美しさとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 美しさの意味・解説 

美しさ

読み方:いしさ、くわしさ、いつくしさ、うましさ

【文語】シク活用形容詞美し」が、接尾語「さ」により体言化した形。


美しさ

読み方:うつくしさ

形容詞美しい」が、接尾語「さ」により体言化した形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

美しさ

読み方:うつくしさ

美しいこと。乱れ不整合がなくて心をうつ様子。または、その度合い

美しさ

作者G.パリーゼ

収載図書青の男たち20世紀イタリア短篇選集
出版社新読書社
刊行年月1999.4


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/30 14:54 UTC 版)

(美しさ から転送)

この記事では(び、: καλόν カロン、 : venustas, bellus、フランス語:beauté、: beauty)について解説する。


  1. ^ 今道友信は、より厳密な表現においてであるが、自然・技術・芸術・人格存在のありようにおいて、「美の位相差」を論じている。
  2. ^ これらは別の「美しいもの」によって例示可能である。
  3. ^ 数学者が感じる美についての説明は「数学的な美」という詳細な記事が書かれているので、必要ならば参照のこと。
  1. ^ a b c 広辞苑第六版【美】
  2. ^ a b c d e f ブリタニカ百科事典【美】
  3. ^ 今道友信「美学と芸術理論」『岩波講座哲学 (6)芸術』、p.13。
  4. ^ 「はしがき」『岩波講座哲学 (6)芸術』、i。巻頭の「はしがき」において、編者は、「大和の国は美しく、小野小町は美しく、方程式のこの解法は美しいという」と記している(引用)
  5. ^ a b 「はしがき」『岩波講座哲学・芸術』、i。
  6. ^ 古代ギリシア語カロス(kalos)は、現代日本語の「美しい」とは意味の異なる言葉である。英語の beautiful に「見事な」という意味があるように、言葉の概念が対応しない例である。
  7. ^ 今道友信「西洋における芸術思想の歴史的展開(古代・中世)」『岩波講座哲学・芸術』、p.39。パンドーラーキルケーヘレネーなどの「美しき者」はまた同時に災悪(カキアー)であった。
  8. ^ 今道友信「西洋における芸術思想の歴史的展開(古代・中世)」、p.54。「カロカカキア」というギリシア語は存在しない。『理想』に掲載した論文中で今道が造語した。
  9. ^ a b 今道友信「西洋における芸術思想の歴史的展開(古代・中世)」『岩波講座哲学・芸術』、p.39。
  10. ^ a b 今道友信「美学と芸術理論」『岩波講座哲学・芸術』、p.8。
  11. ^ 羍(タツ・こひつじ)について『説文』に「小羊なり」、『玉篇』に「生まるるなり」とあり、小羊の生まれるさまをいう(白川(字統) p.597)。
  12. ^ 白川(字統) p.85、p.168、p.597、p.745
  13. ^ 白川(常用字解) p.50、p.103、p.537






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「美しさ」の関連用語

美しさのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

青水晶

モーレンカンプオウゴンオニクワガタ

800形

環椎後頭関節

挙式後のお礼

地方自治法施行60周年記念 熊本県分 1,000円銀貨幣

貴腐葡萄

明治の森高尾国定公園





美しさのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS