クリス・エイモンとは?

クリス・エイモン(ニュージーランド)

英語 Christopher Arthur Amon

1943年7月20日

大々的牧場経営する裕福家庭育ち父親からプレゼントしてもらった1.5Lのクーパー・クライマックスで、17歳でレースデビュー、2位入賞1963年から本格的レース始めオーストラリアなどで開催するタスマン・シリーズ活躍。それに目をつけたのが元F1ドライバーのレグ・パーネルで、彼をイギリスに連れて帰り同年ベルギーGP史上最年少ドライバーとしてデビュー64年にレグ・パーネルが死亡したあと、息子ティム指揮するチームから、そして67年以降フェラーリマーチマトラテクノチーム移籍76年まで参戦したF1では未勝利に終わったが、スポーツカーレースに関しては、66年フォード手始めマクラーレン(Can-Am)やフェラーリなどのマシン活躍66年ルマンフォードGT40Mk-で制したほか、67年デイトナモンツァではL.バンディーニと組んで優勝という記録が残る。

クリス・エイモン(ニュージーランド)

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

クリス・エイモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/04 05:23 UTC 版)

クリストファー・アーサー・エイモンChristopher Arthur Amon[1]MBE 1943年7月20日 - 2016年8月3日)は、ニュージーランドの元レーシング・ドライバー1966年ル・マン24時間レース優勝者。




  1. ^ ただしこのレースでエースのロレンツォ・バンディーニが他界、手放しで喜べる状態ではなかった。
  2. ^ しかし、皮肉なことにこの水平対向12気筒エンジンにより翌年からのフェラーリは躍進する。
[ヘルプ]
  1. ^ a b Chris Amon ドライバー”. ESPN F1. 2013年5月1日閲覧。
  2. ^ a b Chris Amon Profile”. Grandprix.com. 2013年5月1日閲覧。
  3. ^ オートスポーツ』 1976年11月15日号、80頁。
  4. ^ 『F1 RACING日本版』(三栄書房) 2009年10月情報号、88頁。
  5. ^ “クリス・エイモン死去。享年73歳”. 速報ニュース. (2016年8月3日). http://jp.motorsport.com/f1/news/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9-%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E6%AD%BB%E5%8E%BB-%E4%BA%AB%E5%B9%B473%E6%AD%B3-805015/ 2016年8月3日閲覧。 


「クリス・エイモン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クリス・エイモン」の関連用語

クリス・エイモンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カムプロフィール

乾式複合ベルトCVT

ゾルダー

エネルギー吸収バンパー

コンプレッションレシオ

マスターシリンダー

マリオ・アンドレッティ

ゼロエミッションビークル





クリス・エイモンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリス・エイモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS