たし供託金が返還されたものは6人区である東京都選挙区の大橋のみ。
  8. ^ 兵庫県選管の発表では、原は尼崎市に25日居住後、宝塚市に住居を移し投開票の4月7日時点で2ヶ月27日居住が確認されたとしている[158]
  9. ^ 立候補後、公職選挙法第11条に規定されている「禁錮以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者」等になった場合は同条により選挙権及び被選挙権を喪失し、届け出を却下される。
  10. ^ 増木が届け出た住所は「エバーホテルはりま加古川」の所在地である。
  11. ^ 加陽が届け出た住所は「グランパーク・イン北千住」の所在地である。
  12. ^ 有効票の場合8位当選相当(定数45)。地方議会選挙に立候補した同党の候補としては最も多く投じられた票数となる。
  13. ^ 上杉は2021年3月9日に辞任届を提出。党側は受理していないが上杉側は3月末で党との契約は終了したと主張している[181]

出典

  1. ^ “政党助成法に基づく政党の届出(令和元年7月29日現在)の概要” (PDF) (プレスリリース), 総務省, (2019年8月14日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000638896.pdf 2020年1月1日閲覧。 
  2. ^ a b “地方公共団体の議会の議員及び長の所属党派別人員調等(令和元年12月31日現在)” (プレスリリース), 総務省, (2020年3月31日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000678891.pdf 
  3. ^ Koji Shiromoto (2019年8月10日). “7 winners and losers from a deeply ambiguous Japanese election” (英語). McGill International Review. https://www.mironline.ca/7-winners-and-losers-from-a-deeply-ambiguous-japanese-election/ 2019年12月8日閲覧. "On Sunday, about one million citizens voted for this populist party, enough to win a Senate seat." 
  4. ^ a b N国党台頭で話題沸騰する「NHK受信料」の現実 なぜ今「NHKをぶっ壊す」が票を集めるのか”. 東洋経済. 2021年1月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e “基本政策” (日本語) (プレスリリース), NHKから自国民を守る党, https://www.nhkkara.jp/%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%94%BF%E7%AD%96/ 2021年1月2日閲覧。 
  6. ^ a b c “N国・立花氏、丸山議員に入党呼びかける考え 比例当確”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2019年7月22日). https://www.asahi.com/articles/ASM7P3RSYM7PUTIL00H.html?iref=pc_rellink 2019年7月26日閲覧。 
  7. ^ N国の選挙戦略はNHKにとって「悪魔のビジネスモデル」” (日本語). NEWSポストセブン. 2021年10月21日閲覧。
  8. ^ データで見る2021衆院選 [写真特集5/34]” (日本語). 毎日新聞. 2021年10月26日閲覧。
  9. ^ 「受信料制度」多様性ない…N裁党 立花孝志党首 : 衆院選 : 選挙・世論調査” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年10月19日). 2021年10月26日閲覧。
  10. ^ 立花孝志がまたも党名を変更 今度は「NHKの裁判に勝ってしまった党」(ゴゴ通信 2021/11/13 00:04:00)。動画のホワイトボード上では「NHKとの裁判~」
  11. ^ “2019参院選:予想される顔ぶれ 比例代表”. 毎日新聞. (2019年6月1日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190601/ddm/010/010/010000c 2019年6月22日閲覧。 
  12. ^ 令和元年七月二十一日執行 参議院比例代表選出議員選挙 参議院名簿届出政党名及び参議院名簿登録者氏名一覧 NHKから国民を守る党(えぬえいちけいからこくみんをまもるとう) 総務省
  13. ^ NHKをぶっ壊す!” (日本語). NHKから自国民を守る党. 2020年12月28日閲覧。
  14. ^ Leader of Japan's anti-NHK party suggests genocide as solution to overpopulation”. ジャパンタイムズ (2019年9月27日). 2019年12月8日閲覧。
  15. ^ Anti-NHK party leader vows to continue protests against celebrity for 'ridiculing voters'”. 毎日新聞 (2019年8月14日). 2019年12月8日閲覧。
  16. ^ NHKから国民を守る党通信【2016年9月号】 (PDF)” (日本語). nhkkara.jp. NHKから国民を守る党 (2016年). 2019年8月29日閲覧。
  17. ^ NHKから国民を守る党 河合直人
  18. ^ 現職の吉田氏が3選 愛知・長久手市長選2019年8月25日 中日新聞
  19. ^ 長久手市長選は現新3氏の争い2019年8月19日 中日新聞
  20. ^ 平成31年4月21日執行日進市議会議員一般選挙立候補者一覧表2019年04月14日 日進市役所
  21. ^ 日進市議会議員一般選挙開票結果(午前0時30分 結了)2019年2月22日 日進市選挙管理委員会
  22. ^ (日本語) 新しい【NHKから国民を守る党】を立ち上げました。これからもNHKと契約して受信料を支払わない方をお守りして参ります!, https://www.youtube.com/watch?v=ehTv3hgfG84 2021年8月5日閲覧。 
  23. ^ NHK党 公式サイト | NHKをぶっ壊す!” (日本語). NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 公式サイト. 2021年10月29日閲覧。
  24. ^ 石本哲敏 (12 2014). 志賀晃, 臼井一廣. ed. “特集『非弁問題の現状と対策』- 非弁護士取締りの現状と課題”. LIBRA (東京弁護士会) 14 (12): 2-11. https://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2014_12/p02-11.pdf. 
  25. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2021年8月30日). “NHK党、5回党名変更で衆院選へ” (日本語). 産経ニュース. 2021年8月31日閲覧。
  26. ^ 質問主意書:参議院 第203回国会(臨時会)”. www.sangiin.go.jp (令和二年十一月六日). 2021年8月26日閲覧。
  27. ^ a b c 新党名は「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」立花孝志党首が5度目の変更 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb:tokyo-sports.co.jp. 2021年10月13日閲覧。
  28. ^ NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 定例記者会見 2021年8月27日:NHK党ブロマガ”. NHK党ブロマガ:ブロマガ - ニコニコチャンネル. 2021年10月16日閲覧。
  29. ^ https://twitter.com/tachibanat/status/1415118506761211904” (日本語). Twitter. 2021年10月13日閲覧。
  30. ^ N国、略称「NHK」に” (日本語). 日本経済新聞 (2020年12月25日). 2021年10月26日閲覧。
  31. ^ https://warp.ndl.go.jp/waid/32171
  32. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年2月5日). “「NHK受信料を支払わない方法を教える党」に党名変更 N国党” (日本語). 産経ニュース. 2021年10月26日閲覧。
  33. ^ NHKをぶっ壊す! | NHK受信料を支払わない方法を教える党”. web.archive.org (2021年6月27日). 2021年7月25日閲覧。
  34. ^ a b c “NHK党が「古い政党から国民を守る党」に党名変更”. 朝日新聞. (2021年5月17日). https://www.asahi.com/articles/ASP5K633LP5KUTFK01J.html 2021年5月19日閲覧。 
  35. ^ a b c “「古い党」が党名変更、「嵐の党」に…略称は「あらし」”. 読売新聞. (2021年6月28日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210628-OYT1T50191/ 2021年6月29日閲覧。 
  36. ^ NHKをぶっ壊す!” (日本語). 嵐の党 公式サイト. 2021年7月25日閲覧。
  37. ^ a b NHKから国民を守る党(NHK受信料不払い党から改名)の設立
  38. ^ 第12回摂津市議会議員一般選挙 開票結果 2018年6月9日閲覧。
  39. ^ 会派の抱負「研政会」 (pdf)”. ふなばし市議会だより 223号. 船橋市議会. p. 4 (2016年1月26日). 2019年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月21日閲覧。
  40. ^ a b 【2016大乱闘 都知事選】「NHKぶっ壊す」の立花孝志氏 古巣の平均年収1800万円は「高すぎる」”. 夕刊フジ. 産業経済新聞社 (2016年7月26日). 2017年11月13日閲覧。
  41. ^ 『三宅博【前衆議院議】参議院選挙立候補予定者 NHKから国民を守る党は三宅博を全力で応援します』” (日本語). NHKから国民を守る党 公式ブログ. 2021年1月28日閲覧。
  42. ^ 三宅博【前衆議院議】参議院選挙立候補予定者 NHKから国民を守る党は三宅博を全力で応援します - NHKから国民を守る党 公式ブログ
  43. ^ “2016都知事選(東京都知事選挙):候補者一覧:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/senkyo/tochijisen/2016/koho/ 2018年7月24日閲覧。 
  44. ^ 「市議当選、争点一つで 若者らに照準、受信料を批判 」朝日新聞(2016年12月18日・朝刊)
  45. ^ “なんと26人当選...「NHKから国民を守る党」拡大遂げる おひざ元・渋谷区にも議員誕生” (日本語). J-CASTニュース. (2019年4月22日). https://www.j-cast.com/2019/04/22355950.html 2019年4月24日閲覧。 
  46. ^ 境治 (2019年4月23日). “「NHKから国民を守る党」が東京23区中19区議会で議員を当選させていた”. 船橋市議会. 2019年4月24日閲覧。
  47. ^ a b 統一地方選で躍進「NHKから国民を守る党」で内ゲバ勃発! 原因はカネか思想か? デイリー新潮、2019年5月8日
  48. ^ 維新の永藤英機氏が初当選 堺市長選” (日本語). 朝日新聞デジタル (2019年6月9日). 2021年7月27日閲覧。
  49. ^ 参院選2019】立候補予定者と選挙区情勢(1)残り「1」激戦、東京 自公手堅く、神奈川2019年6月4日 産経新聞
  50. ^ 『NHKから国民を守る党』の参院選7連ポスターがNGのワケ 2019年6月25日、NEWSポストセブン
  51. ^ 参議院選挙最新情報【NHKから国民を守る党】と【支持政党なし】が合体して参議院選挙に挑戦します”. ユーチューブ. 2019年7月10日閲覧。
  52. ^ 茨城 選挙区 参院選 2019”. NHK選挙WEB. 2019年7月7日閲覧。
  53. ^ 徳島 高知 選挙区 参院選 2019”. NHK選挙WEB. 2019年7月7日閲覧。
  54. ^ NHK参院選2019開票速報「NHKから国民を守る党」 最後の議席はN国 全124議席決まる
  55. ^ 開票おおむね終了 自公維81議席 れいわ、N国が政党要件クリア”. 毎日新聞 (2019年7月22日). 2019年7月22日閲覧。
  56. ^ 「N国もちゃんと扱うNHK」 ニュースに候補者登場、「払う必要ない」発言も電波に”. J-CASTニュース(2019年7月9日作成). 2019年8月13日閲覧。
  57. ^ “NHKから国民を守る党代表「NHK日曜討論に出たい」…実現へ“話題の議員”をスカウト!?”. FNN PRIME (フジニュースネットワーク). (2019年7月26日). https://www.fnn.jp/posts/00047430HDK/201907262016_livenewsit_HDK 2019年7月29日閲覧。 
  58. ^ “丸山議員、N国入党「しっかりやらせていただく」 立花代表と会談”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2019年7月29日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190729/k00/00m/010/088000c 2019年7月29日閲覧。 
  59. ^ “N国と渡辺喜美氏が新会派 参院で「みんなの党」”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2019年7月30日). https://www.sankei.com/politics/news/190730/plt1907300013-n1.html 2019年7月30日閲覧。 
  60. ^ “N国・立花代表ノリノリ「契約するけど払わない!」”. テレ朝news. (2019年7月31日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000160956.html [リンク切れ]
  61. ^ 受信料の窓口 お支払いに関するQ&A”. 日本放送協会. 2019年8月11日閲覧。
  62. ^ 正しいNHK受信料の不払い方法を国会議員が解説いたします。”. 2019年8月2日閲覧。
  63. ^ 大阪知事・堺市長、受信料拒否言及 N国の未払いで大阪市長に同調”. 東京新聞 (2019年8月1日). 2019年8月13日閲覧。
  64. ^ 受信料支払わないのは違法 NHKがサイトに警告文”. 日本経済新聞 (2019年7月30日). 2020年12月26日閲覧。
  65. ^ NHKが異例の放送 番組で「受信料お支払いいただく」”. 朝日新聞 (2019年8月9日). 2019年8月13日閲覧。
  66. ^ “上杉隆氏がN国幹事長に 東京都内で臨時総会”. 毎日新聞 (毎日新聞). (2019年8月10日). https://mainichi.jp/articles/20190810/k00/00m/010/196000c 2019年8月10日閲覧。 
  67. ^ “N国が国政政党として発足 総務省に届け出”. 毎日新聞. (2019年8月13日). https://mainichi.jp/articles/20190813/k00/00m/010/223000c 2019年8月17日閲覧。 
  68. ^ “N国、全小選挙区で候補擁立=次期衆院選”. 時事ドットコム. (2019年8月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081600679&g=pol 2019年8月17日閲覧。 
  69. ^ 丸山氏、N国の副党首に就任 北方領土、竹島「戦争」発言で物議” (日本語). 毎日新聞. 2019年9月4日閲覧。
  70. ^ 埼玉知事に大野氏が初当選 自民敗北”. 産業経済新聞社 (2019年8月25日). 2019年8月26日閲覧。
  71. ^ “立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で”. 毎日新聞. (2019年8月26日). https://mainichi.jp/articles/20190826/k00/00m/010/001000c 2019年8月26日閲覧。 
  72. ^ N国党新宿区議の当選無効 選管、居住実態なしと判断2019年9月2日 日本経済新聞
  73. ^ “N国党首を脅迫容疑で事情聴取員”. 共同通信. (2019年9月9日). https://this.kiji.is/543696689040933985 2019年9月9日閲覧。 
  74. ^ “»N国党 立花党首を任意聴取、警視庁 脅迫の疑い視野に捜査”. TBS NEWS. (2019年9月9日). https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3772713.html 2019年9月9日閲覧。 
  75. ^ 令和元年中央選挙会告示第27号
  76. ^ “N国上杉隆幹事長が選対委員長を辞任、立花氏が兼務”. 日刊スポーツ. (2019年10月25日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201910250000371.html 2019年10月26日閲覧。 
  77. ^ N国・立花党首、コロナ禍なければ逮捕だった 渡辺喜美の言い分は” (日本語). デイリー新潮. 2021年7月1日閲覧。
  78. ^ “立花N国党首が出馬表明 静岡4区補選”. 時事ドットコム (時事通信社). (2020年1月31日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020013101087&g=pol 2020年3月27日閲覧。 
  79. ^ a b “籠池被告がN国から立候補へ 立花党首、衆院補選不出馬”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2020年3月27日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200327/pol20032718090009-n1.html 2020年3月27日閲覧。 
  80. ^ “N国、籠池氏出馬せず 野党候補と同姓同名候補に差し替えへ 衆院静岡4区補選”. 産経デジタル (産経新聞社). (2020年4月1日). https://www.sankei.com/politics/news/200401/plt2004010021-n1.html 2020年4月1日閲覧。 
  81. ^ “N国関係先を家宅捜索 NHK契約情報、不正取得か―立花党首の任意聴取も・警視庁”. 時事ドットコム. (2020年3月14日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031400500&g=pol 2020年4月4日閲覧。 
  82. ^ “N国・立花党首から聴取 NHK契約者情報など不正取得の疑い 事務所も捜索”. 毎日新聞. (2020年3月14日). https://mainichi.jp/articles/20200314/k00/00m/040/213000c 2020年4月4日閲覧。 
  83. ^ “N国立花党首を書類送検 個人情報不正入手疑い”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年4月7日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200407/tro20040711330001-n1.html 2020年8月31日閲覧。 
  84. ^ N国・立花党首を在宅起訴 区議脅迫などの罪で東京地検”. 朝日新聞. 2020年8月31日閲覧。
  85. ^ “N国が党名変更の意向表明 「NHKとコロナの自粛から国民を守る党」に”. 毎日新聞. (2020年5月8日). https://mainichi.jp/articles/20200508/k00/00m/010/221000c 2020年5月9日閲覧。 
  86. ^ “N国、党名変更見送り コロナ自粛反対で一時検討”. 産経新聞. (2020年5月15日). https://www.sankei.com/politics/news/200515/plt2005150027-n1.html 2020年5月15日閲覧。 
  87. ^ “「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」”. 毎日新聞. (2020年7月5日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200705/k00/00m/040/189000c 2020年7月14日閲覧。 
  88. ^ “立花さん「戦略見直す」 都知事選”. 時事ドットコム. (2020年7月5日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070500337 2020年7月14日閲覧。 
  89. ^ a b N国新藤加菜氏は印西市長選敗北、立花副市長は幻に - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年7月21日閲覧。
  90. ^ “共産22年ぶり他党首に投票 国民、社民も枝野氏―首相指名”. 時事ドットコム. (2020年9月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091601112&g=pol 2021年2月25日閲覧。 
  91. ^ 石渡智大 (2020年10月25日). “N国党が始めた、批判者を標的とした「誹謗中傷示談金ビジネス」。被害者は心を病む人も” (日本語). ハーバー・ビジネス・オンライン. 2020年10月29日閲覧。
  92. ^ “N国、「ゴルフ党」に党名変更へ 選挙ごとに新たな看板と立花党首”. 共同通信. (2020年11月13日). https://this.kiji.is/699892536636785761?c=39550187727945729 2020年11月13日閲覧。 
  93. ^ “N国が「ゴルフ党」に名称変更へ 立花氏「新たな看板追加」”. 産経新聞. (2020年11月13日). https://www.sankei.com/politics/news/201113/plt2011130030-n1.html 2020年11月13日閲覧。 
  94. ^ N国党、まさかの党名変更 「ゴルフ党って何」と困惑の声” (日本語). ニュースサイトしらべぇ (2020年11月13日). 2020年11月19日閲覧。
  95. ^ N国、「ゴルフ党」に党名変更へ 選挙ごとに新たな看板と立花党首” (日本語). 47NEWS (2020年11月13日). 2020年11月19日閲覧。
  96. ^ a b 石渡智大 (2020年12月8日). “N国党改め「ゴルフ党」、今度は「民主党」に改名!?” (日本語). ハーバー・ビジネス・オンライン. 2020年12月10日閲覧。
  97. ^ NHKから自国民を守る党 記者会見 2020年12月25日:NHKから国民を守る党ブロマガ”. NHKから国民を守る党ブロマガ:ブロマガ - ニコニコチャンネル. 2021年1月8日閲覧。
  98. ^ “N国党が来年から「自民党」に略称変更 正式党名は「NHKから自国民を守る党」に”. 東スポweb. (2020年12月16日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2519481/ 2020年12月17日閲覧。 
  99. ^ “N国が党名変更”. 時事ドットコム. (2020年12月21日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122100928 2020年12月21日閲覧。 
  100. ^ a b N国党が党名変更を総務省に申請、略称は…自民党?”. 日刊スポーツ (2020年12月21日). 2020年12月22日閲覧。
  101. ^ 第3回中央選挙管理会において決定された事項”. 総務省 (2020年12月22日). 2021年1月14日閲覧。
  102. ^ N国が申請した略称「自民党」認めず 中央選管「混乱もたらす」” (日本語). 産経ニュース (2020年12月22日). 2020年12月25日閲覧。
  103. ^ N国、略称「NHK」に 「自民党」使用認められず” (日本語). 産経ニュース. 2020年12月26日閲覧。
  104. ^ NHKから自国民を守る党定例記者会見 2021年1月22日:NHKから国民を守る党ブロマガ”. NHKから国民を守る党ブロマガ:ブロマガ - ニコニコチャンネル. 2021年1月26日閲覧。
  105. ^ a b 〝N国党〟が〝NHK党〟へ 「NHK受信料を支払わない方法を教える党」に改称 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2021年1月29日). 2021年1月30日閲覧。
  106. ^ Uesugi, Takashi (2021年3月6日). “立花孝志党首への注文と依願” (日本語). 上杉隆オフィシャルHP. 2021年3月8日閲覧。
  107. ^ NHK党の上杉隆幹事長が辞意表明 週刊誌報道の疑惑は否定 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社 (2021年3月9日). 2021年3月10日閲覧。
  108. ^ NHK党が「特になし党」に変更へ 政党支持率で自民党を超える? – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社 (2021年4月29日). 2021年5月3日閲覧。
  109. ^ “NHK党の新党名「特になし」に総務省がNG判断「既成政党を支持しない党」に変更”. 東スポWeb. (2021年5月10日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3141453/ 2021年5月19日閲覧。 
  110. ^ narashino2019のツイート(1397829956286042114)
  111. ^ kubotamanabu77のツイート(1399629658614734858)
  112. ^ shin128のツイート(1400698787664842753)
  113. ^ Jeanne_otsuruのツイート(1402825817810358274)
  114. ^ 魚沼市議選と船橋市議補選の投票日は6月20日です
  115. ^ (日本語) 新しい【NHKから国民を守る党】を立ち上げました。これからもNHKと契約して受信料を支払わない方をお守りして参ります!, https://www.youtube.com/watch?v=ehTv3hgfG84 2021年7月15日閲覧。 
  116. ^ a b “立花孝志氏率いる「古い党」に諸派結集 〝超個性派候補〟が政見放送テレビジャックへ!?”. 東スポweb. (2021年6月7日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3265812/ 2021年6月21日閲覧。 
  117. ^ 「あらし」に党名変更 コロナから復帰の立花孝志氏「政界に〝嵐〟を巻き起こす」 東スポWeb 2021年6月23日閲覧
  118. ^ “旧「NHKから国民を守る党」 今度は「嵐の党」に変更”. 朝日新聞. (2021年6月28日). https://www.asahi.com/articles/ASP6X5JVNP6XUTFK00K.html 2021年6月28日閲覧。 
  119. ^ 嵐の党 定例記者会見 2021年7月9日:NHK党ブロマガ”. NHK党ブロマガ:ブロマガ - ニコニコチャンネル. 2021年7月15日閲覧。
  120. ^ NHK党がホリエモン秘書を衆院選に擁立 立花党首「誰でも公認する」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2021年7月21日閲覧。
  121. ^ “「嵐」の名称が消える! 立花孝志党首が5度目の党名変更を示唆”. 東京スポーツ. (2021年7月9日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3399390/ 2021年7月9日閲覧。 
  122. ^ “立花孝志党首、党名を「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」に変更 国政政党になってから5度目”. 中日スポーツ. (2021年7月21日). https://www.chunichi.co.jp/article/295247 2021年7月21日閲覧。 
  123. ^ N党が衆院選公約 「NHKの訪問行為を徹底追及」:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年10月15日閲覧。
  124. ^ “詳報 N党・立花孝志党首の衆院選公示第一声「受信料制度を公平に」”. 毎日新聞. (2021年10月19日). https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20211019/pol/00m/010/019000c 2021年10月20日閲覧。 
  125. ^ “NHK党、衆院選公約追加 第1子出産の母親に1000万円支給”. 毎日新聞. (2021年10月24日). https://mainichi.jp/articles/20211024/k00/00m/010/244000c 2021年10月30日閲覧。 
  126. ^ a b “NHK党、追加公約を1日で修正 消費税減税や第1子出産給付金”. 毎日新聞. (2021年10月24日). https://mainichi.jp/articles/20211025/k00/00m/010/300000c 2021年10月30日閲覧。 
  127. ^ a b 衆議院選挙 公約 - NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で
  128. ^ “NHK党、各候補の独自主張「一切関係ない」 見解発表”. 毎日新聞. (2021年10月29日). https://mainichi.jp/articles/20211029/k00/00m/010/211000c 2021年10月30日閲覧。 
  129. ^ “NHK党・立花党首、NHK選挙特番を視聴「当然好きだ、見たい」”. 毎日新聞. (2021年10月31日). https://mainichi.jp/articles/20211031/k00/00m/010/232000c 2021年11月1日閲覧。 
  130. ^ 政治資金規正法に基づく政治団体の届出事項の異動の届出へ”. 2021年2月5日閲覧。
  131. ^ 概要”. 嵐の党 (2021年6月). 2021年7月3日閲覧。
  132. ^ “「ここまで大きくなるとは思わなかった。ぶっ壊した後は危険なので党を潰す」NHKから国民を守る党・立花孝志代表” (日本語). AbemaTIMES. (2019年4月24日). https://times.abema.tv/articles/-/7000910 2021年10月12日閲覧。 
  133. ^ NHK撃退シール無料配布 | NHKから国民を守る党公式サイト
  134. ^ NHKの訪問を撃退するとのシールについて 日本放送協会
  135. ^ “NHK改革なら改憲賛同 N国党代表がネット番組で”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2019年7月24日). https://www.sankei.com/politics/news/190724/plt1907240002-n1.html 2019年7月26日閲覧。 
  136. ^ “NHK改革「手段を選ばず何でもやる」 N国党・立花党首、野党連携に言及”. 産経新聞. (2019年8月2日). https://www.sankei.com/politics/news/190802/plt1908020025-n1.html 2019年8月20日閲覧。 
  137. ^ a b https://jimdo-storage.global.ssl.fastly.net/file/c3bf3600-1cb6-4c36-bca1-391b488d96e9/【案内資料】諸派党構想_210409.pdf
  138. ^ NHK党から「諸派党」に党名変更し次期衆院選へ、堀江貴文氏に出馬要請 - 社会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年10月30日閲覧。
  139. ^ NHK党・立花孝志党首による「諸派党構想」 来年の参院選に前倒しへ – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb:tokyo-sports.co.jp. 2021年10月30日閲覧。
  140. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2021年6月5日). “【東京都議選・党幹部に聞く】(10)古い政党から国民を守る党 立花孝志党首 選挙制度の問題を争点に” (日本語). 産経ニュース. 2021年10月30日閲覧。
  141. ^ “N国にもうひとつの公約「生活保護は現物支給へ」 HPに残る政策、立花氏が釈明”. 弁護士ドットコムニュース (弁護士ドットコム). (2019年8月2日). https://www.bengo4.com/c_18/n_9954/ 2019年8月2日閲覧。 
  142. ^ narashino2019のツイート(1300784359620767745)
  143. ^ [よくある質問集 Q>パソコンや携帯電話(ワンセグ含む)で放送を見る場合の受信料は必要か https://www.nhk.or.jp/faq-corner/2jushinryou/02/02-02-06.html]NHK
  144. ^ ワンセグ受信機のみのご契約者への取り組みについて2017年6月30日 NHK
  145. ^ 参議院会議録情報 第164回国会 総務委員会 第11号2006年3月30日 参議院
  146. ^ 田邉佳介 (2016年10月24日). “NHKの受信料、「支払い義務化」はできるのか 「ワンセグ携帯裁判」では契約義務なし判決”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2017年11月13日閲覧。
  147. ^ “ワンセグ携帯、NHK受信料不要 地裁判決”. 日本経済新聞. https://r.nikkei.com/article/DGXLASDG26H7E_W6A820C1000000 2018年1月12日閲覧。 
  148. ^ “マンスリーマンション入居者には 「NHK受信料の支払い義務なし」 東京地裁 NHKに受信料返還命じる”. 産経新聞. (2016年10月27日). https://www.sankei.com/affairs/news/161027/afr1610270024-n1.html 
  149. ^ “ワンセグ受信料にNHK契約義務 埼玉・朝霞市議、逆転敗訴 東京高裁”. 産経新聞. (2018年3月26日). https://www.sankei.com/affairs/news/180326/afr1803260018-n1.html 
  150. ^ ワンセグ携帯 NHK逆転勝訴 義務認定3件目 東京高裁, 毎日新聞, https://mainichi.jp/articles/20180326/k00/00e/040/221000c 2019年1月12日閲覧。 
  151. ^ “ワンセグ携帯、NHK受信契約は「義務」 最高裁で確定”. 朝日新聞(岡本玄). (2019年3月12日). https://www.asahi.com/articles/ASM3F5RHCM3FUTIL02Z.html?iref=comtop_latestnews_03 
  152. ^ “ワンセグも「受信契約義務あり」 NHK勝訴が最高裁で初確定”. 毎日新聞. (2019年3月12日). https://mainichi.jp/articles/20190313/k00/00m/040/128000c 
  153. ^ “「ワンセグでも受信料」が確定 原告「携帯の選択制限」「未払いの自治体ある」”. 弁護士ドットコムNews. (2019年3月14日). https://www.bengo4.com/c_8/n_9363/ 
  154. ^ “「ワンセグ携帯も義務」確定=NHK受信契約、上告退ける-最高裁”. 時事通信. (2019年3月12日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019031301018&g=soc 
  155. ^ ワンセグ付き携帯電話のみの所有でNHK受信契約義務、最高裁で判決確定”. 2019年3月27日閲覧。
  156. ^ “NHK受信料、ワンセグ携帯も支払い義務 東京地裁”. 産経新聞. (2017年12月27日). https://www.sankei.com/affairs/news/171227/afr1712270063-n1.html 
  157. ^ “ワンセグ受信料訴訟、2審もNHK勝訴”. 産経新聞. (2018年6月21日). https://www.sankei.com/affairs/news/180621/afr1806210042-n1.html 
  158. ^ a b 選管「無効」承知で“被選挙権なし”非公表 兵庫県議選・伊丹市”. 神戸新聞社 (2019年4月9日). 2019年8月9日閲覧。
  159. ^ 候補が被選挙権なしと判明、選管は周知せず 投票無効に”. 朝日新聞社 (2019年4月8日). 2019年4月22日閲覧。
  160. ^ 居住日数たりず得票数ゼロに 兵庫県議選・伊丹選挙区の新人”. 神戸新聞社 (2019年4月9日). 2019年5月19日閲覧。
  161. ^ 兵庫県議選「被選挙権なし」投票無効の男性 県を提訴へ”. 神戸新聞社 (2019年4月9日). 2019年4月23日閲覧。
  162. ^ 奇策?選挙区入れ替わり 県議落選の2人、市議選へ”. 神戸新聞社 (2019年4月13日). 2019年4月23日閲覧。
  163. ^ 平成31年4月21日執行(4月16日告示) 播磨町議会議員選挙 候補者名簿(平成31年4月16日午後5時00分現在(確定 ))6頁 2019年4月16日 播磨町
  164. ^ 新人候補「居住実態なし」で投票無効に 播磨町議選”. 神戸新聞社 (2019年4月22日). 2019年4月22日閲覧。
  165. ^ なぜ立候補できた?110票無効の新人候補 播磨町議選”. 神戸新聞社 (2019年4月22日). 2019年5月19日閲覧。
  166. ^ 「NHKから守る党」候補、投票無効=住所要件満たさず-東京都足立区議選”. 時事通信社 (2019年5月27日). 2019年5月27日閲覧。
  167. ^ 5548票が「無効」に 足立区議選で居住実態ない女性候補”. 産経新聞社 (2019年5月27日). 2019年5月27日閲覧。
  168. ^ “区議選得票無効、N国党候補の異議棄却 東京・足立区選管”. 産経新聞. (2019年6月17日). https://www.sankei.com/politics/news/190617/plt1906170031-n1.html 2019年6月17日閲覧。 
  169. ^ 届け出時のやりとり再現 播磨町議選“投票無効”の新人候補”. 神戸新聞社 (2019年4月22日). 2019年4月22日閲覧。
  170. ^ ○○さん22歳が日本国を相手に裁判所に提訴しました。選挙に立候補できないのは憲法違反だ! NHKから国民を守る党公式ブログ 2019年4月19日。私人の為タイトルの名前部分を伏せ字にしている。
  171. ^ “N国立花氏、マツコ出演「5時に夢中」に出演要望書”. 日刊スポーツ. (2019年8月15日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201908150000469.html 2019年8月20日閲覧。 
  172. ^ “N国・立花党首がMX前で抗議活動 崎陽軒には「ごめんなさい」”. 産経新聞. (2019年8月19日). https://www.sankei.com/politics/news/190819/plt1908190019-n1.html 2019年8月20日閲覧。 
  173. ^ “N国・立花孝志党首、TOKYO MXを提訴へ”. 日刊スポーツ. (2019年9月2日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201909020000727.html 2019年9月2日閲覧。 
  174. ^ 旧N国党の賠償請求棄却 マツコさん発言めぐり―東京地裁:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム (2021年4月15日). 2021年4月19日閲覧。
  175. ^ N国市議に勝訴したライター「スラップ訴訟は民主主義をぶっ壊す」” (日本語). 弁護士ドットコム (2019年9月24日). 2019年9月24日閲覧。
  176. ^ フリー記者への提訴は違法 N国・立川市議に賠償命令:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2019年9月24日). 2019年9月24日閲覧。
  177. ^ 日本放送協会 (2019年9月24日). “N国党立川市議に賠償命じる判決|NHK 首都圏のニュース”. NHK NEWS WEB. 2019年9月25日閲覧。
  178. ^ N国党「スラップ訴訟」は二審も返り討ち ライターを訴えたら逆に95万円の支払い命令” (日本語). 弁護士ドットコム (2020年3月4日). 2020年5月5日閲覧。
  179. ^ 集英社「週刊プレイボーイ」2019年12月16日号No.50 168頁
  180. ^ “落選後の立花孝志の活動予定と竹原信一最高顧問辞任について”. YouTube (YouTube). (2013年9月23日). https://www.youtube.com/watch?v=h18afmaUOt8 2015年4月29日閲覧。 
  181. ^ 【5つの理由から公開します】立花孝志氏への質問と確認(無回答)


「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の関連用語

NHKと裁判してる党弁護士法72条違反でのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NHKと裁判してる党弁護士法72条違反でのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNHKと裁判してる党弁護士法72条違反で (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS