那智の滝とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 食品 > 日本の名水 > 那智の滝の意味・解説 

なち‐の‐たき【那智の滝】

読み方:なちのたき

和歌山県那智山にある滝。那智川にかかる四十八滝のうち、一の滝とよばれ、高さ133メートル。飛滝(ひろう)神社神体平成16年2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産文化遺産)に登録された。那智大滝

那智の滝の画像
那智の滝と青岸渡寺せいがんとじ
那智の滝の画像

那智の滝

和歌山県那智勝浦町

●よく聞ける時期
1年中聞ける多雨時期がとくによい。

●よく聞けるところ
滝へ降りる坂の中段から下くらいのところ。

寄りみち
背後那智山ひかえた勝浦温泉は、白浜ならんで南紀代表する海の温泉郷勝浦湾島々青い海織りなす景観素晴らしい。ゆっくり温泉つかったり紀伊松島遊覧船めぐったりなど、のんびりできる

那智の滝 那智の滝は、落差133メートル日本三名瀑挙げられる滝として全国的に知られている。 

古くから熊野詣で目的地のひとつでもあり、原生林の中を飛沫をあげながら落下する様子は、訪れるものを荘厳な気持ちにさせてくれる。滝のしぶきにふれると延命長寿霊験があると伝えられ参拝客や観光客途絶えることがない

 那智大社への参道からは、遠く滝音聞こえるだけで姿は見えず、さらに本殿入れば地形関係で音さえも聞こえなくなるが、そこから奥へ進むと大滝が豪音とともに現われる。その変化する滝音が、古来人々この地神秘性強く印象づけてきている。

アクセス

列車・バスJR紀伊勝浦駅から熊野交通バス25分、滝前下車。
マイカー国道42号から那智山へ約10キロ駐車場あり。

問合せ先
那智勝浦町生活環境課・和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地−1−1電話07355・2・0555


那智滝

(那智の滝 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 07:37 UTC 版)

那智滝(なちのたき)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智川中流にかかる。石英斑岩からなるほとんど垂直の断崖に沿って落下し、落ち口の幅13メートル、滝壺までの落差は133メートルに達し、その姿は熊野灘からも望見することができる[1]。総合落差では日本12位だが、一段の滝としては落差日本1位。華厳滝袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられている。


  1. ^ a b c 那智大滝1972年〈昭和47年〉7月11日指定、名勝)、国指定文化財等データベース文化庁) 2014年9月28日閲覧。
  2. ^ 世界遺産登録推進三県協議会(三重県・奈良県・和歌山県)、2005、『世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道』、世界遺産登録推進三県協議会、pp.39,75
  3. ^ a b 中嶋市郎、2002、「「那智四十八滝」探査プロジェクト」、別冊太陽編集部(編)『別冊太陽 - 熊野 - 異界への旅』、平凡社 pp. 114-115
  4. ^ 平凡社編、1997、『大和・紀伊』、平凡社(寺院神社大事典) ISBN 4582134025 pp.621-622
  5. ^ 高木亮英、2002、「現代の熊野修験」、別冊太陽編集部(編)『熊野 - 異界への旅』、平凡社 ISBN 4582943845 pp. 52-53
  6. ^ 宇江敏勝、2004、『熊野修験の森 - 大峯山脈奥駈け記』増補版、新宿書房〈宇江敏勝の本第2期〉 ISBN 4880083070、pp.11-22
  7. ^ 那智勝浦町章制定”. 那智勝浦町 (1964年10月1日). 2012年1月11日閲覧。


「那智滝」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「那智の滝」の関連用語

那智の滝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



那智の滝のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
環境省環境省
Copyright © 2023 Kankyosho All rights reserved.
環境省環境省
Copyright © 2023 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの那智滝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS