麻藥とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > > 麻藥の意味・解説 

ま‐やく【麻薬/×痲薬】

中枢神経麻痺させ、陶酔感伴い、強い麻酔鎮痛作用があるが、連用すると薬物依存を生じる物質アヘンおよびそれより抽出されるモルヒネ・コデインやコカインなどの天然麻薬と、塩酸ペチジンなどの合成麻薬とがある。


ま‐やく【麻薬・痲薬】

〔名〕 一般には阿片モルヒネコカインなど麻酔作用および習慣作用を示す薬物大脳作用して神経機能麻痺させる。常用すると廃人化する医学上は鎮痛鎮咳下痢止め麻酔のために用いられる。〔和英語林集成初版)(1867)〕


麻薬

【仮名】まやく
原文narcotic

感覚の喪失意識混濁引き起こす作用のある薬物通常は、鎮痛目的投与されるオピオイド薬のことを指す。

麻薬

作者谷恒生

収載図書新宿濁流警視庁歌舞伎町分室
出版社勁文社
刊行年月1996.7
シリーズ名ケイブンシャ文庫


麻薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 07:00 UTC 版)

麻薬(まやく、英語: narcotic痲薬とも)とは、通常はモルヒネヘロインのようなケシから生成される麻薬性鎮痛薬のオピエートオピオイドを指すが(定義1)、法律上の用語として、法律で規制された薬物を指して用いられることもある用語である(定義2)[1]アメリカ合衆国カナダの規制法によれば、オピオイドだけでなく、コカイン大麻を含む[1]。日本ではさらに麻薬及び向精神薬取締法(麻薬取締法)における、「日本の法律上の麻薬」の語が、それらとも異なって使用されている(定義3)。薬物全般は薬物 (drug) を参照。


  1. ^ 麻薬及び向精神薬取締法 別表第一にて74の化学物質を定義のほか[32]、麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令でも追加定義している[22]
  2. ^ a b c 東京都知事指定薬物から薬事法の「指定薬物」に変更[33]。薬事法 第2条15では指定薬物を定義しており、麻薬及び向精神薬取締法に規定する麻薬及び向精神薬を含む[34]
  3. ^ 麻薬及び向精神薬取締法 別表第三にて10の化学物質を定義のほか[35]、麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令でも追加定義している[22]
  1. ^ a b c d e 世界保健機関 (1994) (pdf). Lexicon of alchol and drug term. World Health Organization. pp. 25-26, 47, 49. ISBN 92-4-154468-6. http://whqlibdoc.who.int/publications/9241544686.pdf  (HTML版 introductionが省略されている
  2. ^ 松下正明(総編集) & 1999-06, pp. 112、120-121.
  3. ^ a b 松下正明(総編集) & 1999-06, p. 109.
  4. ^ 松下正明(総編集) & 1999-06, pp. 110-111.
  5. ^ a b c 松下正明(総編集) & 1999-06, pp. 120-121.
  6. ^ 松下正明(総編集) & 1999-06, p. 112.
  7. ^ Kathalijne Maria Buitenweg (2003年10月6日). “Working document on the UN conventions on drugs”. 2006年4月15日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g ジェフリー・ライマン、ポール・レイトン 2011, pp. 65-69.
  9. ^ a b c Axel Bugge (2017年10月28日). “アングル:米国の「オピオイド危機」、欧州にも波及の恐れ”. ロイター. https://jp.reuters.com/article/drugs-opioids-idJPKBN1CW0ST 2017年12月5日閲覧。 
  10. ^ ジェフリー・ライマン、ポール・レイトン 2011, p. 77.
  11. ^ 2007年10月、中国から日本に密輸出しようとした日本人3人に死刑が言い渡され確定した。
  12. ^ 小林桜児「統合的外来薬物依存治療プログラム― Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program(SMARPP)の試み」 (pdf) 『精神神經學雜誌』第112巻第9号、2010年9月、 877-884頁、 NAID 10028059555
  13. ^ 国際麻薬統制委員会 (2019年6月). “State responses to drug-related criminality (PDF)”. International Narcotics Control Board. 2019年6月10日閲覧。
  14. ^ 国連開発計画・世界保健機関ら 2019.
  15. ^ a b c d e f ジェフリー・ライマン、ポール・レイトン 2011, pp. 71-75.
  16. ^ INCB holds consultations with Uruguay on cannabis legalization for non-medical purposes”. 国際麻薬統制委員会 (2021年1月4日). 2021年2月13日閲覧。
  17. ^ Brian Vastag (2009年4月7日). “5 Years After: Portugal's Drug Decriminalization Policy Shows Positive Results -”. Scientific American. 2021年2月9日閲覧。
  18. ^ Oregon becomes the first state to decriminalize small amounts of heroin and other street drugs”. CNN (2021年2月2日). 2021年2月9日閲覧。
  19. ^ Tracy Loew, Virginia Barreda (2020年11月4日). “Oregon decriminalizes small amounts of drugs, including heroin”. Usa Today. 2021年2月9日閲覧。
  20. ^ Frédéric Burnand (2017年4月28日). “麻薬撲滅は幻想、東南アジアでも麻薬政策の転換進む”. swissinfo. 2019年1月15日閲覧。
  21. ^ 島根県 : 薬物乱用の状況 各国の罰則[リンク切れ]
  22. ^ a b c 麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令(平成二年政令第二百三十八号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年6月28日). 2019年12月28日閲覧。 “令和元年政令第四十七号改正、2019年7月28日施行分”
  23. ^ a b ツェンク & 田端 1996, p. 97.
  24. ^ アルフレッド・W・マッコイ 1974, pp. 上4-6.
  25. ^ クリストファー・ロビンズ『エア・アメリカ』松田銑訳〈新潮文庫〉、1990年、369-370頁。ISBN 4-10-233101-8
  26. ^ アルフレッド・W・マッコイ 1974, p. 上1.
  27. ^ a b Brian Winter (2012年9月26日). “U.S.-led "war on drugs" questioned at U.N.”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2012/09/26/us-un-assembly-mexico-drugs-idUSBRE88P1Q520120926 2013年11月13日閲覧。 
  28. ^ 国際連合 (2013年6月26日), “Secretary-General's remarks at special event on the International Day against Drug Abuse and illicit Trafficking” (プレスリリース), http://www.un.org/sg/statements/index.asp?nid=6935 2013年11月13日閲覧。 
  29. ^ 「オピオイド危機」で儲けているのは誰か?麻薬系鎮痛剤オキシコンチンで数十億ドルを稼ぐ 秘密主義のサックラー一族”. Democracy Now! (2017年10月19日). 2017年12月5日閲覧。
  30. ^ メリナ・デルキック、河原里香・訳 (2017年10月27日). “米製薬大手、中毒性のオピオイド「密売」でCEOら逮捕 (Big Pharma Exec Arrested for Opioid Bribes)”. ニューズウィーク日本版. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/ceo-13.php 2017年12月5日閲覧。 
  31. ^ UDV Wins Supreme Court Decision on Preliminary Injunction, 2006
  32. ^ 麻薬及び向精神薬取締法(昭和二十八年法律第十四号)別表第一(第二条関係)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2015年6月26日). 2019年12月28日閲覧。 “平成二十七年法律第五十号改正、2016年6月1日施行分。「第二条 この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。一 麻薬 別表第一に掲げる物をいう。」「別表第一(第二条関係)七十五 前各号に掲げる物と同種の濫用のおそれがあり、かつ、同種の有害作用がある物であつて、政令で定めるもの」”
  33. ^ 知事指定薬物”. 東京都福祉保健局. 2007年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月28日閲覧。
  34. ^ 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和三十五年法律第百四十五号)第2条(定義)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2016年12月16日). 2019年12月28日閲覧。 “平成二十八年法律第百八号改正、2018年12月30日施行分”
  35. ^ 麻薬及び向精神薬取締法(昭和二十八年法律第十四号)別表第三(第二条関係)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2015年6月26日). 2019年12月28日閲覧。 “平成二十七年法律第五十号改正、2016年6月1日施行分。「第二条 この法律において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。六 向精神薬 別表第三に掲げる物をいう。」「別表第三(第二条関係)十一 前各号に掲げる物と同種の濫用のおそれがあり、かつ、同種の有害作用がある物であつて、政令で定めるもの」”





麻藥と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

麻藥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



麻藥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの麻薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS