シビック/ シビック・フェリオとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > シビック/ シビック・フェリオの意味・解説 

シビック/ シビック・フェリオ

英語 CivicCivic ferio

シビックとは英語で市の、市民の、公民のという意味。あらゆる人々クルマ世界市民のベーシックカーというところから付けた名前だった。1972年7月初代デビュー2ドアで2ボックストランクのある(ハッチバックではない)ボディで、エンジンは1169ccの直4・60psと69psがあった。9月2ドアGLと3ドアハッチバック車を追加73年5月には2速AT車12月には1.5Lエンジン4ドアセダンと、50年排ガス規制満たす1.5LのCVCCエンジン採用した。この低公害エンジン世界先駆けたもので、1488ccから最高出力65ps/5500rpm、最大トルク10.5kg-m/3000rpm(EC型)を発生一方ハイパワー高速性能を望む声にこたえて、74年10月にはRSというモデル設定した。ツインキャブ仕様の1189ccユニットは76ps/6000rpmの性能示し、ワイドタイヤを装着最高速度160km/hを公称RSとは、普通ならレーシング・スポーツというところだが、ロード・セーリングと呼称した。

76年10月、1.5Lエンジン出力を70psから73psにアップした。77年9月には1500・5ドアハッチバック車や12003ドアGL-5などを追加バリエーションが増えた。同時にフロントグリルバンパーテールランプを新デザインにした。78年6月、1.2Lエンジンを1.3Lに置き換え同時に5ドアハッチバック車を設けた。1.5Lモデルにはラジアルタイヤ標準化した。

79年7月、2代目登場。スーバーシビッグと呼称。すべてハッチバックボディとなり、3ドア5ドアがあった。エンジンは1.3Lと1.5Lで、むろん駆動方式FF80年1月15005ドアベースにつくったカントリー発売シビック初のワゴン車だった。同時にシリーズ最高級モデルEX新設定した。6月、1300ccエンジンCVCCⅡになり、ATはOD付き3速に進化8月、1.5LユニットCVCCⅡになった。9月4ドアセダン出現した。シビック初のボディタイプで、1.5Lエンジンを載せた3ボックス車。81年10月全車ヘッドランプを丸から角型変更グリルバンパーも変えた。

83年9月、ワンダーシビックと称した3代目デビューした。画期的だったのは、3/5ドアハッチバック、4ドアセダン、4ドアワゴンシャトルの3タイプがあって、そのアウターパネルが3車で異なるという点にあった。エンジンCVCCの1.3Lと1.5の2種。3ドアハッチバックは9月から、そのほかタイプ10月からの発売だった。

84年10月、3ドアハッチバック車にパワーステアリング仕様設定11月には3ドアハッチバック車にSiというモデル追加した。1.6L・DOHCエンジンを載せたスポーティ型で、ミッションは5速MTロックアップ付き3速ATがあった。ワゴンシャトルにもパートタイム4WD車を設けた。85年9月マイナーチェンジとともに全車に4速ATを導入3ドアエアダム一体バンパー採用、5ドアシャトルはグリル変更などがあった。

87年9月フルモデルチェンジ。4代目グランドシビックとなった。ひとまわり大きくなったが、ボディバリエーションは変わらずエンジン構成不変だった。10月にはリアルタイム4WD仕様シャトルのみならずセダンにも設定発売

88年8月には、ブレーキング時に後輪からのトルク前輪へいくのをカットするクラッチ設けたインドラック4WD上位車に採用した。ALB4WD車以外にも装備

89年9月、3ドアハッチバック用1.6L・DOHCスポーツエンジンがVTECとなった。可変バルブタイミング・リフト機構というメカニズムをもつエンジンだった。

5代目はスポーツシビックと呼び91年9月フルモデルチェンジした。セダンフェリオ(休日という意味のエスペラント語)という名称になり、新規になったが、シャトル従来モデル継続生産

93年2月、アメリカエ場製のクーペ輸入発売9月従来モデル助手席エアバッグ追加、両席ともオプション選択できるようになった

95年9月、6代目チェンジ俗にミラクル・シビックと呼ぶシリーズ変わった。3ドアハッチバックと4ドアセダン・フェリオが新しくなった。エンジンは1.3L、1.5L、1.6Lの3種類に、6仕様があった。最強は1.6L・DOHCのスポーツエンジンで170psをマークした(AT用は155ps)。トルコンATのほか、マルチマチックと呼ぶ無断変速オートマチックCVT初め導入した。金属ベルトオランダのヴァン・ドールネ社から供給を受けた。駆動方式FFメインだが、デュアルポンプ4WD新たに採用した。

96年1月アメリカクーペフルモデルチェンジ9月運転席助手席SRSエアバッグ装備したほか、ABSオプション設定拡大した。

97年2月フェリオLEV新設定。排ガス中の有害物質従来10分の1に減らす、1.6Lのガソリンエンジン実用化搭載した。

97年8月、ホットモデルタイプRを追加3ドア車高を15mm下げ前後アンダースポイラー、リヤスポイラー装着室内は赤で、レカロバケットシートモモステアリングホイールなどがスペシャル物語った。もちろん、サスペンションハードセッティングエンジンは1.6L4気筒DOHCVTECの185ps(無鉛プレミアムガソリン)仕様搭載ミッションは5速MT駆動FFだった。12月天然ガス自動車フェリオ発表。1.6Lの専用エンジンVTEC-Eを積み、4速ATと組み合わせた。98年6月から発売開始した。

98年9月LEVタイプを増やし、フェリオのスポーティ版Vi-RS(1.5Lエンジン)を追加既存モデルボディ前後デザイン改め室内ではインパネまわりに手を入れた。1.5LエンジンCVTホンダマルチマチックはプロスマテック制御となり、パワーステアリング特性切り替えるタイプ進化した。

2000年9月、7代目となった。ハッチバックシビックというと2ドア連想するが、新型では5ドアだけとなり、セダン4ドアフェリオ継承した。エンジンは1.5Lが3チューン(通常型、VTEC型、VTECリーンバーン型)あり、ほかに1.7LVTECを新設定。いずれも優-低排出ガス認定を受けた(FF車)。ミッションは5速MTのほかホンダマルチマチックS・CVT電子制御4速ATを車種により使い分けた。シフトレバーシビックインパネ型ジグザグゲート、フェリオはフロアタイプを採用4WD仕様もあり、ホンダ独自のデュアルポンプ方式だった。4WD車のフロアが低いことも注目点。サスペンション新設計で、フロントマクファーソン・ストラット変わったパワーステアリング新たに電動式を採用

天然ガス自動車モデルチェンジ2001年2月にあり、3ボックスのニューシビックフェリオのボディ変わったエンジンも1.6Lから1.7Lにアップミッションは4速ATから無段変速AT・ホンダマルチマチックSに変わり走行性能が向上、一充填で約380kmの走行が可能になった。価格205万円

また、2001年12月には、4ドアセダンベースのハイブリッド車世に送り出した。最新の1.3Li-DSI気筒休止VTECエンジン主動力とし、必要に応じてモーターアシストするホンダIMAシステム搭載。モーターアシスト機構は、薄型DCブレスレスモーター、Ni-MHバッテリー、パワーコントロールユニットからなるミッションはホンダマルチマチックSを使うが、5人乗り量産ガソリン車としては脅威の29.5km/Lの低燃費実現した。価格209万円

その間2001年10月、全モデルマイナーチェンジ実施すると同時にイギリス生産新型タイプR発売した。215psの2.0Li-VTECエンジンと6速クロスレシオミッションを組み合わせインテリアではレカロバケットシートモモ製本革巻き3本スポークステアリングホイールを装備シリーズ最強を誇る。一方国内製は全タイプドアのインナーハンドルとエアアウトレットノブのめっき化、センターパネル塗装色の変更などを行い一部車種では超-低排出ガス認定取得した。

2002年10月、全モデル装備充実内装関係の改良をはかった。共通項としては、電波キーレスエントリーシステムアンサーバック機能採用フェリオハイブリッド車には、AM/FMチューナー付きCDプレーヤー+4スピーカー標準装備フェリオはハイグレードキーやリヤヘッドレストを標準化シート形状変更ハイブリッド車シート地をモケットからトリコットに変えた。2003年9月改良で顔が新しくなった。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シビック/ シビック・フェリオ」の関連用語

シビック/ シビック・フェリオのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シビック/ シビック・フェリオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS