称名滝とは?

称名滝

富山県立山町

●よく聞ける時期
4月下旬から11月末日

●よく聞けるところ
滝見園地

寄りみち
富山から立山訪れる際には、山岳観光立山黒部アルペンルートへ足をのばすようなプランをたてるといい。日本の屋根北アルプス大自然の中を、さまざまな乗り物乗り継いで、長野県信濃大町抜け山岳展望ルートだ。

称名滝 日本を代表する北アルプス立山連峰一気集め全長350メートル流れ落ちるのが、称名滝である。その昔、立山開山主人公佐伯有頼嶮しい坂にかかったときに、称名念仏の声に励まされて坂を越えたが、これが滝の音だったという伝説由来する。

 滝には毎秒トン流れ豊水時には100トン越えことがある。また雪解け時には称名滝の向かって右手に、滝壺同じくしたハンノキ滝流れ落ち、2本の滝が巨大V字型を描く。滝壺直径60メートル水深メートルで、滝壺近くでの爆音大迫力だ。

 新緑紅葉など四季変化もとより1日陽光移り変わりに応じて、称名滝その姿刻々と変えている。

アクセス

電車バス富山地方鉄道立山駅から立山開発鉄道バス20分で称名滝下車徒歩20分。
マイカー立山ICから称名駐車場まで約30キロ駐車場から滝見園地まで徒歩キロ

問合わせ先
立山町住民生活課生活環境係・富山県中新川郡立山町前沢2440、0764・63・1121


称名滝

名称: 称名滝
ふりがな しょうみょうだき
種別 名勝
種別2: 天然記念物
都道府県 富山県
市区町村 中新川郡立山町
管理団体
指定年月日 1973.05.29(昭和48.05.29)
指定基準 名6,地9
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: S46-12-020[[称名滝]しょうみょうのたき].txt: 立山に源を発する称名川が、弥陀ヶ原溶結凝灰岩層をV字型に深く浸食したいわゆる称名下廊下末端断崖かかっている。その落差は約350メートルで、上部から405892126メートルの4段から成り、それらが連続して1条の巨瀑となっている。立山信仰密接な関係をもって古くから知られて来た名瀑であり、豪壮雄大景観は、他に類例をみない。また浸食地形としても独自の特色をもっている。
 上流部の水量の多いときにはその左岸側の断崖に高さ500メートルハンノキ滝現出する。
 わが国最大瀑布である。
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
天然記念物:  焼尻の自然林  照島ウ生息地  称名寺のシイノキ  称名滝  象潟  象岩  象頭山

称名滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/28 13:54 UTC 版)

称名滝(しょうみょうだき)は、富山県中新川郡立山町にある立山連峰を源流とする弥陀ヶ原台地から一気に流れ落ち、称名川となった後に常願寺川へ注ぎ込む。




  1. ^ 称名滝は1年間に10cm後退! 称名渓谷ジオサイト 富山Style(2016年8月29日) 2017年10月6日閲覧
  2. ^ 富山県ナチュラリスト協会編『新装・改訂 立山道を歩く』p39 2004年 北日本新聞社


「称名滝」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「称名滝」の関連用語

称名滝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

伊良湖岬恋路ヶ浜の潮騒

千頭川の渓流とトロッコ

琴引浜の鳴き砂

福島潟のヒシクイ

五和の海のイルカ

山寺の蝉

エンナカの水音とおわら風の盆

柴又帝釈天界隈と矢切の渡し





称名滝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2018 Kankyosho All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2018 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの称名滝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS