機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ONとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ONの意味・解説 

機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 05:32 UTC 版)

機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON』(きどうせんしガンダム エクストリームバーサス マキシブースト オン、MOBILE SUIT GUNDAM EXTREME VS. MAXI BOOST ON)はバンダイナムコエンターテインメントより発売され、2016年3月9日から2019年11月26日まで稼働していたアーケードゲーム。2020年7月30日にPlayStation 4版が発売された[1]




注釈

  1. ^ 『ビルドファイターズ』シリーズは版権権利の関係上、「創通・サンライズ・テレビ東京」の追加表記が必要であり、稼働当初はその表記がなかったため参戦できなかった。
  2. ^ 原典作品では主人公リョウ・ルーツが操縦するが、“諸事情”により本シリーズにはパイロット「Unknown(不明)」扱いで参戦。【PS3版『機動戦士ガンダム EXVS.FB』のDLCについて開発者が語る】
  3. ^ ゲームでは『機動戦士クロスボーン・ガンダム』の枠として扱われている。
  4. ^ a b c d ゲームでは『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』の枠として扱われている。
  5. ^ 『DESTINY ASTRAY』に登場した武装「オキツノカガミ」を装備し、ミナのセリフに「天空の宣言」があるため。
  6. ^ ゲームでは『機動戦士ガンダム00V』の枠として扱われている。
  7. ^ ゲームでは『機動戦士ガンダム』の枠として扱われている。
  8. ^ ゲームでは『ガンダムEXA』の枠として扱われている。
  9. ^ 「DC」の読みは「デッドコピー」であることが『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』にて判明。

出典

  1. ^ PS4版「機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON」が2020年内に発売決定。第1弾PVも公開に4Gamer.net 2020年1月21日
  2. ^ 2016年8月25日のアップデートで追加。
  3. ^ 2017年11月21日のアップデートで追加。
  4. ^ 2016年11月24日のアップデートで追加。
  5. ^ 2017年1月24日のアップデートで追加。
  6. ^ 2016年9月27日のアップデートで追加。
  7. ^ 2017年9月26日のアップデートで追加。
  8. ^ 2017年6月27日のアップデートで追加。
  9. ^ 2017年9月26日のアップデートで追加。
  10. ^ 2016年6月28日のアップデートで追加。
  11. ^ 2016年7月25日のアップデートで追加。
  12. ^ 2017年8月24日のアップデートで追加。
  13. ^ 2016年4月26日のアップデートで追加。
  14. ^ 2017年4月25日のアップデートで追加。
  15. ^ 2017年7月25日のアップデートで追加。
  16. ^ 2016年3月29日のアップデートで追加。
  17. ^ 2017年2月23日のアップデートで追加。
  18. ^ 2017年7月25日のアップデートで追加。
  19. ^ a b 2018年4月24日のアップデートで追加。
  20. ^ 2017年3月28日のアップデートで追加。
  21. ^ 2016年5月26日のアップデートで追加。


「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ONのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ONのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS