キハダとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > キハダの意味・解説 

黄柏

読み方:キハダ(kihada)

ミカン科落葉高木園芸植物薬用植物


黄鰭

読み方:キハダ(kihada)

サバ科海水魚


キハダ


北海道本州四国九州分布しています。さらに、中国朝鮮サハリンにもみられます。一般にキハダとして市場に出ているものは、北海道産のキハダです。それほど蓄積の多い樹種ではありません。

木材
心材辺材の色の差ははっきりとしています。前者はやや緑色をおびた黄褐色ですが、長い時間空気に曝されていると褐色になっていきます。後者淡黄白色です。環孔材ですので年輪ははっきりと見えます。道管大きいので、肌目は粗くなっています。気乾比重は0.38-0.49(平均値)-0.57でやや軽軟な木材といえるでしょう木材保存は低く、切削などの加工は容易ですが、仕上がりめんはとくによいとはいえません。

用途
家具指物器具単板天然木化粧合板などがあります。キハダは木材以外の用途知っている人が多いのではないでしょうか。それは、樹皮によく利用されることです。内樹皮鮮やかな黄色で、胃腸薬とされ、ダラニスケあるいは百草などという名で家庭薬成分とされてきています。その外いろいろの漢方薬成分とされ内服薬ばかりでなく、外用にも使われます。
また、黄色染料として使われていました。


黄蘗

読み方:キハダ(kihada)

ミカン科落葉喬木


キハダ

キハダ
科名 ミカン科
別名: シコロ
生薬名: オウバク黄柏
漢字表記 黄肌
原産 日本朝鮮半島中国東北部北東アジア
用途 幹の内皮黄色なのでキハダと呼ばれます。内皮はとても苦く百草陀羅尼助・練熊は黄柏エキス主体とした、昔から伝えられている健胃薬です。
学名: Phellodendron amurense Rupr.
   

キハダ

学名Thunnus albacares 英名:Yellowfin tuna
地方名アカシビビンキリ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目サバ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
体形はやや細長い。ひれを古語で「はた」といったことに名前の由来はある。日本近海のキハダの産卵期は4〜8月成長4年体長140cmに達する。全長60cm程度のものはキメジと呼ばれている。肉は薄いピンク色脂肪少ない。マグロ類の中で最も高水温と表層域を好む。第1背びれを除いた全てのひれが黄色で、特に離れびれの黄色鮮明である。

分布:日本各地全世界暖海 大きさ:2m
漁法:巻き網竿釣り延縄 食べ方:刺身魚肉ソーセージ

黄肌

読み方:キハダ(kihada)

サバ科海水魚

学名 Thunnus albacares


黄肌鮪

読み方:キハダ(kihada)

サバ科海水魚

学名 Thunnus albacares


黄鰭

読み方:キハダ(kihada)

サバ科海水魚

学名 Thunnus albacares


岐波太

読み方:キハダ(kihada)

ミカン科落葉高木園芸植物薬用植物

学名 Phellodendron amurense


黄柏

読み方:キハダ(kihada)

ミカン科落葉高木園芸植物薬用植物

学名 Phellodendron amurense


黄膚

読み方:キハダ(kihada)

ミカン科落葉高木園芸植物薬用植物

学名 Phellodendron amurense


黄肌

読み方:キハダ(kihada)

黄色をしたマグロ一種

季節

分類 動物


キハダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/12 02:20 UTC 版)

キハダ(黄肌、木肌、学名 Thunnus albacares)は、スズキ目サバ科に分類される魚の一種。全世界の熱帯・亜熱帯海域に広く分布するマグロで、缶詰刺身などに用いられる重要な食用魚である。日本ではキハダマグロ[2](黄肌鮪、木肌鮪)とも呼ばれる。


  1. ^ a b Collette, B., Acero, A., Amorim, A.F., Boustany, A., Canales Ramirez, C., Cardenas, G., Carpenter, K.E., Chang, S.-K., de Oliveira Leite Jr., N., Di Natale, A., Die, D., Fox, W., Fredou, F.L., Graves, J., Guzman-Mora, A., Viera Hazin, F.H., Hinton, M., Juan Jorda, M., Minte Vera, C., Miyabe, N., Montano Cruz, R., Masuti, E., Nelson, R., Oxenford, H., Restrepo, V., Salas, E., Schaefer, K., Schratwieser, J., Serra, R., Sun, C., Teixeira Lessa, R.P., Pires Ferreira Travassos, P.E., Uozumi, Y. & Yanez, E. 2011. Thunnus albacares. The IUCN Red List of Threatened Species 2011: e.T21857A9327139. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2011-2.RLTS.T21857A9327139.en. Downloaded on 24 November 2016.
  2. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
  3. ^ 江藤 淳一:東太平洋のキハダマグロ漁におけるイルカ混獲問題] 東洋法学紀要論文,1995-03-10,東洋法学 38巻2号 p.217-248 ISSN 0564-0245
  4. ^ マイケル・ドナヒュー、アニー・ウィーラー、『イルカを救ういくつかの方法』( Save the dolphins, Michael Donoghue, Annie Wheeler, 水口博也 翻訳)pp122-134、講談社 ISBN 4062080125
  5. ^ 山下東子、『魚の経済学―市場メカニズムの活用で資源を護る』、pp155-157、2009年、日本評論社


「キハダ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キハダ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

キハダのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

グロリオーサ

アラ

マカンバ

スナガレイ

ビワ

イヌエンジュ

コウホネ

センネンダイ





キハダのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2017 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2017, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキハダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS