B787とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > B787の意味・解説 

ボーイング787


【B787】(びーななはちなな)

Boeing 787 "Dreamliner(ドリームライナー)".
B757B767B777後継としてボーイング社開発した、中型双発ジェット旅客機

開発当初B7E7呼ばれていたが、2005年1月28日正式名称をB787へ変更した。
これは、アジア地域での販売促進を狙ったのが理由一つであるが、ボーイング社ジェット旅客機付与されるモデル・ナンバー7-7」において、いまだ「787」と「797」が使われていなかったことも理由となっている。
http://www.boeing.com/news/releases/2005/q1/nr_050128g.htmlhttp://www.boeing.jp/2005/050128.html参照

高効率エンジン空力学的洗練された機体デザイン複合材積極的に取り入れ機体軽量化したことになどより、ペイロード航続距離増大、そして省燃費化(20%)を図っている。
また、機構単純化優れた自己診断機能導入複合材料による耐久性の向上により、整備コスト低減することも目標とされている。

複合材多用により与圧性能の向上や加湿器装備が可能となり、LEDによる照明コントロールや窓の大型化、シェブロンノズルによる騒音低減など、快適性の向上も図られている。

当初計画では、
2005年末までに機体仕様確定し、2006年から製造着手
 2007年初号機の初飛行行い2008年ローンチカスタマー納入し、就航開始する」
という予定になっていたが、改善要する問題点(特に、下請メーカーで製作された部品品質低下起因するもの)が多数見つかったことにより、この予定大幅遅延し、初飛行2009年12月15日となった。

納入・就航実績

前述のように紆余曲折を経た本機は、2011年10月末、ローンチカスタマーとなった全日本空輸による成田香港間のチャーター便で初の商業運航実施した。
その後全日空2011年11月羽田岡山広島線に、翌2012年1月には羽田北京羽田フランクフルト線(独ルフトハンザ航空との共同運航路線)と就航路線を増やし、2013年1月現在で合計17機を使用している。
また、日本航空も4機を導入し、2012年4月新規路線となる成田ボストン線に、その翌月には成田ニューデリー線とモスクワ線羽田北京線にも就航させた(その後3機を追加導入し、2013年1月時点で7機を使用)。

この他、ユナイテッド航空米国)、ラン航空チリ)、エア・インディアインド)、エチオピア航空エチオピア)、LOTポーランド航空ポーランド)及びカタール航空カタール)の各社納入されており、これまで合計50機が就航している。
しかし、後述通り重大トラブルによる運航停止措置発動されていたため、大部分機体実際運航従事ていない

20110707b787_land.jpg
Photo:MASDF

全日空塗装を施された試作1号機登録記号N787EX)。現在は既に退役し、アメリカ国内モスボール中。

2013年の重大トラブルによる運航停止措置

本機軽量小型化のために、バッテリー民間機としては初のリチウムイオン電池採用していた。
しかし、2013年1月にそのバッテリー過熱して火災起こす事故が相次いで起きたことで、日本の国土交通省及びアメリカFAAから飛行停止処分下されるとともに日米以外の顧客に既に販売された機体運航新規納入停止された。
その後ボーイング原因となったバッテリー改修案を提示し、これがFAA及び国交省承認されたことから、販売済み機体への改修納入再開順次行われることになった。

2013年4月27日エチオピア航空世界先駆けて運航再開
既に本機購入している他社においても、順次改修乗員の再訓練が行われており、2013年6月までには納入済み全機運航再開することになっている

スペックデータ

乗員2名(機長副操縦士
座席2クラス290330名(787-3)
3クラス210250名(787-8)
3クラス250290名(787-9)
全長57.0m(787-3)
63.0m(787-8)
62.8m(787-9)
全高16.9m(787-3/9)
17.0m(787-8)
全幅52.0m(787-3)
63.5m(787-8)
60.1m(787-9)
胴体5.74m
客室5.46m(787-3)
5.49m(787-8/9)
最大離陸重量170,000kg(787-3)
219,540kg(787-8)
244,940kg(787-9)
貨物16t
エンジンGE GEnxまたはロールス・ロイス トレント1000ターボファン×2基
最大燃料容量48,600L(787-3)
127,000L(787-8/9)
巡航速度M0.85
航続距離5,650km(787-3)
14,20015,200km(787-8)
14,80015,750km(787-9)
最大巡航高度13,000m

派生型のラインナップ

上記型番は、ボーイング社旅客機付与する機体命名法則すれば

になる(##はカスタマーコードを示す)。

参考リンク:


テトラヒドロ-2-[ビス(2-クロロエチル)アミノ]-4,5-ジメチル-6-ヘキシル-2H-1,3,2-オキサザホスホリン2-オキシド

分子式C15H31Cl2N2O2P
その他の名称:B-787、Tetrahydro-2-[bis(2-chloroethyl)amino]-4,5-dimethyl-6-hexyl-2H-1,3,2-oxazaphosphorine 2-oxide
体系名:テトラヒドロ-2-[ビス(2-クロロエチル)アミノ]-4,5-ジメチル-6-ヘキシル-2H-1,3,2-オキサザホスホリン2-オキシド


ボーイング787

(B787 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/15 07:43 UTC 版)

ボーイング 787 ドリームライナー




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 先代の777は11か月で達成している。
  2. ^ この機体はANAの塗装が施されているが、前述のとおり重量面での性能を満たしていないことからANAに受領を拒否されたので引き渡されることはない。実際、この機体の型式は「787-83Q」となっている("3Q"はボーイングによる発注を意味するカスタマーコード)[16]
  3. ^ ボーイング787の通常塗装機に‘787’ペイント - 全日本空輸プレスリリース 2011年12月27日。通常塗装に型式名を大書する事例(機体後部の登録記号と併記するものは除く)は、同社の777-200以来となる(777-200の導入当初は1 - 3号機の垂直尾翼に「ANA」の代わりに「777」と表記していた)。
  4. ^ 機体番号:JA825Aからは通常塗装かつロゴ表記は2013年に制定されたタグラインを加えた「ANA(日の丸) Inspiration of JAPAN」となった。
  5. ^ 757・767で3%、777で11%の使用比率[29]
  6. ^ 機体後方の電気室内にある補助動力装置APU用リチウムイオンバッテリー。英メギット傘下のセキュラプレーン・テクノロジー製造、電池本体はGSユアサ製造。セルとバッテリーが75Ah、公称電圧はセルが3.7V、バッテリーが29.6V。
  7. ^ マサチューセッツ工科大学教授・ドナルド・サドウェイ(材料化学)は、発火しやすい有機電解質を含むリチウムイオン電池ではなくニッケル水素電池を採用すべきだったとする。特に発熱の多い電池を冷却無しに高密度で実装しているため熱の逃げ場がなくなっているのに、コンピュータ制御で飛行の安全を確保できるという考え方に疑問を呈している[34]

出典

  1. ^ Norris, G.; Thomas, G.; Wagner, M. and Forbes Smith, C. (2005). Boeing 787 Dreamliner – Flying Redefined. Aerospace Technical Publications International. ISBN 0-9752341-2-9. 
  2. ^ Boeing Gives the 7E7 Dreamliner a Model Designation” (英語). Boeing (2005年1月28日). 2012年11月24日閲覧。
  3. ^ 米ボーイング新中型旅客機「B787」 ANA、来年6月路線投入へ”. フジサンケイ ビジネスアイ. 産経デジタル (2007年7月9日). 2007年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月15日閲覧。
  4. ^ Boeing Reschedules Initial 787 Deliveries and First Flight” (英語). Boeing (2005年1月28日). 2011年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月15日閲覧。
  5. ^ ボーイング、787「センター・ウイングボックス」設計やり直し-改定版”. 航空ニュース JAN (2008年3月31日). 2008年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月15日閲覧。
  6. ^ ボーイング、787型機のファーストフライトおよびデリバリー・スケジュールを変更 Archived 2013年1月18日, at the Wayback Machine.
  7. ^ “全日空:米ボーイング787納入遅れ、賠償請求へ”. 毎日新聞. (2008年3月26日). オリジナル2008年3月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080330231500/http://mainichi.jp/select/biz/news/20080326k0000m020148000c.html 2013年1月11日閲覧。 
  8. ^ “米ボーイング技術者労組がスト、「787」納入さらに遅れ”. ロイター. (2008年9月8日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-33629820080908 2011年7月5日閲覧。 
  9. ^ “787納入、10年に再延期”. 47NEWS. 共同通信. (2008年12月12日). http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121101001102.html 2011年7月5日閲覧。 
  10. ^ “787のテスト飛行延期 米ボーイング、納期影響も”. 47NEWS. 共同通信. (2009年6月24日). http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062301000973.html 2013年5月15日閲覧。 
  11. ^ “Rolls-Royce Test-Bed Blowout Shuts Site Used for Boeing, Airbus”. ブルームバーグ. (2010年8月25日). http://www.bloomberg.com/news/2010-08-23/rolls-royce-engine-blowout-on-test-bed-shuts-site-used-for-boeing-airbus.html 2013年5月15日閲覧。 
  12. ^ “英ロールス:ジェットエンジン検査施設、依然閉鎖-事故の影響続く”. ブルームバーグ. (2010年8月24日). http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_conewsstory&sid=abE.138ogyS8&tkr=RR/:LN 2011年7月5日閲覧。 
  13. ^ “これで3年遅れ、ボーイング787納入延期”. 読売新聞. (2010年8月27日). オリジナル2010年8月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100829035139/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100827-OYT1T00912.htm 2013年1月11日閲覧。 
  14. ^ Boeing delays delivery of 787 aircraft until next year - BBC. August 27, 2010. Retrieved August 27, 2010.
  15. ^ Lack of production engine for Airplane Nine drives 787 delay - Flight Global, 28 August 2010. Retrieved: 29 August 2010.
  16. ^ 月刊エアライン』2011年9月号、イカロス出版2011年、 60頁。
  17. ^ Update on Boeing 787 Dreamliner ZA002 IncidentThe Boeing Company 2010年11月10日
  18. ^ Fire Forces Emergency Landing for Boeing 787Wired News 2010年11月10日
  19. ^ Boeing 787 makes emergency landing on test flight[リンク切れ]
  20. ^ “「787」試験飛行、再開時期は未定=米ボーイング”. 時事通信. (2010年11月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010111700053 [リンク切れ]
  21. ^ “ボーイング:新世代旅客機787が羽田空港に到着”. 毎日新聞. (2011年7月3日). オリジナル2011年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110704060249/http://mainichi.jp/norimai/air/graph/20110703ANA787/ 2011年7月5日閲覧。 
  22. ^ “大阪空港に最新鋭787 反った主翼、ファン多数”. 47NEWS. 共同通信. (2011年7月5日). http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011070501000247.html 2011年7月5日閲覧。 
  23. ^ “ボーイング787 ANAへの初号機納入日が決定” (プレスリリース), 全日本空輸, (2011年8月26日), https://www.ana.co.jp/pr/11-0709/11-ana-boeing-0826.html 
  24. ^ ボーイング787 乗員慣熟飛行ダイヤについて - 全日本空輸 ボーイング787スペシャルサイト 2011年10月11日
  25. ^ ボーイング787の国内線専用機の導入について - 全日本空輸プレスリリース 2012年1月18日
  26. ^ 成田=ボストン線の新規開設について - 日本航空プレスリリース 2011年5月27日
  27. ^ ユナイテッド航空、国際線に787ドリームライナーを初就航、成田〜LA間に導入 レスポンス(2013年1月9日)
  28. ^ [1]
  29. ^ 『月刊エアライン』2009年1月号、イカロス出版、2009年
  30. ^ “Onboard with Boeing's Dreamliner 787”. PPG Aerospace. (2005年12月15日). オリジナル2007年3月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070317110033/http://corporateportal.ppg.com/PPG/FeaturedContent/ 2013年1月11日閲覧。 
  31. ^ JALx787 プロジェクトストーリー No.7
  32. ^ 「ワーキング・トゥゲザー」プログラムの真意”. We Fly 1st.787. 全日本空輸. 2012年11月24日閲覧。
  33. ^ “米ボーイングの次世代主力旅客機「787」向けリチウムイオン電池システムを受注” (プレスリリース), ジーエス・ユアサ コーポレーション, (2005年6月23日), http://www.gs-yuasa.com/jp/nr_pdf/20050623.htm 2013年5月3日閲覧。 
  34. ^ “787問題でボーイングに与えられた2つの選択肢”. 日本経済新聞. (2013年1月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2902F_Z20C13A1000000/ 2013年5月2日閲覧。 
  35. ^ 当初はETOPS-180の取得が可能であったが、2014年5月にFAAからETOPS-330の認定を受けた
  36. ^ “B787スペシャルレポート第1回 空力の電動化がエンジンの進化を加速する”. design news japan (リード・ビジネス・インフォメーション). (2007年7月). オリジナル2007年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070927203902/http://www.designnewsjapan.com/magazine/2007/07cover_07.html 
  37. ^ 次世代中型機「7E7シリーズ」のエンジンを「Trent 1000」に決定(全日本空輸公式サイト内プレスリリース)”. 2010年11月14日閲覧。
  38. ^ イカロス出版『旅客機型式シリーズ2 ハイテク・ツイン・ジェット Boeing757&767』p60
  39. ^ アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区 - 地方創生推進事務局”. 内閣府. 2016年9月3日閲覧。
  40. ^ ボーイングの次世代旅客機は、レゴのように組み立てられる : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン
  41. ^ “~ボーイング787型機部位保管庫~ 「ドリームリフター・オペレーションズ・センター」を新設” (プレスリリース), 中部国際空港, (2012年4月13日), http://www.centrair.jp/corporate/release/__icsFiles/afieldfile/2012/12/08/20120413.pdf 2016年8月27日閲覧。 
  42. ^ 岡村勝弘 (2009年2月16日). “ボーイングはなぜ東レと炭素繊維の独占供給契約を結んだのか-デルタモデルで検証する”. Business Media 誠. ITmedia. 2012年11月24日閲覧。
  43. ^ ICAO Document 8643”. International Civil Aviation Organization. 2011年12月10日閲覧。
  44. ^ “ボーイング787ドリームライナー ∼ANA向け初号機の最終組み立てを開始∼” (プレスリリース), 全日本空輸, (2009年6月28日), http://www.ana.co.jp/pr/09-0406/09-ana-boeing0618.html 2012年11月24日閲覧。 
  45. ^ “Major Assembly Begins For Boeing 787-9” (英語). Aviation Week (McGraw-Hill). (2012年9月5日). http://www.aviationweek.com/Article.aspx?id=/article-xml/awx_09_05_2012_p0-492185.xml 2012年11月24日閲覧。 
  46. ^ B787-8とB787-9では何が異なるのか? 新たに追加されていた層流制御システム - BusinessNewsline
  47. ^ エアライン 2014年10月号 29ページ
  48. ^ “ニュージーランド航空 世界最初の787-9型機を受領” (日本語) (プレスリリース), ニュージーランド航空, (2014年7月9日), http://www.airnewzealand.jp/press-release-2014-air-new-zealand-first-airline-to-take-delivery-of-the-boeing-787-9 2014年8月12日閲覧。 
  49. ^ “ANA、日本で初めてボーイング787-9型機を受領” (プレスリリース), 全日本空輸, (2014年7月24日), https://www.ana.co.jp/pr/14_0709/14-030.html 2014年8月12日閲覧。 
  50. ^ “ボーイング787-9型機が世界初の定期便運航を開始!” (プレスリリース), 全日本空輸, (2014年7月31日), https://www.ana.co.jp/pr/14_0709/14-036.html 2014年8月12日閲覧。 
  51. ^ “787-9が世界初就航 ANA篠辺社長「お肌にやさしい飛行機」”. Aviation Wire (旭技研). (2014年8月7日). http://www.aviationwire.jp/archives/42850 2014年8月12日閲覧。 
  52. ^ Thomas, G. (2005年12月23日). “Boeing bullish on 787-10, Dreamliner production” (英語). Air Transport World (ATW Media Group). http://atwonline.com/aircraftenginescomponents/news/boeing-bullish-787-10-dreamliner-production-0309 2011年9月2日閲覧。 
  53. ^ 米ボーイング 、787型機大型版を正式ローンチ (2013年6月19日 ロイター通信)
  54. ^ ボーイング、787-10最終組立はサウスカロライナ 17年開始 By Yusuke KOHASE 2014年7月31日 10:45
  55. ^ Boeing Announces ANA’s Commitment to Become Newest 787-10 Customer
  56. ^ ANA Cargo 深夜貨物定期便時刻表 (PDF)”. 全日本空輸. 2014年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月12日閲覧。
  57. ^ Performance, www.newairplane.com(英語) Archived 2009年3月7日, at the Wayback Machine.
  58. ^ “油圧系統トラブルか 全日空の最新鋭ボーイング787、白煙上げ欠航”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年9月5日). オリジナル2012年9月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120906231403/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120905/dst12090522490012-n1.htm 
  59. ^ 全日空787も燃料漏れ起こす 昨年10月、山口宇部空港[リンク切れ] - 河北新報 2013年1月9日
  60. ^ ANA山口発のB787型機が欠航、ブレーキ制御システムに不具合- ロイター 2013年1月09日
  61. ^ “日航新鋭機から出火 米ボストンの空港で駐機中”. MSN産経ニュース. (2013年1月8日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130108/amr13010807330002-n1.htm 2013年5月2日閲覧。 
  62. ^ 日航787また燃料漏れ=ボストンと同じ機体-バルブ開閉不具合か・成田空港 - 時事通信 2013年1月13日
  63. ^ “全日空機が宮崎空港で油漏れ 787、到着後に発見”. 47NEWS. 共同通信. (2013年1月11日). http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013011101001758.html 2013年5月2日閲覧。 
  64. ^ “Dreamliner: Boeing 787 planes grounded on safety fears” (英語). BBC. (2013年1月17日). http://www.bbc.co.uk/news/business-21054089 2013年5月25日閲覧。 
  65. ^ “日航のB787から白煙、バッテリー発熱か 成田で出発準備中”. MSN産経ニュース. (2014年1月15日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140115/dst14011500330000-n1.htm 2014年1月15日閲覧。 
  66. ^ 日航機、ホノルルに緊急着陸B787型エンジン故障か”. 朝日新聞 (2014年3月9日). 2014年3月10日閲覧。
  67. ^ “ロンドンのB787型機出火原因“バッテリー無関係””. ANNニュース. (2013年7月14日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000008729.html 
  68. ^ “緊急用無線機が原因か ボーイング787型機出火”. ANNニュース. (2013年7月19日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000008990.html 
  69. ^ JAL、787のGEnxエンジン搭載機の飛行規定改訂 一部路線の機材変更
  70. ^ “787、電気系統遮断を=米連邦航空局が命令”. 時事ドットコム. (2015年5月1日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015050100206&g=int 
  71. ^ “787、電気系統遮断改善措置発表=米連邦航空局と合意したボーイング社は量産体制に影響はないと発表”. 時事ドットコム. (2015年11月23日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015112300206&g=int 
  72. ^ Boeing, Air Canada Celebrate Delivery of First 787 Dreamliner for Canada Boeing May 18, 2014
  73. ^ ケニア航空、787初号機を受領 2015年末までに9機導入 FlyTeam 2014年4月5日付
  74. ^ Boeing, Arke Celebrate Delivery of Airline's First 787 Dreamliner Boeing June 5, 2014
  75. ^ “B787初号機、中部空港に「里帰り」…展示へ” (日本語). 読売新聞. (2015年6月18日). http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20150618-OYTNT50042.html 2015年6月26日閲覧。 
  76. ^ “B787初号機、中部空港に「里帰り」…展示へ” (日本語). 読売新聞. (2015年6月23日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20150623-OYT1T50011.html 2015年6月26日閲覧。 
  77. ^ Boeing: 787 Dreamliner ZA001 Flight to Japan”. ボーイング. 2016年9月19日閲覧。
  78. ^ (日本語)FlyTeam. (2014年11月9日). http://flyteam.jp/news/article/42638+2015年6月26日閲覧。 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「B787」の関連用語

B787のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

COIN機

4号戦車

逆噴射装置

S-76

Mi-24

マークスマンライフル

FA-200

タイフーン





B787のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボーイング787 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS