Portable Document Format 技術概要

Portable Document Format

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 05:00 UTC 版)

技術概要

PDF文書は1以上のページで構成され、各ページにはテキスト画像図形が含まれる。

PDFファイルの生成には、アドビシステムズ社純正の「Adobe Acrobat」やサードパーティー製品を利用する方法がもっとも基礎的である。さらに、クラウド形態などによりサーバサイドでPDFファイルを作成するシステムや、PDFファイル生成とは異なる主目的をもつソフトウエアが PDFファイルを生成する補助機能を搭載している場合もある。

PDFファイルの表示や印刷は、第一にAcrobat Readerなどの専用のビューアーアプリケーションを用いる方法がある。ウェブ上で公開されているPDFファイルについては、パソコンのウェブブラウザ上で閲覧できることがある。当初はAcrobat Readerのプラグインを用いていたが、現在[いつ?]Google Chrome[55]Mozilla Firefox[56]Microsoft Edgeなど、PDF表示機能を内蔵する製品も登場している。しかし、これらの製品でも、スマートフォン向けでは、PDF表示機能が除外されている。

PDFの仕様は、ISOで標準化される以前からアドビシステムズから公開されてきている[57]。そのため、アドビシステムズ以外のさまざまな企業・団体や有志が、PDF関連のソフトウェアを開発・公開しており、オープンソースソフトウェアフリーウェアも数多い。

ファイル構造

PDFファイルはCOS ("Carousel" Object Structure) のサブセットである。COSのツリー構造は以下の8種のオブジェクトで構成される。

  • ブーリアン値
  • 数値
  • 文字列
  • 名前
  • 配列:オブジェクトに順序を与えた集合
  • 辞書:オブジェクトに名前を与えた集合
  • ストリーム:大きなデータに使われる
  • ヌルオブジェクト

オブジェクトはobject numbergeneration bumberで番号付けされ、xref table表が各オブジェクトのファイル先頭からのオフセットを記述する。

この利点はファイル内のランダムアクセスを容易にすることで、またファイルの変更があった際に変更点を追記するだけでファイル全体の書き直しを行わなくてよくなる。 PDFのデータ配置は リニア(最適化)とノンリニア(最適化なし)の2種類がある。最適化なしは、PDFの変更箇所がファイル末尾に追記された状態であり、デメリットはファイル全体をダウンロードしてからでなければファイルの表示内容を確定できないことである。最適化された場合は、末尾にあった変更点が各ページに適用されて、Webで表示させる場合などに好きなページから表示させられるメリットがある。

イメージモデル

PDF内の画像の記述方法はPostScriptに近く、相違箇所は透明の有無である。透明はPDF 1.4で追加された。

ベクター画像

ベクター画像はパスで記述された物で、直線、方形、ベジエ曲線で構成される。 図形を記述するだけでなく、文字のアウトラインを記述する場合もある。 パスはストローク、塗りつぶし、クリッピング(切り抜き)に使われる。ストロークと塗りつぶしは自由な色、模様を指定できる。 模様はタイリング、色なしのタイリング、シェーディングを指定できる。

ラスター画像

ラスターイメージ(Image XObjectsと呼称)は、PDF内では辞書と、関連づけられたストリームで表現される。辞書には画像のプロパティが記述され、ストリームにはイメージデータが記述される。画像は複数の圧縮方式でフィルターされる。サポートされるフィルターは以下のものがあり、用途に応じて画質とサイズのバランスを選ぶことができる。

ASCII85Decode
ストリームをASCIIの7ビットで表現するもの
ASCIIHexDecode
ASCII85Decodeに近いがよりコンパクトになる
FlateDecode
zlib/deflate(いわゆるgzip形式。ZIPではないので注意)アルゴリズムで圧縮するもの。;PDF 1.2より実装
LZWDecode
LZWアルゴリズムで圧縮するもの。
RunLengthDecode
ランレングスアルゴリズムによるシンプルな圧縮
DCTDecode
JPEGに採用された 非可逆圧縮
CCITTFaxDecode
CCITT (ITU-T) faxで規定された 可逆 2値 (黒/白)圧縮。Group3とGroup 4がある
JBIG2Decode
JBIG2標準で定義された黒白二値の形式。可逆、非可逆が選べる。PDF 1.4より実装
JPXDecode
JPEG 2000標準で定義された形式。可逆、非可逆が選べる。PDF 1.5より実装

テキスト

テキストはPDF内のコンテント ストリーム内でテキスト エレメントとして記述される。テキストエレメントはどの文字がどの座標に表示されるかを定義し、どのフォントとエンコーディングを使うかも記述する。

フォント

フォントオブジェクトは、タイプフェースを記述する。どのフォントを使用するか記述するほかに、フォントファイルの埋め込みもできる。 埋め込めるフォントはType1、TrueType、OpenTypeがある。

標準Type1フォント(標準14書体)

以下の14書体については、ソフトウェアは必ず装備するか、同じ寸法の代替フォントを装備しなければならない。ソフトウェアは以下のフォントの寸法について情報を保持し、もしPDFに埋め込まれていない場合は同じ寸法の代替フォントで表示する。

  • Times (v3) (標準、斜体、太字、太字斜体)
  • Courier (標準、斜体、太字斜体)
  • Helvetica (v3) (標準、斜体、太字斜体)
  • Symbol
  • Zapf Dingbats
フォントの埋め込みの注意

電子文書を正しく表示するためには、フォントが正しく設定されている必要がある。一般に、文書作成時に使用されているフォントがインストールされていないコンピュータでは、文書を正しく表示・印刷できない。例えばヒラギノフォントを使って作成した文書は、このフォントがインストールされていないコンピュータでは代替の日本語フォントで表示する必要がある。さらに、日本語フォントがインストールされていないコンピュータではエラーや文字化けが発生し、正しく表示できない。

PDFの文書では、使用しているフォントを埋め込むことで、そのフォントがインストールされていないコンピュータでも正しく表示・印刷できる。フォントを埋め込む方法は2つあり、当該フォントに含まれているすべてのグリフ(字形)を埋め込む方法と、文章に使用されているグリフのみを埋め込む方法である。これらの選択は、PDFを作成する際に行う。フォントを埋め込んで作成したPDFの日本語文書は、日本語フォントがインストールされていないコンピュータでも正しく表示できる。

ただし、フォントを埋め込んだPDFファイルはファイルサイズが大きくなるという問題がある。また、フォントを埋め込む場合は、フォントのライセンスにも注意する必要がある。

エンコーディング

テキストストリーム内では、文字は文字コード(番号)によって記述される。WinAnsi、MacRomanのほか東アジアの各種言語のエンコーディングが定義されているほかに、フォント自身に独自のエンコーディングを持つことも出来る。 基礎がType1フォントを前提に作られたので、TrueTypeフォントなどを記述する場合は、非常に複雑な記述になる。

日本語のエンコード

文字コードについては、全ての文字列が独自のルールで英数字にエンコードされる。英語文書の場合はある程度解読できるが、多バイト文字になると非常に複雑なルールでエンコードしなければならない。

それで得られるメリットは、処理系にかかわらず文字を正確に区別できることで、例えばJIS90形式の文字とJIS2004形式の文字はJIS、Unicode上では同じ文字コードでありながら字形が異なる文字があり、普通の処理系ではどちらかのフォントしか表示できないが、PDF上では一緒に記述できることが挙げられる。[58]

しかしながら例えばWindows 2000とWindows Vista間ではMS明朝、MSゴシックのフォントのバージョンは異なり、フォントを埋め込まないようにPDFを作成すると、片方の環境では文字が全面的に文字化けするケースがある。

また、フォントが埋め込まれているため文字化けしていないように見えても、文面をクリップボードにコピーしてエディタに貼り付けると、テキストストリームが異機種のエンコーディングになっていて文字化けするケースもある。

Adobe製品は比較的問題が起こりにくいが、サードパーティー製品や海外製のソフトウェアでは現在[いつ?]もこの種の問題に遭遇することがある。

インタラクティブ性

PDFファイルには、音楽動画などのマルチメディアファイルを含めることができる。 そのためPDFファイルは、コンピュータを使ったプレゼンテーション用に使うこともできる。 2005年にアドビシステムズが Flash の開発・推進を進めてきたマクロメディアを買収しており、それ以降アドビシステムズによる Flash と PDF との統合が進められている。

そのためAdobe製品によるPDF表示では、Flash形式のファイルが埋め込まれていてもプラグインなどをインストールせずに再生することが出来る。しかしQuickTimeはサポートされない。これはAppleとAdobeの敵対的な関係を示しており[要出典][59]、そのためAppleのiOSデバイスではリッチメディアPDFはインタラクティブ性が損なわれる。

またフォームはユーザーに入力させるメカニズムで、AcroForms(PDF 1.2より)と Adobe XML Forms Architecture(XFA)(PDF 1.5より) の2種類が使える。[60]XFA仕様はPDF仕様に含まれておらす、オプション機能として言及されているだけである。

AcroForms

PDF 1.2より導入され、テキストボックスやラジオボタンなどのオブジェクトとJavaScriptを記述することが出来る。 PDFの標準のアクションに加え、AcroForms は内容の送信、リセット、取り込みができる。送信機能はフォームの内容を特定のURLに送信する。 送信形式は以下の種類がある。

  • HTML Form format(HTML 4.01 形式は PDF 1.5より;HTML 2.0 形式は PDF1.2より)
  • Forms Data Format (FDF)
  • XML Forms Data Format (XFDF)(external XML Forms Data Format Specification, Version 2.0;PDF 1.5より;PDF 1.4で実装された"XML" フォーム送信形式の代替)
  • PDF (PDFの内容全部を送信できる)(PDF 1.4 にて定義)

AcroFormsはフォームフィールドの値を外部の独立したファイルに キー:値 のペアで格納することができる。外部ファイルとしてはForms Data Format (FDF) とXML Forms Data Format (XFDF) の2種類がある。 [61][62][63]

Forms Data Format (FDF)
Forms Data Format (FDF)
拡張子 .fdf
MIMEタイプ application/vnd.fdf[64]
タイプコード 'FDF'
開発者 Adobe Systems
初版 1996年 (1996) (PDF 1.2)
派生元 PDF
拡張 XFDF
国際標準 ISO 32000-1:2008
オープン
フォーマット
Yes

Forms Data Format (FDF) はPDFを基盤にしており、同じ文法と基本的に類似したファイル構造をしているがPDFよりはbodyに必要なオブジェクトが1個だけである分単純である。FDFはPDF仕様書に記載されている。(PDF 1.2より) FDF形式はデータをサーバに送り、応答を受け取り、フォームに内容を反映するのに使用できる。また単体ファイルとしてエクスポートさせ、PDFのインタラクティブ フォームに取り込む使い方も出来る。 PDF 1.3からは、FDFはアノテーション(注釈)を適用対象のPDFから独立して格納するコンテナーとして定義できるようになった。典型的なFDFはX.509 certificatesや認証リクエスト、ディレクトリ設定、タイムスタンプサーバー設定、その他添付のPDFファイルなどの情報をネットワーク送信のためカプセル化する。 [63] FDFのMIMEコンテントタイプは application/vnd.fdf で, ファイル拡張子は.fdfになる。Macのファイルタイプは'FDF'。[60] FDFの単体ファイルへのインポート、エクスポートはフリーウェア系PDFソフトウェアでは広く実装しているとは言えない。その例としては、Evince、Okular、Poppler、KPDF, Sumatra PDF が挙げられる。但しEvince、Okular、PopplerはAcroformsにデータを代入して保存させることなら出来る。単体FDFのインポートを実装しているソフトウェアとしてはAcrobat Readerがあり、インポート、エクスポート両方を実装するものとしてはFoxit ReaderとPDF-XChange Viewer Freeが挙げられる。PDFファイルへのFDFデータの保存についてはpdftkにも実装されている。

XML Forms Data Format (XFDF)

Adobe XML Forms Architecture (XFA)

論理構造とアクセシビリティ

「タグ」機能により、PDFのコンテンツにはセマンティックな(意味に基づく)構造と関連が記述できるようになり、これによりPDFの順序付けた読み上げか可能になった。

タグ付きPDFは印刷用途のPDFには必要ないためオプション扱いとなっており、ISO32000-1の記述も曖昧な物になっている。




注釈

  1. ^ ただし、それ以前からフリーソフトウェアによる(日本語を含む)PDFの作成は可能であった。
  2. ^ ISO/IECのファストトラックは、既に標準化された既存の規格に基づき、通常よりも迅速に審議を行い国際標準化する方式。
  3. ^ 日本語を含んだLaTeXソース文書は扱えない。
  4. ^ HTMLは、ブラウザがウィンドウのサイズに合わせて再整形するのでこのような問題は少ない。

出典

  1. ^ RFC 8118 - The application/pdf Media Type” (英語). 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ Yoichi Yamashita(マイコミジャーナル) (2008年7月3日). “PDF 1.7がISO 32000-1として国際標準化”. 毎日コミュニケーションズ. オリジナルの2009年5月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090531115354/http://journal.mycom.co.jp/news/2008/07/03/004/ 2008年7月17日閲覧。 
  3. ^ 垣内郁栄(AtmarkIT) (2008年10月28日). “PDFのISO規格化で得たものと失ったもの:担当者が振り返るPDF1.7標準化の道のり”. ITMedia. http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0810/28/news130.html 2014年5月19日閲覧。 
  4. ^ a b c d e ISO 32000-1:2008 - Document management – Portable document format – Part 1:PDF 1.7”. Iso.org (2008年7月1日). 2010年2月21日閲覧。
  5. ^ 吉田印刷所. “PDF形式の7つのメリット~なぜ印刷にはPDFが適しているのでしょうか?”. 特売プレス+吉田印刷所 DTPサポート情報Blog. 2017年3月13日閲覧。
  6. ^ The Camelot Project (PDF)” (英語). 2009年10月27日閲覧。
  7. ^ A CDE Definition - Common Ground” (英語). The Computer Desktop Encyclopedia. 2015年7月1日閲覧。
  8. ^ A CDE Definition - Farallon Replica” (英語). The Computer Desktop Encyclopedia. 2015年7月1日閲覧。
  9. ^ Laurens Leurs. “The history of PDF” (英語). 2007年9月19日閲覧。
  10. ^ Geschke, Charles, Driving Adobe:Co-founder Charles Geschke on Challenges, Change and Values, The Wharton School of the University of Pennsylvania, http://knowledge.wharton.upenn.edu/article.cfm?articleid=2038 
  11. ^ Duff Johnson. “The 8 most popular document formats on the web” (英語). 2014年3月2日閲覧。
  12. ^ Adobe Developer Connection:PDF Reference and Adobe Extensions to the PDF Specification” (英語). Adobe Systems. 2017年3月13日閲覧。
  13. ^ PDF compatibility levels”. 2011年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月17日閲覧。
  14. ^ R, Leonard, History of PDF Openness, Acrobat users, オリジナルの2007-10-14時点におけるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20071014010805/http://www.acrobatusers.com/blogs/leonardr/history-of-pdf-openness/ 
  15. ^ Portable Document Format Reference Manual, Adobe Systems Incorporated, (1993-06), http://acroeng.adobe.com/PDFReference/PDF%20Reference%201.0.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  16. ^ a b (PDF) Portable Document Format Reference Manual Version 1.2, Adobe Systems Incorporated, (1996-11-12), オリジナルの2005-11-03時点におけるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20051103044315/http://www.pdf-tools.com/public/downloads/pdf-reference/pdfreference12.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  17. ^ a b (PDF) PDF Reference Second edition – Adobe Portable Document Format Version 1.3, Adobe Systems Incorporated, (2000), http://partners.adobe.com/public/developer/en/pdf/PDFReference13.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  18. ^ PDFリファレンス第2版 ISBN 4-89471-338-1
  19. ^ a b c d Adobe PDF Reference Archives”. Adobe Systems Incorporated. 2010年2月23日閲覧。
  20. ^ a b (PDF) PDF Reference Third edition – Adobe Portable Document Format Version 1.4, Adobe Systems Incorporated, (2001), http://partners.adobe.com/public/developer/en/pdf/PDFReference.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  21. ^ Technical Note#5186 Acrobat JavaScript Object Specification Version 5.1, (2003), http://partners.adobe.com/public/developer/en/acrobat/sdk/5186AcroJS.pdf 
  22. ^ (PDF) PDF Reference fourth edition – Adobe Portable Document Format Version 1.5, Adobe Systems Incorporated, (2003), https://www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/pdf_reference_archives/PDFReference15_v6.pdf 2010年2月23日閲覧。 
  23. ^ Acrobat JavaScript Scripting Guide, Technical Note#5430, Version:Acrobat 6.0, (May 2003), http://www.pdfill.com/download/Acro6JSGuide.pdf 
  24. ^ (PDF) PDF Reference fifth edition – Adobe Portable Document Format Version 1.6, Adobe Systems Incorporated, (2004), http://partners.adobe.com/public/developer/en/pdf/PDFReference16.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  25. ^ Acrobat JavaScript Scripting Reference, (2005-06-27), http://partners.adobe.com/public/developer/en/acrobat/sdk/AcroJS.pdf 
  26. ^ a b c Adobe Developer Connection:PDF Reference and Adobe Extensions to the PDF Specification”. Adobe Systems. 2010年12月13日閲覧。
  27. ^ (PDF) PDF Reference sixth edition – Adobe Portable Document Format Version 1.6, Adobe Systems Incorporated, (2006), http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/pdf_reference_1-7.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  28. ^ JavaScript for Acrobat API Reference, Version 8, (April 2007), http://wwwimages.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/acrobat/pdfs/js_api_reference.pdf 
  29. ^ a b XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 2.6, Adobe Systems Incorporated, (2008-01-25), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_2_6.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  30. ^ a b Adobe Supplement to the ISO 32000 BaseVersion:1.7 ExtensionLevel:3, Adobe Systems Incorporated, (2008-06), http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/acrobat/pdfs/adobe_supplement_iso32000.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  31. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 2.8, Adobe Systems Incorporated, (2008-10-23), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_2_8.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  32. ^ Adobe Supplement to the ISO 32000 BaseVersion:1.7 ExtensionLevel:5, (2008-06), http://wwwimages.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/adobe_supplement_iso32000_1.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  33. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 3.0, Adobe Systems Incorporated, (2009-03-12), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_3_0.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  34. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 3.1, Adobe Systems Incorporated, (2009-11-16), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_3_1.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  35. ^ (PDF) PDFlib API Reference 8.0.2, http://www.pdflib.com/fileadmin/pdflib/pdf/manuals/PDFlib-8.0.2-API-reference-Windows.pdf 2011年3月7日閲覧, "1.7ext8 – PDF 1.7 extension level 8 requires Acrobat X" 
  36. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 3.3, Adobe Systems Incorporated, (2012-01-09), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_3_3.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  37. ^ PDFlib - PDF Security - Encryption Algorithms and Key Length, http://www.pdflib.com/knowledge-base/pdf-security/encryption/ 2012年9月26日閲覧。 
  38. ^ PDFlib - PDF Security - Security Recommendations, http://www.pdflib.com/knowledge-base/pdf-security/recommendations/ 2012年9月26日閲覧, "AES-256 according to PDF 1.7 Adobe Extension Level 3 (Acrobat 9) should be avoided because it contains a weakness in the password checking algorithm which facilitates brute-force attacks against the password. For this reason Acrobat X no longer offers Acrobat 9 encryption for protecting new documents (only for decrypting existing documents). In summary, AES-256 according to PDF 1.7 Adobe Extension Level 8/PDF 2.0 or AES-128 according to PDF 1.6/1.7 should be used, depending on whether or not Acrobat X is available. Passwords should be longer than 6 characters and should contain non-alphabetic characters." 
  39. ^ Adobe Supplement to ISO 32000-1, BaseVersion:1.7 ExtensionLevel:5, Adobe Systems Incorporated, (2009-06), p. 5, http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/adobe_supplement_iso32000_1.pdf 
  40. ^ [1]Implementation Guide for the Portable Document Format Healthcare
  41. ^ [2] ISO 14289 の販売ページ
  42. ^ バリアブルデータ印刷(Global Graphics Software社の解説)
  43. ^ ISO 16612-2:2010 - Graphic technology -- Variable data exchange -- Part 2:Using PDF/X-4 and PDF/X-5 (PDF/VT-1 and PDF/VT-2)”. 2014年9月22日閲覧。
  44. ^ ISO規格の制定手順”. 2014年5月9日閲覧。
  45. ^ ISO 32000-1:2008, Page 1, section "1 Scope"
  46. ^ a b ISO/CD 32000-2 - Document management -- Portable document format -- Part 2:PDF 2.0” (2013年7月26日). 2017年9月1日閲覧。
  47. ^ PDF Association (2017年8月3日). “ISO 32000, the PDF specification, updated to version 2.0”. 2017年9月1日閲覧。
  48. ^ Duff Johnson (PDF Association). “PDF 2.0:The worldwide standard for electronic documents has evolved”. 2017年9月1日閲覧。
  49. ^ ISO/NP 32000-2 - Document management -- Portable document format -- Part 2:PDF 2.0” (2009年10月6日). 2010年2月24日閲覧。
  50. ^ Duff Johnson. “ISO 32000-2 (under development)”. 2014年3月2日閲覧。
  51. ^ Leonard Rosenthol, Adobe Systems (2012年). “PDFと各種標準(英語)”. 2013年10月20日閲覧。
  52. ^ Dr. Matthew Hardy, Adobe Systems (2012年). “7分でわかるPDF標準(英語) – PDF (ISO 32000)”. 2013年10月20日閲覧。
  53. ^ ISO/TC 171/SC 2/WG 8 N 603 - Meeting Report, (2011-06-27), http://pdf.editme.com/files/pdfREF-meetings/ISO-TC171-SC2-WG8_N0603_SC2WG8_MtgRept_SLC.pdf, "XFA is not to be ISO standard just yet. ... The Committee urges Adobe Systems to submit the XFA Specification, XML Forms Architecture (XFA), to ISO for standardization ... The Committee is concerned about the stability of the XFA specification ... Part 2 will reference XFA 3.1(pdf.editme.com 会員限定)" 
  54. ^ partners.adobe.com - Developer Resources
  55. ^ 柳 英俊 (2010年12月6日). “サンドボックスで保護されたPDF閲覧機能を備える「Google Chrome」v8が正式公開”. 窓の杜. 2017年3月20日閲覧。
  56. ^ Lardinois, Frederic; iwatani (2013年2月20日). “Firefox 19がHTML5だけによるPDFビューワを搭載, Androidバージョンはテーマをサポート”. TechCrunch Japan. 2017年3月20日閲覧。
  57. ^ Adobe PDF Specifications PDF仕様書の一覧ページ(英語)
  58. ^ [3]
  59. ^ John Naughton (2010年4月18日). “AppleはiPadでAdobeとFlashに宣戦(英語記事)”. TechGuardian. 2014年5月9日閲覧。AppleがFlashを不安定でSafariブラウザがクラッシュする主要要因としてiPhoneから排除したこと、さらにAdobeがFlashをiOS用にコンバートするツールをCS5で提供したものに対しAppleが4日後に「中間変換/互換レイヤーの禁止」条項で応じた経緯が紹介されている。
  60. ^ a b Adobe Systems Incorporated (2008-07-01), Document Management – Portable Document Format – Part 1:PDF 1.7, First Edition, https://www.adobe.com/devnet/acrobat/pdfs/PDF32000_2008.pdf 2010年2月19日閲覧。 
  61. ^ Adobe Systems Incorporated (2007年10月15日). “Using Acrobat forms and form data on the web”. 2010年2月19日閲覧。
  62. ^ (PDF) XML Forms Data Format Specification, version 2, (September 2007), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfdf_2.0.pdf 2010年2月19日閲覧。 
  63. ^ a b (PDF) FDF Data Exchange Specification, (2007-02-08), https://www.adobe.com/devnet/acrobat/pdfs/fdf_data_exchange.pdf 2010年2月19日閲覧。 
  64. ^ IANA Application Media Types - vnd.fdf, http://www.iana.org/assignments/media-types/application/ 2010年2月22日閲覧。 
  65. ^ Adobe PDF Print Engine 2
  66. ^ www.globalgraphics.com/products/jaws_rip/
  67. ^ Harlequin RIP
  68. ^ TeX Wiki PDFの作り方
  69. ^ さまざまなPDFの作成技術の概観 アンテナハウス PDF資料室
  70. ^ PDF:人間が消費するには不向き(Jakob Nielsen博士のAlertbox)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Portable Document Format」の関連用語

Portable Document Formatのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Portable Document Formatのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPortable Document Format (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS