心とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > の意味・解説 

うら 【心

〔表に対する裏,外面現れない内部の意〕
こころ。心のうち。 → うらも無し
形容詞動詞の上に付いて,複合語をつくり,心の中で,心から,などの意を表す。 「 -さびしい」 「 -がなしい」 「 -まつ」
[句]

こころ [3] [2] 【心】

人間体の中にあって,広く精神活動つかさどるもとになると考えられるもの。
人間精神活動知・情・意分けた時,知を除いた情・意つかさどる能力喜怒哀楽・快不快・美醜・善悪などを判断し,その人人格決定すると考えられるもの。 「 -の広い人」 「 -の支えとなる人」 「豊かな-」 「 -なき木石
気持ち。また,その状態。感情。 「重い-」 「 -が通じる」
思慮分別判断力。 「 -ある人」
相手思いやる気持ち。また,誠意。 「母の-のこもった弁当」 「規則一点張りで-が感じられない」
本当の気持ち表面には出さない思い本心。 「 -からありがたいと思った」 「笑っていても-では泣いていた」
芸術的興趣解する感性。 「絵-」
人に背こうとする気持ち二心。 「人言ひとごと繁みこちたみ逢はざりき-あるごとな思ひ我が背子万葉集 538
物事奥底にある事柄
深く考え,味わって初め分かる物の本質。神髄。 「の-」
事の事情内情。わけ。 「目見合はせ,笑ひなどして-知らぬ人に心得ず思はする事/徒然 78
言葉・歌・文などの意味・内容。 「文字二つ落ちてあやふし,ことの-たがひてもあるかなと見えしは/紫式部日記
事柄の訳・根拠などの説明。また謎(なぞ)で,答え説明。 「九月草花とかけて,隣の踊りととく,-は,聞く)ばかりだ」
(「池の心」の形で)中心。底。 「池の-広くしなして/源氏 桐壺
[句]
心合わざれば肝胆も楚越の如し心入る心内にあれば色外にあらわる心後る心重し心及ぶ心が痛む心が動く心が折れる心が通う心が騒ぐ心が弾む心が晴れる心が乱れる心利く心ここに在らず心知る心好く心付く心解く心に浮かぶ心に懸かる心に懸ける心に適う心に刻む心に染まぬ心に染む心に付く心に留める心に残る心に任せる心にもない心の仇は心心の欲する所に従えども矩を踰えず心は二つ身は一つ心広く体胖なり心を合わせる心を致す心を痛める心を一にする心を入れ替える心を打つ心を奪う心を置く心を起こす心を躍らせる心を鬼にする心を傾ける心を砕く心を配る心を汲む心を籠める心を摑む心を尽くす心を留める心を捉える心を取る心を引く心を開く心を用いる心を以て心に伝う心を破る心を遣る心を許す心を寄せる

しん [1] 【心】

こころ。精神。 「 - ・技・体」
心のそこ。本心。 「 -から納得する」 「 -は素直な子だ」
物の中央中心多く」の字が用いられる。
物の中心にある硬い部分。 「鉛筆の-」
飯粒などの煮え切らない硬い部分。 「ごはんに-がある」
物の中心部。 「体の-まで暖まる」 「バットの-で打つ」
衣服襟・帯などの中に入れて形が崩れないようにするための布。 → (しん)
〘仏〙
対象捉え思惟するはたらきをもつもの。主観精神
(しき)
心王しんのう 」に同じ。
二十八宿の一。東方星宿(さそり)座のアンタレスほか二星をいう。心宿なかごぼし
信仰心。信。 「この月頃まうでで過しつらむと,まづ-もおこる/枕草子 120
江戸幼児語仲間。 「ああ,あんな馬鹿は-に入れないよ/滑稽本浮世風呂 2
[句]

【しん】[漢字]

【 心 】 [音] シン
内臓の一。心臓。 「 心悸(しんき)心臓強心剤
こころ。精神。 「 心眼心機心境心算心情心身心神心酔心中心痛心頭心服心理心霊 ・安心 ・一心改心 ・感心 ・執心小心身心人心童心仏心変心本心野心
物事の大事なところ。まんなか。 「 心棒核心中心
【 申 】 [音] シン
もうす。述べる。申告申請申達具申上申内申
十二支第九。さる。 「 庚申こうしん
【 伸 】 [音] シン
のびる。のばす。 「 伸縮伸長伸張伸展屈伸
べる。追伸
【 臣 】 [音] シンジン
主君仕える人。けらい。おみ。 「 臣下臣籍臣民家臣奸臣(かんしん)近臣君臣功臣重臣人臣忠臣大臣だいじん
けらいとなる。 「 臣事臣服
【 身 】 [音] シン
み。からだ。 「 身心身体身長身命全身裸身
われ。自分。 「 一身献身自身修身挺身ていしん分身
みのうえ。 「 身上後身前身変身保身立身
なかみ。 「 刀身
【 辛 】 [音] シン
からい。から味。 「 香辛料
つらい。くるしい。 「 辛苦辛酸辛辣しんらつ辛労
十干第八。かのと。 「 辛亥しんがい辛酉しんゆう
【 辰[音] シン
十二支第五。たつ。 「 戊辰(ぼしん)
時刻。とき。 「 辰刻時辰
日。 「 佳辰嘉辰(かしん)吉辰芳辰
【 呻[音] シン
痛み苦しみでうめく。うなる。 「 呻吟
【 侵 】 [音] シン
入り込んでかすめとる。おかす。 「 侵害侵攻侵食侵入侵犯侵略侵凌(しんりよう)不可侵
【 信 】 [音] シン
いつわりがない。まこと。 「 信義信実忠信背信
疑わない。 「 信条信託信任信念信憑しんぴよう信服信用信頼確信自信
神仏帰依する。 「 信仰信士(しんじ)(しんし)) ・信者信心信徒信女(しんによ)狂信篤信迷信
たより。手紙。しるし。あいず。 「 信号信書音信貴信通信電信来信
電信」の略。 「 受信発信
信濃(しなの)国」の略。 「 信越信州
【 津 】 [音] シン
渡し場船着き場。つ。 「 要津
あふれる。うるおう。 「 興味津津
【 神 ( 神 ) 】 [音] シンジン
かみ。 「 《 シン神学神体神罰神仏神霊神話鬼神 」 「 《 ジン神祇(じんぎ)神宮神社
こころ。こころのはたらき。 「 神気神経神髄失神精神
【 唇 】 [音] シン
くちびる。 「 唇音唇歯唇頭口唇紅唇朱唇丹唇 」 〔「脣」は本字
【 宸[音] シン
天子に関すること。 「 宸翰しんかん宸襟宸断宸念宸筆宸慮
天子御殿。 「 紫宸
【 振 】 [音] シン
ふる。ふりうごかす。ゆれ動く。 「 振子振動振幅振鈴強振三振
ふるう。ふるいたつ盛んになる。 「 振興振張不振
【 浸 】 [音] シン
ひたす。ひたる。 「 浸漬(しんし)浸水
しみる。だんだんとすすむ。 「 浸出浸潤浸食浸透
【 娠 】 [音] シン
はらむ。みごもる。 「 妊娠
【 疹[音] シン
皮膚にできる異状物。 「 湿疹疱疹ほうしん発疹麻疹水疱疹
【 真 ( 眞 ) 】 [音] シン
まこと。うそいつわりがない。ほんもの。 「 真贋しんがん真偽真実真相真筆真理
ありのまま。 「 写真迫真
まごころ。まじめ。 「 真摯(しんし)真情真率しんそつ
自然のまま。まじりけがない。 「 純真天真
楷書のこと。 「 真字真書真行草
【 針 】 [音] シン
ぬいばり。 「 運針
医療用のはり。「鍼」に同じ。 「 針術
方向数字などを指し示すはり。 「 針路指針秒針方針
はり状のもの。 「 針葉樹
【 晨[音] シン
あさ。あした。夜明け。 「 晨鶏晨昏しんこん晨星晨風晨明晨夜清晨早晨
【 深 】 [音] シン
がふかい。 「 深淵しんえん深海水深
意味・内容がふかい。 「 深意深遠深思深重深慮
人情があつい。また,気持ちこもっている。 「 深謝深情深甚深切
色などがこい。 「 深紅(しんく)深緑
夜がふけている。 「 深更深夜
はなはだしい。 「 深刻 ・深甚
【 紳 】 [音] シン
身分教養などのある立派な男性。 「 紳士紳商貴紳縉紳しんしん
【 進 】 [音] シン
すすむ。前方に出る。 「 進行進退進路行進前進突進
階級などがあがる。 「 進学進級栄進昇進特進
さしあげる。 「 進言進講進上進呈進物しんもつ
[音] シン
樹木が茂る。 「 森森森林森羅万象
おごそか。しずか。 「 森閑森厳
【 診 】 [音] シン
脈をみる。病状調べる。 「 診察診療往診検診誤診聴診
【 寝 ( 寢 ) 】 [音] シン
ねる。 「 寝具寝室寝所寝食就寝
【 慎 ( 愼 ) 】 [音] シン
つつしむ。 「 慎重 ・戒慎謹慎
【 斟[音] シン
などをくむ。くみとる転じて察する。 「 斟酌斟量
【 新 】 [音] シン
あたらしい。あらた。あらためる。 「 新案新鋭新刊新旧新穀新参新制新雪新説 ・新鮮 ・新任新聞新法新暦一新改新革新更新刷新斬新新陳代謝温故知新
【 滲[音] シン
しみる。にじむ。 「 滲出滲透滲入
【 賑[音] シン
にぎわう。 「 殷賑いんしん
めぐむ。ほどこす。 「 賑救賑給賑恤(しんじゆつ)
【 審 】 [音] シン
ことこまかだ。くわしい。 「 詳審
裁判における取り調べ。 「 結審原審再審陪審予審
【 箴[音] シン
はり。「鍼」に同じ。 「 箴砭しんぺん
【 震 】 [音] シン
ふるう。ふるえる。 「 震動
大地がゆれ動く。地震。 「 震源震災余震
[音] シン
たきぎ。まき。 「 薪水薪炭柴薪さいしん臥薪嘗胆(がしんしようたん)
【 親 】 [音] シン
おや。 「 親権親父両親
血つづき。縁つづき。みうち。 「 親戚しんせき親族親等親類近親肉親
したしい。したしむ。 「 親愛親交親炙しんしやしんせき) ・親疎親睦しんぼく親密親友懇親和親親日家
みずからする。 「 親展
特に天皇皇帝がみずからする。 「 親裁親政親任親臨
【 鍼[音] シン
ぬいばり。 「 鍼線
病気治療するはり。 「 鍼医鍼灸(しんきゆう)鍼術鍼砭しんぺん


作者夏目漱石

収載図書新・ちくま文学 2 奇想天外
出版社筑摩書房
刊行年月1994.10

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2003.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書明治大正小品
出版社おうふう
刊行年月2006.4

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2007.1
シリーズ名ワイド版岩波文庫


作者横溝正史

収載図書双生児は囁く横溝正史未収録」短編集
出版社角川書店
刊行年月1999.9
シリーズ名カドカワ・エンタテインメント

収載図書双生児は囁く
出版社角川書店
刊行年月2005.5
シリーズ名角川文庫


作者朝比奈

収載図書方先生
出版社編集工房ノア
刊行年月2003.3


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/21 09:58 UTC 版)

(こころ)は非常に多義的・抽象的な概念であり文脈に応じて多様な意味をもつ言葉であり、人間(や生き物)の精神的な作用や、それのもとになるものなどを指し、感情、意志、知識、思いやり、情などを含みつつ指している。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『新カトリック大事典 第2巻』 研究社、2002年
  2. ^ 翻訳としては、アリストテレス著、桑子敏雄訳『心とは何か』 講談社学術文庫、1999年 ISBN 4-06-159363-3など。
  3. ^ 発音を正しく表記するにはeの上に横棒を書く
  4. ^ 申命記』 4:9
  5. ^ ヨシュア記』14:7
  6. ^ ローマ人への手紙』10:9-10
  7. ^ エゼキエル書』 36:25-26
  8. ^ 並川孝儀『スッタニパータ ―仏教最古の世界』岩波書店、ISBN 4000282859
  9. ^ 中村元『ブッダのことば―スッタニパータ』岩波文庫、1958、ISBN 4003330110
  10. ^ アントニオ・ダマシオ『生存する脳―心と脳と身体の神秘』講談社、2000。など
  11. ^ アレグザンダー & 白川 2013, p. 108
  12. ^ NHKBSプレミアム「ザ・プレミアム超常現象 さまよえる魂の行方」
  13. ^ a b モーガン・フリーマン 時空を超えて 第2回「死後の世界はあるのか?」
  14. ^ ダニエル・ゴールマン『EQ こころの知能指数』講談社、1998
  15. ^ http://www-formal.stanford.edu/jmc/whatisai/whatisai.html



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「心」に関係したコラム

  • FXのレバレッジ規制とは

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制とは、2009年8月3日に公布された「金融商品取引業等に関する内閣府令」を根拠法として、金融庁がFX業者のレバレッジを規制することです。金融商品取引業等に関す...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「心」の関連用語

心のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

背脂

docomo STYLE series N-03A

マスカット・ベーリーA

カバイロツルタケ

茗荷悪尉

ハイネック

サイドローディング

沖縄海岸国定公園





心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS