合挽肉とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 合挽肉の意味・解説 

合挽肉

読み方:あいびきにく
別表記:合挽き肉

合挽した肉。普通、牛肉豚肉合わせてミンチにした挽肉を指す。

挽肉

(合挽肉 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 09:01 UTC 版)

挽肉(ひきにく)とは、などのを肉挽き機と呼ばれる機械で細かくしたもの[1]。ミンチ(もしくはミンチ肉)ともいうが[1]、メンチに関しては「#歴史」を参照。


  1. ^ a b ひき肉 コトバンク
  2. ^ 共同通信 2009/09/05 19:06 記事ペッパーランチ「ステーキの供給元は大垣食肉供給センター協同組合で、輸入した肉をミンチした上で成形加工」[信頼性要検証]
  3. ^ ハンバーグの歴史 - 一般社団法人 日本ハンバーグ・ハンバーガー協会
  4. ^ コロッケとメンチの境界を探る
  5. ^ デジタル大辞泉


「挽肉」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合挽肉」の関連用語

合挽肉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



合挽肉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの挽肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS