七三一部隊とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 略称 > 七三一部隊の意味・解説 

ななさんいち‐ぶたい【七三一部隊】


ななさんいち‐ぶたい【七三一部隊】


731部隊

(七三一部隊 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 01:26 UTC 版)

731部隊(ななさんいちぶたい)は、第二次世界大戦期の大日本帝国陸軍に存在した研究機関のひとつ。


注釈

  1. ^ a b 石井、北野は731部隊のトップとして人体実験や細菌攻撃を推進する立場であったとされている。
  2. ^ 『在満兵備充実ニ関スル意見』(1936年4月23日板垣征四郎関東軍参謀長から梅津美治郎陸軍次官宛書類)の「其三、在満部隊ノ新設及増強改編」の項目第二十三には「関東軍防疫部の新設増強予定計画の如く昭和十一年度に於いて急性伝染病の防疫対策実施および流行する不明疾患其他特種の調査研究 ならびに細菌戦準備の為関東軍防疫部を新設す 又在満部隊の増加等に伴い昭和十三年度の以降其一部を拡充す関東軍防疫部の駐屯地は哈爾賓附近とす」とあり、関東軍防疫給水部の設立目的のひとつが「細菌戦準備」であったことがはっきりと明記されている。

出典

  1. ^ a b 秦 1999, p. 567
  2. ^ 『進步と改革』, 社会主義協会, 協同文化社, 1988年, ISSN 0914-8442
  3. ^ 『「満州」 における教育の基礎的研究, 第 4 巻』, 竹中憲一著, 柏書房, 2000
  4. ^ 常石 1995, pp. 92–133
  5. ^ a b 秦 1999, p. 561
  6. ^ 常石 1995, pp. 135–163
  7. ^ a b c 秦 1999, pp. 544–546
  8. ^ 国立公文書館アジア歴史資料センター在満兵備充実に対する意見
  9. ^ “731部隊員は3560人 終戦直前、厚労省が集計”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年9月4日). オリジナルの2013年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130630082441/http://www.47news.jp/CN/200309/CN2003090401000414.html 2012年11月25日閲覧。 
  10. ^ a b c 秦 1999, pp. 578–579
  11. ^ 「731部隊」隊員らの実名開示 3607人分、公文書館 共同通信2018年4月15日
  12. ^ 731部隊、詳細な隊員情報や組織機構が判明 70年前の公文書を新発見 京都新聞2020年6月22日
  13. ^ 秦 1999, pp. 556–558
  14. ^ a b 常石 1995, pp. 135–163
  15. ^ 常石 1995, p. 139
  16. ^ 「田中淳雄少佐尋問録」1945年10月30日
  17. ^ 秦 1999, pp. 565–566
  18. ^ 常石敬一 『標的・イシイ 731部隊と米軍諜報活動』 大月書店 1984年 328頁 ISBN 978-4272520091
  19. ^ a b c 細菌戦の新発見資料について
  20. ^ 朝日新聞2011.10.15. 東京新聞2011.10.16.
  21. ^ a b 松村高夫旧日本軍による細菌兵器攻撃の事実」月刊保団連2012.8.No.1102,全国保険医団体連合会,
  22. ^ a b 渡辺、731部隊 埋もれていた細菌戦の研究報告―石井機関の枢要金子軍医の論文集発見 (PDF) 、『世界』830号岩波書店、2012年。
  23. ^ 秦 1999, pp. 571–576
  24. ^ 常石 1995, pp. 143–144
  25. ^ シェルダン・ハリス『死の工場―隠蔽された731部隊』柏書房、1999年。ISBN 978-4760117826
  26. ^ 解学詩 「新京ペスト謀略・1940年」『戦争と疫病―731部隊のもたらしたもの』 本の友社、1997年。ISBN 978-4894390737
  27. ^ 常石敬一 『戦場の疫学』 海鳴社、2005年、157-158頁。
  28. ^ 常石 1995, p. 148
  29. ^ 常石 1995, p. 149
  30. ^ 常石 1995, p. 101
  31. ^ 郡司陽子『【証言】七三一石井部隊 今初めて明かす女子隊員の記録』(1983年8月31日初版、徳間書店)
  32. ^ 小俣和一郎「検証 人体実験 731部隊・ナチ医学」第三文明社、2003年、p.82。ISBN 4-476-03255-9
  33. ^ 2007年4月8日大阪市で開かれた国際シンポジウム「戦争と医の倫理」での発言、2007年4月9日 読売新聞
  34. ^ 秦 1999, p. 552
  35. ^ 秦郁彦「『世界』が持ち上げる「撫順戦犯裁判」認罪書 の読みかた」『諸君!』1998年5月号(文藝春秋)
  36. ^ 証言集会:元731部隊 人体実験の事実から学ぶ 証言者 元731部隊少年隊 篠塚良雄」2008年9月14日、撫順の奇蹟を受け継ぐ会岩手支部
  37. ^ 篠塚良雄「アメリカ・カナダの入国を拒否されて」『中帰連』第7号、1998年12月。
  38. ^ 篠塚良雄、高柳美知子『日本にも戦争があった 731部隊元少年隊員の告白』新日本出版社、2007年、80-84頁
  39. ^ 篠塚良雄、高柳美知子『日本にも戦争があった 731部隊元少年隊員の告白』新日本出版社、2007年、80-84頁
  40. ^ 篠塚良雄、高柳美知子『日本にも戦争があった 731部隊元少年隊員の告白』新日本出版社、2007年、90-95頁
  41. ^ 田辺敏雄『検証 旧日本軍の「悪行」 ―歪められた歴史像を見直す―』自由社 [要ページ番号]
  42. ^ a b 常石 1995, p. 155
  43. ^ a b 越定男『日の丸は紅い泪に』教育資料出版会、1983年、83-86頁
  44. ^ Williams P, Wallace D. Unit 731: Japan's Secret Biological Warfare in World War II. New York: The Free Press 1989. (西里扶甬子訳『七三一部隊の生物兵器とアメリカ--バイオテロの系譜』かもがわ出版、2003 ISBN 978-4876997657)
  45. ^ 2007年4月9日 読売新聞
  46. ^ 常石敬一編訳『標的・イシイ』大月書店、1984、162頁
  47. ^ 常石 1995, p. 155
  48. ^ 常石 1995, p. 156
  49. ^ 群司陽子『【証言】七三一石井部隊 今初めて明かす女子隊員の記録』(1983年8月31日初版、徳間書店。94-97頁
  50. ^ ゴールド 2002, p. 182
  51. ^ 西野、「731部隊のはなし」1994年、118頁
  52. ^ a b 常石 1995, p. 166
  53. ^ 松村 2013
  54. ^ 松村、金平 1991
  55. ^ 松村 2013
  56. ^ 松村 2013
  57. ^ 松村、金平 1991
  58. ^ a b c d e f g Select Documents on Japanese War Crimes and Japanese Biological Warfare, 1934-2006. アメリカ国立公文書記録管理局. 2021年12月31日閲覧。
  59. ^ 松村 2013
  60. ^ 松村、金平 1991
  61. ^ 松村 2013
  62. ^ 松村、金平 1991
  63. ^ 松村 2013
  64. ^ 松村、金平 1991
  65. ^ Williams & Wallace 1989, Chap.17
  66. ^ State-War-Navy Coordinating Subcommittee for the Far East 1947. 常石編訳 1984年、416頁
  67. ^ a b 青木 2008, p. 370
  68. ^ 小俣和一郎「検証 人体実験 731部隊・ナチ医学」第三文明社、2003年、p.82。ISBN 4-476-03255-9
  69. ^ (公判書類 1950: 480)
  70. ^ 細菌戦「731部隊」の新資料発見 「ないはず」の戦後公文書 細菌生産を明記” (日本語). 京都新聞. 2020年2月8日閲覧。
  71. ^ a b 中嶋啓明「朝鮮戦争における米軍の細菌戦被害の実態 ─現地調査報告大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター年報 (1), 15-22, 2003
  72. ^ a b 東京地方裁判所平成14年8月27日判決
  73. ^ 東京高等裁判所平成17年7月19日判決
  74. ^ 最高裁判所平成19年5月9日決定
  75. ^ a b c 日本経済新聞2011/2/21付「旧陸軍軍医学校跡地、謎の人骨を発掘調査 厚労省」
  76. ^ 常石 1995, p. 107
  77. ^ 常石 1995, p. 113
  78. ^ 人骨焼却差止請求事件判決
  79. ^ 厚生労働省、記者会見用の報告と今後の方針「戸山研究庁舎建設時に発見された人骨の由来調査について」平成13年6月14日。軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会HP
  80. ^ 人骨ニュース179号、2016年3月29日、軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会
  81. ^ 秦 1999, pp. 550–551
  82. ^ 中国黒龍江省档案館・中国黒龍江省人民対外友好協会・日本ABC企画委員会編『七三一部隊 罪行鉄証 関東憲兵隊「特移扱」文書』「[1][2]
  83. ^ 松村 1998
  84. ^ JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A03032007200、凍傷ニ就テ(第15回満洲医学会哈爾濱支部特別講演)(国立公文書館). 2022年1月3日閲覧。
  85. ^ 松村 1998
  86. ^ 松村 2013
  87. ^ 秦 1999, pp. 552–553
  88. ^ a b c d e f g h i j Release of Archives Helps Fill Gap in Files on Wartime Atrocities - Research - The Chronicle of Higher Education Jan 19 2007. ニュースサイト「The Chronicle of Higher Education」の2007年1月19日付け記事. 2008年8月15日時点のオリジナル(リンク切れ)よりアーカイブ。2021年12月31日閲覧。
  89. ^ a b c d 100,000 Pages Declassified in Search for Japanese War Crimes Records. アメリカ国立公文書記録管理局の2007年1月12日付けのプレスリリース. 2007年2月10日時点のオリジナル(リンク切れ)よりアーカイブ。2021年12月31日閲覧。
  90. ^ 松村 2008, p. 331
  91. ^ 『朝日ジャーナル』(昭和59年11月2日号
  92. ^ 原正義「済南事件邦人被害者の写真(イラスト)を七三一部隊細菌戦人体実験として宣伝する中国教科書」『動向』1999年10月号、pp.40-45.動向社
  93. ^ 常石(2005年)、171頁。
  94. ^ 秦 1999, p. 538
  95. ^ 『悪魔の飽食』は旧ソ連のプロパガンダだった 中川八洋 「正論」平成14年11月号 276-287頁
  96. ^ 米倉律「「戦争加害」という主題の形成 ─ 1970 年代におけるテレビの「8月ジャーナリズム」を中心に─」『ジャーナリズム&メディア』第13号、日本大学法学部新聞学研究所、2019年9月、 209-225頁
  97. ^ 同上





七三一部隊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「七三一部隊」の関連用語

七三一部隊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



七三一部隊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの731部隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS