SH-2とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > SH-2の意味・解説 

【SH-2】(えすえいちつー)

Kaman SH-2 Seasprite(シースプライト)
アメリカカマン社が、アメリカ海軍向けに製造していた艦載汎用/対潜ヘリコプター

本機ルーツは、1960年代海軍向けの単発汎用ヘリコプターとして開発された「UH-2」に由来する。
同機洋上運用のために長い航続距離を必要としたことから、カマン社製ヘリコプター一大特徴である交差反転ローターをやめ、一般的なシングルローター形式で作られた。
一方で、ローターブレードには制振効果の高いサーボフラップ採用されている。

本機はこのUH-2を、1970年代海軍計画したLAMPS(軽多目的航空システム計画に対応するために改良したものである。
小柄機体ながらレーダーソノブイMADなどを装備し、本格的LAMPS配備されるまでのつなぎとして活躍した。
後にSH-60が「LAMPS3」として就役し、順次これに取って代わられたが、搭載力の小さノックスフリゲートなどやSH-60が未装備部隊においては、「LAMPS1」としてしばらくの間運用され続けた。

IMG_7193.jpg
Photo:MASDF

スペックデータ(SH-2G)

乗員3名(操縦士副操縦士戦術士(TACCO)、センサー操作員(SENSO))
ローター直径13.4m
全長16.0m
全高4.5m
全幅13.4m
胴体11.68m
空虚重量4,130kg
最大離陸重量6,124kg
エンジンGE T700-GE-401/401Cターボシャフト推力1,723shp)×2基
速度
最大/巡航
138kt/120kt
海面上昇762m/min
実用上昇限度7,285m
ホバリング高度限界6,340m(IGE)/5,486m(OGE
航続距離540nm
兵装Mk.46またはMk.50短魚雷×2発のほか、7.62mm機銃装備可能。

派生型


SH-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/12 15:04 UTC 版)

SH-2SH2




「SH-2」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

SH-2に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「SH-2」の関連用語

SH-2のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エリアルール

編隊

ソ連軍

編隊

ガゼル

ウェポンベイ

AWACS

ガンシップ





SH-2のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSH-2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS