SR-71とは?

【SR-71】(えすあーるななじゅういち)

Lockheed SR-71 Blackbird(ブラックバード)
ロッキード社技術開発チームスカンクワークス」が開発した超音速偵察機
ゲーリー・パワーズ事件U-2撃墜されたことによりその後継として開発された。

本機は、先にCIA肝いり極秘裏に開発された超高速偵察機A-12を、戦略空軍向けに偵察機材を拡大複座化した機体である。
本来の機体命名法では「RS-71」となる筈が、大統領の公式発表時、原稿読み間違いで「SR-71」となった経緯がある。
RSとは"Reconnaissance Strike"(偵察攻撃)の頭文字で、大統領間違って読み上げた"SR"は"Strategic Reconnaissance"(戦略偵察) とこじつけられた。

本機は、高度25,000mでマッハ3.3を維持しつつ5,000kmを飛行することが可能であった。
この領域を飛ぶ本機追随できる戦闘機ミサイルもなく、退役するまで敵の攻撃によって撃墜された機体は1機もなかった。
名実共に無敵偵察機といえるが、A-12時代ミサイル破片主翼突き刺さった事もあり、運によるところもあったようだ。

もともと運用コスト高価であったことから、偵察衛星普及により戦略偵察の必要が無くなったとされ、1990年までに全機アメリカ空軍より退役、再びその役目U-2に譲っている。
湾岸戦争勃発当初には情報即時性重要視され、復帰させる計画があったが結局は実現しないまま軍を離れている。
軍を退役した後も有人実用機の中では世界最速誇りNASAにおいて実験機として運用されていた(現在は運用終了)。
派生型としては、CIA向け偵察機型のA-12迎撃戦闘機型のYF-12がある。

なお、有人機での世界最速記録X-15によるマッハ6.7である。

スペックデータ

派生型


SR-71 (航空機)

(SR-71 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 02:32 UTC 版)

SR-71 ブラックバード


  1. ^ Landis, Tony R.; Jenkins, Dennis R. (2005). Lockheed Blackbirds (revised edition ed.). Minneapolis, Minnesota: Specialty Press. pp. 56-57. ISBN 1-58007-086-8 
  2. ^ Merlin, Peter W (July/August 2005). “The Truth is Out There... SR-71 Serials and Designations”. Air Enthusiast (Stamford, UK: Key Publishing) (118): 2–6. ISSN 0143-5450. 
  3. ^ ベン・R・リッチ『ステルス戦闘機―スカンク・ワークスの秘密』増田興司訳、講談社、1997年1月。ISBN 978-4062085441
  4. ^ Asker, James R. (2001-02-12). “Dyslexic Factoid, Unexplained”. Aviation Week & Space Technology 154 (7): 25. 
  5. ^ 航空機の技術とメカニズムの裏側 (89) 飛行機の燃料(8)燃料をめぐるこぼれ話”. マイナビニュース (2017年10月10日). 2017年10月28日閲覧。
  6. ^ SR-71 Flight Manual
  7. ^ 週刊「ワールドエアクラフト」
  8. ^ “Meet the SR-72”. Lockheed Martin. http://www.lockheedmartin.com/us/news/features/2013/sr-72.html 2014年1月13日閲覧。 


「SR-71 (航空機)」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SR-71」の関連用語

SR-71のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SR-71のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSR-71 (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS