電気オートバイとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 電気オートバイの意味・解説 

電動スクーター

(電気オートバイ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 15:39 UTC 版)

電動スクーター(でんどうスクーター)とは、スクーターオートバイタイプの電気自動車である。




  1. ^ 例えばヤマハ・ビーノの場合ガソリン車が18.5万円なのに対しEVが21.9万円と1.2倍ほど価格が上がる一方でフルチャージからの30km/h航続距離はガソリン車が80km×4.5L=360kmなのに対しEVは29kmでしかない。使用したデータはヤマハ公式サイト(2020年3月19日)より。価格は税抜。
  2. ^ 震災後に需要急増! 「電動スクーター」の“本当の実力””. 日経トレンディ (2011年7月13日). 2012年4月9日閲覧。
  3. ^ 価格・仕様 - 電動バイク・電動スクーター”. ヤマハ発動機株式会社. 2011年7月7日閲覧。
  4. ^ 製品紹介:ベクトリックス ジャパン 100%電動大型スクーター、100Vコンセントで充電可能。「電気は、スピードになる。」”. 株式会社ホワイトハウス. 2011年7月7日閲覧。
  5. ^ 道路交通法施行規則 第1条の2”. e-Gov. 2019年12月29日閲覧。
  6. ^ 道路交通法施行規則 第24条”. e-Gov. 2019年12月29日閲覧。
  7. ^ 道路交通法施行規則 第2条”. e-Gov. 2019年12月29日閲覧。
  8. ^ 道路運送車両法 第1条”. e-Gov. 2019年12月29日閲覧。
  9. ^ クリーンで静かな電気スクーター「ホンダCUV ES」(シーユーヴィ イーエス)を限定発売”. 本田技研工業株式会社 (1994年2月25日). 2015年8月10日閲覧。
  10. ^ 排出ガスゼロ、環境に優しいエレクトリックコミューター ヤマハ「Passol (パッソル)」(原付1種) 全国発売”. ヤマハ発動機株式会社 (2003年5月15日). 2015年8月10日閲覧。
  11. ^ 排出ガスゼロ、100%電気で走るエレクトリックコミューター第2弾 電動技術開発のさらなるスピードアップにより事業化を推進 新商品ヤマハエレクトリックコミューター『EC-02』(原付1種)について”. ヤマハ発動機株式会社 (2005年4月11日). 2015年8月10日閲覧。なお、EC-02はまたがって乗車するため厳密にはスクーターではない。
  12. ^ 航続距離伸長、パワー向上、低価格設定 排出ガスゼロ、100%電気で走る ヤマハエレクトリックコミューター「Passol-L」(原付1種)新発売”. ヤマハ発動機株式会社 (2005年10月13日). 2015年8月10日閲覧。
  13. ^ スイスイ&クルクル、ペダルも使える電動スイックルスクーター「ミレット」 を発表!”. 株式会社プロスタッフ (2009年10月21日). 2015年8月19日閲覧。
  14. ^ CO2排出量ゼロ!デリバリー用電動スクーター『デルスター』を発売”. 株式会社プロスタッフ (2009年10月14日). 2015年8月19日閲覧。
  15. ^ ゼロエミッション・エレクトリック コミューター「EC-03(イーシー ゼロ スリー)」(原付1種)新発売について”. ヤマハ発動機株式会社 (2010年7月14日). 2015年8月10日閲覧。
  16. ^ 電動二輪車「EV-neo」のリース販売を開始”. 本田技研工業株式会社 (2010年12月16日). 2015年8月10日閲覧。
  17. ^ http://www.suzuki.co.jp/release/b/2011/1209/
  18. ^ リチウムイオンバッテリー搭載。ミレットLiシリーズを新発売”. 株式会社プロスタッフ (2012年4月25日). 2015年8月19日閲覧。
  19. ^ 世界初のスマートフォン連動電動バイク投入…テラモーターズ A4000i”. レスポンス (2013年7月10日). 2015年8月19日閲覧。
  20. ^ テラモーターズの業務用電動バイク、航続距離150km…BIZMOII 発売”. レスポンス (2014年6月6日). 2015年8月19日閲覧。
  21. ^ a b 株式会社ベイズ HP”. 株式会社ベイズ (2015年12月5日). 2015年12月5日閲覧。
  22. ^ レトロポップでお洒落なスクーター「Vino」がEVで登場 エレクトリックコミューター第4弾「E-Vino」(原付一種)新発売”. ヤマハ発動機株式会社 (2015年7月29日). 2015年8月10日閲覧。
  23. ^ 平成23年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金について (PDF)”. 通商産業省 製造産業局自動車課 (2011年4月). 2015年8月10日閲覧。
  24. ^ Launching strategy for electric vehicles: Lessons from China and Taiwan (pdf)”. 2011年7月9日閲覧。 “According to the motorcycle committee of the Society of Automotive Engineers of China, the use of motorcycles is now banned or restricted in over ninety major Chinese cities. (中略)However, electric bikes are categorized as non-motor vehicles and therefore exempted from the bans.”


「電動スクーター」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電気オートバイ」の関連用語

電気オートバイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電気オートバイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電動スクーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS