stackとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > stackの意味・解説 

スタック

【英】stack

スタックとは、データ構造一つであるリストの中で、特に挿入削除リスト先頭からしかできないのであるこのような構造は、LIFO後入れ先出し)と呼ばれる

スタックは、例で言えば机上積み上げられた本のような構造をしている。本は上に積み上げられていき、読みたい本は上から順に取っていかなければ取れないという点が、スタックと似ている

スタックは、情報処理さまざまな場面欠かせないデータ構造であるといえるプログラムサブルーチン実行後に呼び出し元に戻る仕組みには、スタックが使われる。サブルーチン実行する前に、スタックに戻り先を積み上げPUSH)、サブルーチンが処理を終わると、戻り先、つまり次にプログラム実行する番地取り出すPOP)。文書編集操作の「やり直し」や「元にもどす」などもスタックを利用して実現されているのが一般的である。

情報処理のほかの用語一覧
アルゴリズム:  シーケンシャルサーチ  挿入ソート  ソート  スタック  2分木  2分探索木  2分探索法

Stack クラス

オブジェクトの単純な後入れ先出し (LIFO) 非ジェネリック コレクションを表します。

名前空間: System.Collections
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)
構文構文

解説解説

このコレクションジェネリック バージョンについては、「System.Collections.Generic.Stack」を参照してください

Stack は、循環バッファとして実装されます。

Stack容量は、Stack保持できる要素になりますStack既定初期量は 10 です。Stack要素追加すると、必要に応じて、再割り当てによって容量自動的増加します。

Countスタック容量よりも小さ場合Push は O(1) 操作になります新し要素格納するために容量増やす必要がある場合Push は O(n) 操作になります。ここで、nCount です。Pop は O(1) 操作です。

Stack は、null 参照 (Visual Basic では Nothing) を有効な値として受け取り要素重複許可します。

使用例使用

Stack作成して値を追加する方法と、その値を出力する方法の例を次に示します。

Imports System
Imports System.Collections
Imports Microsoft.VisualBasic

Public Class SamplesStack    
    
    Public Shared Sub Main()
    
        ' Creates and initializes a new Stack.
        Dim myStack As New
 Stack()
        myStack.Push("Hello")
        myStack.Push("World")
        myStack.Push("!")
        
        ' Displays the properties and values of the Stack.
        Console.WriteLine("myStack")
        Console.WriteLine(ControlChars.Tab & "Count:    {0}",
 myStack.Count)
        Console.Write(ControlChars.Tab & "Values:")
        PrintValues(myStack)
    End Sub
    
    Public Shared Sub PrintValues(myCollection
 As IEnumerable)
        Dim obj As [Object]
        For Each obj In
  myCollection
            Console.Write("    {0}", obj)
        Next obj
        Console.WriteLine()
    End Sub 'PrintValues

End Class

' This code produces the following output.
'
' myStack
'     Count:     3
'     Values:    !    World    Hello
using System;
using System.Collections;
public class SamplesStack  {

   public static void Main()
  {

      // Creates and initializes a new Stack.
      Stack myStack = new Stack();
      myStack.Push("Hello");
      myStack.Push("World");
      myStack.Push("!");

      // Displays the properties and values of the Stack.
      Console.WriteLine( "myStack" );
      Console.WriteLine( "\tCount:    {0}", myStack.Count );
      Console.Write( "\tValues:" );
      PrintValues( myStack );
   }

   public static void PrintValues(
 IEnumerable myCollection )  {
      foreach ( Object obj in myCollection
 )
         Console.Write( "    {0}", obj );
      Console.WriteLine();
   }

}


/* 
This code produces the following output.

myStack
    Count:    3
    Values:    !    World    Hello
*/ 

using namespace System;
using namespace System::Collections;
void PrintValues( IEnumerable^ myCollection );
int main()
{
   
   // Creates and initializes a new Stack.
   Stack^ myStack = gcnew Stack;
   myStack->Push( "Hello" );
   myStack->Push( "World" );
   myStack->Push( "!" );
   
   // Displays the properties and values of the Stack.
   Console::WriteLine( "myStack" );
   Console::WriteLine( "\tCount:    {0}", myStack->Count );
   Console::Write( "\tValues:" );
   PrintValues( myStack );
}

void PrintValues( IEnumerable^ myCollection )
{
   IEnumerator^ myEnum = myCollection->GetEnumerator();
   while ( myEnum->MoveNext() )
   {
      Object^ obj = safe_cast<Object^>(myEnum->Current);
      Console::Write( "    {0}", obj );
   }

   Console::WriteLine();
}

/* 
 This code produces the following output.
 
 myStack
     Count:    3
     Values:    !    World    Hello
 */
import System.*;
import System.Collections.*;

public class SamplesStack
{
    public static void main(String[]
 args)
    {
        // Creates and initializes a new Stack.
        Stack myStack = new Stack();

        myStack.Push("Hello");
        myStack.Push("World");
        myStack.Push("!");

        // Displays the properties and values of the Stack.
        Console.WriteLine("myStack");
        Console.WriteLine("\tCount:    {0}", 
            System.Convert.ToString(myStack.get_Count()));
        Console.Write("\tValues:");
        PrintValues(myStack);
    } //main

    public static void PrintValues(IEnumerable
 myCollection)
    {
        IEnumerator objEnum = myCollection.GetEnumerator();

        while (objEnum.MoveNext()) {
            Console.Write("    {0}", objEnum.get_Current());
        }
        Console.WriteLine();
    } //PrintValues

} //SamplesStack

/* 
 This code produces the following output.
 
 myStack
     Count:    3
     Values:    !    World    Hello
 */
継承階層継承階層
System.Object
  System.Collections.Stack
     Microsoft.VisualC.SymbolTableStack
スレッド セーフスレッド セーフ

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバは、スレッド セーフです。すべてのインスタンス メンバスレッド セーフになるかどうか保証されていません。

Stack確実にスレッド セーフにするためには、すべての操作を Synchronized メソッドから返されるラッパー経由実行する必要があります

コレクション列挙処理は、本質的にはスレッド セーフな処理ではありません。コレクション同期されている場合でも、他のスレッドがそのコレクション変更する可能性はあり、そのような状況発生すると列挙子は例外スローします。列挙処理を確実にスレッド セーフに行うには、列挙中にコレクションロックするか、他のスレッドによって行われ変更によってスローされる例外キャッチします。

プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照
関連項目
Stack メンバ
System.Collections 名前空間
System.Collections.Generic.Stack

Stack コンストラクタ ()

空で、既定初期量を備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

名前空間: System.Collections
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)
構文構文

解説解説

Stack容量は、Stack保持できる要素になりますStack要素追加すると、必要に応じて内部配列の再割り当てによって容量自動的増加します。

コレクションサイズ推定できる場合は、初期量を指定すると、Stack要素追加するときに、サイズ変更操作何度も実行する必要がなくなります。

このコンストラクタは O(1) 操作です。

プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Stack コンストラクタ ()

メモ : このコンストラクタは、.NET Framework version 2.0 で新しく追加されたものです。

空で、既定初期量を備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

名前空間: System.Collections.Generic
アセンブリ: System (system.dll 内)
構文構文

解説解説

Stack容量は、Stack保持できる要素になりますStack要素追加すると、必要に応じて内部配列の再割り当てによって容量自動的増加します。

コレクションサイズ推定できる場合は、初期量を指定すると、Stack要素追加するときに、サイズ変更操作何度も実行する必要がなくなります。

容量を減らすには、TrimExcess を呼び出します。

このコンストラクタは O(1) 操作です。

使用例使用

このコンストラクタおよび Stack ジェネリック クラスいくつかのメソッド使用したコード例を次に示します。

このコード例では、既定容量文字列スタック作成し、Push メソッド使用して 5 つの文字列をスタックプッシュします。スタック要素列挙されますが、スタックの状態は変化しません。Pop メソッド使用して、最初の文字列をスタックからポップします。Peek メソッド使用してスタック内の次の項目を調べてから、Pop メソッド使用してその項目をスタックからポップします。

ToArray メソッド使用して配列作成し、その配列スタック要素コピーしてから、IEnumerable を受け取る Stack コンストラクタに配列渡して、要素順序反転したスタックコピー作成します。コピー要素表示されます。

スタックの 2 倍のサイズ配列作成され、CopyTo メソッド使用して配列中央部で始まる配列要素コピーします。Stack コンストラクタ再度使用して、要素順序反転したスタックコピー作成します。その結果3 つの null 要素末尾配置されます。

Contains メソッド使用して、文字列 "four" がスタック最初コピーにあることを示します。その後で、Clear メソッドコピークリアすると、Count プロパティによってスタックが空であることが示されます。

Imports System
Imports System.Collections.Generic

Module Example

    Sub Main

        Dim numbers As New
 Stack(Of String)
        numbers.Push("one")
        numbers.Push("two")
        numbers.Push("three")
        numbers.Push("four")
        numbers.Push("five")

        ' A stack can be enumerated without disturbing its contents.
        For Each number As
 String In numbers
            Console.WriteLine(number)
        Next

        Console.WriteLine(vbLf & "Popping '{0}'", numbers.Pop())
        Console.WriteLine("Peek at next item to pop: {0}",
 _
            numbers.Peek())    
        Console.WriteLine("Popping '{0}'", numbers.Pop())

        ' Create another stack, using the ToArray method and the
        ' constructor that accepts an IEnumerable(Of T). Note that
        ' the order of items on the new stack is reversed.
        Dim stack2 As New
 Stack(Of String)(numbers.ToArray())

        Console.WriteLine(vbLf & "Contents of the first copy:")
        For Each number As
 String In stack2
            Console.WriteLine(number)
        Next
        
        ' Create an array twice the size of the stack, compensating
        ' for the fact that Visual Basic allocates an extra array 
        ' element. Copy the elements of the stack, starting at the
        ' middle of the array. 
        Dim array2((numbers.Count * 2) - 1) As
 String
        numbers.CopyTo(array2, numbers.Count)
        
        ' Create a second stack, using the constructor that accepts
 an
        ' IEnumerable(Of T). The elements are reversed, with the null
        ' elements appearing at the end of the stack when enumerated.
        Dim stack3 As New
 Stack(Of String)(array2)

        Console.WriteLine(vbLf & _
            "Contents of the second copy, with duplicates and
 nulls:")
        For Each number As
 String In stack3
            Console.WriteLine(number)
        Next

        Console.WriteLine(vbLf & "stack2.Contains(""four"")
 = {0}", _
            stack2.Contains("four"))

        Console.WriteLine(vbLf & "stack2.Clear()")
        stack2.Clear()
        Console.WriteLine(vbLf & "stack2.Count = {0}",
 _
            stack2.Count)
    End Sub
End Module

' This code example produces the following output:
'
'five
'four
'three
'two
'one
'
'Popping 'five'
'Peek at next item to pop: four
'Popping 'four'
'
'Contents of the first copy:
'one
'two
'three
'
'Contents of the second copy, with duplicates and nulls:
'one
'two
'three
'
'
'
'
'stack2.Contains("four") = False
'
'stack2.Clear()
'
'stack2.Count = 0
using System;
using System.Collections.Generic;

class Example
{
    public static void Main()
    {
        Stack<string> numbers = new Stack<string>();
        numbers.Push("one");
        numbers.Push("two");
        numbers.Push("three");
        numbers.Push("four");
        numbers.Push("five");

        // A stack can be enumerated without disturbing its contents.
        foreach( string number in
 numbers )
        {
            Console.WriteLine(number);
        }

        Console.WriteLine("\nPopping '{0}'", numbers.Pop());
        Console.WriteLine("Peek at next item to destack: {0}", 
            numbers.Peek());
        Console.WriteLine("Popping '{0}'", numbers.Pop());

        // Create a copy of the stack, using the ToArray method and
 the
        // constructor that accepts an IEnumerable<T>.
        Stack<string> stack2 = new Stack<string>(numbers.ToArray());

        Console.WriteLine("\nContents of the first copy:");
        foreach( string number in
 stack2 )
        {
            Console.WriteLine(number);
        }
        
        // Create an array twice the size of the stack and copy the
        // elements of the stack, starting at the middle of the 
        // array. 
        string[] array2 = new string[numbers.Count
 * 2];
        numbers.CopyTo(array2, numbers.Count);
        
        // Create a second stack, using the constructor that accepts
 an
        // IEnumerable(Of T).
        Stack<string> stack3 = new Stack<string>(array2);

        Console.WriteLine("\nContents of the second copy, with duplicates and
 nulls:");
        foreach( string number in
 stack3 )
        {
            Console.WriteLine(number);
        }

        Console.WriteLine("\nstack2.Contains(\"four\") = {0}",
 
            stack2.Contains("four"));

        Console.WriteLine("\nstack2.Clear()");
        stack2.Clear();
        Console.WriteLine("\nstack2.Count = {0}", stack2.Count);
    }
}

/* This code example produces the following output:

five
four
three
two
one

Popping 'five'
Peek at next item to destack: four
Popping 'four'

Contents of the first copy:
one
two
three

Contents of the second copy, with duplicates and nulls:
one
two
three




stack2.Contains("four") = False

stack2.Clear()

stack2.Count = 0
 */
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Stack コンストラクタ (Int32)

空で、指定した初期量または既定初期量のうち大きい方の初期量を備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

名前空間: System.Collections
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)
構文構文

Public Sub New ( _
    initialCapacity As Integer _
)
Dim initialCapacity As Integer

Dim instance As New Stack(initialCapacity)
public Stack (
    int initialCapacity
)
public:
Stack (
    int initialCapacity
)
public Stack (
    int initialCapacity
)
public function Stack (
    initialCapacity : int
)

パラメータ

initialCapacity

Stack が格納できる要素数の初期値

例外例外
例外種類条件

ArgumentOutOfRangeException

initialCapacity が 0 未満です。

解説解説

Stack容量は、Stack保持できる要素になりますStack要素追加すると、必要に応じて内部配列の再割り当てによって容量自動的増加します。

コレクションサイズ推定できる場合は、初期量を指定すると、Stack要素追加するときに、サイズ変更操作何度も実行する必要がなくなります。

このコンストラクタは O(n) 操作です (ninitialCapacity)。

プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Stack コンストラクタ (ICollection)

指定したコレクションからコピーした要素格納し、コピーされる要素の数と同じ初期量を備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

名前空間: System.Collections
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)
構文構文

例外例外
解説解説

Stack容量は、Stack保持できる要素になりますStack要素追加すると、必要に応じて内部配列の再割り当てによって容量自動的増加します。

コレクションサイズ推定できる場合は、初期量を指定すると、Stack要素追加するときに、サイズ変更操作何度も実行する必要がなくなります。

要素は、ICollectionIEnumerator によって読み取られる順序と同じ順序で、Stackコピーされます。

このコンストラクタは O(n) 操作です (ncol 内の要素数)。

プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Stack コンストラクタ (ジェネリック IEnumerable)

メモ : このコンストラクタは、.NET Framework version 2.0 で新しく追加されたものです。

指定したコレクションからコピーした要素格納し、コピーされる要素の数を格納できるだけ容量備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

名前空間: System.Collections.Generic
アセンブリ: System (system.dll 内)
構文構文

例外例外
解説解説

Stack容量は、Stack保持できる要素になりますStack要素追加すると、必要に応じて内部配列の再割り当てによって容量自動的増加します。

コレクションサイズ推定できる場合は、初期量を指定すると、Stack要素追加するときに、サイズ変更操作何度も実行する必要がなくなります。

容量を減らすには、TrimExcess を呼び出します。

要素は、コレクションIEnumerator によって読み取られる順序と同じ順序で、Stackコピーされます。

このコンストラクタは O(n) 操作です。ここで、ncollection 内の要素数です。

使用例使用

このコンストラクタおよび Stack ジェネリック クラスいくつかのメソッド使用したコード例を次に示します。

このコード例では、既定容量文字列スタック作成し、Push メソッド使用して 5 つの文字列をスタックプッシュします。スタック要素列挙されますが、スタックの状態は変化しません。Pop メソッド使用して、最初の文字列をスタックからポップします。Peek メソッド使用してスタック内の次の項目を調べてから、Pop メソッド使用してその項目をスタックからポップします。

ToArray メソッド使用して配列作成し、その配列スタック要素コピーしてから、IEnumerable を受け取る Stack コンストラクタ配列渡して、要素順序反転したスタックコピー作成します。コピー要素表示されます。

スタックの 2 倍のサイズ配列作成され、CopyTo メソッド使用して配列中央部で始まる配列要素コピーします。Stack コンストラクタ再度使用して、要素順序反転したスタックコピー作成します。その結果3 つの null 要素末尾配置されます。

Contains メソッド使用して、文字列 "four" がスタック最初コピーにあることを示します。その後で、Clear メソッドコピークリアすると、Count プロパティによってスタックが空であることが示されます。

Imports System
Imports System.Collections.Generic

Module Example

    Sub Main

        Dim numbers As New
 Stack(Of String)
        numbers.Push("one")
        numbers.Push("two")
        numbers.Push("three")
        numbers.Push("four")
        numbers.Push("five")

        ' A stack can be enumerated without disturbing its contents.
        For Each number As
 String In numbers
            Console.WriteLine(number)
        Next

        Console.WriteLine(vbLf & "Popping '{0}'", numbers.Pop())
        Console.WriteLine("Peek at next item to pop: {0}",
 _
            numbers.Peek())    
        Console.WriteLine("Popping '{0}'", numbers.Pop())

        ' Create another stack, using the ToArray method and the
        ' constructor that accepts an IEnumerable(Of T). Note that
        ' the order of items on the new stack is reversed.
        Dim stack2 As New
 Stack(Of String)(numbers.ToArray())

        Console.WriteLine(vbLf & "Contents of the first copy:")
        For Each number As
 String In stack2
            Console.WriteLine(number)
        Next
        
        ' Create an array twice the size of the stack, compensating
        ' for the fact that Visual Basic allocates an extra array 
        ' element. Copy the elements of the stack, starting at the
        ' middle of the array. 
        Dim array2((numbers.Count * 2) - 1) As
 String
        numbers.CopyTo(array2, numbers.Count)
        
        ' Create a second stack, using the constructor that accepts
 an
        ' IEnumerable(Of T). The elements are reversed, with the null
        ' elements appearing at the end of the stack when enumerated.
        Dim stack3 As New
 Stack(Of String)(array2)

        Console.WriteLine(vbLf & _
            "Contents of the second copy, with duplicates and
 nulls:")
        For Each number As
 String In stack3
            Console.WriteLine(number)
        Next

        Console.WriteLine(vbLf & "stack2.Contains(""four"")
 = {0}", _
            stack2.Contains("four"))

        Console.WriteLine(vbLf & "stack2.Clear()")
        stack2.Clear()
        Console.WriteLine(vbLf & "stack2.Count = {0}",
 _
            stack2.Count)
    End Sub
End Module

' This code example produces the following output:
'
'five
'four
'three
'two
'one
'
'Popping 'five'
'Peek at next item to pop: four
'Popping 'four'
'
'Contents of the first copy:
'one
'two
'three
'
'Contents of the second copy, with duplicates and nulls:
'one
'two
'three
'
'
'
'
'stack2.Contains("four") = False
'
'stack2.Clear()
'
'stack2.Count = 0
using System;
using System.Collections.Generic;

class Example
{
    public static void Main()
    {
        Stack<string> numbers = new Stack<string>();
        numbers.Push("one");
        numbers.Push("two");
        numbers.Push("three");
        numbers.Push("four");
        numbers.Push("five");

        // A stack can be enumerated without disturbing its contents.
        foreach( string number in
 numbers )
        {
            Console.WriteLine(number);
        }

        Console.WriteLine("\nPopping '{0}'", numbers.Pop());
        Console.WriteLine("Peek at next item to destack: {0}", 
            numbers.Peek());
        Console.WriteLine("Popping '{0}'", numbers.Pop());

        // Create a copy of the stack, using the ToArray method and
 the
        // constructor that accepts an IEnumerable<T>.
        Stack<string> stack2 = new Stack<string>(numbers.ToArray());

        Console.WriteLine("\nContents of the first copy:");
        foreach( string number in
 stack2 )
        {
            Console.WriteLine(number);
        }
        
        // Create an array twice the size of the stack and copy the
        // elements of the stack, starting at the middle of the 
        // array. 
        string[] array2 = new string[numbers.Count
 * 2];
        numbers.CopyTo(array2, numbers.Count);
        
        // Create a second stack, using the constructor that accepts
 an
        // IEnumerable(Of T).
        Stack<string> stack3 = new Stack<string>(array2);

        Console.WriteLine("\nContents of the second copy, with duplicates and
 nulls:");
        foreach( string number in
 stack3 )
        {
            Console.WriteLine(number);
        }

        Console.WriteLine("\nstack2.Contains(\"four\") = {0}",
 
            stack2.Contains("four"));

        Console.WriteLine("\nstack2.Clear()");
        stack2.Clear();
        Console.WriteLine("\nstack2.Count = {0}", stack2.Count);
    }
}

/* This code example produces the following output:

five
four
three
two
one

Popping 'five'
Peek at next item to destack: four
Popping 'four'

Contents of the first copy:
one
two
three

Contents of the second copy, with duplicates and nulls:
one
two
three




stack2.Contains("four") = False

stack2.Clear()

stack2.Count = 0
 */
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Stack コンストラクタ (Int32)

メモ : このコンストラクタは、.NET Framework version 2.0 で新しく追加されたものです。

空で、指定した初期量または既定初期量のうち大きい方の初期量を備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

名前空間: System.Collections.Generic
アセンブリ: System (system.dll 内)
構文構文

例外例外
解説解説

Stack容量は、Stack保持できる要素になりますStack要素追加すると、必要に応じて内部配列の再割り当てによって容量自動的増加します。

コレクションサイズ推定できる場合は、初期量を指定すると、Stack要素追加するときに、サイズ変更操作何度も実行する必要がなくなります。

容量を減らすには、TrimExcess を呼び出します。

このコンストラクタは O(n) 操作です。ここで、ncapacity です。

プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Stack コンストラクタ

Stack クラス新しインスタンス初期化します。
オーバーロードの一覧オーバーロードの一覧

名前 説明
Stack () 空で、既定初期量を備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

.NET Compact Framework によってサポートされています。

Stack (ICollection) 指定したコレクションからコピーした要素格納し、コピーされる要素の数と同じ初期量を備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

.NET Compact Framework によってサポートされています。

Stack (Int32) 空で、指定した初期量または既定初期量のうち大きい方の初期量を備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

.NET Compact Framework によってサポートされています。

参照参照

Stack コンストラクタ

Stack クラス新しインスタンス初期化します。
オーバーロードの一覧オーバーロードの一覧

名前 説明
Stack () 空で、既定初期量を備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

.NET Compact Framework によってサポートされています。

Stack (ジェネリック IEnumerable) 指定したコレクションからコピーした要素格納し、コピーされる要素の数を格納できるだけ容量備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

.NET Compact Framework によってサポートされています。

Stack (Int32) 空で、指定した初期量または既定初期量のうち大きい方の初期量を備えた、Stack クラス新しインスタンス初期化します。

.NET Compact Framework によってサポートされています。

参照参照

Stack ジェネリック クラス

メモ : このクラスは、.NET Framework version 2.0 で新しく追加されたものです。

任意の同じ型のインスタンスの、可変サイズ後入れ先出し (LIFO) コレクションを表します。

名前空間: System.Collections.Generic
アセンブリ: System (system.dll 内)
構文構文

解説解説

Stack は、配列として実装されます。

Stack容量は、Stack保持できる要素になります。この実装では、Stack既定初期量は 10 ですが、この既定値将来.NET Framework SDKバージョン変更される可能性ありますStack要素追加すると、必要に応じて内部配列の再割り当てによって容量自動的増加します。容量を減らすには、TrimExcess を呼び出します。

Countスタック容量よりも小さ場合Push は O(1) 操作になります新し要素格納するために容量増やす必要がある場合Push は O(n) 操作になります。ここで、nCount です。Pop は O(1) 操作です。

Stack は、null 参照 (Visual Basic では Nothing) を参照型に対して有効な値として受け取り要素重複許可します。

使用例使用

Stack ジェネリック クラスいくつかのメソッド使用したコード例を次に示します。このコード例では、既定容量文字列スタック作成し、Push メソッド使用して 5 つの文字列をスタックプッシュします。スタック要素列挙されますが、スタックの状態は変化しません。Pop メソッド使用して、最初の文字列をスタックからポップします。Peek メソッド使用してスタック内の次の項目を調べてから、Pop メソッド使用してその項目をスタックからポップします。

ToArray メソッド使用して配列作成し、その配列スタック要素コピーしてから、IEnumerable を受け取る Stack コンストラクタ配列渡して、要素順序反転したスタックコピー作成します。コピー要素表示されます。

スタックの 2 倍のサイズ配列作成され、CopyTo メソッド使用して配列中央部で始まる配列要素コピーします。Stack コンストラクタ再度使用して、要素順序反転したスタックコピー作成します。その結果3 つの null 要素末尾配置されます。

Contains メソッド使用して、文字列 "four" がスタック最初コピーにあることを示します。その後で、Clear メソッドコピークリアすると、Count プロパティによってスタックが空であることが示されます。

Imports System
Imports System.Collections.Generic

Module Example

    Sub Main

        Dim numbers As New
 Stack(Of String)
        numbers.Push("one")
        numbers.Push("two")
        numbers.Push("three")
        numbers.Push("four")
        numbers.Push("five")

        ' A stack can be enumerated without disturbing its contents.
        For Each number As
 String In numbers
            Console.WriteLine(number)
        Next

        Console.WriteLine(vbLf & "Popping '{0}'", numbers.Pop())
        Console.WriteLine("Peek at next item to pop: {0}",
 _
            numbers.Peek())    
        Console.WriteLine("Popping '{0}'", numbers.Pop())

        ' Create another stack, using the ToArray method and the
        ' constructor that accepts an IEnumerable(Of T). Note that
        ' the order of items on the new stack is reversed.
        Dim stack2 As New
 Stack(Of String)(numbers.ToArray())

        Console.WriteLine(vbLf & "Contents of the first copy:")
        For Each number As
 String In stack2
            Console.WriteLine(number)
        Next
        
        ' Create an array twice the size of the stack, compensating
        ' for the fact that Visual Basic allocates an extra array 
        ' element. Copy the elements of the stack, starting at the
        ' middle of the array. 
        Dim array2((numbers.Count * 2) - 1) As
 String
        numbers.CopyTo(array2, numbers.Count)
        
        ' Create a second stack, using the constructor that accepts
 an
        ' IEnumerable(Of T). The elements are reversed, with the null
        ' elements appearing at the end of the stack when enumerated.
        Dim stack3 As New
 Stack(Of String)(array2)

        Console.WriteLine(vbLf & _
            "Contents of the second copy, with duplicates and
 nulls:")
        For Each number As
 String In stack3
            Console.WriteLine(number)
        Next

        Console.WriteLine(vbLf & "stack2.Contains(""four"")
 = {0}", _
            stack2.Contains("four"))

        Console.WriteLine(vbLf & "stack2.Clear()")
        stack2.Clear()
        Console.WriteLine(vbLf & "stack2.Count = {0}",
 _
            stack2.Count)
    End Sub
End Module

' This code example produces the following output:
'
'five
'four
'three
'two
'one
'
'Popping 'five'
'Peek at next item to pop: four
'Popping 'four'
'
'Contents of the first copy:
'one
'two
'three
'
'Contents of the second copy, with duplicates and nulls:
'one
'two
'three
'
'
'
'
'stack2.Contains("four") = False
'
'stack2.Clear()
'
'stack2.Count = 0
using System;
using System.Collections.Generic;

class Example
{
    public static void Main()
    {
        Stack<string> numbers = new Stack<string>();
        numbers.Push("one");
        numbers.Push("two");
        numbers.Push("three");
        numbers.Push("four");
        numbers.Push("five");

        // A stack can be enumerated without disturbing its contents.
        foreach( string number in
 numbers )
        {
            Console.WriteLine(number);
        }

        Console.WriteLine("\nPopping '{0}'", numbers.Pop());
        Console.WriteLine("Peek at next item to destack: {0}", 
            numbers.Peek());
        Console.WriteLine("Popping '{0}'", numbers.Pop());

        // Create a copy of the stack, using the ToArray method and
 the
        // constructor that accepts an IEnumerable<T>.
        Stack<string> stack2 = new Stack<string>(numbers.ToArray());

        Console.WriteLine("\nContents of the first copy:");
        foreach( string number in
 stack2 )
        {
            Console.WriteLine(number);
        }
        
        // Create an array twice the size of the stack and copy the
        // elements of the stack, starting at the middle of the 
        // array. 
        string[] array2 = new string[numbers.Count
 * 2];
        numbers.CopyTo(array2, numbers.Count);
        
        // Create a second stack, using the constructor that accepts
 an
        // IEnumerable(Of T).
        Stack<string> stack3 = new Stack<string>(array2);

        Console.WriteLine("\nContents of the second copy, with duplicates and
 nulls:");
        foreach( string number in
 stack3 )
        {
            Console.WriteLine(number);
        }

        Console.WriteLine("\nstack2.Contains(\"four\") = {0}",
 
            stack2.Contains("four"));

        Console.WriteLine("\nstack2.Clear()");
        stack2.Clear();
        Console.WriteLine("\nstack2.Count = {0}", stack2.Count);
    }
}

/* This code example produces the following output:

five
four
three
two
one

Popping 'five'
Peek at next item to destack: four
Popping 'four'

Contents of the first copy:
one
two
three

Contents of the second copy, with duplicates and nulls:
one
two
three




stack2.Contains("four") = False

stack2.Clear()

stack2.Count = 0
 */
継承階層継承階層
System.Object
  System.Collections.Generic.Stack
スレッド セーフスレッド セーフ

この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバは、スレッド セーフです。すべてのインスタンス メンバスレッド セーフになるかどうか保証されていません。

コレクション変更されない限りStack では、複数読み込み操作同時に発生しても問題ありません。ただし、コレクション列挙処理は、本質的にはスレッド セーフな処理ではありません。すべての列挙処理が終わるまでコレクションロックすることにより、列挙処理でのスレッド セーフ確保できますコレクションに対し複数スレッドアクセスして読み取り書き込みを行うことができるようにするには、独自に同期化を実装する必要があります

プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

Stack プロパティ


パブリック プロパティパブリック プロパティ

  名前 説明
パブリック プロパティ SyncRoot Stack へのアクセス同期するために使用できるオブジェクト取得します。
参照参照

関連項目

Stack クラス
System.Collections 名前空間
System.Collections.Generic.Stack

Stack プロパティ


パブリック プロパティパブリック プロパティ

  名前 説明
パブリック プロパティ Count Stack に格納されている要素の数を取得します。
明示的インターフェイスの実装明示インターフェイス実装
  名前 説明
インターフェイスの明示的な実装 System.Collections.ICollection.SyncRoot ICollection へのアクセス同期するために使用できるオブジェクト取得します。
参照参照

Stack メソッド


パブリック メソッドパブリック メソッド

( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Clear Stack からすべてのオブジェクト削除します。
パブリック メソッド Contains ある要素Stack 内に存在するかどうか判断します。
パブリック メソッド CopyTo 既存1 次元ArrayStackコピーします。コピー操作は、配列指定したインデックスから始まります。
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetEnumerator Stack列挙子を返します。
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド Peek Stack先頭にあるオブジェクト削除せずに返します。
パブリック メソッド Pop Stack先頭にあるオブジェクト削除し、返します。
パブリック メソッド Push Stack先頭オブジェクト挿入します。
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToArray Stack新し配列コピーします。
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド TrimExcess Stack 内にある実際要素数が現在の容量90% 未満場合は、容量をその数に設定します。
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 ( Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 ( Object から継承されます。)
明示的インターフェイスの実装明示インターフェイス実装
  名前 説明
インターフェイスの明示的な実装 System.Collections.Generic.IEnumerable<T>.GetEnumerator コレクション反復理す列挙子を返します。
インターフェイスの明示的な実装 System.Collections.ICollection.CopyTo ICollection要素Arrayコピーします。Array特定のインデックスからコピー開始されます。
インターフェイスの明示的な実装 System.Collections.IEnumerable.GetEnumerator コレクション反復理す列挙子を返します。
参照参照

Stack メソッド


パブリック メソッドパブリック メソッド

( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Clear Stack からすべてのオブジェクト削除します。
パブリック メソッド Clone Stack簡易コピー作成します。
パブリック メソッド Contains ある要素Stack 内に存在するかどうか判断します。
パブリック メソッド CopyTo 既存1 次元ArrayStackコピーします。コピー操作は、配列指定したインデックスから始まります。
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetEnumerator StackIEnumerator返します。
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド Peek Stack先頭にあるオブジェクト削除せずに返します。
パブリック メソッド Pop Stack先頭にあるオブジェクト削除し、返します。
パブリック メソッド Push Stack先頭オブジェクト挿入します。
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド Synchronized Stack 用の同期された (スレッド セーフな) ラッパー返します。
パブリック メソッド ToArray Stack新し配列コピーします。
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 ( Object から継承されます。)
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 ( Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 ( Object から継承されます。)
参照参照

関連項目

Stack クラス
System.Collections 名前空間
System.Collections.Generic.Stack

Stack メンバ

任意の同じ型のインスタンスの、可変サイズ後入れ先出し (LIFO) コレクションを表します。

Stack ジェネリック型公開されるメンバを以下の表に示します。


パブリック コンストラクタパブリック コンストラクタ
  名前 説明
パブリック メソッド Stack オーバーロードされます。 Stack クラス新しインスタンス初期化します。
パブリック プロパティパブリック プロパティ
  名前 説明
パブリック プロパティ Count Stack格納されている要素の数を取得します。
パブリック メソッドパブリック メソッド
( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Clear Stack からすべてのオブジェクト削除します。
パブリック メソッド Contains ある要素Stack 内に存在するかどうか判断します。
パブリック メソッド CopyTo 既存1 次元ArrayStackコピーします。コピー操作は、配列指定したインデックスから始まります。
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetEnumerator Stack列挙子を返します。
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Peek Stack先頭にあるオブジェクト削除せずに返します。
パブリック メソッド Pop Stack先頭にあるオブジェクト削除し、返します。
パブリック メソッド Push Stack先頭オブジェクト挿入します。
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド ToArray Stack新し配列コピーします。
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド TrimExcess Stack 内にある実際要素数が現在の容量90% 未満場合は、容量をその数に設定します。
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 (Object から継承されます。)
明示的インターフェイスの実装明示インターフェイス実装
  名前 説明
インターフェイスの明示的な実装 System.Collections.Generic.IEnumerable<T>.GetEnumerator コレクション反復理す列挙子を返します。
インターフェイスの明示的な実装 System.Collections.ICollection.CopyTo ICollection要素Arrayコピーします。Array特定のインデックスからコピー開始されます。
インターフェイスの明示的な実装 System.Collections.IEnumerable.GetEnumerator コレクション反復理す列挙子を返します。
インターフェイスの明示的な実装 System.Collections.ICollection.SyncRoot ICollection へのアクセス同期するために使用できるオブジェクト取得します。
参照参照

Stack メンバ

オブジェクトの単純な後入れ先出し (LIFO) 非ジェネリック コレクションを表します。

Stack データ型公開されるメンバを以下の表に示します。


パブリック コンストラクタパブリック コンストラクタ
  名前 説明
パブリック メソッド Stack オーバーロードされます。 Stack クラス新しインスタンス初期化します。
パブリック プロパティパブリック プロパティ
  名前 説明
パブリック プロパティ SyncRoot Stack へのアクセス同期するために使用できるオブジェクト取得します。
パブリック メソッドパブリック メソッド
( プロテクト メソッド参照)
  名前 説明
パブリック メソッド Clear Stack からすべてのオブジェクト削除します。
パブリック メソッド Clone Stack簡易コピー作成します。
パブリック メソッド Contains ある要素Stack 内に存在するかどうか判断します。
パブリック メソッド CopyTo 既存1 次元ArrayStackコピーします。コピー操作は、配列指定したインデックスから始まります。
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetEnumerator StackIEnumerator返します。
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Peek Stack先頭にあるオブジェクト削除せずに返します。
パブリック メソッド Pop Stack先頭にあるオブジェクト削除し、返します。
パブリック メソッド Push Stack先頭オブジェクト挿入します。
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Synchronized Stack 用の同期された (スレッド セーフな) ラッパー返します。
パブリック メソッド ToArray Stack新し配列コピーします。
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドプロテクト メソッド
  名前 説明
プロテクト メソッド Finalize  Objectガベージ コレクションにより収集される前に、その Objectリソース解放し、その他のクリーンアップ操作実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッド MemberwiseClone  現在の Object簡易コピー作成します。 (Object から継承されます。)
参照参照

関連項目

Stack クラス
System.Collections 名前空間
System.Collections.Generic.Stack

Stack

ポーカーテーブルにおいて、自分もっている金額 (即ち自分前にあるstack of chipsチップの山))時に複数形で使われる。short stack(ショートスタック)も参考のこと。
stack(スタック)は、特定の数のチップを指すこともある。ほとんどのchip racks(チップラック)は、20を1スタックの形で収容するタイプのものであるプレーヤー中には自分チップ好み大きさスタックにして並べている人も多い。私(Dan)は、10チップスタックが好きであるが、20とか30チップスタックにしている人が多いようである。

I was doing well earlier, but my stacks have been dwindling.
最初好調だったんだけど、チップの量はほとんど変化せずそのままだねえ)。

Stack

名前 スタック

スタック (曖昧さ回避)

(stack から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/14 14:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

スタックスタッキング

stack

stuck




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「stack」の関連用語

stackのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



stackのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスタックの記事を利用しております。
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2019 Microsoft.All rights reserved.
日本ポーカープレーヤーズ協会日本ポーカープレーヤーズ協会
日本ポーカープレーヤーズ協会 All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスタック (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS