表象とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 表象の意味・解説 

ひょう しょう へうしやう [0] 【表象】 〔ドイツ Vorstellung〕

〘哲〙 感覚の複合体として心に思い浮かべられる外的対象の像。知覚内容記憶像など心に生起するもの。直観的な点で概念理念の非直観作用異なる。心像観念


表象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/22 02:47 UTC 版)

表象(ひょうしょう、: Representation: Représentation)は、一般には、知覚したイメージ記憶に保ち、再び心のうちに表れた作用をいう(イメージそのものを含めて呼ぶこともある)が、元来は「なにか(に代わって)他のことを指す」という意味である[1]。類義語に、記号イメージシンボル(象徴)[2]がある。


  1. ^ フランシスコ・ヴァレラ『知恵の樹』ちくま書房。またMitchell, W. 1995, "Representation", in F Lentricchia & T McLaughlin (eds), Critical Terms for Literary Study, University of Chicago Press.
  2. ^ 下記「翻訳語としての表象」節参照
  3. ^ 『コンサイス20世紀思想辞典』三省堂
  4. ^ 大辞林、三省堂、1989
  5. ^ 『コンサイス20世紀思想辞典』三省堂
  6. ^ カントは、受動的に与えられる内的対象と観念ないし概念を短絡させるデカルトを批判し、表象それ自体は説明不能な概念であるとした上で、表象一般はその下位カテゴリーに意識を伴う表象があり、その下位には二種の知覚、主観的知覚=感覚と、客観的知覚=認識があるとした。人間の認識能力には感性悟性の二種の認識形式がアプリオリにそなわっているが、これが主観的知覚と客観的知覚にそれぞれ対応する。感覚は直感によりいわば受動的に与えられるものであるが、認識は悟性の作用によって自発的に思考する。意識は感性と悟性の綜合により初めて「ある対象」を表象するが、これが現象を構成するのである。このような考え方を彼は自ら認識論コペルニクス的転回と呼んだ。
  7. ^ ギブソン『生態学的視覚論』(古崎敬ほか訳、サイエンス社)、プリースト『心と身体の哲学』(河野哲也ほか訳、勁草書房)。
  8. ^ 富田恭彦『アメリカ言語哲学入門 』ちくま学芸文庫2007
  9. ^ 表象文化論とは 東京大学大学院 総合文化研究科 表象文化論研究室


「表象」の続きの解説一覧





表象と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

表象に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「表象」の関連用語




4
100% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
表号 国語辞典
78% |||||

9
象徴 国語辞典
78% |||||

10
写象 国語辞典
72% |||||

表象のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヘラオモダカ

室積海水浴場

ウェット ミドリ

膝関節

山田 規三生

ピエトレン

イスト

貯乳タンク





表象のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの表象 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS