台湾 住民

台湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 20:39 UTC 版)

住民

概要

タオ族ダンサーと伝統的なドレス
原住民の伝統衣装を身にまとったブヌン族の踊り手

台湾地域の住民は、混血民族と中国系に大別される。原住民族は平地に住んで漢民族と同化が進んだ「平埔族」(ケタガラン族パゼッヘ族バブザ族など)と高地や離れ島に住む「高山族」16民族(アミ族タイヤル族パイワン族ブヌン族プユマ族ルカイ族ツォウ族サイシャット族タオ族サオ族タロコ族クバラン族サキザヤ族セデック族カナカブ族サアロア族。クバラン族とサオ族は平埔族に分類されていたこともある。なお、「高砂族」は日本統治時代の呼び名)に分かれる。台湾の漢民族は、戦前(主に明末清初)から台湾に居住している本省人と、国共内戦で敗れた蔣介石率いる国民党軍と共に台湾に移住した外省人に分かれる。本省人が台湾で85%を占めており、本省人は福建(南)系と客家系に分かれる。外省人13%、原住民2%(タイヤル、サイシャット、ツォウ、ブヌン、アミなど14民族)。

現代のヒト白血球型抗原ミトコンドリアDNAによる調査の一つによれば、台湾の人口の88%が原住民の祖先を持つという[71]

台湾の人口が増えて2300万人を超えたため、人口密度は650.42人/km22017年1月末統計)であり、人口密度が1000万人以上の国では世界2位になった。

2020年時点で平均寿命81.3歳、女性84.7歳、男性78.1歳で年々上昇の傾向にある[72]。65歳以上の比率は14パーセントを記録するようになった[73]

少子化が進んでおり、2009年出生率は0.829を記録、合計特殊出生率は1と世界最低となった[74]2010年の合計特殊出生率は干支の影響もあり0.895とさらに低下した[75]。2019年の合計特殊出生率は1.28であった。

人口は2020年を境に減少が始まり[76] 2050年代に2000万人を切ると見られている[77]

2018年(民国107年)現在、在台外国人は約76万人、多い順にインドネシアが25万人で33%、ベトナムが22万人で30%、フィリピンが15万人で20%を占める(民国108年の台湾の内政部統計処調べ)[78]。2015年時点の外国人労働者は58万人で58%が製造業、38%が介護に従事している[79]

内政部警政署(日本の警察庁に相当)「台閩地區居留外僑統計―按國籍及職業別九十九年 (2010)」によれば、2010年現在、滞在日数180 日以上の長期ビザ取得者が申請できる「外僑居留証」を所持する日本人は、12,056人(男性7,330人、女性4,726人)である。その内訳は、商業人員(2,197人)、15歳未満の者(1,853人)、家事(1,687人)、就学(1,003人)、エンジニア(678人)、教師(640人)、その他(3,472人)となっている[80]

台湾での総資産が500万ニュー台湾ドルを超えるか、あるいは仕事の技能や専業を例証すれば、台湾移民署[81] に永住を申請することができる。

台湾市民の自己認識

国立政治大学による、自らを台湾人、中国人、台湾人かつ中国人だと考える台湾人の割合[82]
調査 台湾人 中国人 台湾人かつ中国人
国立政治大学(1992年) 17.6% 25.5% 46.4%
国立政治大学(1996年) 24.1% 17.6% 49.3%
国立政治大学(2000年) 36.9% 12.5% 44.1%
国立政治大学(2008年) 48.4% 4% 43.1%
国立政治大学(2016年) 59.3% 3% 33.6%
国立政治大学(2020年) 67%[83] 2.4% 27.5%

中華民国総統であった李登輝は、台湾人のルーツをたどれば中国大陸からの移民が多いとしつつも、「私がはっきりさせておきたいのは、『台湾は中国の一部』とする中国の論法は成り立たないということだ。四百年の歴史のなかで、台湾は六つの異なる政府によって統治された。もし台湾が清国によって統治されていた時代があることを理由に『中国(中華人民共和国)の一部』とされるならば、かつて台湾を領有したオランダスペイン日本にもそういう言い方が許されることになる。いかに中国の論法が暴論であるかがわかるだろう。もっといおう。たしかに台湾には中国からの移民者が多いが、アメリカ国民の多くも最初のころはイギリスから渡ってきた。しかし今日、『アメリカはイギリスの一部』などと言い出す人はいない。台湾と中国の関係もこれと同じである」と述べている[84]。また李登輝は、日本統治時代に台湾人が学んで純粋培養されたのは、「勇気」「誠実」「勤勉」「奉公」「自己犠牲」「責任感」「遵法」「清潔」といった「日本精神」であり、国共内戦後に中国大陸から来た中国国民党たちは、自分たちが持ち合わせていない価値観だったので、これらの「日本精神」を台湾人の持ち合わせている気質だと定義したと述べている[85]

2020年、台湾で「自分は中国人ではなく、台湾人だ」と考える人の割合が急上昇しており、台湾や香港に対する中国の強硬姿勢への反発に加え、新型コロナウイルス対策の成功が意識変化の背景にあり、その牽引役は、李登輝が進めた民主化後に社会に出た若者である[86]。李登輝は1996年の総統直接選挙の導入などの民主化を推進し、1997年には台湾の歴史を学ぶ『認識台湾』を導入するなどの教育改革を進め、現在20代から30代の若者はその洗礼を受けた世代に当たる[86]国立政治大学が市民にアイデンティティを問うてきた調査では「自分は台湾人」と答える人が、1996年の直接選挙の導入を節目に長期的な増加傾向を保ち、2020年6月調査では前年比で8.5%増え、過去最高の67%に達し、年代別では、20代が8割、30代も7割を超すが、「自分は中国人」と答える人は過去最低の2.4%にとどまる[86]国立政治大学選挙研究センター主任の蔡佳泓は「中国による統一圧力や香港弾圧に対する警戒感が影響している。今年は特に新型コロナ対策の成功で世界に注目されたことが、台湾人としての誇りにつながった」とみている[86]

言語

台湾の国家言語は中国語標準中国語)であり、国内では国語と呼ばれている。2018年に国語以外の台湾語や客家語そして原住民の諸言語の位置づけが平等となった[87]

国語は中華人民共和国の標準語である普通話と基本的に同一言語であるが、現在では語彙などの細かい部分に多少の相違点が生じている。他にも日常生活では台湾語(ホーロー語、河洛話、福語)、場所によっては客家語台湾原住民の諸言語が使用される。台湾語は伝統的区分では福建方言(閩語)の一種である閩南語に含まれるが、平埔族の言語や日本語の影響を受けており、その意味でも南語とは分化し台湾語、福語などと呼称される[88]

また、台湾原住民の諸言語はオーストロネシア語族の言語であり、多くは台湾諸語に属する(タオ語のみマレー・ポリネシア語派に属する)。その数は、1622年にオランダ人入植者がやって来た時には少なくとも30はあった。その後、日本語の配属下を挟んで二度の中国語の配属下にあったことで、その数は10程度に減ってしまった。また、その話者も2000人以下ということから、土着語は絶滅する危険にさらされている[89]

中華民国の実効支配地域の言語としては、金門島では閩南語台湾語)が話されているが、日本語の影響をほとんど受けていないなど、台湾本島の台湾語とは相異がある。馬祖島では閩東語が話されている。烏坵郷では本来は莆仙語が話されていたが、現在は閩南語台湾語)が話されている。

音声言語の他、日本の手話と類似点の多い台湾手話を母語とする人たちがいる。

人口の見通し

人口密度(2011年)

これは台湾の人口の見通しである[90]人口密度は平均 650.42人/km22017年1月)である。

人口 人口
1950 7,623,000 1990 20,312,000
1955 9,022,000 1995 21,229,000
1960 10,702,000 2000 21,840,000
1965 12,650,000 2005 22,603,000
1970 14,693,000 2010 23,102,000
1975 16,233,000 2015 23,486,000
1980 17,717,000 2030 24,151,000
1985 19,130,000 2050 22,771,000

文字

国語は中華人民共和国の普通話と同様に漢字で表記されるが、中華人民共和国で使用されている簡体字ではなく、伝統的な繁体字(正字体)が用いられている。ただし、日常生活ではある程度略字の使用が行われている(「臺灣」を「台灣」と表記)。

また発音記号としては注音符号という発音記号を現在でも教育現場で使用しており、小学生向けの教科書にルビとして振られている他、鉄道貨車の形式を表したりするのに使われている。それ以外にもラテン文字系の通用ピンインや注音符号二式、ウェード式のような発音表記方式も存在している。

日本統治時代に教育を受けた世代ではひらがなカタカナを利用している例もあるが、21世紀初頭では仮名文字を使用して台湾語を表記(台湾語仮名)している台湾人は極めて限定的となっている。

電子機器の文字入力

パソコン等の文字入力方法は、マイナーなものも含めれば十数種類の入力方法が存在しているが、習得が容易なことから日本のかな漢字変換に似た注音輸入法がもっとも一般的である。注音輸入法はパソコンだけでなく携帯電話での文字入力にも利用されている。また、習得が困難だが入力速度の速い倉頡輸入法嘸蝦米などもプロ向けの入力方法として人気がある。

言語教育

高齢者や農村部では、台湾語または客家語日本語のみ話すことができ、中国語(国語)が話せない人もいる。民主化以降になって、国語以外の言語、すなわち台湾語客家語、原住民語の教育が義務付けられたが、日本統治時代は日本語で、中国国民党による戒厳令時代は中国語(国語)で教育することが定められていた。若い世代は基本的に中国語(国語)・台湾語とも話せるが、在中年世代以下では中国語(国語)のみで台湾語を「聞いて理解できるが話せない」という人も少なくない。外省人が人口に占める割合の多い都市部でその傾向が大きい。

この他、外国語の教育熱が高く、幼稚園時から英語のみ使用する施設などに子供を預ける人も多い。アメリカやヨーロッパへの修士号への取得、学士号の取得を目標とする留学者も多い。

台湾基督長老教会の歴史的建造物(済南教会)

宗教

高雄市佛光山の修道院本殿

台湾では政教分離を基本とし、また中華民国憲法(第二章第十三条)により宗教信仰の自由が保障されているため、国内では各種宗教が自由に存在し、布教されている。

台湾における宗教は、道教キリスト教仏教が特に盛んであり、人々は今日でも宗教と深く結び付いている。道教は二大系統のうち、正一教(天師道)の系譜に連なる。キリスト教は、プロテスタントが多数派であり、なかでも台湾基督長老教会が最も信徒の多い教派である。仏教は、1980年代頃から信徒数が急増し、なかでも仏光山・慈済・法鼓山・中台禅寺・霊鷲山の台湾仏教五座山の諸派が盛んである。

台湾の宗教人口(内政統計年報2015年)
宗教名 信徒数 宗教施設数 聖職者数
道教 799,422 9,527 -
新教(プロテスタント) 384,576 2,517 4,362
天主教(カトリック) 177,641 710 1,785
仏教 148,715 2,345 -
一貫道 15,682 222 -
イスラム教 5,952 4 21
バハイ教 2,265 2 12
天理教 1,659 23 80
サイエントロジー 1,000 1 30
儒教 790 14 -
軒轅教 307 8 -
弥勒大道 318 4 -
天徳教 185 5 -
理教 148 6 -
真光教 100 1 1
黄中 39 1 -
天帝教 33 1 -
その他 957 ≧ 6 ≧ 15

政府統計で正式に分類されている主な宗教は、以下の通り。

基本的に1950年から1970年の20年間に、宗教は経済によって成長してきたが、政治によって抑制され、社会の受動的な立場にあった[91]

教育

帯剣・執銃した高等中学校生徒によるカラーガード(2011年)

現在の台湾の教育制度は、中華民国憲法の規定(第二十一条、第百六十条)と各種の教育関連法に基づいて体系化されている。学制は6・3・3・4制が採用され、国民小学6年、国民中学3年、高等中学3年、大学4年となっている。ただし大学の教育、建築学部は5年、歯学部6年、医学部は7年となっている。普通学校と並行して特殊学校(盲学校聾学校養護学校など)と補習学校(専科学校や語学学校など)がある。義務教育(台湾語では国民敎育)は、当初は国民小学の6年のみであったが、今は国民中学3年も含めて9年制となる[注 6]。2001年より小中一貫教育が全国的に実施されるようになり、2006年、幼稚園の義務教育化が始まった[92]。 学年度は9月1日 - 8月31日まで、日本の4月1日 - 3月31日とは異なる。中華民国には20歳の男子国民に兵役の義務があるが、大学と専科学校の在学生は卒業まで徴兵延期が許されている。

台湾の義務教育の年限延長は、2014年から12年国民基本教育(略称:12年国教。小学校から高校まで12年間の義務教育)を実施した。2011年から5歳児の幼稚園・保育所学費(入園料や保育料)は無償であり(5歳児の公立幼稚園・保育所の学費は無償、5歳児の私立幼稚園・保育所の学費補助金は幼児1人につき毎学年3万ニュー台湾ドルまで)、2014年から6-17歳の学齢児童の教育は無償である[93]

一般に台湾人は教育に熱心であり、国語(中国語識字率は98.29%(2012年度)に達する。しかし教育熱心な人が多いゆえに台湾は学歴社会となっており、就職では日本以上に学歴が重視される傾向にある。大学への進学率は70.07%(1997年度)。特に有名高等中学校・大学への入試は熾烈を極める。大学進学・卒業後に海外の大学・大学院へ留学する学生も多く、台湾には日本アメリカの大学・大学院が出した学位・博士号を持つ者も多い。

国立台湾大学

大学には総合大学のほかに短期大学(2年制)、工科大学、文科大学、国立空中大学(日本の放送大学に相当)があり、2012年度時点で大学総数162校、学生総数は約136万人に及ぶ。このような大学増設の影響から、最近では大学合格率が100%を超える問題も生じている。

国立台湾大学医学院附設医院旧館

文科系進学者よりも理科系進学者が、優秀とみなされる[要出典]。理科系における名門大学は、台北市の国立台湾大学(台北帝国大学,昭和3年)(1945年改編)、新竹市の国立清華大学(1955年復校)と国立交通大学、台南市の国立成功大学(1961年創立)である。文科系では台湾大学や台北市の国立政治大学(1954年復校)が、一流の進学先とみなされている。

国外には華僑子息・子女のための教育機関として、約3750校の華僑学校(日本での名称は中華学校)が設置されており、日本には横浜中華学院東京中華学校大阪中華学校の3校がある。日本の華僑学校は歴史が古く、1897年明治30年)に孫文が設立した私塾に由来する。華僑学校は中国語教育および中華文化の普及を目的としている。教育対象の年齢は各学校によって異なる。

人材競争力

スイスローザンヌに拠点を置くビジネススクール、国際経営開発研究所IMD)が発表した最新の『2017年世界人材レポート』で、台湾は63カ国・地域中、23位だった。前年と同じ順位を維持した。アジアの国・地域に限った場合、台湾は12位の香港、13位のシンガポールに続いて3位で、31位の日本や39位の韓国を上回った[94][95]

婚姻

台湾は伝統的には夫婦別姓であるが、相手の姓に変更することも可能となっている。また、1985年民法において、冠姓が義務づけられていたが、当事者が別段の取り決めをした場合はその取り決めに従うとされていた[96]。その後1998年の改正で、原則として本姓をそのまま使用し、冠姓にすることもできると改められた。職場では以前から冠姓せず本姓を使用することが多かったという[97]。子供の姓は、原則的に父系の姓が適用されていた(入婿の場合は逆)が、1985年の改正で、母に兄弟がない場合は母の姓にすることもできるようになった。この結果、兄弟別姓が可能である[97]。これも男女平等原則の違反とされ、2008年の戸籍法改正で父の姓か母の姓か両親が子供の姓を合意し、両方の署名を入れ役所に提出することとなった。合意に至らない場合は役所が抽選で決める[98]

同性結婚

アジアで唯一、同性結婚が合法的に認められる国である。

2003年10月末に、行政院(台湾における内閣に相当)が「人権保障基本法」の中で同性結婚を認める草案を作成したが、閣僚と立法委員が反対し、採決は行われなかった[99][100]。2012年に同性愛者の権利擁護団体が同性結婚を法制化する草案を新たに提出したが、廃案となっている[101]。2015年台湾で最高司法機関の司法院がインターネットを通じて実施した世論調査では、同性婚の合法化を支持するという回答が71%に上り、それまでの調査よりもさらに増えた[102]

2017年5月24日、台湾で最高司法機関の司法院大法官会議(憲法裁判所に相当)は、同性婚を認めていない現在の民法の規定は憲法に違反しているという判断を示し、実現すればアジアで初めてとなる同性婚の法制化を2年以内に行うよう言い渡した[103]2019年5月24日、予定通り同性婚を認める法律が施行され、同日に婚姻届の受理が始まった。この法改正により、台湾はアジア初の同性婚合法化がされた国となった[104]

男女平等

男女間の格差を指数化した国連開発計画(UNDP)の「ジェンダー不平等指数(GII)」に則り台湾が独自に行った評価で、台湾の2014年のジェンダー不平等指数(GII)は世界で5番目に格差が少ないとの結果が出ている。台湾はジェンダー不平等指数(GII)が低く、男女平等の度合いが世界5位、アジアでは1位だった[105]

男女間の給与格差は、2016年に女性の平均時給は264.6ニュー台湾ドルなのに対して男性のそれは307.7ニュー台湾ドルと14.0%の格差がある、男性を100とした賃金格差は過去最小の86.0だった[106]

台湾内の営利企業の企業トップに占める女性の割合は2015年末時点で36.1%に上り、過去最高を更新した。国内の営利企業数は133万3000社。女性比率は過去最高ながらも、2010年と比較した上昇幅はわずか0.5ポイントに留まった[107]

世界銀行が発表した世界のジェンダー平等に関する最新の報告書「女性・ビジネス・法律2019」で、台湾は世界187カ国中、世界35位に入り、アジアでは首位となった。同報告書によると、台湾が100点満点中91.25点と、香港(86.25点)や韓国(85点)、米国(83.75点)を上回った[108][109]

海外旅行

経済発展で所得が増え、2012年の台湾人海外旅行者数は1000万人を突破、台湾人海外旅行者の増加傾向が続いている[110]交通部観光局(日本の国土交通省観光庁日本政府観光局(JNTO)に相当)によると、2019年の台湾人出国者数は前年比2.7%増(前年比45万6651人増)の1710万1335人となった。人口比で見た2019年の台湾人海外出国率(国外旅行者/人口)は前年比1.9%増の72.46%(ほぼ総人口の4分の3を占める程度)となった[111]

台湾では日本観光は既に相当な人気となっている。訪日台湾人観光客は2018年で475万人で、台湾の人口約2358万人からすれば5人に1人が訪れた計算になる。訪日外客数の中では、中国(838万人)、韓国(753万人)に次いで多い[112]

2017年の台湾寄港クルーズ船旅客数は114万人で、過去最高を更新した。台湾のクルーズ船市場規模は2016年に続きアジアの国・地域別で2位となった[113]

週休二日制

労働部(日本の厚生労働省に相当)の2017年7月職類別薪資調査(2017年7月の職業別給与動向調査結果)によると、主な週休制の形態をみると、「何らかの週休二日制」を採用している企業割合は89.33%となっている。「完全週休二日制」を採用している企業割合は、87.51%となっている。これを産業別にみると、金融業・保険業が100%で最も高く、宿泊業・飲食サービス業が52.64%で最も低くなっている[114]

同調査によると、週休制の形態別適用労働者割合をみると「何らかの週休二日制」が適用されている労働者割合は93.99%、「完全週休二日制」が適用されている労働者割合は92.96%となっている。これを産業別にみると、金融業,保険業が100%で最も高く、宿泊業,飲食サービス業が63.29%で最も低くなっている[115]

少子化対策

台湾の出生率が極めて低いことの原因は多いが、中でも最も大きいのは、適齢期の若者で結婚する人の割合が低いこと、仕事と家庭の両立が難しいこと、そして経済的な原因の三つある。行政院(内閣に相当)は2030年までに合計特殊出生率を1.4に引き上げる目標を掲げる[116][117]

少子化を改善するために今回打ち出した三大措置はまず、「公共化」された教育と保育サービスの拡大。具体的には公設託児施設・行政が設け、民間が運営する託児施設(「公共化」された「0〜2歳児保育サービス」)、並びに公立の「幼児園」(幼稚園託児所が統合した施設、日本の幼保連携型認定こども園に相当)と非営利の「幼児園」の増設(「公共化」された「幼児園」の増設)。そのうち0歳児から2歳児を対象とし、公設託児施設・行政が設けて民間が運営する託児施設(「公共化」された「0〜2歳児保育サービス」)は2018年から2022年までに受け入れ許容量で5,280人分増やす。0歳から2歳までの幼児を、公設託児施設・行政が設け、民間が運営する託児施設(「公共化」された「0〜2歳児保育サービス」)に預ける場合、総合所得税率(世帯全体の所得税率)が20%以下の一般家庭(年間所得123万ニュー台湾ドル以下の世帯)ならば衛生福利部(日本の厚生労働省に相当)が幼児1人につき毎月3,000ニュー台湾ドル(保護者負担軽減補助金)を補助する。また中低所得世帯の場合、衛生福利部の毎月の補助金(保護者負担軽減補助金)は1人あたり5,000ニュー台湾ドル、低所得世帯の場合は同7,000ニュー台湾ドルに増額する。そして第3子から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する。この措置は2018年8月から実施する。2歳児から5歳児を対象とした公立及び非営利の「幼児園」(「公共化」された「幼児園」)は2017年から2022年までに2,247クラス、6万人分あまり増やす。公立の「幼児園」に通う幼児は、「幼児園」の学費(入園料や保育料)の無償化が実施される(幼児1人につき毎月2,500ニュー台湾ドルを負担する)。非営利の「幼児園」(「公共化」された「幼児園」)に通う幼児は、非営利の「幼児園」の料金と保護者の負担可能な金額との費用を政府が軽減する。したがって、非営利の「幼児園」(「公共化」された「幼児園」)に一般家庭の幼児が通う場合、非営利の「幼児園」の料金は幼児1人につき毎月3,500ニュー台湾ドルを負担する。そして第3子から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する(幼児1人につき毎月2,500ニュー台湾ドルを負担する)。「公共化」された「幼児園」に中低所得世帯と低所得世帯の幼児が通う場合は無料[116][117][118]。この措置は2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、そして第2子政府はさらに1,000ニュー台湾ドル及び第3子以降政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドルと第2子保護者の毎月の負担を2,000ニュー台湾ドル及び第3子以降保護者の毎月の負担を3,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに保育サービスの補助金1,500ニュー台湾ドル及び幼児園の保護者負担軽減額500ニュー台湾ドルに増額する[119]

第2に、私立の「幼児園」と私立の託児施設の「準公共化」。政府は規定を満たす保母、私立の託児施設、私立の「幼児園」と契約したり(「準公共化」された教育と保育サービス)、補助金(保護者負担軽減補助金)を提供したりして保護者の託児・育児費用を一部負担する。研究によれば、保護者が毎月負担可能な託児・育児費用は可処分所得の約10%から15%で、8,000ニュー台湾ドルから1万2,000ニュー台湾ドル。将来的には私立の託児施設もしくは私立の「幼児園」の料金と保護者の負担可能な金額との差額を政府が補助する(保護者負担軽減補助金)。0歳から2歳までの幼児を、政府と契約して「準公共化」された保母、もしくは私立の託児施設に預ける場合(「準公共化」された「0〜2歳児保育サービス」)、総合所得税率(世帯全体の所得税率)が20%以下の一般家庭(年間所得123万ニュー台湾ドル以下の世帯)ならば衛生福利部が幼児1人につき毎月6,000ニュー台湾ドル(保護者負担軽減補助金)を補助する。また中低所得世帯の場合、衛生福利部の毎月の補助金(保護者負担軽減補助金)は1人あたり8,000ニュー台湾ドル、低所得世帯の場合は同1万ニュー台湾ドルに増額する。そして第3子から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する。この措置は2018年8月から実施する。2歳から5歳までの幼児について(「準公共化」された「幼児園」)は、「幼児園」の料金基準と個々の家庭の収入に応じて、幼児1人あたり毎月3,500ニュー台湾ドルから1万ニュー台湾ドルの補助金(保護者負担軽減補助金)を業者に支給する。「準公共化」された「幼児園」に一般家庭の幼児が通う場合、「準公共化」された「幼児園」の料金は幼児1人につき毎月4,500ニュー台湾ドルを負担する。そして第3子から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する(幼児1人につき毎月3,500ニュー台湾ドルを負担する)。「準公共化」された「幼児園」に中低所得世帯と低所得世帯の幼児が通う場合は無料[116][117][118]。この措置は2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、そして第2子政府はさらに1,000ニュー台湾ドル及び第3子以降政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドルと第2子保護者の毎月の負担を2,000ニュー台湾ドル及び第3子以降保護者の毎月の負担を3,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに保育サービスの補助金1,500ニュー台湾ドル及び幼児園の保護者負担軽減額500ニュー台湾ドルに増額する[119]

第3に、育児手当の拡大。政府は育児手当を支給する対象となる家庭の資格制限を緩和する。また、0歳から4歳までの幼児がみなこれを受け取れるようにする。総合所得税率(世帯全体の所得税率)20%以下の家庭(年間所得123万ニュー台湾ドル以下の世帯)であるか、「公共化」もしくは「準公共化」サービスも受けていないならば、0歳から4歳までの幼児がいた場合、幼児1人あたり毎月2,500ニュー台湾ドル、年間で3万ニュー台湾ドルが受け取れる。第3子以降はさらに1,000ニュー台湾ドルが支給される。また中低所得世帯の場合、育児手当は幼児1人あたり毎月4,000ニュー台湾ドル(年間で4.8万ニュー台湾ドル)、低所得世帯の場合は幼児1人あたり毎月5,000ニュー台湾ドル(年間で6万ニュー台湾ドル)を受け取れる。第3子以降はさらに1,000ニュー台湾ドルが支給される[116][117][118]。この育児手当拡大方法は2018年8月から実施する。この措置は2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、そして第2子政府はさらに1,000ニュー台湾ドル及び第3子以降政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、2022年8月にはさらに1,500ニュー台湾ドルに増額する。また「私立幼児園」に一般家庭の5歳児が通う場合、保護者は育児手当と同額の学費補助金を受け取れる[119]

子供の数 【0~2歳】

「公共化」された「0〜2歳児保育サービス」

【0~2歳】

「準公共化」された「0〜2歳児保育サービス」

【2~5歳】

公立「幼児園」

【2~5歳】

非営利の「幼児園」

(「公共化」された「幼児園」)

【2~5歳】

「準公共化」された「幼児園」

【0~4歳】

育児手当

【5歳】

私立「幼児園」

【6~17歳】

12年国民基本教育

第1子 総合所得税率(世帯全体の所得税率)が20%以下の一般家庭(年間所得123万ニュー台湾ドル以下の世帯)ならば衛生福利部(日本の厚生労働省に相当)が幼児1人につき毎月3,000ニュー台湾ドル(保護者負担軽減補助金)を補助する。

中低所得世帯の場合、衛生福利部の毎月の補助金(保護者負担軽減補助金)は1人あたり5,000ニュー台湾ドル。

低所得世帯の場合は同7,000ニュー台湾ドルに増額する。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに保育サービスの補助金1,500ニュー台湾ドルに増額する。

総合所得税率(世帯全体の所得税率)が20%以下の一般家庭(年間所得123万ニュー台湾ドル以下の世帯)ならば衛生福利部が幼児1人につき毎月6,000ニュー台湾ドル(保護者負担軽減補助金)を補助する。

中低所得世帯の場合、衛生福利部の毎月の補助金(保護者負担軽減補助金)は1人あたり8,000ニュー台湾ドル。

低所得世帯の場合は同1万ニュー台湾ドルに増額する。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに保育サービスの補助金1,500ニュー台湾ドルに増額する。

学費(入園料や保育料)の無償化(幼児1人につき毎月2,500ニュー台湾ドルを負担する)。

中低所得世帯と低所得世帯の幼児が通う場合は無料。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに500ニュー台湾ドルに軽減する。

幼児1人につき毎月3,500ニュー台湾ドルを負担する。

中低所得世帯と低所得世帯の幼児が通う場合は無料。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに500ニュー台湾ドルに軽減する。

幼児1人につき毎月4,500ニュー台湾ドルを負担する。

中低所得世帯と低所得世帯の幼児が通う場合は無料。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに500ニュー台湾ドルに軽減する。

「公共化」もしくは「準公共化」サービスも受けていないならば、0歳から4歳までの幼児がいた場合、幼児1人あたり毎月2,500ニュー台湾ドル、年間で3万ニュー台湾ドルが受け取れる。

中低所得世帯の場合、育児手当は幼児1人あたり毎月4,000ニュー台湾ドル(年間で4.8万ニュー台湾ドル)。

低所得世帯の場合は幼児1人あたり毎月5,000ニュー台湾ドル(年間で6万ニュー台湾ドル)を受け取れる。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、2022年8月にはさらに1,500ニュー台湾ドルに増額する。

また「私立幼児園」に一般家庭の5歳児が通う場合、保護者は育児手当と同額の学費補助金を受け取れる。

小学校から高校まで12年間の義務教育。

6-17歳の学齢児童の教育は無償である。

第2子・第3子以降 現在:第3子から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する。

総合所得税率(世帯全体の所得税率)が20%以下の一般家庭(年間所得123万ニュー台湾ドル以下の世帯):幼児1人につき毎月4,000ニュー台湾ドル(保護者負担軽減補助金)を補助する。

中低所得世帯の場合:毎月1人あたり6,000ニュー台湾ドルを補助する。

低所得世帯の場合:毎月1人あたり8,000ニュー台湾ドルを補助する。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、そして第2子政府はさらに1,000ニュー台湾ドル及び第3子以降政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、第2子保護者の毎月の負担を2,000ニュー台湾ドル及び第3子以降保護者の毎月の負担を3,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに保育サービスの補助金1,500ニュー台湾ドルに増額する。

現在:第3子から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する。

総合所得税率(世帯全体の所得税率)が20%以下の一般家庭(年間所得123万ニュー台湾ドル以下の世帯):幼児1人につき毎月7,000ニュー台湾ドル(保護者負担軽減補助金)を補助する。

中低所得世帯の場合:毎月1人あたり9,000ニュー台湾ドルを補助する。

低所得世帯の場合:毎月1人あたり1.1万ニュー台湾ドルを補助する。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、そして第2子政府はさらに1,000ニュー台湾ドル及び第3子以降政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、第2子保護者の毎月の負担を2,000ニュー台湾ドル及び第3子以降保護者の毎月の負担を3,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに保育サービスの補助金1,500ニュー台湾ドルに増額する。

現在:第3子から学費(入園料や保育料)の無償化(幼児1人につき毎月1,500ニュー台湾ドルを負担する)。

中低所得世帯と低所得世帯の幼児が通う場合は無料。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、そして第2子政府はさらに1,000ニュー台湾ドル及び第3子以降政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、第2子保護者の毎月の負担を2,000ニュー台湾ドル及び第3子以降保護者の毎月の負担を3,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに500ニュー台湾ドルに軽減する。

現在:第3子から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する(幼児1人につき毎月2,500ニュー台湾ドルを負担する)。

中低所得世帯と低所得世帯の幼児が通う場合は無料。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、そして第2子政府はさらに1,000ニュー台湾ドル及び第3子以降政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、第2子保護者の毎月の負担を2,000ニュー台湾ドル及び第3子以降保護者の毎月の負担を3,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに500ニュー台湾ドルに軽減する。

現在:第3子から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、保護者の毎月の負担を1,000ニュー台湾ドル軽減する(幼児1人につき毎月3,500ニュー台湾ドルを負担する)。

中低所得世帯と低所得世帯の幼児が通う場合は無料。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、そして第2子政府はさらに1,000ニュー台湾ドル及び第3子以降政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、第2子保護者の毎月の負担を2,000ニュー台湾ドル及び第3子以降保護者の毎月の負担を3,000ニュー台湾ドル軽減する、2022年8月にはさらに500ニュー台湾ドルに軽減する。

現在:第3子以降はさらに1,000ニュー台湾ドルが支給される。

「公共化」もしくは「準公共化」サービスも受けていないならば、0歳から4歳までの幼児がいた場合:幼児1人あたり毎月3,500ニュー台湾ドル、年間で4.2万ニュー台湾ドルが受け取れる。

中低所得世帯の場合:幼児1人あたり毎月5,000ニュー台湾ドル(年間で6万ニュー台湾ドル)。

低所得世帯の場合:幼児1人あたり毎月6,000ニュー台湾ドル(年間で7.2万ニュー台湾ドル)を受け取れる。

2021年8月から政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、そして第2子政府はさらに1,000ニュー台湾ドル及び第3子以降政府はさらに1,000ニュー台湾ドル上乗せし、2022年8月にはさらに1,500ニュー台湾ドルに増額する。

また「私立幼児園」に一般家庭の5歳児が通う場合、保護者は育児手当と同額の学費補助金を受け取れる。

小学校から高校まで12年間の義務教育。

6-17歳の学齢児童の教育は無償である。

外国人専門人員の就業促進対策

台湾の外国専業人材(外国人専門人員)の招聘雇用の促進および国際競争力の向上のために、2017年10月31日に「外国専業人才延攬及雇用法(外国籍専門人員募集及び雇用法)」を可決、2018年2月8日より施行。法案では外国専業人材(外国人専門人員)を一般外国専業人材(一般の外国籍専門人員、芸術家塾講師を含む)、外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)、外国高度専業人材(外国籍高度専門人員)に分類。外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)は、所管機関が定めるテクノロジー(科学技術)、経済、教育、文化芸術、スポーツ、金融、法律、建築設計の8大分野における高い専門性や技術力を持つ人材と定義される。同法律は外国籍で特定の専門人員(外国特定専業人材)を台湾に招聘することが目的。就労ビザや居留規定(在留資格)の緩和、租税優遇、健康保険、定年退職、求職者への停留ビザの発給などによって外国人により優しい環境を整えることで、高い専門性や優れた技能を有する外国人の台湾での就労を促す。テクノロジー(科学技術)、経済、教育、文化芸術、スポーツ、金融、法律、建築設計の8大分野で特定の人材(高度の専門的な能力を有する人材)を台湾に招聘することを目指す。対象例は以下の通り[120][121]

A:テクノロジー(科学技術)分野では、ナノテクノロジー、AI(人工知能)、IoTモノのインターネット)、VR(バーチャルリアリティ)など先端技術の上で傑出した研究開発とデザイン、もしくはスタートアップの実績を持つ人員。

B:経済分野では、半導体バイオ医療材料、グリーンエネルギー(再生可能エネルギー)などの企業で専門的、もしくは分野を超えた総合的な職務に就いていた人員。

C:金融分野では、フィンテック(FinTec)、デジタル経済などの産業が必要とする金融分野の専門人員[120][121]

こうした専門人員を台湾に引き付けるための具体的な措置は以下の通り。

A:「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」の在留期間を最長5年まで延長される(この期間は更新することができる)。

B:「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」としての「就業金卡(就業ゴールドカード)」を発行する(有効期間は1~3年とし、期間満了後に再申請できる)。これは「工作許可(就労許可)」、「居留簽證(居留ビザ)」、「外僑居留証(外国人居留証)」、「重入国許可(再入国許可)」の四つの証明を一つにまとめたもので、これを取得した人は台湾における自由な求職活動と転職が可能になる。

C:初めて台湾に居留する「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」には、最初の3年間、給与所得で年間300万ニュー台湾ドルを超えた部分に対する課税を半額とする租税優遇措置を提供する。

D:永久居留権(永住権)を取得した「外国専業人材(外国人専門人員)」はこれまで、永久居留証を取得した翌年以降、年間滞在日数が183日に満たない場合、永久居留証が取り消されるという規定があったが、この規定が廃止された。

E:全民健康保険(日本の国民健康保険に相当)加入に関する制限を緩和し(台湾滞在満6カ月の要件を廃止)、定年退職に関連した保障も強化する(永久居留権(永住権)を取得する「外国専業人材(外国人専門人員)」は、労働者定年退職金条例を適用する。国公立の学校に雇用される現職の専任教師については、台湾の国公立学校教員と同じ退職金制度が適用される。また、退職金を全額一度に受け取るか、月払いで受け取るかを選択することができる。)。さらに配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請に関する規定も緩和(「外国専業人才(外国人専門人員)」が永久居留証(永住権)を取得した場合、その配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女についても、一定の条件を満たせば永久居留証(永住権)を取得できる。)、成人した子女には就労許可などを与える。

これとは別に、「一般外国専業人材(一般の外国籍専門人員)」にも「求職ビザ」を発給し、台湾での職探しをしやすくする(台湾において「一般外国専業人材(一般の外国籍専門人員)」に該当する職業の就職活動を行う場合、在留期間最長6カ月の停留ビザを発行する)。また、フリーの芸術家(アーティスト)が台湾で自由に依頼を受けたり、創作活動を行うことを認める。さらに予備校や学習塾が専門知識や技術を有する外国籍教師を雇用することを認める[120][121]

従来、外国人は外国語の教師でなければ予備校や学習塾で教えることはできなかったが、「外国籍専門人員募集及び雇用法」では専門知識や技術を持つ外国人が予備校や学習塾で授業を行うことを認める。経済部(日本の経済産業省に相当)ではすでに、例えばエレクトロニック・スポーツの選手など、コンピューターゲームCG動画、VR(バーチャルリアリティ)・AR(拡張現実)などの産業で雇用される外国人が予備校や学習塾で実際の技術を教えることを認めると予告している[120][121]

また、経済部、科技部(日本の文部科学省に相当)、教育部(日本の文部科学省に相当)などの関係部署はさらに、「外国特定専業人才((外国籍で特定の専門人員))」として認められる外国人の資格要件も予告中。それによれば、給与は文化芸術及びスポーツ分野の人員を除いて、月額16万ニュー台湾ドル以上。さらに学歴や特殊な専門能力などの面でも条件が定められる[120][121]

これら「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」は「就業金卡(就業ゴールドカード、「工作許可(就労許可)」、「居留簽證(居留ビザ)」、「外僑居留証(外国人居留証)」、「重入国許可(再入国許可)」等4機能を含む)」を申請でき,自由に仕事を探し,転職することも可能。また,來台して3年間は年間收入が300万ニュー台湾ドルを超えた部分の課稅は半額となる[120][121]

この「就業金卡(就業ゴールドカード)」を取得した外国人は、雇用者を通して就労許可を申請することなく、自由に求職活動や転職活動を行うことができるほか、台湾へやって来る家族についても最長1年間の停留が認められることになる(「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」の直系尊属の訪問ビザの停留期間を1年までに延長する)。初めて台湾で生活する外国人の場合は、その課税年度の翌年から起算して3年間、年収300万ニュー台湾ドルを超える部分の半額を、総合所得税免除の対象とする優遇措置が適用される。「就業金卡(就業ゴールドカード)」の申請があれば、関連省庁が30日以内にあらゆる審査を行う。最も早ければ2週間程度でカードが発行されるという[120][121]

工作許可(就労許可)の申請先では、台湾の雇用者が外国専業人材(外国人専門人員)を雇用する場合は、これまで通り労働部(日本の厚生労働省に相当)に申請する必要があるが、教育機関が外国人講師を雇用する場合の申請機関は教育部となる。「外国専業人才延攬及雇用法(外国籍専門人員募集及び雇用法)」は、香港、マカオ地域の住民も対象となる。

従来、外国人が働くために台湾にやって来るには、まず台湾に雇い主がいることが条件だったが、新たな法律では「求職ビザ」で台湾にやって来て仕事を探すことが出来るようになる(台湾において「一般外国専業人材(一般の外国籍専門人員)」に該当する職業の就職活動を行う場合、在留期間最長6カ月の停留ビザを発行する)。同ビザの発給対象は年間で2,000人が上限。外交部(日本の外務省に相当)はすでに申請条件を予告している。それによれば、条件は働いた経験があること、過去6カ月の平均給与が4万7,971ニュー台湾ドル以上であること。また、働いた経験が無い場合は、世界の大学ランキング上位500校を卒業していることが条件。また、フリーの芸術家(アーティスト)が雇用者を経ないまま、個人での労働許可を申請できるようにする。文化部(日本の文部科学省に相当)は関連の規定を予告中。映画や流行音楽、テレビ、ラジオ関連の事業に従事していて資格を満たす人は、台湾にやって来て働くことを申請できる[120][121]

外国人専門人員の招聘に向けて、国として手続き上での環境を整備する。政府は国家レベルの人材誘致プラットホームとして「Contact Taiwan」と単一窓口も開設した。 A:ワンストップ型の申請プラットフォームを設置する。内政部(日本の総務省に相当)はすでに「外国専業人材申辦窓口平台(外国籍専門人員申請窓口プラットフォーム」)を設置し[122]、「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」が「就業金卡(就業ゴールドカード)」をオンライン申請できるようにしており、台湾で手続きを行う上での利便性を大きく高めている。 B:「インターネットと実体の統合、世界とのリンク」というワンストップ型の人材募集メカニズムを確実に執行するため、関連の情報は国家レベルの人材招聘ポータルサイト、「Contact Taiwan」で公開する[123]。同時に、経済部の「招商投資服務中心(Invest Taiwan)」と連携し、専門スタッフによる人材募集とコンサルタントサービスを提供する[121]。外国の専門分野の人材はこれらのプラットホームを通じて台湾での就労を申請することができ、利便性が高まったほか、手続きも簡素化された。

なお、「一般外国専業人材(一般の外国籍専門人員)」、「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」の他、「外国高級専業人材(外国籍高度専門人員)」という資格も存在する。これは、「出入国及び移民法」が定める、国内で必要とされる「高級専業人材(高度専門人員)」のこと。科学、研究、商工業面での特殊な専門能力を持つ人員、及び国際的なコンテストで賞を受けた人などが対象[120][121]

経済移民政策

行政院は2018年11月29日、海外からの労働人口の流入増を図ることを目的とした「新経済移民法」の政府原案を閣議決定した。少子高齢化の加速で労働人口が将来的に減少すると予測される中、外国人や海外で生まれそのまま居住する台湾人(僑外生)の人材誘致を進める。「新経済移民法」は(1)「外国専業人才(外国人専門人員、専門性や技術力を持つ外国人)」、(2)「中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)」、(3)「投資移民」、(4)「海外国人及其後代(海外在住の台湾人及びその子女)」の永住権取得条件について定めるもの。香港及びマカオ住民も対象となる[124][125]

行政院は記者会見で、「新経済移民法案」の狙いは2つの問題を解決することだと説明した。そのうちの一つは、産業発展に必要な人材及びマンパワー不足問題。もう一つは少子化に伴う人口危機問題。行政院によると、「新経済移民法案」のうち「中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)」を対象にした部分では、台湾の雇用及び賃金水準に影響を与えないことを前提に、台湾に長年在住する華僑や外国人、台湾で長年働く外国人(台湾で働く期間が累積6年以上の外国人)などに優先的に永住権を与えるとしている。「中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)」の適用対象については(1)台湾の学校を卒業した元留学生、(2)台湾で既に一定期間働く(台湾で働く期間が累積6年以上)中級技能を持つ外国人(台湾で6年以上就労する中級技能を持つ外国人労働者)、(3)海外から新たに招聘する中級技能を持つ外国人の3つに分類し、これらの人々が台湾で働くための条件などを定めている[124][125]

また、台湾の賃金水準に衝撃を与えることを回避するため、「中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)」は賃金分布の70パーセンタイルに相当する月額最低賃金を雇用の条件とする。つまり、産業部門における「技術員(技術スタッフ)、助理専業人員(アシスタント専門スタッフ)、機械操作、組装人員(組立スタッフ)」の賃金分布の70パーセンタイルは4万1,393ニュー台湾ドルとなり、社会福祉部門の「健康照顧人員(介護スタッフ)」の賃金分布の70パーセンタイルは、政府が推進する「長期介護2.0計画」における介護要員と同水準の3万2,000ニュー台湾ドルとなる。台湾人と外国人労働者の賃金のバランスを取ることで、台湾の労働市場に与える衝撃を最低限に抑えるのが狙い[124][125]

この法律が適用されて台湾で雇用される「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」は、給与が月額16万ニュー台湾ドル以上(文化芸術及びスポーツ分野の人員を除いて)、台湾在住期間が連続3年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上であれば、永住権を申請することができる(外国人専門人員ポイント制による永住権取得条件の優遇措置が導入される)。また、同法律が適用されて台湾で雇用される「一般外国専業人材(一般の外国籍専門人員)」は、給与が月額5万2,842万ニュー台湾ドル以上、台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上であれば、永住権を申請することができる(外国人専門人員ポイント制による永住権取得条件の優遇措置が導入される)[124][125]

行政院によると、「新経済移民法案」では「中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)」のうち、(1)台湾の学校を卒業した元留学生、(2)台湾で既に一定期間働く(台湾で働く期間が累積6年以上)中級技能を持つ外国人(台湾で6年以上就労する中級技能を持つ外国人労働者)を優先して台湾につなぎとめるほか、(3)海外から新たに招聘する中級技能を持つ外国人についても雇用の条件を定めているが、この部分については行政院が改めて施行日を定めることになっている[124][125]

「中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)」の台湾での就労には月額最低賃金が定められるほか、中国語能力や過去の就労経験などの条件を審査する。また、雇用人数については産業別に割り当て(クオーター)を設けるほか、総量規制を行う。詳細については別途定める。この法律が適用されて台湾で雇用される「中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)」は、台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上であれば、永住権を申請することができる[124][125]

「新経済移民法案」では「中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)」について、「技術員、助理専業人員、技芸関連、機械設備操作人員」あるいは「主務官庁が人材不足と認定した技術人材」と定義している。また、適用対象は台湾で学ぶ外国人及び華僑留学生、海外青年技術訓練班及び新南向専班の学生、中級技能を有するその他の外国人となっている[124][125]

このほか、この法案では「投資移民」による永住権申請の条件が維持され、「営利事業に1,500万ニュー台湾ドル以上を投資し、且つ台湾人のための雇用機会を5件創出し、満3年以上経過した場合」及び「中央政府の公債に3,000万ニュー台湾ドル以上の額を投資して3年以上経過した場合」とされている[124][125]

基準 外国高級専業人材(外国籍高度専門人員) 外国特定専業人材

(外国籍で特定の専門人員)

一般外国専業人材

(一般の外国籍専門人員、芸術家や塾講師を含む)

中階外籍技術人力

(中級技能を持つ外国人)

投資移民
定義 〔入出国及び移民法25条3項2号〕に定める台湾に必要な高級専業人材を「外国高級専業人材(外国籍高度専門人員)」。 「外国専業人材」のうち、主務機関が指定する科技・経済等分野の特別な専門知識を有する者を「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」とし。 外国人専門人員、専門性や技術力を持つ外国人。芸術家や塾講師を含む。 中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)について、「技術員、助理専業人員、技芸関連、機械設備操作人員」あるいは「主務官庁が人材不足と認定した技術人材」と定義している。 台湾に移住し投資を行う「投資移民」。
対象 「出入国及び移民法」が定める、国内で必要とされる「高級専業人材(高度専門人員)」のこと。科学、研究、商工業面での特殊な専門能力を持つ人員、及び国際的なコンテストで賞を受けた人などが対象。 テクノロジー(科学技術)、経済、教育、文化芸術、スポーツ、金融、法律、建築設計の8大分野における高い専門性や技術力を持つ人材(8大分野で特定の高度の専門的な能力を有する人材)。 外国人専門人員、専門性や技術力を持つ外国人。芸術家や塾講師を含む。

1.〔就業服務法第46条1項1号~6号〕の職業に従事する者。

2. 専門知識または技術を有し、「補習教育法」に基づく公認の短期補習塾の教師。

中級技能を持つ外国人。

台湾の雇用及び賃金水準に影響を与えないことを前提に、台湾に長年在住する華僑や外国人、台湾で長年働く外国人などに優先的に永住権を与えるとしている。

適用対象:(1)台湾の学校を卒業した元留学生、(2)台湾で既に一定期間働く(台湾で働く期間が累積6年以上)中級技能を持つ外国人(台湾で6年以上就労する中級技能を持つ外国人労働者)、(3)海外から新たに招聘する中級技能を持つ外国人

中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)について、「技術員、助理専業人員、技芸関連、機械設備操作人員」あるいは「主務官庁が人材不足と認定した技術人材」と定義している。また、適用対象は台湾で学ぶ外国人及び華僑留学生、海外青年技術訓練班及び新南向専班の学生、中級技能を有するその他の外国人となっている。

中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)」は賃金分布の70パーセンタイルに相当する月額最低賃金を雇用の条件とする。

雇用人数については産業別に割り当て(クオーター)を設けるほか、総量規制を行う。詳細については別途定める。

1.「営利事業に1,500万ニュー台湾ドル以上を投資し、且つ台湾人のための雇用機会を5件創出し、満3年以上経過した場合」。

2.「中央政府の公債に3,000万ニュー台湾ドル以上の額を投資して3年以上経過した場合」。

外国専業人才(外国人専門人員、専門性や技術力を持つ外国人)として認められる外国人の資格要件 〔入出国及び移民法25条3項2号〕に定める台湾に必要な高級専業人材を「外国高級専業人材」とし、さらにそれぞれ優遇規定を適用する。 給与は文化芸術及びスポーツ分野の人員を除いて、月額16万ニュー台湾ドル以上。さらに学歴や特殊な専門能力などの面でも条件が定められる。 給与が月額5万2,842万ニュー台湾ドル以上。さらに学歴や特殊な専門能力などの面でも条件が定められる。
中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)として認められる外国人の資格要件 中級技能を持つ外国人。

中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)」は賃金分布の70パーセンタイルに相当する月額最低賃金を雇用の条件とする。

雇用人数については産業別に割り当て(クオーター)を設けるほか、総量規制を行う。詳細については別途定める。

台湾の雇用及び賃金水準に影響を与えないことを前提に、台湾に長年在住する華僑や外国人、台湾で長年働く外国人などに優先的に永住権を与えるとしている。

適用対象:(1)台湾の学校を卒業した元留学生、(2)台湾で既に一定期間働く(台湾で働く期間が累積6年以上)中級技能を持つ外国人(台湾で6年以上就労する中級技能を持つ外国人労働者)、(3)海外から新たに招聘する中級技能を持つ外国人

中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)について、「技術員、助理専業人員、技芸関連、機械設備操作人員」あるいは「主務官庁が人材不足と認定した技術人材」と定義している。また、適用対象は台湾で学ぶ外国人及び華僑留学生、海外青年技術訓練班及び新南向専班の学生、中級技能を有するその他の外国人となっている。

外国人専門職の来台「求職ビザ」申請の条件 同右。 1.外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)の給与は文化芸術及びスポーツ分野の人員を除いて、月額16万ニュー台湾ドル以上。さらに学歴や特殊な専門能力などの面でも条件が定められる。

2.外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)としての「就業金卡(就業ゴールドカード)」を発行する(有効期間は1~3年とし、期間満了後に再申請できる)。これは「工作許可(就労許可)」、「居留簽證(居留ビザ)」、「外僑居留証(外国人居留証)」、「重入国許可(再入国許可)」の四つの証明を一つにまとめたもので、これを取得した人は台湾における自由な求職活動と転職が可能になる。この「就業金卡(就業ゴールドカード)」を取得した外国人は、雇用者を通して就労許可を申請することなく、自由に求職活動や転職活動を行うことができる。

外国人専門職(一般外国専業人材(一般の外国籍専門人員))の来台「求職ビザ」の資格:

(一)一般外国専業人材(一般の外国籍専門人員)求職ビザ申請の条件:

1.就労経験があり、この6カ月間の平均給与または報酬額が4万7,971元ニュー台湾ドルであること。

2.卒業後一年以内で就労経験のない場合には、教育部(日本の文部科学省に相当)が発表した世界トップ500大学の卒業生であること。

3.外交部(日本の外務省に相当)が中央政府による目的事業の主管機関と検討し認定した者。香港・マカオの専門人員への求職条件は外国人の規定に準ずる。また、フリーの芸術家(アーティスト)が雇用者を経ないまま、個人での労働許可を申請できるようにする。文化部(日本の文部科学省に相当)は関連の規定を予告中。映画や流行音楽、テレビ、ラジオ関連の事業に従事していて資格を満たす人は、台湾にやって来て働くことを申請できる。

(二)求職ビザの発行総数は年間2,000名を上限とする。

(三)求職ビザは3カ月有効のマルチビザで、停留期限6カ月の停留ビザとなる(香港・マカオ住民は別途規定あり)。

申請窓口 同右。 政府は国家レベルの人材誘致プラットホームとして「Contact Taiwan」と単一窓口開設した。外国の専門分野の人材はこれらのプラットホームを通じて台湾での就労を申請することができ、利便性が高まったほか、手続きも簡素化された。

A:ワンストップ型の申請プラットフォームを設置する。

内政部(日本の総務省に相当)は既に「外国専業人材申辦窓口平台(外国籍専門人員申請窓口プラットフォーム」)を設置し、「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」が「就業金卡(就業ゴールドカード)」をオンライン申請できるようにしており、台湾で手続きを行う上での利便性を大きく高めている。

B:「インターネットと実体の統合、世界とのリンク」というワンストップ型の人材募集メカニズムを確実に執行するため、関連の情報は国家レベルの人材招聘ポータルサイト、「Contact Taiwan」で公開する。同時に、経済部の「招商投資服務中心(Invest Taiwan)」と連携し、専門スタッフによる人材募集とコンサルタントサービスを提供する。

同左。
永久居留権(永住権)取得条件 永住権即刻取得。 給与が月額16万ニュー台湾ドル以上(文化芸術及びスポーツ分野の人員を除いて)、台湾在住期間が連続3年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。

外国専業人材(外国人専門人員)ポイント制による永住権取得条件の優遇措置が導入される。

給与が月額5万2,842万ニュー台湾ドル以上、台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。

外国専業人材(外国人専門人員)ポイント制による永住権取得条件の優遇措置が導入される。

1.中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)は賃金分布の70パーセンタイルに相当する月額最低賃金を雇用の条件とする。

産業部門における「技術員(技術スタッフ)、助理専業人員(アシスタント専門スタッフ)、機械操作、組装人員(組立スタッフ)」:賃金分布の70パーセンタイルは月額4万1,393ニュー台湾ドル。

社会福祉部門の「健康照顧人員(介護スタッフ)」の賃金分布の70パーセンタイル:政府が推進する「長期介護2.0計画」における介護要員と同水準の月額3万2,000ニュー台湾ドル。

2.雇用人数については産業別に割り当て(クオーター)を設けるほか、総量規制を行う。詳細については別途定める。

3.賃金分布の70パーセンタイルに相当する月額最低賃金を雇用の条件、台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。

4.中国語能力や過去の就労経験などの条件を審査する。

1.「営利事業に1,500万ニュー台湾ドル以上を投資し、且つ台湾人のための雇用機会を5件創出し、満3年以上経過した場合」。

2.「中央政府の公債に3,000万ニュー台湾ドル以上の額を投資して3年以上経過した場合」。

優遇措置 1.政府は国家レベルの人材誘致プラットホームとして「Contact Taiwan」と単一窓口開設した。外国の専門分野の人材はこれらのプラットホームを通じて台湾での就労を申請することができ、利便性が高まったほか、手続きも簡素化された。内政部(日本の総務省に相当)はすでに「外国専業人材申辦窓口平台(外国籍専門人員申請窓口プラットフォーム」)を設置し、「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」が「就業金卡(就業ゴールドカード)」をオンライン申請できるようにしており、台湾で手続きを行う上での利便性を大きく高めている。

2.外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)在留期間を最長5年まで延長される(この期間は更新することができる)。

3.「就業金卡(就業ゴールドカード)」を発行する(有効期間は1~3年とし、期間満了後に再申請できる)。これは「工作許可(就労許可)」、「居留簽證(居留ビザ)」、「外僑居留証(外国人居留証)」、「重入国許可(再入国許可)」の四つの証明を一つにまとめたもので、これを取得した人は台湾における自由な求職活動と転職が可能になる。この「就業金卡(就業ゴールドカード)」を取得した外国人は、雇用者を通して就労許可を申請することなく、自由に求職活動や転職活動を行うことができるほか、台湾へやって来る家族についても最長1年間の停留が認められることになる(「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」の直系尊属の訪問ビザの停留期間を1年までに延長する)。

4. めて台湾に居留する外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)には、最初の3年間、給与所得で年間300万ニュー台湾ドルを超えた部分に対する課税を半額とする租税優遇措置を提供する。

5.永久居留権(永住権)を取得した外国専業人材(外国人専門人員)はこれまで、永久居留証を取得した翌年以降、年間滞在日数が183日に満たない場合、永久居留証が取り消されるという規定があったが、この規定が廃止された。

6. 全民健康保険(日本の国民健康保険に相当)加入に関する制限を緩和し(台湾滞在満6カ月の要件を廃止)、定年退職に関連した保障も強化する(永久居留権(永住権)を取得する外国専業人材(外国人専門人員)は、労働者定年退職金条例を適用する。国公立の学校に雇用される現職の専任教師については、台湾の国公立学校教員と同じ退職金制度が適用される。また、退職金を全額一度に受け取るか、月払いで受け取るかを選択することができる。)。

7. 家族の帯同:配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女。家族の帯同即刻取得。

8.配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請に関する規定も緩和(外国専業人才(外国人専門人員)が永久居留証(永住権)を取得した場合、その配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女についても、一定の条件を満たせば永久居留証(永住権)を取得できる。)、成人した子女には就労許可などを与える。

9. 配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請:永住権即刻取得。

1.政府は国家レベルの人材誘致プラットホームとして「Contact Taiwan」と単一窓口開設した。外国の専門分野の人材はこれらのプラットホームを通じて台湾での就労を申請することができ、利便性が高まったほか、手続きも簡素化された。内政部(日本の総務省に相当)はすでに「外国専業人材申辦窓口平台(外国籍専門人員申請窓口プラットフォーム」)を設置し、「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」が「就業金卡(就業ゴールドカード)」をオンライン申請できるようにしており、台湾で手続きを行う上での利便性を大きく高めている。

2.外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)在留期間を最長5年まで延長される(この期間は更新することができる)。

3.「就業金卡(就業ゴールドカード)」を発行する(有効期間は1~3年とし、期間満了後に再申請できる)。これは「工作許可(就労許可)」、「居留簽證(居留ビザ)」、「外僑居留証(外国人居留証)」、「重入国許可(再入国許可)」の四つの証明を一つにまとめたもので、これを取得した人は台湾における自由な求職活動と転職が可能になる。この「就業金卡(就業ゴールドカード)」を取得した外国人は、雇用者を通して就労許可を申請することなく、自由に求職活動や転職活動を行うことができるほか、台湾へやって来る家族についても最長1年間の停留が認められることになる(「外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)」の直系尊属の訪問ビザの停留期間を1年までに延長する)。

4. めて台湾に居留する外国特定専業人材(外国籍で特定の専門人員)には、最初の3年間、給与所得で年間300万ニュー台湾ドルを超えた部分に対する課税を半額とする租税優遇措置を提供する。

5.永久居留権(永住権)を取得した外国専業人材(外国人専門人員)はこれまで、永久居留証を取得した翌年以降、年間滞在日数が183日に満たない場合、永久居留証が取り消されるという規定があったが、この規定が廃止された。

6. 全民健康保険(日本の国民健康保険に相当)加入に関する制限を緩和し(台湾滞在満6カ月の要件を廃止)、定年退職に関連した保障も強化する(永久居留権(永住権)を取得する外国専業人材(外国人専門人員)は、労働者定年退職金条例を適用する。国公立の学校に雇用される現職の専任教師については、台湾の国公立学校教員と同じ退職金制度が適用される。また、退職金を全額一度に受け取るか、月払いで受け取るかを選択することができる。)。

7. 家族の帯同:配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女。家族の帯同即刻取得。

8.配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請に関する規定も緩和(外国専業人才(外国人専門人員)が永久居留証(永住権)を取得した場合、その配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女についても、一定の条件を満たせば永久居留証(永住権)を取得できる。)、成人した子女には就労許可などを与える。

9. 配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請:台湾在住期間が連続3年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。

1.政府は国家レベルの人材誘致プラットホームとして「Contact Taiwan」と単一窓口開設した。外国の専門分野の人材はこれらのプラットホームを通じて台湾での就労を申請することができ、利便性が高まったほか、手続きも簡素化された。内政部(日本の総務省に相当)はすでに「外国専業人材申辦窓口平台(外国籍専門人員申請窓口プラットフォーム」)を設置し、台湾で手続きを行う上での利便性を大きく高めている。

2.外国人専門職の来台「求職ビザ」の発給:一般外国専業人材(一般の外国籍専門人員)に「求職ビザ」を発給し、台湾での職探しをしやすくする(台湾において一般外国専業人材(一般の外国籍専門人員)に該当する職業の就職活動を行う場合、在留期間最長6カ月の停留ビザを発行する)。同ビザの発給対象は年間で2,000人が上限。外交部(日本の外務省に相当)はすでに申請条件を予告している。それによれば、条件は働いた経験があること、過去6カ月の平均給与が4万7,971ニュー台湾ドル以上であること。また、働いた経験が無い場合は、世界の大学ランキング上位500校を卒業していることが条件。また、フリーの芸術家(アーティスト)が雇用者を経ないまま、個人での労働許可を申請できるようにする。文化部(日本の文部科学省に相当)は関連の規定を予告中。映画や流行音楽、テレビ、ラジオ関連の事業に従事していて資格を満たす人は、台湾にやって来て働くことを申請できる。

3.フリーの芸術家(アーティスト)が台湾で自由に依頼を受けたり、創作活動を行うことを認める。さらに予備校や学習塾が専門知識や技術を有する外国籍教師を雇用することを認める。経済部(日本の経済産業省に相当)ではすでに、例えばエレクトロニック・スポーツの選手など、コンピューターゲーム、CG動画、VR(バーチャルリアリティ)・AR(拡張現実)などの産業で雇用される外国人が予備校や学習塾で実際の技術を教えることを認めると予告している。

4.永久居留権(永住権)を取得した外国専業人材(外国人専門人員)はこれまで、永久居留証を取得した翌年以降、年間滞在日数が183日に満たない場合、永久居留証が取り消されるという規定があったが、この規定が廃止された。

5.全民健康保険(日本の国民健康保険に相当)加入に関する制限を緩和し(台湾滞在満6カ月の要件を廃止)、定年退職に関連した保障も強化する(永久居留権(永住権)を取得する外国専業人材(外国人専門人員)は、労働者定年退職金条例を適用する。国公立の学校に雇用される現職の専任教師については、台湾の国公立学校教員と同じ退職金制度が適用される。また、退職金を全額一度に受け取るか、月払いで受け取るかを選択することができる。)。

6. 家族の帯同:配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女。家族の帯同即刻取得。

7.配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請に関する規定も緩和(外国専業人才(外国人専門人員)が永久居留証(永住権)を取得した場合、その配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女についても、一定の条件を満たせば永久居留証(永住権)を取得できる。)、成人した子女には就労許可などを与える。

8. 配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請:台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。

1. 全民健康保険(日本の国民健康保険に相当)加入に関する制限を緩和し(台湾滞在満6カ月の要件を廃止)。

2.家族の帯同:配偶者、未成年の子女。中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)一定の条件(永住権を取得したまたは一定の賃金水準)を満たせば家族の帯同を取得できる。

3. 配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請:永久居留権(永住権)を取得した中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)はこれまで、永久居留証を取得した翌年以降、 配偶者や子女は台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上、一定の条件(一定の財産または技能の検定合格証書)を満たせば永久居留証(永住権)を取得できる。

1.全民健康保険(日本の国民健康保険に相当)加入に関する制限を緩和し(台湾滞在満6カ月の要件を廃止)。

2.家族の帯同:配偶者、未成年の子女。家族の帯同即刻取得。

3.配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請:永住権即刻取得。

4.永久居留権(永住権)を取得する投資移民外国人:保護者負担軽減補助金、育児手当、労働者定年退職金、就業保険、介護制度、生活保護や社会福祉が適用される。

永久居留権(永住権)を取得する外国人の優遇措置 1.永久居留権(永住権)を取得した外国専業人材(外国人専門人員)はこれまで、永久居留証を取得した翌年以降、年間滞在日数が183日に満たない場合、永久居留証が取り消されるという規定があったが、この規定が廃止された。

2.定年退職に関連した保障強化する(永久居留権(永住権)を取得する外国専業人材(外国人専門人員)は、労働者定年退職金条例を適用する。国公立の学校に雇用される現職の専任教師については、台湾の国公立学校教員と同じ退職金制度が適用される。また、退職金を全額一度に受け取るか、月払いで受け取るかを選択することができる。)。

3.家族の帯同:配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女。家族の帯同即刻取得。

4.配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請に関する規定も緩和(外国専業人才(外国人専門人員)が永久居留証(永住権)を取得した場合、その配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女についても、一定の条件を満たせば永久居留証(永住権)を取得できる。)、成人した子女には就労許可などを与える。

5. 配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請:永住権即刻取得。

6. 保護者負担軽減補助金、育児手当、労働者定年退職金、就業保険、介護制度、生活保護や社会福祉が適用される。

7.類国民待遇。

1.永久居留権(永住権)を取得した外国専業人材(外国人専門人員)はこれまで、永久居留証を取得した翌年以降、年間滞在日数が183日に満たない場合、永久居留証が取り消されるという規定があったが、この規定が廃止された。

2. 定年退職に関連した保障強化する(永久居留権(永住権)を取得する外国専業人材(外国人専門人員)は、労働者定年退職金条例を適用する。国公立の学校に雇用される現職の専任教師については、台湾の国公立学校教員と同じ退職金制度が適用される。また、退職金を全額一度に受け取るか、月払いで受け取るかを選択することができる。)。

3. 家族の帯同:配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女。家族の帯同即刻取得。

4.配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請に関する規定も緩和(外国専業人才(外国人専門人員)が永久居留証(永住権)を取得した場合、その配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女についても、一定の条件を満たせば永久居留証(永住権)を取得できる。)、成人した子女には就労許可などを与える。

5. 配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請:台湾在住期間が連続3年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。

6. 保護者負担軽減補助金、育児手当、労働者定年退職金、就業保険、介護、生活保護や社会福祉が適用される。

7.類国民待遇。

1.永久居留権(永住権)を取得した外国専業人材(外国人専門人員)はこれまで、永久居留証を取得した翌年以降、年間滞在日数が183日に満たない場合、永久居留証が取り消されるという規定があったが、この規定が廃止された。

2.定年退職に関連した保障強化する(永久居留権(永住権)を取得する外国専業人材(外国人専門人員)は、労働者定年退職金条例を適用する。国公立の学校に雇用される現職の専任教師については、台湾の国公立学校教員と同じ退職金制度が適用される。また、退職金を全額一度に受け取るか、月払いで受け取るかを選択することができる。)。

3. 家族の帯同:配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女。家族の帯同即刻取得。

4.配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請に関する規定も緩和(外国専業人才(外国人専門人員)が永久居留証(永住権)を取得した場合、その配偶者、未成年の子女、心身障害者であるため生活能力がない20歳以上の子女についても、一定の条件を満たせば永久居留証(永住権)を取得できる。)、成人した子女には就労許可などを与える。

5. 配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請:台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。

6. 保護者負担軽減補助金、育児手当、労働者定年退職金、就業保険、介護制度、生活保護や社会福祉が適用される。

7.類国民待遇。

1. 家族の帯同:配偶者、未成年の子女。中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)一定の条件(永住権を取得したまたは一定の賃金水準)を満たせば家族の帯同を取得できる。

2. 配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請:永久居留権(永住権)を取得した中階外籍技術人力(中級技能を持つ外国人)はこれまで、永久居留証を取得した翌年以降、 配偶者や子女は台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上、一定の条件(一定の財産または技能の検定合格証書)を満たせば永久居留証(永住権)を取得できる。

3. 保護者負担軽減補助金、育児手当、労働者定年退職金、就業保険、介護制度、生活保護や社会福祉が適用される。

4.類国民待遇。

1. 家族の帯同:配偶者、未成年の子女。家族の帯同即刻取得。

2. 配偶者や子女の永久居留権(永住権)申請:永住権即刻取得。

3. 保護者負担軽減補助金、育児手当、労働者定年退職金、就業保険、介護制度、生活保護や社会福祉が適用される。

4.類国民待遇。

帰化 台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。 台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。 台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。 台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。 台湾在住期間が連続5年以上、年間の平均滞在日数が毎年183日以上。

下水道整備

台湾は分流式下水道(下水道には「汚水」と「雨水」を別々の下水道管に流す)を採用し、2020年12月における台湾の汚水処理人口普及率(汚水処理区域内人口/総人口)は64.48%となっている。2020年12月における台湾の公共汚水下水道用戶接管普及率(汚水下水道接続率(公共汚水下水道已接管戶数/総戶数))は37.93%となっている[126]。また、2019年における台湾の雨水下水道(雨水を排除・処理する下水道)整備達成率は77.03%となっている[127]


注釈

  1. ^ 国家については、中華民国を参照。
  2. ^ 台湾を本土と見なすか否か(台湾問題)は、両岸関係または台湾独立を巡る泛緑連盟泛藍連盟との対立もからむ複雑な問題である。
  3. ^ 台湾を統治する中華民国と中華人民共和国は別個の国家として事実上並立しているが、中華民国は中華人民共和国を国家承認していない。そのため、中華民国の政府機関(大陸委員会等)や台湾の報道機関中央通訊社等)は中華人民共和国を「中国大陸」と表記している。
  4. ^ 『太平御覽』が次の記述を再録している。(ウィキソース wikisource:zh:太平御覽/0780
    《臨海水土志》曰:夷州在臨海東南,去郡二千里。土地無雪霜,草木不死。四面是山,眾山夷所居。山頂有越王射的,正白,乃是石也。此夷各號為王,分畫土地,人民各自別異。人皆髠頭穿耳,女人不穿耳。作室居,種荊為蕃鄣。土地饒沃,既生五穀,又多魚肉。舅姑子歸男女,臥息共一大床。交會之時,各不相避。能作細布,亦作斑文布,刻畫其内,有文章,以為飾好也。其地亦出銅、鐵,惟用鹿矛以戰鬥耳。磨礪青石,以作矢鏃、刃斧,環貫珠璫。飲食不潔。取生魚肉,雜貯大器中,以鹵之,歴日月乃啖食之,以為上肴。呼民人為「彌麟」,如有所召,取大空材,材十余丈,以著中庭。又以大杵,旁舂之,聞四五里,如鼓,民人聞之,皆往馳赴會。飲食皆踞相對。鑿木作器,如狶槽狀,以魚肉腥臊安中,十十五五共食之。以粟為酒,木槽貯之,用大竹筒長七寸許飲之。歌似犬嗥,以相娯樂。得人頭,斫去腦,駁其面肉,留置骨,取大毛染之,以作鬢眉發編,具齒以作口,自臨戰鬥時用之,如假面状。此是夷王所服。戰得頭,著首。還,於中庭建一大材,高十余丈,以所得頭差次掛之。歴年不下,彰示其功。又甲家有女,乙家有男,仍委父母往就之居,與作夫妻,同牢而食。女以嫁,皆缺去前上一齒。
    又曰:安家之民,悉依深山,架立屋舍於棧格上,似樓状。居處飲食,衣服被飾,與夷州民相似。父母死亡,殺犬祭之,作四方丞以盛尸。飲酒歌舞畢,仍懸著高山岩石之間,不埋土中作冢槨也。男女悉無履。今安陽羅江縣民,是其子孫也。皆好猴頭羹,以菜和中,以醒酒;雜五肉,霍不及之。其俗言:「寧自負人千石之粟,不願負人猴頭羹霍」。
  5. ^ 尖閣諸島は日本が実効支配しているが、中華民国政府も「釣魚台列嶼」という名称で領有権を主張している。
  6. ^ 小学校から高校まで12年間を義務教育とする措置が執られるようになった[92]

出典

  1. ^ Chapter XIII. Fundamental National Policies”. Office of the President of the Republic of China. 2011年5月2日閲覧。 “The foreign policy of the Republic of China...in order to protect the rights and interests of Chinese citizens residing abroad”
  2. ^ CIA World Factbook- GDP (PPP)
  3. ^ Chan, Rachel (2009年6月17日). “Taiwan needs to boost public awareness on climate change: EU envoy”. China Post. http://www.chinapost.com.tw/life/environment/2009/06/17/212626/Taiwan-needs.htm 2009年7月22日閲覧。 
  4. ^ Yao, Grace; Yen-Pi Cheng and Chiao-Pi Cheng (2008-10-06). “The Quality of Life in Taiwan”. Social Indicators Research 92 (The Quality of Life in Confucian Asia: From Physical Welfare to Subjective Well-Being). "a second place ranking in the 2000 Economist's world healthcare ranking" 
  5. ^ 2010中華民國人類發展指數 (HDI) (PDF)” (Chinese). Directorate General of Budget, Accounting and Statistics, Executive Yuan, R.O.C. (2010年). 2010年7月2日閲覧。
  6. ^ 台湾の自由度、アジア2位 トップは日本=米人権団体 中央社フォーカス台湾 2021年3月4日
  7. ^ a b 世界で最も裕福な国 トップ29 BUSINESS INSIDER JAPAN 2018年5月24日。
  8. ^ 国情統計通報(第 206 号) 行政院主計総処 2018年10月30日公表。
  9. ^ ジェンダー平等、台湾はアジア首位 世界で8位=行政院 中央社フォーカス台湾 2019年2月18日
  10. ^ Number of Villages, Neighborhoods, Households and Resident Population”. MOI Statistical Information Service. 2014年2月2日閲覧。
  11. ^ ウィキソース『wikisource:zh:三國志/卷47
  12. ^ 林田芳雄「ラメイ島原住民族討滅の記 -蘭領台湾時代の悲劇-」(所収:『山根幸夫教授追悼記念論叢 明代中国の歴史的位相 下巻』(汲古書院、2007年) ISBN 978-4-7629-2814-7 P182-183)
  13. ^ 【日々是世界 国際情勢分析】「地位未定」発言で日台膠着状態 - 産経ニュース 2009年7月28日(2009年7月31日時点のアーカイブ
  14. ^ 「台湾独立」反対を強調…中国で政協が開幕 読売新聞オンライン 2019-09-26閲覧
  15. ^ 李登輝が「台湾独立」を明言しないワケ 2019-09-26閲覧
  16. ^ a b 109年第4季経済成長率saar為5.84%,yoy為5.09%,全年成長3.11%;予測110年成長4.64% 行政院主計総処 2021年2月20日公表
  17. ^ World Economic Outlook Database, October 2020 IMF 2021年1月16日閲覧。
  18. ^ a b 内閣府による県民経済計算 内閣府
  19. ^ 豊かなアジア、1人当たりGDPで日本猛追 台湾、購買力平価ベースで日本抜く 『日本経済新聞』 2010年9月5日
  20. ^ World Economic Outlook Database, October 2018 IMF 2018年10月9日閲覧。
  21. ^ World Economic Outlook Database, October 2020 IMF 2021年1月31日閲覧。
  22. ^ 国民所得統計及国内経済情勢展望 行政院主計総処 2020年2月12日公表
  23. ^ a b 第3回アジア経済中期予測(2017-2030年) 日本経済研究センター 2017年12月5日発表
  24. ^ World Economic Outlook Database, October 2018 IMF 2018年10月9日閲覧。
  25. ^ The Global Competitiveness Report 2016–2017 World Economic Forum 2016年9月28日公表
  26. ^ IMD World Competitiveness Yearbook 2016 IMD 2016年7月公表
  27. ^ The IMD World Digital Competitiveness Ranking 2017 IMD 2017年5月公表
  28. ^ 台湾、脱原発法を可決 アジアで初、2025年廃炉 再生エネ拡大へ 産経新聞 2017年1月11日
  29. ^ 台湾:「脱原発法」成立 「25年までに全て停止」 毎日新聞 2017年1月11日
  30. ^ 台湾、風力発電普及に本腰 2025年までに4.2ギガワットへ 中央社フォーカス台湾 2017年6月2日
  31. ^ マイクロソフト、台湾にAIの研究施設設置 世界大手による投資相次ぐ 中央社フォーカス台湾 2018年1月11日
  32. ^ グーグル、HTCの「Pixel」開発チーム買収を完了 CNET Japan 2018年1月31日
  33. ^ AI人材の宝庫、台湾 米企業がエンジニア争奪戦 Forbes JAPAN 2018年4月8日
  34. ^ AI開発の新拠点・台湾 米大手の取り組みで急浮上 Impress Watch 2018年4月16日
  35. ^ NVIDIAと台湾の科学技術省が提携、AI研究を加速 IoT NEWS 2018年6月6日
  36. ^ 【台湾】クアルコム、台湾に研究拠点2カ所設立へ NNA 2018年9月28日
  37. ^ 【台湾】米クアルコム、竹科でCOMET着工 NNA 2019年7月1日
  38. ^ 【台湾】米シスコ、新北にア太初のソフト開発拠点 NNA 2021年1月15日
  39. ^ 台湾の競争力、世界8位に上昇 「経済状況」の項目で大きく躍進 中央社フォーカス台湾 2021年6月17日
  40. ^ 2021 Index of Economic Freedom The Heritage Foundation 2021年3月5日閲覧
  41. ^ 台湾の経済自由度、史上最高位の6位に躍進 日本、韓国上回る 中央社フォーカス台湾 2021年3月5日
  42. ^ 2018年版「ビジネスに最適な国」評価、英国が初の首位 日本は21位 Forbes JAPAN 2017年12月27日
  43. ^ a b 109年全年工業及服務業受雇員工人数平均為795萬5千人,全年毎人毎月総薪資平均為54,320元 行政院主計総処 2021年2月19日公表
  44. ^ 薪情平台 - 毎人毎月総薪資 - 工業及服務業 - 性別 - 統計値 & 較上年同期増減率 行政院主計総処 2021年2月19日閲覧
  45. ^ 108年事業人力雇用状況調査(員工報酬及進退等概況)統計結果 行政院主計総処 2020年9月29日公表
  46. ^ 108年工業及服務業受雇員工全年総薪資中位数及分布統計結果 行政院主計総処 2020年12月23日公表
  47. ^ World Economic Outlook Database, April 2019 IMF 2019年6月22日閲覧。
  48. ^ a b 表2 原国民幸福指数指標統計表 行政院主計総処 2018年6月4日公表
  49. ^ Average wages OECD Data
  50. ^ Average annual wages OECD iLibrary
  51. ^ a b 105 年家庭收支調査報告 行政院主計総処 2017年10月公表
  52. ^ a b 106年家庭收支調査新聞稿 行政院主計総処 2018年8月17日公表
  53. ^ 105年家庭收支調査新聞稿 行政院主計総処 2017年8月18日公表
  54. ^ 平成28年 国民生活基礎調査の概況 厚生労働省 2017年6月27日公表
  55. ^ 統計表一覧 政府統計の総合窓口 平成28年国民生活基礎調査 総務省統計局 2017年6月27日公表
  56. ^ 台北市家庭收支訪問調査報告 台北市政府主計処 2018年10月公表
  57. ^ 統計表一覧 政府統計の総合窓口 平成26年全国消費実態調査 地域編 - 総世帯 総務省統計局 2016年3月25日公表
  58. ^ a b Allianz Global Wealth Report 2020: Wealth immunity Allianz SE 2020年9月23日
  59. ^ a b グローバル・ウェルス・レポート 2015 Credit Suisse 2015年10月公表
  60. ^ 三三会のあらましについて(2018年12月1日閲覧)。
  61. ^ 「日台企業の橋渡し役に みずほ銀 台湾経済団体と連携」日刊工業新聞』2018年11月7日(金融面)2018年12月1日閲覧。
  62. ^ 「大商、台湾経済団体と覚書 企業連携・相互進出促す」日刊工業新聞』2016年3月23日(地域経済面)2018年12月1日閲覧。
  63. ^ Goodinfo!台灣股市資訊網
  64. ^ 富士通、三重の半導体製造子会社を台湾メーカーに売却 産経新聞 2018年6月29日
  65. ^ UMC、三重富士通セミコンダクターの株式100%取得で合意 富士通セミコンダクター株式会社 2018年6月29日公表
  66. ^ 国情統計通報(第 030 号) 行政院主計総処 2020年2月18日公表。
  67. ^ 台湾・桃園空港、世界ランクで15位に選出 入国審査部門では1位 中央社フォーカス台湾 2018年3月23日
  68. ^ 桃園空港 国際線旅客数や貨物取扱量が世界トップ10入り/台湾 中央社フォーカス台湾 2018年4月11日
  69. ^ 17年の運航便数、香港-台北が最多 国内線は金浦-済州、羽田路線も 英OAG Aviation Wire 2018年1月16日
  70. ^ On-time performance for airlines and airports and Top 20 busiest routes(Based on full year data 2017) 英OAG 2018年1月公表
  71. ^ Sim, Kiantek (2003), 前衛出版社中国語版, ISBN 9789578014022 
  72. ^ 台湾人の平均寿命81.3歳 過去最高を更新”. フォーカス台湾. 2021年8月6日閲覧。
  73. ^ 台湾、高齢社会に突入 7人に1人が65歳以上”. フォーカス台湾. 2020年5月7日閲覧。
  74. ^ 出生率が世界最低、17年から人口減少 NNA ASIA 2010年1月15日
  75. ^ 出生率が世界最低の0.895、加速する超高齢化 Taiwan Today 2011年8月19日
  76. ^ 台湾の人口、初めて減少 2020年に出生数急落”. AFP. 2021年1月10日閲覧。
  77. ^ 50年に人口2000万人割れへ 少子高齢化で、30年代に急加速”. NNA. 2020年3月4日閲覧。
  78. ^ 在台居留外僑 十年增逾八成”. 聯合新聞網. 2020年5月7日閲覧。
  79. ^ 赤松美和子・若松大祐『台湾を知るための60章』明石書店〈エリア・スタディーズ147〉、2016年8月25日、150頁。ISBN 978-4750343846
  80. ^ 金戸幸子 (2013年12月). “グローバル化時代の台湾における日本人コミュニティの変容”. 日中社会学研究 = Journal of Japan-China sociological studies (21) (日中社会学会): p. 67-77 
  81. ^ 台湾移民署(2008年12月24日時点のアーカイブ
  82. ^ Hui-ling Chen (2020年7月3日). “Taiwanese / Chinese Identity(1992/06~2020/06)”. 国立政治大学. オリジナルの2020年7月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200711153142/https://esc.nccu.edu.tw/course/news.php?Sn=166 
  83. ^ 村井友秀 (2021年5月7日). “「運命共同体」台湾が侵攻されると日本に何が起きるのか 台湾問題を考える3つのポイント”. JBpress (日本ビジネスプレス). オリジナルの2021年5月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210507094709/https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65124 
  84. ^ 李登輝 (2013年5月). “台湾が感動した安倍総理の友人発言”. Voice (PHP研究所): p. 42. https://books.google.co.jp/books?id=Lrxf36yn1VwC&pg=PT42#v=onepage&q&f=false 
  85. ^ 李登輝 (2013年5月). “台湾が感動した安倍総理の友人発言”. Voice (PHP研究所): p. 40. https://books.google.co.jp/books?id=Lrxf36yn1VwC&pg=PT40#v=onepage&q&f=false 
  86. ^ a b c d 西本秀 (2020年8月22日). “「私は台湾人」急増、20代は8割 薄れゆく中国人意識”. 朝日新聞. オリジナルの2020年8月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200822125440/https://www.asahi.com/articles/ASN8N4D3KN8JUHBI00P.html 
  87. ^ 中華民国旅券の氏名アルファベット表記、ビン南・客家・先住民語も使用可に”. 2019年9月11日閲覧。
  88. ^ 片倉佳史「台湾の言葉について」『旅の指さし会話帳8:台湾』第2版、情報センター出版局、2004年、p82-86、ISBN 978-4-7958-2593-2
  89. ^ クロード・アジェージュ「絶滅していく言語を救うために —ことばの死とその再生—」、白水社、2004年、p222、ISBN 4-560-02443-X
  90. ^ "World Population Prospects – Population Division – United Nations". 2017年7月23日閲覧
  91. ^ 現代台灣宗教與社會變遷之因果關係 李志夫‧文大教授兼法鼓學院籌備處主任
  92. ^ a b 亜州奈みずほ著『現代台湾を知るための60章』 明石書店 2008年 170ページ
  93. ^ 十二年国民基本教育 教育部国民及学前教育署 2017年12月22日閲覧
  94. ^ IMD World Talent Ranking 2017 IMD 2017年11月公表
  95. ^ 世界人材調査、台湾は23位 アジアで3位=スイスIMD 中央社フォーカス台湾 2017年11月22日
  96. ^ 林秀雄「台湾の家族法」黒木三郎(監修)『世界の家族法』敬文堂、1991年、239頁。
  97. ^ a b 清水秋雄「台湾の家族法の改正について」『二松学舎大学国際政経論集』13、2007年。
  98. ^ 笠原俊宏・徐瑞静「中華民国戸籍法の改正(下)」『戸籍時報』634、2008年。
  99. ^ Hogg, Chris (2003年10月28日). “BBC News”. BBC News. 2011年1月20日閲覧。
  100. ^ Look Who's Talking! (3 Dec) (2003年10月28日). “taiwan moves to recognise gay marriages”. Fridae.com. 2011年1月20日閲覧。
  101. ^ http://www.france24.com/en/20120811-taiwan-couple-same-sex-buddhist-wedding [リンク切れ]
  102. ^ http://nijipi.lgbt/news/550
  103. ^ “台湾、同性婚を合法化へ アジア初 憲法法廷が判断(17/05/24)”. 『日本経済新聞』. (2017年5月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H99_U7A520C1FF1000/ 2017年5月28日閲覧。 
  104. ^ “アジア初の同性婚法施行=結婚届け出受理始まる―台湾”. 時事通信. (2019年5月24日). オリジナルの2019年5月28日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20190528183405/https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052400999&g=int 2021年8月23日閲覧。 
  105. ^ 馬総統、「2016年国際女性デー懇親茶話会」に出席 台北駐日経済文化代表処 2016年3月9日
  106. ^ 我国106年「同酬日」為2月21日,較去年向前推進2天。 中華民国労働部 2017年2月24日公表
  107. ^ 台湾の企業トップ、女性比率は36% 過去最高に 中央社フォーカス台湾 2017年1月10日
  108. ^ Women, Business and the Law World Bank Group 2019年3月公表
  109. ^ ジェンダー平等、台湾は91.25点 日本は79.38点=世銀調査 中央社フォーカス台湾 2019年3月6日
  110. ^ 観光局行政資訊系統 【観光統計年報】- 歷年中華民国国民出国人数統計(1980~ ) 中華民国交通部観光局 2018年1月3日閲覧
  111. ^ 【台湾】19年の台湾人出境3%増、日本行きが首位 NNA 2020年2月27日
  112. ^ 統計データ(訪日外国人・出国日本人) 日本政府観光局(JNTO) 2019年3月6日閲覧
  113. ^ 17年の台湾寄港クルーズ船客、最多114万人 NNA ASIA 2018年2月28日
  114. ^ 106年7月職類別薪資調査統計結果。 中華民国労働部 2018年5月31日公表
  115. ^ 労働部職類別薪資調査動態査詢 中華民国労働部 2018年6月1日閲覧
  116. ^ a b c d 育児手当の支給対象拡大、少子化対策強化 NNA ASIA 2018年5月17日
  117. ^ a b c d 政院提出持続加速教保服務公共化等策略 改善我国少子女化問題 行政院 2018年5月16日公表
  118. ^ a b c 我国少子女化対策(2-5歳幼児教育及照顧篇) 全国教保資訊網 2018年9月12日閲覧
  119. ^ a b c 蘇揆:加津貼、増名額、減負担  0–6歲国家一起養 行政院 2021年2月4日公表
  120. ^ a b c d e f g h i 外国人人材の台湾での就労促進へ 関連法案が国会通過 中央社フォーカス台湾 2017年11月1日
  121. ^ a b c d e f g h i j 外国人就業規制・在留許可、現地人の雇用 - 外国専業人材の雇用についてー〔外国専業人材招聘雇用法〕の制定 JETRO ジェトロ(日本貿易振興機構) 2018年02月22日更新
  122. ^ 外国専業人材申辦窓口平台(外国籍専門人員申請窓口プラットフォーム) 中華民国内政部移民署 2018年5月27日閲覧
  123. ^ Contact Taiwan - 前往就業金卡申辦平台 中華民国経済部 2018年5月27日閲覧
  124. ^ a b c d e f g h 行政院会通過「新経済移民法」草案 行政院 2018年11月29日公表
  125. ^ a b c d e f g h 新経済移民法が閣議決定、人手不足解消に期待 NNA ASIA 2018年12月3日
  126. ^ 全国汚水下水道用戶接管普及率及整体汚水處理率統計表 中華民国内政部営建署 2021年1月19日公表
  127. ^ 台湾地區雨水下水道系統規画及実施率 中華民国内政部営建署 2020年3月16日公表
  128. ^ 台湾に行ったら「ベジタリアン」料理が凄すぎた - ヴィーガンではない人も満足する台湾素食
  129. ^ 台湾を知るための60章. 赤松和歌子、若松大祐.明石書店. (2016年8月25日 2016) 252頁
  130. ^ a b 那些年,我讀了超多垃圾”. 2018年5月21日閲覧。
  131. ^ 台湾世界遺産候補地”. 日本から台湾の世界遺産登録を応援する会. 2015年8月30日閲覧。
  132. ^ 韓国、台湾との協力も検討 慰安婦の記憶遺産登録計画で 2014/01/15 - フォーカス台湾
  133. ^ 台湾SABC ニュース 4月23日 Archived 2014年11月28日, at the Wayback Machine.
  134. ^ Taiwan Today 2024.9.24
  135. ^ 台湾 紙幣
  136. ^ 台湾プロ野球、存続の危機 八百長・経営難…4球団に - 朝日新聞 2008年11月17日(2008年11月17日時点のウェブ魚拓
  137. ^ 小川聖市. “初の国際大会 台北市カップ国際アマボクシング大会”. 十勝毎日新聞社. 2013年2月24日閲覧。
  138. ^ 親中派ニュースチャンネル、台湾が放映許可せず”. 日本経済新聞社. 2021年1月10日閲覧。
  139. ^ Freedom of the Press 2017 Freedom House 2017年4月28日公表
  140. ^ CLASSEMENT MONDIAL DE LA LIBERTÉ DE LA PRESSE 2018 REPORTERS SANS FRONTIERES 2018年4月25日公表
  141. ^ 報道の自由度、台湾が昨年に続きアジア首位=国境なき記者団 中央社フォーカス台湾 2018年4月25日
  142. ^ 「国境なき記者団」アジア初の事務所を台湾に開設 AFPBB News 2017年4月8日



.tw

(台湾 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/18 17:23 UTC 版)

.tw台湾国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)である。このドメイン名はISO 3166-1alpha-2の国名コードに基づいてつけられている。




  1. ^ ICANN Board Meeting Minutes”. ICANN (2010年6月25日). 2010年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月25日閲覧。


「.tw」の続きの解説一覧




台湾と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「台湾」に関係したコラム

  • 株365で取引される銘柄の一覧

    株365で取引されている銘柄数は4です。銘柄は東京金融取引所が定めたもので、どの証券会社でも同じ銘柄になっています。▼日経225証拠金取引日経平均株価(日経225)を基準に価格が決定されます。NKY/...

  • 株365の制限値幅は

    株365では、日経225証拠金取引とFTSE TWSE台湾50証拠金取引の2銘柄について制限値幅を設けています。制限値幅により、その銘柄の1日の価格の変動幅が制限されます。制限値幅は、銘柄の価格により...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの先物の限月とは

    CFDの先物の限月(げんげつ)とは、株価指数先物や商品先物などの取引が終了する月のことです。例えば、日経平均株価(日経225)に連動した株価指数先物の場合、限月は3月、6月、9月、12月の4つの月に設...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「台湾」の関連用語

1
98% |||||


3
92% |||||


5
92% |||||

6
92% |||||


8
92% |||||

9
78% |||||

10
74% |||||

台湾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



台湾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの台湾 (改訂履歴)、.tw (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS