持続可能な開発のための教育とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 持続可能な開発のための教育の意味・解説 

持続可能な開発のための教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/20 06:58 UTC 版)

持続可能な開発のための教育(じぞくかのうなかいはつのためのきょういく)、すなわちESD: Education for Sustainable Development)とは、
持続可能な開発を実現するために発想し、行動できる人材を育成する教育。「持続発展教育」、「持続可能な発展のための教育」と呼ばれることもある。




[ヘルプ]
  1. ^ 文部科学省 > その他 > 国際関係 > 日本ユネスコ国内委員会 > ユネスコの活動(教育) > 持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development) > ESD(Education for Sustainable Development)
  2. ^ Ko Nomura and Osamu Abe (2009). “The Education for Sustainable Development Movement in Japan: A Political Perspective.”. Environmental Education Research 15 (4): 483–496. 
  3. ^ 内閣官房 >政策課題 > 「国連持続可能な開発のための教育の10年」関係省庁連絡会議 >ボン宣言概要
  4. ^ 文部科学省 > その他 > 国際関係 > 日本ユネスコ国内委員会 > ユネスコの活動(教育) > 持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development) > ESD(Education for Sustainable Development)
  5. ^ UNESCO > 2014年ESD世界会議 > 2014年以降のESD > グローバル・アクション・プログラム
  6. ^ 国際連合広報センター >ニュース・プレス >特集/背景資料 >持続可能な開発目標、国連総会のオープン・ワーキング・グループが提案
  7. ^ 文部科学省>ESD(持続可能な開発のための教育)>ステークホルダーの主たる会合
  8. ^ 「ESDユネスコ世界会議あいち・なごや支援実行委員会」ウェブサイト
  9. ^ 内閣官房 >政策課題 > 「国連持続可能な開発のための教育の10年」関係省庁連絡会議
  10. ^ 環境省 > 報道・広報 > 報道発表資料 > 平成18年度「国連持続可能な開発のための教育の10年促進事業」の採択について
  11. ^ 文部科学省 > その他 > 国際関係 > 日本ユネスコ国内委員会 > ユネスコの活動(教育) > 持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development) > ユネスコスクール
  12. ^ 文部科学省 > その他 > 国際関係 > 日本ユネスコ国内委員会 > ユネスコの活動(教育) > 持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development) > 持続可能な開発のための教育(ESD)円卓会議
  13. ^ ESD活動支援センター


「持続可能な開発のための教育」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「持続可能な開発のための教育」の関連用語

持続可能な開発のための教育のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マガモ

腓骨

城下麗奈

アルファルファ

ブルーリップエジプシャンマウスブルーダー

おれんじ九州

家紋透図大小鐔

ポリッシュシンク





持続可能な開発のための教育のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの持続可能な開発のための教育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS