ファイアーエムブレム_紋章の謎とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ファイアーエムブレム_紋章の謎の意味・解説 

ファイアーエムブレム 紋章の謎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 10:26 UTC 版)

ファイアーエムブレム 紋章の』(ファイアーエムブレム もんしょうのなぞ)は、ファイアーエムブレムシリーズ第3作で、1994年1月21日スーパーファミコン用ソフトとして任天堂から発売されたシミュレーションロールプレイングゲームである。




  1. ^ 以下の外部リンク先を参照。日本ユニ著作権センター【事件名】ゲームソフト「ファイアーエムブレム(FE)事件」
  2. ^ a b 任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム紋章のPROFESSIONAL 1994年5月20日発行 (株)小学館
  3. ^ マイクロマガジン社 GAME LEVEL1 2008年 11月号 シリーズ大特集「ファイアーエムブレム」内にある『紋章の』を執筆したライター・卯月鮎の記事より。
  4. ^ a b c d e 『紋章の』からの追加人物。『暗黒竜』には存在しない。
  5. ^ 『紋章の』からの設定が追加された人物。『暗黒竜』には「グルニア王」という表記しかない。
  6. ^ 『ファイアーエムブレム・ザ・コンプリート』からの設定が追加された人物。『暗黒竜』では「タリス王」という表記しかない。
  7. ^ ファイアーエムブレム・ザ・コンプリートより。
  8. ^ このマップは『紋章の』では削除されている。
  9. ^ 盗賊以外は隠された財宝がある位置に止まっても幸運の能力値による抽選で当てないと見つからない。
  10. ^ エンディングスタッフロールには「DIRECTOR」「GAME DESIGN」「SCENARIO」と記載されているが、小学館「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム紋章のPROFESSIONAL」のインタビューには「ゲームデザイナー」と紹介されているため。
  11. ^ 小学館「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム紋章の」同出版社「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム紋章のPROFESSIONAL」の2冊に記述があるため。さらに後述の書籍には、「FEの育ての親とも言える」という記述もある。
  12. ^ 小学館「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム紋章のPROFESSIONAL」に記載。また、後に『ファイアーエムブレム 烈火の剣』以降でプロデューサーとなる成広は「今作品より参加」という記述もある。
  13. ^ a b c 小学館「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム紋章のPROFESSIONAL」に記述。
  14. ^ a b 『紋章の』のエンディングスタッフロールに記載。
  15. ^ 任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム外伝百科 1992年4月10日発行 (株)小学館
  16. ^ a b ファイアーエムブレム・ザ・コンプリート 1996年5月20日発行 NTT出版(株)
  17. ^ ファイアーエムブレム 聖戦の系譜・TREASURE 1999年1月27日発行 NTT出版(株)
  18. ^ 週刊ファミ通 2010年4月1日増刊号、別冊付録・歴代優良ソフト1500「上巻」より
  19. ^ 裕木奈江の台詞から。


「ファイアーエムブレム 紋章の謎」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファイアーエムブレム_紋章の謎」の関連用語

ファイアーエムブレム_紋章の謎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ファイアーエムブレム_紋章の謎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファイアーエムブレム 紋章の謎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS