認識とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 分析 > 認識 > 認識の意味・解説 

にん しき [0] 【認識】

( 名 ) スル
物事見分け本質理解し,正しく判断すること。また,そうする心のはたらき。 「経済機構正しく-する」 「 -を新たにする」 「 -に欠ける」
〘哲〙 〔 cognition; ドイツ Erkenntnis〕 人間主観)が事物客観対象)を認め,それとして知るはたらき。また,知りえた成果感覚知覚直観思考などの様式がある。知識
コンピューター外部からのデータ判別してその性質理解すること。


認識

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/24 14:45 UTC 版)

認識(にんしき、英語: Cognition、Knowledge、独:Erkenntnis、仏:connaissance)は基本的には哲学概念で、主体あるいは主観対象を明確に把握することを言う。知識とほぼ同義の語であるが、日常語の知識(英:Knowledge、独:Wissen)と区別され、知識は主に認識によって得られた「成果」を意味するが、認識は成果のみならず、対象を把握するに至る「作用」を含む概念である[1]


  1. ^ 『岩波哲学小事典』


「認識」の続きの解説一覧

認識

出典:『Wiktionary』 (2010/05/25 04:10 UTC 版)

名詞

にんしき

  1. 物事はっきり見分け、その本質正しく理解すること。

動詞

活用

サ行変格活用
認識-する





認識と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「認識」の関連用語

認識のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ワンピースボックス

ハマトビウオ

カカオ脂

掛盤膳

古川享

男池湧水群

922SH

ジェリー・ヤン





認識のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの認識 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの認識 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS