大理石 大理石の概要

大理石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 06:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
カッラーラの大理石採石場とホイールローダー。
大理石の採石場でのワイヤーソーを用いた分割

「大理石」は石材としての呼称であるが、変成作用を受けていない石灰岩(化石を含む場合あり)や、蛇紋岩などもそう呼ばれる場合がある。

呼称

英語では「marble マーブル」と言うが、語源としては、もともと古代ギリシアでは古代ギリシア語で「marmaros マルマロス」(=「輝く石」)と呼ばれており[3][4]、そのギリシア語が古代ローマラテン語で借用され「marmor」となり、ラテン語の一種の方言から生まれた古フランス語では「marbre マルブル」となり、そのフランス語が(中世の一時期、フランス西部のノルマンディーに暮らしフランス語を話すノルマン人ノルマン・コンクエストで英国に進出し支配したので)中世英語に移入され「marble マーブル」となった[3]。一方、漢字表現の「大理石」は、現在の中華人民共和国南西部、雲南省大理ペー族自治州付近に10世紀から13世紀にかけて存在した国家「大理国」で産出する石材であったことに由来する。

石材や建築材料

石材として「大理石」と呼ばれるものには、岩石学上の大理石(結晶質石灰岩)のほか、模様や色合いの美しい非変成の石灰岩トラバーチン(層状の縞状構造を持つ化学沈殿結晶質石灰岩)、鍾乳石、ケーブオニックスなどが含まれる。なかでもイタリアトスカーナ州カッラーラで産出する「カラーラ・ビアンコ」、ギリシャペンテリコ英語版で産出される白色大理石「ペンテリコン」、トルコ産の白大理石などが特に有名。

大理石でできた建造物は数多い。たとえば古代ギリシアパルテノン神殿などの神殿類、ローマコロッセオインドタージ・マハルなどがよく知られている。また、古代ギリシアでは大理石でさまざまな彫像が作られた。たとえば有名な『ミロのヴィーナス』や『サモトラケのニケ』も大理石でできている。ヨーロッパでは大理石の彫像が、無数につくられてきた。たとえば有名なところではルネサンス期の彫刻家ミケランジェロも大理石から数多くの彫刻を制作した。

大理石はその後も、ヨーロッパで建築物の外装内装(例えば内壁材、床材、マントルピース(=暖炉の飾枠)、洗面台、等々)、キッチンの調理用天板(小麦粉のdoughドウ(=生地)、パスタやパンの材料となるものをこねる場所や生地を延ばす為の棒)、様々な家具調度品、彫刻の材料、画家パレットなどに使われ、またクラフトテーブル、ボタンにも使われてきた。最近ではオーディオボードや マウスパッドなどにも使われることがある。

日本でも明治時代以降、洋風建築建築材料として内装用に、しかも「特に上等な仕上げ材」としてイタリア産大理石がよく使われるようになり、大正・昭和時代以降はデパートや一般企業のビルなどでもさかんに用いられるようになり、一般の住宅でも洋風の住宅では建築材料として用いることも増えている。近年は価格の安いアジア産のものも使われている。

大理石には、しばしば独特の模様や色ムラがあり、「マーブル模様」と呼ばれている。

日本では福島県岩手県茨城県埼玉県静岡県岐阜県高知県徳島県山口県福岡県などで産出される。多くは粉砕し工業原料(炭酸カルシウム)として利用されているが、彫刻、工芸品やインテリア製品にも加工される。建築材料としても利用可能な大理石もいくつかの地方で産出している。

さまざまな色や模様

大理石には産地ごとにさまざまな色彩や模様のものがある。以下、特徴的で有名なものを写真も用いて示す。(模様の実際の大きさを理解するために元のサイズも数字で示す。)

有名な石種

フランス語版で fr:Liste des marbres modernes という記事があり、ルネサンス期以降に使われた各国の大理石(大理石産地)がリスト化されている。

以下、産地別に有名な石種を挙げる。(これでは日本中心的記事になってしまうが、参考までに日本での施工事例も挙げる)

  • イタリア
    • ネンブロ・ロザート。住友会館(大阪市北区)、日本橋松坂屋(東京都中央区)、名鉄メルサ(名古屋市中村区)。
    • キャンポ・ペルラ。大丸心斎橋店(大阪市中央区)、八重洲ビル(東京都千代田区)。
    • カラカータ・ヴァーリ・ロザート。松坂屋上野店(東京都台東区)、川奈ホテル(静岡県伊東市)。
    • スタラティーナ。銀座和光(東京都中央区)、日本橋高島屋(同)。
    • グリーン・チポリーノ。三越日本橋本店(東京都中央区)、名興ビル(名古屋市中区)、福岡ビル(福岡市中央区)。
    • キャーロ・ダマスコ。農林年金会館(虎ノ門パストラル。東京都港区)、JR大阪駅地下1階コンコース(大阪市北区)。
    • 廃墟大理石(フィレンツェ石)
  • フランス
    • ルージュ・ドゥ・ヴィトロール。三越日本橋本店(東京都中央区)、丸栄本店(名古屋市中区)。
    • ジョーヌ・ドゥ・ブリニョール。丸の内ビルディング正面玄関。
    • ルバネ・ヴェリタブル。ヒルトンホテル大阪(大阪市北区)、近鉄新名古屋ビル(名古屋市中村区)。
    • ヴェール・デストゥール。三越日本橋本店(東京都中央区)。
  • トルコ
    • ストリアート・オリンピコ。第一生命大井本社(神奈川県大井町)、日本ビルディング(東京都千代田区)。
  • ポルトガル
    • リオシュ
      • リオシュ・モンテオール。松坂屋本店(名古屋市中区)
      • リオシュ・チャイネット。JR名古屋駅新幹線階段(名古屋市中村区)
      • サンフロリエント・ローズ。富士ビル(東京都千代田区)
  • スウェーデン
    • スウェーディシュ・グリーン。ノーベル賞授賞式が行なわれるストックホルム市庁舎、資生堂銀座ビル(東京都千代田区)、親和銀行本店(長崎県佐世保市)。
    • インペリアルレッド。霊友会(東京都港区)、福岡シティ銀行(福岡市博多区)、堀内ビル(名古屋市中村区)。インペリアルレッドは花崗岩では?
    • カーネーション・レッド。ヘップナビオ(大阪市北区)、京都阪急(京都市下京区)、スウェーデン大使館(東京都港区)。インペリアルレッドは花崗岩では?
  • カナダ
    • カナディアン・ブラックCBSビル (ニュー・ヨーク)英語版、サンワ東京ビル(UFJ銀行東京ビル、東京都千代田区)、京橋MTビル(東京都中央区)。
  • インド
    • マガディ・レッド。三角ビル(住友ビル、東京都新宿区)、共栄火災ビル(東京都千代田区)。
  • イギリス
  • 日本
    • 茨城県
      • 寒水(かんすい)。NKKビル(東京都千代田区)、MOA美術館(静岡県熱海市)、そごう東京店(読売会館。東京都千代田区)、中野サンプラザ(東京都中野区)。
    • 富山県
      • オニックス・マーブル。国会議事堂(東京都千代田区)
    • 岐阜県
      • 錦紋黄(きんもんき)。共立女子大学(東京都千代田区)。
      • 紅更紗(べにざらさ)。銀座松屋(東京都中央区)、丸栄本店(名古屋市中区)。
    • 高知県
      • 桑尾(くわお)。
    • 徳島県
      • 茶竜紋(ちゃりゅうもん)。国立博物館(東京都台東区)。
      • 淡雪(あわゆき)。国会議事堂(東京都千代田区)。
      • 時鳥(ほととぎす)。国会議事堂(東京都千代田区)。
    • 山口県
      • 霰(あられ)。三越本店(東京都中央区)。
      • 霞(かすみ)。三井本館(東京都中央区)、国会議事堂(東京都中央区)
      • 白鷹(はくたか)。三越本店(東京都中央区)。国会議事堂(東京都千代田区)。
      • 薄雲(うすぐも)。国会議事堂(東京都千代田区)。
      • 銀波(ぎんぱ)。
      • 六丁場白(ろくちょうばしろ)。
      • 鶉(うずら)。国会議事堂(東京都千代田区)。
      • 淡雪(あわゆき)。
      • 伊佐白(いさしろ)。
      • 黄華(おうか)。
      • 山吹(やまぶき)。国会議事堂(東京都千代田区)。
      • 吉野桜(よしのざくら)。国会議事堂(東京都千代田区)。
      • 御器伏(おきぶせ)。
      • 金襴(きんらん)。
      • 黒霞(くろがすみ)。国会議事堂(東京都千代田区)。
      • 黒竜(こくりゅう)。
      • 小桜(こざくら)。国会議事堂(東京都千代田区)。
      • 白千鳥(しろちどり)。
      • 豆班(ずはん)。
      • 聖火(せいか)。
      • 長者錦(ちょうじゃにしき)。
      • 梅花石(ばいかせき)。
      • 白鷹(はくたか)。国会議事堂(東京都千代田区)。
      • 白鳳(はくほう)。
      • 紅珊瑚(べにさんご)。
      • 八重桜(やえざくら)。
      • 山口更紗(やまぐちさらさ)。
    • 鹿児島県
      • 田皆(たみな)。大手町KDDIビル(東京都千代田区)、新宿伊勢丹(東京都新宿区)。
    • 沖縄県
      • 琉球大理石。沖縄美ら海水族館、首里城、国会議事堂。

取扱上の注意点

大理石は多くの方解石で構成されるが、成分が炭酸カルシウムであるため、塩酸などの強酸と反応して二酸化炭素を放出する。 塩酸が含まれる酸性洗剤を使ったり、誤ってこぼしたりすると光沢が無くなったり、痩せたりするので注意が必要。

酸性雨の影響を受けやすく、露天に置かれた彫刻などでディテールを失ったもの数多い[5]

人工大理石

人工大理石アクリルポリエステル等の樹脂に無機物を混ぜたもので、そのほかにセメントに大理石粒子を混ぜた人造大理石(テラゾー)もある。

使われなくなってきた技法では、石膏と接着剤と顔料を使ったスカリオーラ英語版と呼ばれるものがある。


  1. ^ 大辞泉
  2. ^ 日本大百科全書
  3. ^ a b Oxford Dictionary
  4. ^ なお古代ギリシア語の「marmairein」は「輝く」という動詞である。
  5. ^ 辻野喜夫 「酸性雨の文化財への影響」 『大気環境学会誌』 33巻6号、A94-A103頁、1998年。doi:10.11298/taiki1995.33.6_A94https://www.jstage.jst.go.jp/article/taiki1995/33/6/33_6_A94/_article/-char/ja/ 


「大理石」の続きの解説一覧




大理石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大理石」の関連用語

大理石のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大理石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大理石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS