世界経済フォーラム 世界経済フォーラムの概要

世界経済フォーラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 04:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
世界経済フォーラム
設立 1971年
種類 非営利団体
法的地位 非営利財団
本部 スイス ジュネーヴ州コロニー
貢献地域 世界
会長 クラウス・シュワブ
ウェブサイト www.weforum.org
テンプレートを表示

スイスのダボスで開催される年次総会、所謂「ダボス会議」が特によく知られており、約2,500名の選ばれた知識人ジャーナリスト多国籍企業経営者や国際的な政治指導者などのトップリーダーが一堂に会し、健康や環境等を含めた世界が直面する重大な問題について議論する場となっている。また、同機関は東アジアラテンアメリカなど6-8の地域会議を開催し、中国及びアラブ首長国連邦においても別途の年次総会を開催している。さらに、会議だけではなく、同機関はさまざまな研究報告書を発表したり、メンバーたちが各業界に関連したイニシアティブに関わるなどの活動を行っている。2011年のダボスにおける年次総会は1月26日-30日に開催された。2012年総会は1月25日-29日に"The Great Transformation: Shaping New Models"というテーマで開催された。2013年総会は1月23日-27日に、創設者クラウス・シュワブによる「地球規模の協力の必要性が今ほど重要な時代はない」との声明を受け、"Resilient Dynamism"というテーマで催された。2014年年次総会は1月22-25日に"The Reshaping of the World: Consequences for Society, Politics and Business"というテーマで催された。2015年年次総会は、"The New Global Context"というテーマで催された。


注釈

  1. ^ 原語"Davos Man"は「ダボス男」のようにも訳せるが、男女平等の思想の立場を尊重してこの訳を選んだ。ただし、開催地の人もダボス人と呼ばれて、あいまいさが残るかも知れないので、素直に「ダボス・マン」と音訳するのが無難かもしれない。なお"Davosman"であれば「ダボス屋」となり何か怪しいロビーイストのような感じがする(あくまで訳者個人の感想です)。

出典

  1. ^ ダボス会議出席の福岡市長がエストニア首相と会談 相互交流に期待感 2018/01/31 産経新聞社
  2. ^ 黒川清氏の学術の風 デジタルニューディール - (株)DND研究所。
  3. ^ Young Global Leader Honorees 2009
  4. ^ Young Global Leaders Honourees 2010
  5. ^ List of 2011 Young Global Leaders Honourees
  6. ^ List of 2014 Young Global Leader Honourees
  7. ^ “【噴水台】“カモ”な大韓民国”. 中央日報. (2015年10月3日). http://japanese.joins.com/article/495/206495.html 2015年10月3日閲覧。 
  8. ^ Michel Liechti; Giovanni Arcudi; Marisa Vonlanthen (2004). Frontières entre police et armée (Report). http://www.gipri.ch/publications/cahiers/cahier2/.  , Cahier du GIPRI, no.2.
    Archived 18 October 2016 at the Wayback Machine.
  9. ^ Strauss, Steven (2014年1月12日). “Why Do U.S. Politicians Meet With 'Criminal' Entities in Switzerland?”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/steven-strauss/us-politicians-meeting-with-criminal-entities_b_4586094.html 2014年1月17日閲覧。 
  10. ^ Garton Ash, Timothy (3 February 2005), Davos man's death wish, https://www.theguardian.com/comment/story/0,,1404411,00.html  Archived 21 August 2008 at the Wayback Machine.
  11. ^ Huntington, Samuel (Spring 2004), “Dead souls: The Denationalization of the American Elite”, National Interest, http://nationalinterest.org/article/dead-souls-the-denationalization-of-the-american-elite-620 Archived 14 September 2016 at the Wayback Machine.
  12. ^ , http://www.hudson.org/tiles/publications/transnational_progressivism.pdf  Archived 2 December 2008 at the Wayback Machine.


「世界経済フォーラム」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界経済フォーラム」の関連用語

世界経済フォーラムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界経済フォーラムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界経済フォーラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS