ジミー・ウェールズとは?

Weblio 辞書 > 人名 > コンピュータ偉人伝 > ジミー・ウェールズの意味・解説 

ジミー・ウェールズ

別名:ジミー・ドーナル・ウェールズジンボ・ウェールズ
【英】Jimmy Donal Wales, Jimbo Wales

ジミー・ウェールズとは、オンライン・フリー百科事典ウィキペディア」の創始者として知られる経営者である。1966年8月7日アメリカアラバマ州ハントヴィル生まれ。現在、ウィキメディア財団理事長務めている。

大学卒業後、ジミー・ウェールズはシカゴ先物オプション取引を行う企業シカゴ・オプションズ・アソシエーションに勤務していたが、1990年代半ば独立してボーミス(Bomis)社を設立ポータルサイトBomis.comの運営開始した。ボーミスを運営するかたわらで、ジミー・ウェールズは「インターネット上でフリー百科事典提供する」という着想得て、その構想オンライン百科事典プロジェクトヌーペディア」(Nupedia)として結実させた。

ヌーペディアは、完全にフリー配布されたが、執筆者学者限定したこと、記事投稿厳格な審査制を導入したこと、ならびに審査通過した記事反映されるまでの時間が遅かったことなどを理由として、不成功に終わった。その後ジミー・ウェールズは、記事投稿編集を完全に自由化し、ならびに執筆するためのインターフェースとしてウィキWikiWikiWeb)を採用するアイディア取り入れ、名称を「ウィキペディア」(Wikipedia)として新たにプロジェクト開始した。ウィキペディア有志中心に盛んに記事執筆がなされ、瞬く間に、膨大なコンテンツ有するインターネット最大規模百科事典サイト成長した。

ジミー・“ジンボー”・ウェールズ

ウィキペディアは現在、世界各国母国語バージョンが展開されている。引用句集「ウィキクォート」やマルチメディア・アーカイブ「ウィキメディア・コモンズ」などの姉妹プロジェクト他に類を見ない充実ぶりを見せる。記事執筆は完全に自由ということで、内容信憑性保証されていないが、科学関連の用語を中心にかなりの精度を保っていることも確認されている。2003年、ジミー・ウェールズはフロリダ州非営利法人ウィキメディア財団設立終身理事就任し、ウィキペディア始めとするプロジェクト総指揮とっている。ウィキを使った検索エンジンおよびポータルサイトWikia」も始動している。将来的には、アジアアフリカなど第三世界において教育機関福祉機関良質情報提供することをプロジェクト目標として、ジミー・ウェールズは目標実現目指し講演活動などを精力的に行なっている。



※画像提供 / Wikimedia foundation Inc.
参照リンク
JimmyWales.com
Wikipedia(日本語)
Wikia.com

ジミー・ウェールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 14:22 UTC 版)

“ジンボ” ジミー・ドナル・ウェールズJimmy Donal "Jimbo" Wales, 1966年8月7日[注 1] - )は、ウィキメディア財団名誉理事長で、同財団が運営する百科事典プロジェクト「ウィキペディア」の共同創始者、プロジェクトリーダーBomisの筆頭株主、ウィキウィキサイトのホスティングサービス「Wikia」の共同創設者でもある。




  1. ^ 8日生まれとされることもある[1]が、彼自身によると、書類上の誤りにより8日と登録されてしまっており、実際には7日であるという[2][3]
  1. ^ "Britannica Book of the Year, 2007 Jimmy Wales"”. 2007年7月25日閲覧。
  2. ^ 英語版ウィキペディアでのウェールズ本人による回答
  3. ^ Rogoway, Mike (2007年7月27日). “Wikipedia & its founder disagree on his birth date”. Silicon Forest. 2018年4月5日閲覧。
  4. ^ Lih, A. (2009) The Wikipedia revolution : how a bunch of nobodies created the world's greatest encyclopedia, New York: Hyperion(千葉敏生(2009)『ウィキペディア・レボリューション 世界最大の百科事典はいかにして生まれたか』早川書房).
  5. ^ Florida Marriage Collection, 1822-1875 and 1927-2001, online at Ancestry.com
  6. ^ Kim, Ryan (2007年3月5日). “Allegations swirl around Wikipedia's Wales”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2008/03/05/BUVFVDM3H.DTL 2008年3月6日閲覧。 
  7. ^ Jimmy Wales - Wikipedia - New York Times”. 2008年3月7日閲覧。
  8. ^ Alex Hern (2017年4月25日). “Wikipedia founder to fight fake news with new Wikitribune site”. The Guardian. https://www.theguardian.com/technology/2017/apr/25/wikipedia-founder-jimmy-wales-to-fight-fake-news-with-new-wikitribune-site 2017年12月3日閲覧。 
  9. ^ Canadian pundit, Wikipedia founder in messy breakup”. Canadian Broadcasting Corporation (2008年3月2日). 2008年3月2日閲覧。
  10. ^ Asher Moses (2008年3月4日). “Ex takes her revenge on Mr Wikipedia”. The Sydney Morning Herald. http://www.smh.com.au/news/web/ex-takes-her-revenge-on-mr-wiki/2008/03/04/1204402405901.html 2008年3月5日閲覧。 
  11. ^ Siri Agrell (2008年3月4日). “Ms. Marsden's cyberspace breakup: tit-for-tat-for-T-shirt”. The Globe and Mail. http://www.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20080304.wlbreakup04/BNStory/lifeMain/home 2008年3月5日閲覧。 
  12. ^ “Wikipedia Founder's Fling With Columnist Ends in Nasty Public Breakup”. FOXNews.com. (2008年3月3日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,334652,00.html 2008年3月5日閲覧。 
  13. ^ “Fury of a woman scorned – on Wikipedia”. The Times. (2008年3月4日). http://technology.timesonline.co.uk/tol/news/tech_and_web/article3475722.ece 2008年3月5日閲覧。 
  14. ^ a b “Ex takes her revenge on Mr Wikipedia”. The Sydney Morning Herald. (2008年3月4日). http://www.smh.com.au/news/web/ex-takes-her-revenge-on-mr-wiki/2008/03/04/1204402405901.html 2008年3月5日閲覧。 
  15. ^ “Wikipedia's Wales defends breakup, expenses”. USA Today. (2008年3月5日). http://www.usatoday.com/tech/webguide/internetlife/2008-03-04-wikipedia-wales_N.htm?csp=34 2008年3月5日閲覧。 
  16. ^ a b Knott, Janet (2006年2月12日). “Bias, sabotage haunt Wikipedia's free world”. The Boston Globe. http://boston.com/business/technology/articles/2006/02/12/bias_sabotage_haunt_wikipedias_free_world/?page=4 2006年4月12日閲覧。 
  17. ^ Sidener, Jonathan. “Everyone's Encyclopedia”. San Diego Union Tribune. オリジナルの2005年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051109060803/http://www.signonsandiego.com/uniontrib/20041206/news_mz1b6encyclo.html 2006年10月15日閲覧。 
  18. ^ Meyers, Peter (2001年9月20日). “Fact-Driven? Collegial? This Site Wants You”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9800E5D6123BF933A1575AC0A9679C8B63 2006年10月15日閲覧。 "I can start an article that will consist of one paragraph, and then a real expert will come along and add three paragraphs and clean up my one paragraph," said Larry Sanger of Las Vegas, who founded Wikipedia with Mr. Wales.
  19. ^ Larry Sanger. “What Wikipedia is and why it matters”. 2006年4月12日閲覧。
  20. ^ Singer, Michael (2002年1月16日). “Free Encyclopedia Project Celebrates Year One”. Jupitermedia (Internet Archive). オリジナルの2003年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030316/http://siliconvalley.internet.com/news/article.php/3531_956641 2008年2月27日閲覧。 
  21. ^ a b c Bergstein, Brian (2007年3月25日). “Sanger says he co-started Wikipedia”. ABC News (Associated Press). http://abcnews.go.com/Technology/wireStory?id=2980046 2007年3月26日閲覧. "The nascent Web encyclopedia Citizendium springs from Larry Sanger, a philosophy Ph.D. who counts himself as a co-founder of Wikipedia, the site he now hopes to usurp. The claim does not seem particularly controversial—Sanger has long been cited as a co-founder. Yet the other founder, Jimmy Wales, is not happy about it." —Brian Bergstein.
  22. ^ a b “Know It All”. The New Yorker. (2006年7月31日). http://www.newyorker.com/fact/content/articles/060731fa_fact 2008年1月15日閲覧。 
    Even Wales has been caught airbrushing his Wikipedia entry—eighteen times in the past year. He is particularly sensitive about references to the porn traffic on his Web portal. 'Adult content' or 'glamour photography' are the terms that he prefers, though, as one user pointed out on the site, they are perhaps not the most precise way to describe lesbian strip-poker threesomes. (In January, Wales agreed to a compromise: erotic photography).
  23. ^ Larry Sanger (2005年4月18日). “The Early History of Nupedia and Wikipedia: A Memoir”. Slashdot. http://features.slashdot.org/article.pl?sid=05/04/18/164213 2005年4月18日閲覧。 
  24. ^ Mitchell, Dan (2005年12月24日). “Insider Editing at Wikipedia”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2005/12/24/technology/24online.ready.html?ex=1293080400&en=431aff478b00239e&ei=5090 2007年3月26日閲覧。 
  25. ^ King, Ian. 'A Wiki web they've woven'”. vancouver.24hrs.ca. 2007年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月2日閲覧。
  26. ^ a b Cadenhead, Rogers. “Wikipedia Founder Looks Out for Number 1”. 2006年10月15日閲覧。
  27. ^ Wikipedia diff showing modification by Mr. Wales”. 2006年10月15日閲覧。
  28. ^ a b c d Hansen, Evan (2005年12月19日). “Wikipedia Founder Edits Own Bio”. Wired News. オリジナルの2008年8月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080823134002/http://www.wired.com/culture/lifestyle/news/2005/12/69880 2010年12月21日閲覧。 
  29. ^ Blakely, Rhys. “Wikipedia founder edits himself”. Times Online. 2006年10月15日閲覧。
  30. ^ Wikipedia:存命人物の伝記#本人による編集の扱いを参照
  31. ^ Wales, Jimbo (2004年9月18日). “Edit by Jimbo Wales at Wikimedia Foundation”. Wikimedia Foundation. http://wikimediafoundation.org/w/index.php?title=Board_of_Trustees&diff=prev&oldid=406 2007年8月8日閲覧。 
  32. ^ Wales, Jimbo (2004年9月18日). “Edit by Jimbo Wales at Wikipedia”. Wikipedia. http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Jimmy_Wales&diff=prev&oldid=5987088 2007年8月8日閲覧。 
  33. ^ “Wales claim birthdate is not August 8, 1966”. Wikipedia. (2006年7月11日). http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Talk%3AJimmy_Wales&diff=63246911&oldid=63223187 2007年8月12日閲覧。 
  34. ^ Britannica Book of the Year, 2007 Jimmy Wales”. 2007年7月25日閲覧。
  35. ^ Current Biography Yearbook 2006 - Publisher: H. W. Wilson (February 28, 2007) ISBN 978-0-8242-1074-8. 
  36. ^ Who's Who In America: Diamond Edition - Publisher: Marquis Who's Who; 60th edition (12 October, 2005) ISBN 978-0-8379-6990-9. 
  37. ^ “Jimmy Wales's date of birth”. Researcher's Note (Encyclopædia Britannica). (2004年9月18日). http://www.britannica.com/eb/article-9439003/Jimmy-Waless-date-of-birth 2007年8月8日閲覧。 
  38. ^ a b Rogoway, M. July 27, 2007 "Wikipedia & its founder disagree on his birth date,". Silicon Forest, (The Oregonian), 2007-07-27. Retrieved on 2007-08-08. Note: In his blog, Wales endorses this news article.
  39. ^ Wales, J. "More birthdate nonsense". en:User talk:Jimbo Wales, 2007-08-07. Retrieved on 2007-08-08.
  40. ^ Cohen, Noam (2007年2月21日). “A History Department Bans Citing Wikipedia as a Research Source”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2007/02/21/education/21wikipedia.html 2018年6月29日閲覧。 
  41. ^ a b 武部, 健一 (2007年3月22日). “インタビュー「小さい頃,百科事典を全部読んだ」ジンボ・ウェールズ氏(Wikipedia創始者)”. 日経BP社. https://tech.nikkeibp.co.jp/it/article/Interview/20070320/265824/ 2018年6月29日閲覧。 
  42. ^ Interview Wikipedia founder critical of real-name Internet system S. Korea’s system is not in accordance with a free democracy, Wales says Hankyoreh Nov.4,2008
  43. ^ 「ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズからのお願い」を猫写真に変えるChromeアドオン登場 ITmedia




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジミー・ウェールズ」の関連用語

ジミー・ウェールズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジミー・ウェールズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリジミー・ウェールズの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジミー・ウェールズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS