しいとは? わかりやすく解説

旨意

読み方:しい

意図」や「考え」を指す意味で用いられる表現

思惟

読み方:しい・しゆい


物事考えること、検討することなどを意味する語。

しい

[感]

静粛にするようにと人を制止するときに発する声。しっ。「—、静かに

動物などを追うときに発する声。しっ。「—、あっちへ行け

あざ笑ったりするときに発する声。ふん。

「…とよみたりければ、—と笑ひけるなり」〈古活字本平治・下〉


し・い

接尾形容詞活用[文]し(シク活)》名詞動詞未然形畳語などに付いて形容詞をつくる。そういうようすである、そう感じられるという意を表す。「おとな—・い」「喜ば—・い」「毒々—・い」


シー【十】

読み方:しー

《(中国語)》数の10


し‐い〔‐ヰ〕【四位】

読み方:しい

第四等の位階正四位従四位の称。


し‐い〔‐ヰ〕【四囲】

読み方:しい

四方から取り囲むこと。

まわり。周囲。「—の情勢


し‐い【四×夷】

読み方:しい

古代中国で、自国中華というのに対し四方異民族をさしていう語。東夷西戎(せいじゅう)・南蛮北狄(ほくてき)の総称

四方服従しない民。

「武を以ては—の乱を定(しづ)む」〈平治・上〉


し‐い〔‐ヰ〕【四維】

読み方:しい

天地四つの隅。乾(いぬい)(北西)・坤(ひつじさる)(南西)・巽(たつみ)(南東)・艮(うしとら)(北東)の四つ方角。しゆい。「—の陣」

「—国界の数里をしるす」〈奥の細道

《「管子牧民から》国家維持するのに必要な四つ大綱礼・義廉・恥四つ道徳


し‐い〔‐ヰ〕【×尸位】

読み方:しい

《昔、中国祖先を祭るとき、人が仮に神の位についたところから》大した才能や徳もないのにむなしく地位に就いていること。

「もし諫(いさ)むべきを見て諫めざる、これを—と謂ふ」〈太平記・五〉


しい【尿】

読み方:しい

《「しと」の音変化小便をいう幼児語しいしい


しい【×弑】

読み方:しい

[音]シイ(慣) シ(呉)(漢)

臣下主君を、子が親を殺す。身分の下の者が上の者を殺す。「弑逆(しいぎゃくしぎゃく)」


し‐い〔‐ヰ〕【思×惟】

読み方:しい

[名](スル)

考えること。思考。「—の方法」「心中—」

「貧乏を根治するの策は、一に貧民所得増加するにあるがごとく—す」〈河上肇貧乏物語

哲学で、感覚知覚異な知的精神作用。→思考

⇒しゆい(思惟)1


し‐い【恣意】

読み方:しい

自分思うまま振る舞う心。気まま考え。「選択は—に任せる」「—的判断


しい〔しひ〕【椎】

読み方:しい

ブナ科シイよばれる常緑高木総称。マテバシイ・スダジイ・ツブラジイなど。暖地自生堅く楕円形で、表面はつやがあり、裏面褐色毛をもつ。初夏開花。実はどんぐりになり、食用しいがししいのき。《 実=秋 花=夏》「丸盆の—にむかしの音聞かむ/蕪村


しい〔しひ〕【×癈】

読み方:しい

からだの器官働きを失うこと。また、その人

反(まつがへ)り—にてあれかもさ山田の翁(をぢ)がその日求めあはずけむ」〈四〇一四


じ‐い〔‐ヰ〕【示威】

読み方:じい

[名](スル)《「しい」とも》威力気勢を他に示すこと。デモンストレーション。「—行為」「—行進


し‐い【私意】

読み方:しい

自分一人考え意見私見

自分だけの利益考える心。私心。「提言に—はない」


し‐い【紫衣】

読み方:しい

⇒しえ(紫衣)


し‐い【×緇衣】

読み方:しい

⇒しえ(緇衣)1


し‐い【詩意】

読み方:しい

詩に込めた作者の意図。詩の意味


しい


癈い、誣い、強い

読み方:しい

ア行上一段活用動詞癈いる」「誣いる」「強いる」の連用形である「癈い」「誣い」「強い」、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

しひ、癈ひ、強ひ

読み方:しい
かな表記:しひ

ハ行上二段活用動詞「しふ」「癈ふ」「強ふ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
「しふ」「癈ふ」「強ふ」の口語形としては、ハ行上一段活用動詞「しいる」「癈いる」「強いる」が対応する

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

しい

【火】[名] 火。「寒いからしいたくべ」(=寒いから(暖房の)火を入れよう)

~しい

[意]~しろ[例]そうじぐれ、しい(掃除ぐらい、しろ)

志位

読み方
志位しい

四井

読み方
四井しい

四位

読み方
四位しい

しい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 10:06 UTC 版)

しい(曖昧さ回避)




「しい」の続きの解説一覧

しい

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 00:24 UTC 版)

名詞1

しい

  1. ブナ科シイ属属す樹木総称果実は「どんぐり」と称して古くから親しまれている。照葉樹の代表。

関連語

翻訳

名詞2

しい

  1. 幼児語尿おしっこ

接尾辞

しい文語:

  1. 名詞動詞未然形又は畳語などに付いて形容詞をつくる接尾辞

同音異義語

しい


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「しい」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



しいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「しい」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
100% |||||

10
100% |||||

しいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



しいのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2024 by akaringo. All rights reserved.
豊語林豊語林
Copyright (C) 2024 豊語林 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのしい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのしい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS