ファイアーエムブレム 覚醒 ファイアーエムブレム 覚醒の概要

ファイアーエムブレム 覚醒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/15 11:01 UTC 版)

ファイアーエムブレム 覚醒
FIRE EMBLEM Awakening
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 インテリジェントシステムズ(以下IS)
発売元 任天堂(以下N)
プロデューサー 成広通(IS)
樋口雅大(IS・プロジェクトマネージャー)
山上仁志(N)
ディレクター 前田耕平(IS)
草木原俊行(IS・アートディレクター)
横田弦紀(N)
シナリオ Ohshima Yuu(レッド・エンタテインメント・イベントイラスト&シナリオコーディネーション)
Ashida Shuntaro(同社・シナリオ)
前田耕平(IS)
Komuro Nami(IS)
Horikawa Masayuki(IS)
北岡雄一朗(レプトン)
真弓創(同社)
Hattori Yurie(シナリオスーパーバイザー)
エッジワークス(シナリオサポート)
音楽 辻横由佳
森下弘生
近藤嶺
美術 コザキユースケ(キャラクターデザイン&イラストレーション)
シリーズ ファイアーエムブレム
人数 1人(通信プレイ時2人)
メディア 専用ゲームカード、ダウンロード販売
発売日 日本の旗 2012年4月19日(限定版含む)、DLC2013年1月30日
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2013年2月4日
欧州連合の旗 2013年4月19日
オーストラリアの旗 2013年4月20日
対象年齢 日本の旗 CEROB(12才以上対象)
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 ESRBT(13歳以上)
欧州連合の旗 PEGI:12
ドイツの旗 USK:12[注 1]
オーストラリアの旗 ACB:M
コンテンツ
アイコン
恋愛、セクシャル、暴力、犯罪、言葉・その他
ダウンロード
コンテンツ
あり
売上本数 45万5268本(国内)[1]
129万本(全世界累計)[2]
その他 ニンテンドーネットワーク対応
テンプレートを表示
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(〜)が含まれています詳細



  1. ^ ドイツも欧州連合の一国ではあるが、発売日や価格とは異なりレイティングに関しては事情があるため別記。
  2. ^ ただしフルボイスかつ一字一句同一なのはデモ(アニメ)シーンや重要なイベントの一部のみで、それ以外の場面ではライブラリー音声を使い回す方式での肉声表現となっている。
  3. ^ 欧文の用法としての言い換え=本題と副題を区別する意味の 「」(コロン)を併記している場合もある。
  4. ^ その中には、初めから母親遺伝の解釈で描かれていると思しき者も見られる(ウード、ジェローム、シンシア、セレナ、ブレディ、ロランなど)。
  5. ^ Avatarの前に置かれる 「あなた」 などを意味する単語は公用語毎で異なり、イギリス英語オーストラリア英語ではYour、伊語ではil tuo、独語ではDein、仏語ではvotre、西語ではTu、などと表記される。
  6. ^ ノノとの支援会話ではフレデリクから教わった野戦料理を純粋に 「美味しい」 と評価され、マイユニット自身も食べて問題が無かった。
  7. ^ 『暗黒竜』における赤の騎士、カインの異名。緑の騎士アベルの異名である「黒豹」についても言及される。
  8. ^ スタッフ自身が 「分かり難かったかな」 と述べているが、斧そのものではなく斧の刃の部分が知らぬ間に抜け落ちていて柄(持ち手)だけが残っており、その刃をミリエルが拾ってきたシーンとして描いている。
  9. ^ スタッフ曰く 「近代の発明品(科学技術の進歩)を連想させるから」 という判断があったため、前作 『暁の女神』(『新・紋章の謎』)までの過去シリーズではせいぜい片眼鏡までが実用レベルの世界観と設定し、あえて登場させなかったという。
  10. ^ マイユニット男との支援会話では自分が妹であり 「お兄ちゃん」 と呼んでいるが、女同士だった場合は姉妹ネタには触れない展開のため、厳密にはインバースが自分を(マイユニット女の)妹と意識しているのかは不明。
  11. ^ 最高司祭という呼び名については、海外版では13章冒頭デモのファウダーによる紹介&初登場時における一文にて、最高の司祭長あるいは教皇といった意味の 「A hierophant. the highest of (he or her) order in all Plegia.」 と訳されている。
  12. ^ しかし、公式ウェブサイト 「-BACKGROUND-」 での会話では 「友達も家族も恋人もいない」 と言っている。
  13. ^ ただし自分の指揮は卑怯かついやらしい戦法であり、誰一人として死なせまいとしたマイユニットの指揮よりも生き残った駒が少ないというどんな犠牲もいとわない形振り構わずの勝敗だったため、盤上では勝ったが実戦ではマイユニットの指揮こそが相応しいと述べ自身を否定している。最終的には20連勝の後の1勝を加えて3戦中1敗という勝率になった。
  14. ^ なお、ミネルヴァとの付き合いが10年と述べられていることから、セルジュの現年齢は約19歳と逆算できるが真相は不詳。
  15. ^ ただし息子であるシャンブレーの遺伝で判明する通り、人間体で髪の毛のようになっているのは頭髪ではなくタグエルの 「体毛」 である。
  16. ^ 過去作の 『烈火の剣』 に関係する 「魔符」 などのゲストユニットとのかけあいでは 「(エレブ大陸に)行ったことがあるような、ないような」 などと話しており、当該作に登場するプレイヤーの分身(アバター)キャラである軍師のデフォルト名 「マーク」(Mark)の同音異字語になっている。
  17. ^ 全体ではなく頭頂部のメッシュっぽい一部のみが父親と同色になる。
  1. ^ 4Gamer.net 2012年のゲーム売り上げランキング&ハードの販売数推移,さらにタイトル別の傾向が分かるマトリックス表(4Gamer調べ)をまとめて大公開!」 4Gamer.net、2013年1月25日
  2. ^ ニンテンドードリーム』 徳間書店、2014年1月号、66頁。
  3. ^ 公式ウェブサイト 「About the Game 『仲間を活かして戦局を切り開く』」。
  4. ^ Wii U版「モンスターハンター フロンティアG」と「ファイアーエムブレム 覚醒」のコラボが決定。クロムとルキナを模した武具が登場 - 4Gamer.net」 4Gamer.net、2013年12月6日
  5. ^ “ゲーム業界は元気”積極的にアピールを――TGS2012 基調講演 CESA会長・鵜之澤伸氏【TGS 2012】」 ファミ通.com、2012年9月20日
  6. ^ 「12章 海より来る者」 クリア後のクロムの台詞。
  7. ^ マイユニット女との支援会話B。
  8. ^ a b 公式ウェブサイト 「-BACKGROUND-」 。a……世界観と物語 「9章 -聖王エメリナ-」 。b……アンナの攻略部屋 「6章 未来を知る者」 。
  9. ^ ノワール&サーリャの夫の支援会話C。
  10. ^ ノノとの支援会話C。
  11. ^ みんなの部屋やイベントマスでの独り言。
  12. ^ リリース当時の店頭配布チラシやPOP広告上の登場タイトルに、『暗黒竜と光の剣』 『紋章の謎』 『新・暗黒竜』 『新・紋章』 との記載がある。
  13. ^ Fire Emblem Awakening - GameTrailers.com」 GameTrailers.com
  14. ^ Fire Emblem Awakening review Nintendo Insider」 Nintendo Insider、2013年4月15日
  15. ^ 朝日新聞デジタル:任天堂、通期450億円営業赤字に 3DS目標届かず - ビジネス・経済朝日新聞デジタル、2012年1月26日
  16. ^ 朝日新聞デジタル:任天堂、「ネット課金」開始 赤字目前で方針転換 - 経済」 朝日新聞デジタル、2012年4月19日


「ファイアーエムブレム 覚醒」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ファイアーエムブレム 覚醒に関連した本

ファイアーエムブレム 覚醒に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファイアーエムブレム 覚醒」の関連用語

ファイアーエムブレム 覚醒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ファイアーエムブレム 覚醒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファイアーエムブレム 覚醒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS