エネルギー政策とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エネルギー政策の意味・解説 

エネルギー政策

読み方:エネルギーせいさく

エネルギーに関する政府、または、政党基本的政治方針のこと。

日本におけるエネルギー政策は、「エネルギー政策基本法」により規定されている。エネルギー政策基本法では、『エネルギー需給に関する施策長期的総合的かつ計画的推進し、もって地域及び地球環境保全寄与するとともに我が国及び世界経済社会持続的発展貢献することを目的とする。』としている。

日本のエネルギー政策には、太陽エネルギーバイオ燃料といった再生可能エネルギー研究省エネルギー、および、節電推進活動石油はじめとする輸入エネルギー管理などが挙げられる。これらは資源エネルギー庁中心に執り行われている。

なお、エネルギー政策の1つである原子力政策は、2011年3月発生した東京電力福島第一原子力発電所での放射能漏れ事故を受けて、政財界一部から見直し唱える声が上がっている。

関連サイト
エネルギー政策基本法
資源エネルギー庁

エネルギー資源

(エネルギー政策 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/18 00:43 UTC 版)

エネルギー資源(エネルギーしげん、英語: Energy resource)とは、産業運輸消費生活などに必要な動力の源[1]。エネルギーの資源。例えば、石炭石油天然ガス水力原子力太陽熱等々のこと[1]




  1. ^ a b 『デジタル大辞泉』
  2. ^ 『世界大百科事典』3巻616頁、エネルギー資源。
  3. ^ a b 『世界大百科事典』3巻615頁、エネルギー革命。


「エネルギー資源」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エネルギー政策」の関連用語

エネルギー政策のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

厄除け

明石顕

コトゥン石

マルキ

ラズール ミルク

600形

カラビナ

ワインの瓶型





エネルギー政策のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエネルギー資源 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS