SH-3とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > SH-3の意味・解説 

【SH-3】(えすえいちすりー)

Sikorsky SH-3 Sea king(シーキング)
アメリカシコルスキー社開発した対潜ヘリコプター社内呼称S-61

米海軍HSS-1後継として1957年発注し、1959年HSS-2として完成
1961年には4軍統一の機体命名法によるSH-3Aへ改称されて就役している。
大型機体ではあるが空母戦闘艦などでの艦上運用強く意識され、5ブレードメインローターやテイルブームは自動的折りたたむことができる。
また尾輪式ランディングギア備えるが、胴体船底型の水密胴体で、飛行中は主脚胴体横のフロートスポンソン引き込む

飛行用の装備として自動航法装置安定装置ドップラーレーダー電波高度計などを備え全天候型機体である。
対潜戦装備としてはソナー爆雷魚雷などを搭載する。

多く西側国家採用され、イギリスではウェストランド社によって独自の発展型も開発された。
海上自衛隊では、なぜかHSS-2呼称のままで採用され、長き渡って使用され続けた。
傑作機ではあったが老朽化陳腐化の末、現在では退役進み後継SH-60AW101などに道を譲りつつある。

スペックデータ(SH-3H)

乗員:4名
全長:16.69m
全高:5.13m
ローター直径:18.9m
全長:22.15m(主ローター含む)
空虚重量:6,201kg
全備重量:9,525kg
速度:267km/h(最大)/219km/h(巡航
海面上昇率:616m/min
実用上昇限度:4,480m
ホバリング上昇限度:3,200m
航続距離:970km
発動機GE T58-GE-10ターボシャフトエンジン出力1,400hp)×2基
機内燃料容量:3,180リットル
武装対潜魚雷または爆雷×4発、対艦ミサイル×2発を搭載可能。

SH-3(S-61)のバリエーション

シコルスキー製

対潜型:

輸送型・汎用型:

捜索救難型:

その他:

ウェストランド製

対潜哨戒機型:


SH-3 シーキング

(SH-3 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/18 05:27 UTC 版)

アメリカ海軍のSH-3H シーキング




  1. ^ a b c 青木謙知「HSS-1からSH-60Kへ 対潜ヘリコプターの発達 (特集 海上自衛隊の艦隊航空)」、『世界の艦船』第696号、海人社、2008年10月、 88-91頁、 NAID 40016204590
  2. ^ a b 石川潤一「海上自衛隊艦載航空部隊発達史 (特集 海上自衛隊のDDHとその将来)」、『世界の艦船』第584号、海人社、2001年7月、 96-99頁、 NAID 40002156111


「SH-3 シーキング」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

SH-3に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「SH-3」の関連用語

SH-3のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

MiG-17

スタビレーター

ファストロープ

88式地対艦誘導弾

スロットルレバー

B787

マークスマンライフル

エアブレーキ





SH-3のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSH-3 シーキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS